池袋 早漏治療。 早漏対策|池袋GOHクリニック

早漏治療薬

池袋 早漏治療

早漏とは 早漏とは、射精をコントロールできず、性行為中に女性が満足する前に射精してしまうことをいいます。 挿入から射精までの平均時間は6~7分とされていますので、その半分よりも短い3分以内なら早漏と判断していいでしょう。 早漏は、女性との関係に良くない影響を与えることもしばしばあるので、その悩みは深くなることも。 男性の30%ほどが早漏だといわれています。 早漏の原因 早漏になる原因は「心因性」「過敏性」「衰弱性」の3つ、またはこれらの組み合わせだと考えられています。 心因性早漏 性行為で早く射精してしまった経験が心に残り、「次も早く射精してしまうのではないか」という不安があると、交感神経が活発に働きます。 交感神経が活発になると興奮しやすくなり、射精もしやすくなってしまうというのが心因性の早漏です。 仕事や人間関係などのストレスでも交感神経が活発化するので、同じように早漏になることがあります。 過敏性早漏 ペニスやその周りの皮膚の神経が敏感で、少しの刺激だけで射精してしまうのが過敏性早漏。 勃起力、性欲ともに強い、健康的な人がなりやすいともいわれ、10代、20代に多いタイプです。 仮性包茎で亀頭が普段刺激にさらされていない場合も、性行為の時に触られただけで射精してしまうことがあります。 衰弱性早漏 加齢により男性ホルモンの分泌が減ると、射精をコントロールする(我慢する)筋力が弱くなります。 筋力が低下すると射精しやすい状態になってしまいます。 同時に、筋力の低下は射精の勢いも弱めます。 衰弱性早漏は、男性ホルモンの分泌量が低下する40代以降に多く見られます。 早漏の治し方 ご自身がどのタイプの早漏かわかりましたでしょうか。 まずは原因別に治し方を見ていきましょう。 心因性早漏の治し方 まずは性行為のときにリラックスしていることが重要です。 お酒を飲める方なら適量のアルコールは心身をリラックスさせる効果があります。 お酒で勃起しづらくなる体質の場合は、ED治療薬を使ってみてもいいでしょう。 一番効果的なのは、性行為をする前に、自分が早漏なのを相手に伝えてしまうこと。 遅漏は嫌だけど早漏は気にしないという女性が多いのを知っていますか?そもそも挿入で快感を得られない女性が半数以上というデータもあります。 早漏を伝えて、そのぶん前戯を頑張るのが女性にとっても満足を得られやすいでしょう。 また、心因性の早漏に特に有効なのがプリリジーという世界初の早漏治療薬。 プリリジーの有効成分であるダポキセチンは、交感神経を鎮めて脳の過剰な興奮を抑えることで射精時間を延長させる効果があります。 アメリカの臨床データでは、ダポキセチンを30mg内服したグループは2分47秒、60mg内服したグループは3分17秒射精を遅らせることができたと報告されています。 プリリジーは、ヨーロッパを中心に40ヵ国以上で認可されており、数百万人が使用し、有効性と安全性が証明されている早漏治療薬。 服用する回数を重ねるほど射精までの時間を延ばすという効果もあります。 プリリジーを服用する際の注意点として、アルコールを飲んでいると強い吐き気や頭痛の副作用があります。 プリリジーは、性行為前後にアルコールを飲まない人が特権的に使える薬だということです。 過敏性早漏の治し方 ペニスが刺激に過敏に反応してしまう癖を矯正するトレーニングで、ある程度早漏を治すことができます。 簡単で効果的なのが、自慰のときに射精を寸止めすること。 射精直前に亀頭を手で数秒間圧迫し、射精の波が過ぎ去ったら続ける、射精しそうになったらまた止めるということを繰り返すと、徐々に刺激に耐えられるようになります。 衰弱性早漏の治し方 射精をコントロールする筋力を鍛えるトレーニングで一定の効果が得られます。 トレーニングの方法は簡単で、肛門をギュッと締めて緩めることを繰り返すこと。 どこでもできるトレーニングなので、意識しないでも続けているくらいまで癖にしてしまいましょう。 余談ですが、女性の場合も同じトレーニングで膣の締まりを良くすることができます。 ED治療薬も有効 早漏には、バイアグラなどのED治療薬の服用も有効です。 ED治療薬を服用すると勃起時の硬さが強くなります。 ペニスは硬くなればなるほど刺激に強くなるので、個人差はありますが、過敏性早漏や衰弱性早漏の射精までの時間を延長させることができます。

次の

池袋スカイクリニック

池袋 早漏治療

早漏とは、「射精障害」のひとつです。 性交渉の際に射精のタイミングをコントロールできず、ペニスを女性器に挿入後、すぐに射精してしまう状態を指します。 国際性機能学会 ISSM の主導でアメリカ泌尿器学会 AUA が2008年に発表したところによれば、「挿入後すぐ=1分以内」とされます。 ただし、必ずしも「挿入後1分以内の射精」のみが問題となるわけではありません。 「毎回2~3分しかもたず、ストレスを感じている」 「5分くらいは我慢できるが、パートナーが満足してくれない」 「すぐ射精してしまうのが恥ずかしくて、性交渉への意欲が失われてしまう」 という場合も、治療の対象であるといえます。 当院では主に、亀頭を強化して「性的刺激に強いペニス」に仕上げる治療を行い、早漏を改善させます。 性的刺激をやわらげ、射精のコントロールがしやすい状態にすることができます。 ヒアルロン酸は半年ほどで体内に吸収されるため、亀頭の状態は一定期間が経過すると元に戻ります。 使用する薬剤は『吸収タイプ』より長持ちしますが、主成分のヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうため、一定期間が経過すると亀頭の状態は元に戻ります。 使用する薬剤は『持続タイプ』より長持ちしますが、主成分のヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうため、一定期間が経過すると亀頭の状態は元に戻ります。 こちらの施術で使用される薬剤は、体内に吸収されず亀頭に定着する半永久定着タイプのものを使用しています。 亀頭を強化した状態が、長期的に持続するのが特徴です。 手術当日の流れ 診察・相談 事前にご予約のうえでお越しください。 当院は完全貸切・予約制のプライベートクリニックです。 院内の患者様はおひとりのみとなり、ほかの患者様と顔を合わせるようなことはありません。 診察に先立ち、カルテを作成するために必要な受付票などの書類にご記入いただきます。 カルテ作成後、カウンセリングを行います。 早漏に関するお悩みについて、また治療や費用について不安な点や不明な点がある場合は、ぜひお聞かせいただければと思います。 また、早漏治療・亀頭強化に関してご希望がある場合には、ぜひお聞かせください。 亀頭に注入する薬剤は、その量によって得られる効果が異なります。 たとえば、「できるだけ分厚い亀頭に仕上げたい」という場合、薬剤の量を多めにすることでご希望に沿った仕上がりにすることができます。 当院では、患者様と医師が手術の結果についてイメージを共有することが大切であると考えております。 その考えのもと、患者様のご希望をしっかりお伺いして治療に反映させております。 早漏治療・亀頭強化の場合も、患者様のご希望をお聞きしたうえで最適な治療方法や薬剤の量、費用についてご提案いたします。 手術 手術の方法、費用などの提案にご納得いただければ、当日に手術を受けていただくことができます。 早漏治療・亀頭強化の手術は、注射器を使って薬剤を亀頭に注入するというシンプルなものです。 所要時間は10~15分程度となっております。 入院は不要で、当日にご帰宅いただけます。 なお、必ず診察日当日に手術を受けなければならないわけではありません。 いったんご帰宅いただき、意思が固まったところで再度ご予約いただくことも可能です。 手術後の説明 早漏治療・亀頭強化の手術は心身に過剰な負担をかけることがなく、アフターケアもそれほど難しくありません。 とはいえ、注意点がまったくないわけではありません。 手術後には、そのあたりのことを簡単に説明させていただきます。 術後の過ごし方について不安な点がある場合や、医師に聞いておきたいこと、確認しておきたい事がある場合には、遠慮なくお申し出ください。 当院における早漏治療・亀頭強化は、手術後の説明も含め、約1時間ですべて完了いたします。 手術後の注意点 当院による早漏改善・亀頭強化は「注射で薬剤を注入するのみ」という身体的負担のほとんどないシンプルな手術です。 注射痕にできるだけ触らないように心がけていただければ、日常生活やお仕事に支障が出ることはありません。 ただし、手術後は以下の点に注意する必要があります。 手術当日の注意点 注射痕に出血が見られる場合があります 血がにじむ程度。 この場合は、清潔なガーゼで軽く押さえるなどして止血してください。 また、お風呂に入るのは可能ですが、手術当日はシャワーですませ、湯船につかるのは翌日までお控えください。 手術後1~2週目の注意点 個人差はありますが、注射痕の出血はおおむね1週間前後で止まります。 まれに注入部の周辺に内出血が見られる場合がありますが、自然に回復していくので放置しておいても問題ありません。 また、出血が止まって注射痕が目立たなくなった段階で、パートナーとの性交渉を行うことが可能です。 手術後3~4週目の注意点 個人差はあるものの出血はほぼ完全に止まります。 この時点までくると、特に行動の制約などはありません。 手術後のケア 注射痕に出血が見られる場合には、清潔なガーゼで止血するなどのケアが必要ですが、そのほかの特別なケアは不要です。 早漏改善 亀頭強化 でよくある質問 早漏改善 亀頭強化 について、よくある質問をピックアップしました。

次の

早漏改善(亀頭強化)

池袋 早漏治療

早漏とは、「射精障害」のひとつです。 性交渉の際に射精のタイミングをコントロールできず、ペニスを女性器に挿入後、すぐに射精してしまう状態を指します。 国際性機能学会 ISSM の主導でアメリカ泌尿器学会 AUA が2008年に発表したところによれば、「挿入後すぐ=1分以内」とされます。 ただし、必ずしも「挿入後1分以内の射精」のみが問題となるわけではありません。 「毎回2~3分しかもたず、ストレスを感じている」 「5分くらいは我慢できるが、パートナーが満足してくれない」 「すぐ射精してしまうのが恥ずかしくて、性交渉への意欲が失われてしまう」 という場合も、治療の対象であるといえます。 当院では主に、亀頭を強化して「性的刺激に強いペニス」に仕上げる治療を行い、早漏を改善させます。 性的刺激をやわらげ、射精のコントロールがしやすい状態にすることができます。 ヒアルロン酸は半年ほどで体内に吸収されるため、亀頭の状態は一定期間が経過すると元に戻ります。 使用する薬剤は『吸収タイプ』より長持ちしますが、主成分のヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうため、一定期間が経過すると亀頭の状態は元に戻ります。 使用する薬剤は『持続タイプ』より長持ちしますが、主成分のヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうため、一定期間が経過すると亀頭の状態は元に戻ります。 こちらの施術で使用される薬剤は、体内に吸収されず亀頭に定着する半永久定着タイプのものを使用しています。 亀頭を強化した状態が、長期的に持続するのが特徴です。 手術当日の流れ 診察・相談 事前にご予約のうえでお越しください。 当院は完全貸切・予約制のプライベートクリニックです。 院内の患者様はおひとりのみとなり、ほかの患者様と顔を合わせるようなことはありません。 診察に先立ち、カルテを作成するために必要な受付票などの書類にご記入いただきます。 カルテ作成後、カウンセリングを行います。 早漏に関するお悩みについて、また治療や費用について不安な点や不明な点がある場合は、ぜひお聞かせいただければと思います。 また、早漏治療・亀頭強化に関してご希望がある場合には、ぜひお聞かせください。 亀頭に注入する薬剤は、その量によって得られる効果が異なります。 たとえば、「できるだけ分厚い亀頭に仕上げたい」という場合、薬剤の量を多めにすることでご希望に沿った仕上がりにすることができます。 当院では、患者様と医師が手術の結果についてイメージを共有することが大切であると考えております。 その考えのもと、患者様のご希望をしっかりお伺いして治療に反映させております。 早漏治療・亀頭強化の場合も、患者様のご希望をお聞きしたうえで最適な治療方法や薬剤の量、費用についてご提案いたします。 手術 手術の方法、費用などの提案にご納得いただければ、当日に手術を受けていただくことができます。 早漏治療・亀頭強化の手術は、注射器を使って薬剤を亀頭に注入するというシンプルなものです。 所要時間は10~15分程度となっております。 入院は不要で、当日にご帰宅いただけます。 なお、必ず診察日当日に手術を受けなければならないわけではありません。 いったんご帰宅いただき、意思が固まったところで再度ご予約いただくことも可能です。 手術後の説明 早漏治療・亀頭強化の手術は心身に過剰な負担をかけることがなく、アフターケアもそれほど難しくありません。 とはいえ、注意点がまったくないわけではありません。 手術後には、そのあたりのことを簡単に説明させていただきます。 術後の過ごし方について不安な点がある場合や、医師に聞いておきたいこと、確認しておきたい事がある場合には、遠慮なくお申し出ください。 当院における早漏治療・亀頭強化は、手術後の説明も含め、約1時間ですべて完了いたします。 手術後の注意点 当院による早漏改善・亀頭強化は「注射で薬剤を注入するのみ」という身体的負担のほとんどないシンプルな手術です。 注射痕にできるだけ触らないように心がけていただければ、日常生活やお仕事に支障が出ることはありません。 ただし、手術後は以下の点に注意する必要があります。 手術当日の注意点 注射痕に出血が見られる場合があります 血がにじむ程度。 この場合は、清潔なガーゼで軽く押さえるなどして止血してください。 また、お風呂に入るのは可能ですが、手術当日はシャワーですませ、湯船につかるのは翌日までお控えください。 手術後1~2週目の注意点 個人差はありますが、注射痕の出血はおおむね1週間前後で止まります。 まれに注入部の周辺に内出血が見られる場合がありますが、自然に回復していくので放置しておいても問題ありません。 また、出血が止まって注射痕が目立たなくなった段階で、パートナーとの性交渉を行うことが可能です。 手術後3~4週目の注意点 個人差はあるものの出血はほぼ完全に止まります。 この時点までくると、特に行動の制約などはありません。 手術後のケア 注射痕に出血が見られる場合には、清潔なガーゼで止血するなどのケアが必要ですが、そのほかの特別なケアは不要です。 早漏改善 亀頭強化 でよくある質問 早漏改善 亀頭強化 について、よくある質問をピックアップしました。

次の