プレ テンダー プリ テンダー どっち。 グレートプリテンダーの挿入歌OPや意味は?原作や評価が気になる!

【Official髭男dism】pretenderの読み方はプリテンダーとプレテンダーどっちなの?

プレ テンダー プリ テンダー どっち

昨年4月、月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』主題歌に「ノーダウト」が起用されたヒゲダン。 そんな彼らは今回、ドラマに続き映画の主題歌も担当。 5月17日公開の映画『コンフィデンスマンJP』にシングルタイトル曲「Pretender」書き下ろしました。 さて、今日のうたコラムでは、ヒゲダン・藤原聡 Vo. &Pf. のインタビューを【前編】【後編】に分けてお届けいたします。 しかも今回は【ロマンス編】とのことで、色恋沙汰も絡んでくる模様。 その映画の世界に寄り添いながら描いた歌詞について、また、作詞のこだわりについて、語っていただきました。 藤原:ありがとうございます!正直に言いますと、映画化が決定したと聞いたとき、もし主題歌のお話が僕らに来なかったら悲しいなって少し不安でした 笑。 ファンのみなさんも「もしや映画の主題歌も?」とか「お願いします!」みたいな反応をたくさんしてくださっていたので。 ドキドキしていたところはありましたね。 だからこそ、こうしてもう一度、携わらせてもらえることになり、すごく嬉しいです。 藤原:映画では規模がより広がり、【ロマンス編】ということで、色恋沙汰も絡んでくるんですよ。 やっぱり、恋愛と騙し合いの相手が一緒になってしまったりすると、自分の感情に素直に動けない場面もあるわけで。 そう考えるとこういう歌詞が出てくるんですよね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ 「Pretender」/Official髭男dism 藤原:映画を観て、二人の関係性に名前をつけるのは難しいことだと強く感じました。 だって、騙されている側はもう完全に恋人同士だと思っているわけじゃないですか。 だけど騙している側からしたら、単にターゲットでしかなくなっている。 すると、どっちの視点で物語を描くかによって、関係性の名前のつけ方って変わってくるな、と。 たったひとつ確かなことがあるとするのならば 『君は綺麗だ』 「Pretender」 藤原:それなら、主人公の<僕>の目に映る主観で、ただただ「今、目の前にいるあなたは美しい」と、そんなふうに歌えたら良いなと思ったんです。 俯瞰で二人の関係をはっきりさせるような、簡単に関係に名前をつけられるような歌詞にしたくなかった。 それは映画を観ても思ったし、曲を作りながら自分のなかにもそういう価値観ってあるなと感じました。 だから、曲タイトルもみんなの解釈の余地があるようなワードにしたんです。 藤原:そうそう、いろいろ意味があるんですよね。 これはふっと頭に浮かんだワードだったんですよ。 この曲に名前をつけるとしたら、歌詞内にはあまりピンと来る言葉はなくて。 それでたどり着いたのが「Pretender」でした。 このタイトルの意味もそうですし、この曲がバラードなのか、ミディアムチューンなのか。 悲しい歌なのか、何かを振り切るための前向きな歌なのか。 いろんな面をあえてあまり明確にしていないんです。 藤原:そうなんですよ。 なので、この曲を聴いて「切ない」と言ってくださるなら、それがそのひとにとっての正解で。 でもそうじゃない受け取り方もまた正解で。 同じ失恋にしたって、振られる側なのか、振る側なのか、そういう違いもありますしね。 あとは、たとえば職場に気になるひとがいるけど、職場恋愛は結構キツイなぁ…という気持ちがあって結ばれないとか。 そういうそれぞれのひとのケースにリンクするものがあって、この曲がそのひとの人生にとってのお気に入りになってくれたら良いなと思いますね。 藤原:ですよねぇ。 職場恋愛もそうだし、映画の物語を踏まえたところもあります。 もしも詐欺師同士じゃなかったら、普通に恋愛をしていたかもしれない世界もあったのかなって。 あと、僕にそういう体験があるわけじゃないんですけど、昔マネージャーに「この業界はアーティストとスタッフの色恋沙汰厳禁」って言われたことがあって 笑。 別にそんな気はまったくないけれども「でももし本当に惚れてしまったらどうするんだろう。 それこそこの歌詞のとおりだよな…」ってふとそんなことも頭に浮かびましたね。 ちょうど僕は今、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』を観ているんですけど、あれも恋愛の相手が高校生だったり、いとこだったりするじゃないですか。 そういう叶いにくい恋愛って世の中にたくさんあって、それぞれが<もっと違う設定で もっと違う関係で>とか<もっと違う性格で もっと違う価値観で>とか思っているんだろうなって。 」と気付く』感覚だとコメントされていたのが印象的でした。 それは<君の運命のヒトは僕じゃない>と気付いてしまうということですよね。 藤原:そうです。 だけどまだ夢から覚めたくない。 だけどそんなの甘いよな。 そういう葛藤の感情を描いているんですよね。 あくまで僕の場合ですけど、自分の音楽的な成功を喜んでもらえなかったときとか。 自分が音楽に費やす時間を理解してもらえなかったときとか。 そういう違和感が一番かなぁ。 きっとみんないろんなことがありますよね。 束縛された瞬間だったり。 一緒に遊んでいるときにふと「つまんないな」と感じた瞬間だったり。 藤原:難しいけど…、僕にとってはサビの最後の『君は綺麗だ』というひと言ですかね。 藤原:はい、そこはすごく自分のなかでこだわったポイントなんですよ。 「好き」かどうかはわからない。 それに「好き」という言葉で片づけてしまうには、あまりにも心配しなきゃいけない要因が多すぎるんですよ。 藤原:うんうん、そうですよね。 それでもとにかく、目の前にいるあなたが美しいということはわかるんだと。 それだけは伝えたいんだと。 それ以外に答えを出すつもりはないと。 そんな想いが『君は綺麗だ』というひと言に込められています。 あと、関係性に名前をつけてしまったら、その瞬間に終わってしまう気がして、それは嫌だっていう想いも同時に含まれているかな。 藤原:最後だけは、今の<僕>自身の心の状態も表したいと思ったんです。 なんか…神様の決めたことで今こうなっているのなら、まぁしょうがないなって受け入れようとしている姿とか、永遠に一緒にいられるわけでも次の約束があるわけでもないけれど今<君>に抱いている想いとか、そういう感情が人間らしくて『とても綺麗だ』なって。 ここだけは、悩む主人公とその相手を、達観して描いている第三者的なフレーズなんですよね。 Pretender 2. Amazing 3. Pretender Acoustic ver.

次の

キラッとプリチャン × プリズムストーンカフェ原宿 9.1までコラボ開催中!

プレ テンダー プリ テンダー どっち

昨年4月、月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』主題歌に「ノーダウト」が起用されたヒゲダン。 そんな彼らは今回、ドラマに続き映画の主題歌も担当。 5月17日公開の映画『コンフィデンスマンJP』にシングルタイトル曲「Pretender」書き下ろしました。 さて、今日のうたコラムでは、ヒゲダン・藤原聡 Vo. &Pf. のインタビューを【前編】【後編】に分けてお届けいたします。 しかも今回は【ロマンス編】とのことで、色恋沙汰も絡んでくる模様。 その映画の世界に寄り添いながら描いた歌詞について、また、作詞のこだわりについて、語っていただきました。 藤原:ありがとうございます!正直に言いますと、映画化が決定したと聞いたとき、もし主題歌のお話が僕らに来なかったら悲しいなって少し不安でした 笑。 ファンのみなさんも「もしや映画の主題歌も?」とか「お願いします!」みたいな反応をたくさんしてくださっていたので。 ドキドキしていたところはありましたね。 だからこそ、こうしてもう一度、携わらせてもらえることになり、すごく嬉しいです。 藤原:映画では規模がより広がり、【ロマンス編】ということで、色恋沙汰も絡んでくるんですよ。 やっぱり、恋愛と騙し合いの相手が一緒になってしまったりすると、自分の感情に素直に動けない場面もあるわけで。 そう考えるとこういう歌詞が出てくるんですよね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ 「Pretender」/Official髭男dism 藤原:映画を観て、二人の関係性に名前をつけるのは難しいことだと強く感じました。 だって、騙されている側はもう完全に恋人同士だと思っているわけじゃないですか。 だけど騙している側からしたら、単にターゲットでしかなくなっている。 すると、どっちの視点で物語を描くかによって、関係性の名前のつけ方って変わってくるな、と。 たったひとつ確かなことがあるとするのならば 『君は綺麗だ』 「Pretender」 藤原:それなら、主人公の<僕>の目に映る主観で、ただただ「今、目の前にいるあなたは美しい」と、そんなふうに歌えたら良いなと思ったんです。 俯瞰で二人の関係をはっきりさせるような、簡単に関係に名前をつけられるような歌詞にしたくなかった。 それは映画を観ても思ったし、曲を作りながら自分のなかにもそういう価値観ってあるなと感じました。 だから、曲タイトルもみんなの解釈の余地があるようなワードにしたんです。 藤原:そうそう、いろいろ意味があるんですよね。 これはふっと頭に浮かんだワードだったんですよ。 この曲に名前をつけるとしたら、歌詞内にはあまりピンと来る言葉はなくて。 それでたどり着いたのが「Pretender」でした。 このタイトルの意味もそうですし、この曲がバラードなのか、ミディアムチューンなのか。 悲しい歌なのか、何かを振り切るための前向きな歌なのか。 いろんな面をあえてあまり明確にしていないんです。 藤原:そうなんですよ。 なので、この曲を聴いて「切ない」と言ってくださるなら、それがそのひとにとっての正解で。 でもそうじゃない受け取り方もまた正解で。 同じ失恋にしたって、振られる側なのか、振る側なのか、そういう違いもありますしね。 あとは、たとえば職場に気になるひとがいるけど、職場恋愛は結構キツイなぁ…という気持ちがあって結ばれないとか。 そういうそれぞれのひとのケースにリンクするものがあって、この曲がそのひとの人生にとってのお気に入りになってくれたら良いなと思いますね。 藤原:ですよねぇ。 職場恋愛もそうだし、映画の物語を踏まえたところもあります。 もしも詐欺師同士じゃなかったら、普通に恋愛をしていたかもしれない世界もあったのかなって。 あと、僕にそういう体験があるわけじゃないんですけど、昔マネージャーに「この業界はアーティストとスタッフの色恋沙汰厳禁」って言われたことがあって 笑。 別にそんな気はまったくないけれども「でももし本当に惚れてしまったらどうするんだろう。 それこそこの歌詞のとおりだよな…」ってふとそんなことも頭に浮かびましたね。 ちょうど僕は今、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』を観ているんですけど、あれも恋愛の相手が高校生だったり、いとこだったりするじゃないですか。 そういう叶いにくい恋愛って世の中にたくさんあって、それぞれが<もっと違う設定で もっと違う関係で>とか<もっと違う性格で もっと違う価値観で>とか思っているんだろうなって。 」と気付く』感覚だとコメントされていたのが印象的でした。 それは<君の運命のヒトは僕じゃない>と気付いてしまうということですよね。 藤原:そうです。 だけどまだ夢から覚めたくない。 だけどそんなの甘いよな。 そういう葛藤の感情を描いているんですよね。 あくまで僕の場合ですけど、自分の音楽的な成功を喜んでもらえなかったときとか。 自分が音楽に費やす時間を理解してもらえなかったときとか。 そういう違和感が一番かなぁ。 きっとみんないろんなことがありますよね。 束縛された瞬間だったり。 一緒に遊んでいるときにふと「つまんないな」と感じた瞬間だったり。 藤原:難しいけど…、僕にとってはサビの最後の『君は綺麗だ』というひと言ですかね。 藤原:はい、そこはすごく自分のなかでこだわったポイントなんですよ。 「好き」かどうかはわからない。 それに「好き」という言葉で片づけてしまうには、あまりにも心配しなきゃいけない要因が多すぎるんですよ。 藤原:うんうん、そうですよね。 それでもとにかく、目の前にいるあなたが美しいということはわかるんだと。 それだけは伝えたいんだと。 それ以外に答えを出すつもりはないと。 そんな想いが『君は綺麗だ』というひと言に込められています。 あと、関係性に名前をつけてしまったら、その瞬間に終わってしまう気がして、それは嫌だっていう想いも同時に含まれているかな。 藤原:最後だけは、今の<僕>自身の心の状態も表したいと思ったんです。 なんか…神様の決めたことで今こうなっているのなら、まぁしょうがないなって受け入れようとしている姿とか、永遠に一緒にいられるわけでも次の約束があるわけでもないけれど今<君>に抱いている想いとか、そういう感情が人間らしくて『とても綺麗だ』なって。 ここだけは、悩む主人公とその相手を、達観して描いている第三者的なフレーズなんですよね。 Pretender 2. Amazing 3. Pretender Acoustic ver.

次の

キラッとプリチャン × プリズムストーンカフェ原宿 9.1までコラボ開催中!

プレ テンダー プリ テンダー どっち

昨年4月、月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』主題歌に「ノーダウト」が起用されたヒゲダン。 そんな彼らは今回、ドラマに続き映画の主題歌も担当。 5月17日公開の映画『コンフィデンスマンJP』にシングルタイトル曲「Pretender」書き下ろしました。 さて、今日のうたコラムでは、ヒゲダン・藤原聡 Vo. &Pf. のインタビューを【前編】【後編】に分けてお届けいたします。 しかも今回は【ロマンス編】とのことで、色恋沙汰も絡んでくる模様。 その映画の世界に寄り添いながら描いた歌詞について、また、作詞のこだわりについて、語っていただきました。 藤原:ありがとうございます!正直に言いますと、映画化が決定したと聞いたとき、もし主題歌のお話が僕らに来なかったら悲しいなって少し不安でした 笑。 ファンのみなさんも「もしや映画の主題歌も?」とか「お願いします!」みたいな反応をたくさんしてくださっていたので。 ドキドキしていたところはありましたね。 だからこそ、こうしてもう一度、携わらせてもらえることになり、すごく嬉しいです。 藤原:映画では規模がより広がり、【ロマンス編】ということで、色恋沙汰も絡んでくるんですよ。 やっぱり、恋愛と騙し合いの相手が一緒になってしまったりすると、自分の感情に素直に動けない場面もあるわけで。 そう考えるとこういう歌詞が出てくるんですよね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ 「Pretender」/Official髭男dism 藤原:映画を観て、二人の関係性に名前をつけるのは難しいことだと強く感じました。 だって、騙されている側はもう完全に恋人同士だと思っているわけじゃないですか。 だけど騙している側からしたら、単にターゲットでしかなくなっている。 すると、どっちの視点で物語を描くかによって、関係性の名前のつけ方って変わってくるな、と。 たったひとつ確かなことがあるとするのならば 『君は綺麗だ』 「Pretender」 藤原:それなら、主人公の<僕>の目に映る主観で、ただただ「今、目の前にいるあなたは美しい」と、そんなふうに歌えたら良いなと思ったんです。 俯瞰で二人の関係をはっきりさせるような、簡単に関係に名前をつけられるような歌詞にしたくなかった。 それは映画を観ても思ったし、曲を作りながら自分のなかにもそういう価値観ってあるなと感じました。 だから、曲タイトルもみんなの解釈の余地があるようなワードにしたんです。 藤原:そうそう、いろいろ意味があるんですよね。 これはふっと頭に浮かんだワードだったんですよ。 この曲に名前をつけるとしたら、歌詞内にはあまりピンと来る言葉はなくて。 それでたどり着いたのが「Pretender」でした。 このタイトルの意味もそうですし、この曲がバラードなのか、ミディアムチューンなのか。 悲しい歌なのか、何かを振り切るための前向きな歌なのか。 いろんな面をあえてあまり明確にしていないんです。 藤原:そうなんですよ。 なので、この曲を聴いて「切ない」と言ってくださるなら、それがそのひとにとっての正解で。 でもそうじゃない受け取り方もまた正解で。 同じ失恋にしたって、振られる側なのか、振る側なのか、そういう違いもありますしね。 あとは、たとえば職場に気になるひとがいるけど、職場恋愛は結構キツイなぁ…という気持ちがあって結ばれないとか。 そういうそれぞれのひとのケースにリンクするものがあって、この曲がそのひとの人生にとってのお気に入りになってくれたら良いなと思いますね。 藤原:ですよねぇ。 職場恋愛もそうだし、映画の物語を踏まえたところもあります。 もしも詐欺師同士じゃなかったら、普通に恋愛をしていたかもしれない世界もあったのかなって。 あと、僕にそういう体験があるわけじゃないんですけど、昔マネージャーに「この業界はアーティストとスタッフの色恋沙汰厳禁」って言われたことがあって 笑。 別にそんな気はまったくないけれども「でももし本当に惚れてしまったらどうするんだろう。 それこそこの歌詞のとおりだよな…」ってふとそんなことも頭に浮かびましたね。 ちょうど僕は今、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』を観ているんですけど、あれも恋愛の相手が高校生だったり、いとこだったりするじゃないですか。 そういう叶いにくい恋愛って世の中にたくさんあって、それぞれが<もっと違う設定で もっと違う関係で>とか<もっと違う性格で もっと違う価値観で>とか思っているんだろうなって。 」と気付く』感覚だとコメントされていたのが印象的でした。 それは<君の運命のヒトは僕じゃない>と気付いてしまうということですよね。 藤原:そうです。 だけどまだ夢から覚めたくない。 だけどそんなの甘いよな。 そういう葛藤の感情を描いているんですよね。 あくまで僕の場合ですけど、自分の音楽的な成功を喜んでもらえなかったときとか。 自分が音楽に費やす時間を理解してもらえなかったときとか。 そういう違和感が一番かなぁ。 きっとみんないろんなことがありますよね。 束縛された瞬間だったり。 一緒に遊んでいるときにふと「つまんないな」と感じた瞬間だったり。 藤原:難しいけど…、僕にとってはサビの最後の『君は綺麗だ』というひと言ですかね。 藤原:はい、そこはすごく自分のなかでこだわったポイントなんですよ。 「好き」かどうかはわからない。 それに「好き」という言葉で片づけてしまうには、あまりにも心配しなきゃいけない要因が多すぎるんですよ。 藤原:うんうん、そうですよね。 それでもとにかく、目の前にいるあなたが美しいということはわかるんだと。 それだけは伝えたいんだと。 それ以外に答えを出すつもりはないと。 そんな想いが『君は綺麗だ』というひと言に込められています。 あと、関係性に名前をつけてしまったら、その瞬間に終わってしまう気がして、それは嫌だっていう想いも同時に含まれているかな。 藤原:最後だけは、今の<僕>自身の心の状態も表したいと思ったんです。 なんか…神様の決めたことで今こうなっているのなら、まぁしょうがないなって受け入れようとしている姿とか、永遠に一緒にいられるわけでも次の約束があるわけでもないけれど今<君>に抱いている想いとか、そういう感情が人間らしくて『とても綺麗だ』なって。 ここだけは、悩む主人公とその相手を、達観して描いている第三者的なフレーズなんですよね。 Pretender 2. Amazing 3. Pretender Acoustic ver.

次の