猫 餌 人気。 【老猫の餌】高齢なシニア猫におすすめのキャットフード人気ランキング

猫餌の人気おすすめランキング15選【安全・安心を重視】

猫 餌 人気

適度な脂質のキャットフード• 動物性高タンパク質のキャットフード• 低炭水化物のキャットフード• 無添加のキャットフード• 穀物不使用のグレインフリーキャットフード 1. 適度な脂質のキャットフード シニア猫には脂質が負担になりそうなイメージもあるかと思いますが、 適度な脂質は必要です。 脂質は燃焼しやすく、元々肉食動物である猫にとってはエネルギーにもなりやすいので、シニア猫にも必要な栄養素なんです。 脂質が少ないキャットフードに切り替えてあげれば、体への負担は心配無用ですよ。 動物性高タンパク質のキャットフード 高齢になると、食べる量自体が減ってしまうので、タンパク質のクオリティにはこだわってください。 少量でもしっかりとタンパク質が摂れるキャットフードを与えることで、 肉や被毛、皮膚を健康に保つことができます。 低炭水化物のキャットフード 炭水化物は猫の消化器官に負担を与えてしまいます。 シニアになってくると、胃腸の働きも弱まってくるので、炭水化物による打撃は更に大きくなります。 体の負担も考えて、低炭水化物のキャットフードを選んであげてください。 無添加のキャットフード 着色料や保存料、香料といった人口添加物は人間にとっても害がありますよね。 猫にとっても同じです。 シニア猫となれば、その負担も更に大きくなってしまいます。 添加物が配合されていないキャットフードを選びましょう。 穀物不使用のグレインフリーキャットフード トウモロコシや小麦といった穀物は、猫のアレルギー反応を引き起こすこともあります。 更に消化吸収を妨げるので、シニア猫には向きません。 穀物を一切使用していないキャットフード選びを心がけましょう。 シニア猫のキャットフード・ドライフード人気ランキング シニア・老猫にとっていいキャットフードをご紹介します。 7歳を超えてきたあたりから、老猫のキャットフードの見直しを検討してみてくださいね。 5kg カロリー 374kcal/100g 主原料 白身魚 添加物 無添加 ビタミンE 穀物 不使用 原産国 イギリス 対応年齢 3か月~シニアまで 高たんぱく質、グレインフリー、無添加のモグニャンは、餌選びのポイントを全て押さえています。 消化吸収率も高いので、胃腸の働きが弱まっているシニア猫にも安心して与えることができます。 3位:ねこはぐ 原材料はすべて国産というキャッチフレーズで、2017年12月に発売になった「ねこはく」。 原材料はもちろん全部国産のものを使っており、品質管理が徹底された国内の工場で生産しているので、安心安全です。 少量の雑穀米を使用しているので腹持ちも良く、肥満対策やカロリー制限にもなります。 国産のキャットフードを食べさせたいと思っている飼い主さんには、おすすめです。 4位: グレインフリーで高たんぱく質なシンプリーは、脂質のバランスにも配慮しています。 魚の使用量も多いので、食欲が減退しがちなシニア猫も楽しく食事ができるキャットフードです。 キャットフードを成猫向けから老猫向けに切り替える4つの理由 そもそも成猫向けのキャットフードから老描用のキャットフードに切り替える理由は、• 摂取カロリーの調節• 咀嚼能力の低下• 歯が弱ってくる• 食欲の低下 というものがあります。 あまりキャットフードを食べなくなってきたら、老猫向けのものに切り替えましょう。 摂取カロリーの調節 シニアになると、若い頃よりも体力が落ちてしまうので、自然と運動量も減ります。 それなのに、これまでと同じような食生活を続けていてはどうでしょうか? 肥満になることは、避けられなくなりますよね。 摂取カロリーを調節するためにも、キャットフードの切り替えは必須です。 咀嚼能力の低下 噛む力が弱くなるシニア猫の咀嚼能力は低下する一方です。 成猫用のキャットフードは食べづらくなるので、顎の力に合わせたキャットフードを与える必要があります。 歯が弱ってくる シニア猫は歯自体も弱まってしまいます。 歯が減ってきたり、噛む力が弱まったりして食欲が減ってきた場合は『』などのウェットフードに切り替える方法もありますよ。 食欲の低下 シニア猫は消化機能の低下などから、食欲が落ちてしまいがちです。 量が食べられなくなると、タンパク質などの必要な栄養素をきちんと補給できなくなってしまいます。 少量でも栄養バランスが取れるように、シニア向けのキャットフードに切り替えなければなりません。 成猫用から老猫向けキャットフードに切り替えるタイミング・年齢とは 成猫用から老描向けのキャットフードに切り替える理由について見ていきましたが、切り替えのタイミングも重要です。 7歳ころから老猫に分類されるので、それまでにはシニア猫用のものに切り替えるといいでしょう。 7歳の誕生日に、まだ残っているものを捨ててまで切り替える必要はありません。 いきなり切り替えると食べなくなることもあるので、今のものに少しずつ混ぜて、徐々に切り替えていくのがいいですよ。 老猫用と成猫用のキャットフードの違い 老描用キャットフードは、成猫用と比較するとカロリーが控えめになっています。 消化機能の働きが衰え、運動量が減ることでカロリーが低くなっているんです。 老猫の正しいご飯・食事の与え方 噛む力や咀嚼力が落ちているので、キャットフードを細かく砕いたりふやかしてあげてください。 食べやすくないと全く食べないということにもなりかねないので、注意が必要です。 老猫のご飯の回数と間隔 老描は若い頃と比べると、1回あたりの食事の量が減ってしまいます。 大変ではありますが、3回に分けて与えると良いですよ。 朝、昼、夜に分けると良いでしょう。 老猫になって食欲が落ちてご飯を食べない時の対策とは どうしても食欲は落ちてしまうのですが、できる対策はあります。 ふやかす キャットフードをふやかすとあまり噛まなくても良いので、シニア猫にも食べやすくなります。 子猫の時に戻るような感じの与え方ですが、おすすめの対策法ですよ。 トッピングでアレンジレシピ キャットフードに飽きているという可能性も考えられるので、 ボイルしたささみを細かくしてトッピングしてみるのもおすすめです。 いつもと違う食事に興味を示してくれるかもしれませんよ。 老猫に与えるキャットフードは『モグニャン』で決まり! カロリーやタンパク質の量、グレインフリーかつ無添加という点でも、老描におすすめののはモグニャンです。 マグネシウム量も控えめになっているので、尿路結石対策もバッチリ。 食欲が落ちて一定量を食べられなくなってしまうので、少量で確実に栄養を摂っていきたいですよね。

次の

猫用給餌器、自動給餌器 ランキングTOP7

猫 餌 人気

身近で買えるフードを選ぶ 猫の餌を選ぶときは、サイトなどのランキングを参考にしたりして、手に入りやすい餌、スーパーやドラッグストアで売られているものを選ぶという方法があります。 市販のフードは、手に入りやすく、 コスパも高いものが多いため、ランキングでも上位に入ります。 餌の味や形状、猫のタイプなど種類が多いので、最適な餌を選ぶのに迷う反面、飼い猫が好む餌を見つけられる可能性もあります。 餌の主な材料が鶏肉や魚などであること、副産物が少ないもの、添加物が少ない(使われていない)ものを選ぶことです。 ランキングの上位に入っていたとしても、あまりにも安い餌は副産物が多かったり、添加物が含まれていたりすることもあるので、原材料を良く確認した方が良いこともあります。 プレミアムフードを選ぶ プレミアムフードとは、質の良い材料で作られた猫の餌ということになります。 ロイヤルカナン、ピュリナワン、オリジンなど、ランキングでも上位に入っています。 市販されているフードよりも値段が高めになりますが、スーパーやドラッグストアで買えるものも増えてきています。 プレミアムの基準は各メーカーによって違っていますが、素材の良さだけでなく、餌の中に 副産物が少ない、添加物も少ない(または無添加)などの基準もあり、安全性が高いと言えます。 また、人間でも食べられるヒューマングレードにしたり、原材料を国産にこだわっていたり、農薬や遺伝子組み換えを使用していないオーガニック、といったものを重要にしているメーカーもあります。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の

猫の餌の正しい与え方・選び方 [猫] All About

猫 餌 人気

プレミアムフードとは「AAFCO」(米国飼料検査官協会)の栄養基準をクリアしたものをいうことが多いのですが、厳密な定義がなされているわけではありません。 プレミアムフードは、品質を重視しているフード全体を 大雑把に分類していると思ったほうが良いでしょう。 では、キャットフードはどれを選んでも大差はないのでしょうか? いいえ、それは違います。 キャットフードのパッケージに、原材料名として「牛肉」「鶏肉」ではなく、 「肉類」と表示されているものを見たことがありますか? この「肉類」には、肉以外にも家畜動物の糞、尿、とさか、くちばし、羽、足、腫瘍部分など、 聞いているだけで寒気のするようなものが混ぜられているのです。 しかし、中にはさらに恐ろしいものが存在しています。 多くの獣医師が最も危険視している「4Dミート」です。 キャットフードでは酸化防止や悪臭を押さえるための保存料として使用されていますが、 発癌性が認められているため、今では一部の食品を除いて使用されることが禁じられているのです。 同じく「エトキシキン」も毒性がとても強く、発がん性・皮膚炎・脱毛・異常行動・血清コレストロール上昇などの症状が出る危険性があるため、 日本では食品添加物として認可されていません。 また、発癌性という点から言うと、原料に遺伝子組み換えをしている穀物などが使用される場合も、癌になる確率が上がることがわかっています。 恐ろしい事実なのですが、安値で売られているキャットフードのほとんどには、 これらの有害で危険な成分が混合して販売されています。 これこそが売り場で見られる「値段の差」の要因なのです。 安心して与えることのできるキャットフードとは? 時代の流れによって私たちの食生活も変わり、またペットたちの食にも変化が見られ始めます。 各家庭では、 炊飯器の登場で白米があまり残らなくなると同時に、ペットフードが発売されたのです。 「残り飯よりも経済的で栄養価が高い」…これが当時のキャッチフレーズでした。 また、少子化でペットを飼う人が多くなったことも反映して、 「ペットにも栄養バランスを!」といった風潮が強まり、 ペットの食に対する関心がとても高くなっていったのです。 ただし、ここでひとつ考えて頂きたいのは、ペットたちが自ら「このフードがいい」「これが体によい」と選んで口にしているわけではない、という事実です。 何をお伝えしたいのかというと、主役はペットたちであり、飼い主の私たちではないということです。 飼い主が選び、与えられたものを食べるしかないペットたち… コマーシャルやパッケージの華やかさに踊らされて購入するのではなく、本当に質の良いペットフードを考え、与えてあげてください。 ペットの健康を私たち人間と同じく、真剣に考える人たちが増えることを願って止みません。 最高のフードと出会うための必要栄養素とは? タンパク質 骨・筋肉・血液・皮膚などの組織を作る大切な栄養素です。 猫は完全なる肉食で、人間の3倍以上のタンパク質を必要とします。 ミネラル 食べたものをエネルギーに変換する働きを持っています。 12種類のビタミンが必要とされていて、ミネラルとビタミンをバランスよく摂らなければ、さまざまな弊害が起きてしまいます。 赤色は美味しさの象徴?それとも危険の象徴? 店頭で売っているほとんどのドライフードは、レンガ色をしています。 また、消費者の目を引くために緑や赤など色がきれいなもの、魚の形や骨の形になったものなどバラエティーに富んでいます。 しかし、この色味は果たしてペットたちには本当に必要なものなのでしょうか? 人間は心理的に 赤い食べ物の方がおいしいと感じるそうです。 もうお分かりの通り、この赤い色は人間の購入意欲を湧かせるためのものであり、 決してペットたちのことを考えて着色されたものではありません。 この着色料(赤色2号)は、動物実験で発がん性があることが証明されました。 また、人工着色料や人工香料は人間の子どもに対しても「多動症」を誘発することがわかっているだけではなく、猫や犬などは「神経質で人間を敵対視する動物になる」と指摘されています。 同様に、遺伝子組み換えをしている穀物も、ガンになる確率が上がる危険な食材として知られています。 本来、猫の体質からいくと、穀物から得られる栄養は必要ありません。 しかし、驚くほどの安値で売られているキャットフードには、穀物が使用されているのが現実です。 愛猫を病魔の手から守るためにも、「成分」「原材料」「原産国・生産者」には よく目を凝らし、確認する必要があります。 「安全なキャットフード」という観点から言うと、「カナガンキャットフード」や「シンプリーキャットフード」が特に品質管理が徹底されているため、人気と信頼、そしてリピーター率も高いようです。 最後に… 安値で売られているフードには、コストを落とすための裏事情が必ず隠されています。 愛猫と1年でも、1日でも長く一緒に過ごしたいと願うのであれば、今与えているフードをちょっとだけ見直してみてください。 毎日食べるフードだからこそ、その改善で愛猫の健康は安定し、維持していくことができるのです。 ソフトタイプのキャットフードで気をつけたいこと キャットフードには、実にたくさんの種類があります。 ソフトタイプのキャットフードについて ソフトタイプのキャットフードはドライタイプと比較して、 水分を多く保持することで、そのやわらかさを作り出しています。 しかし、水分が多いと腐りやすいため、フードとしての品質劣化が早く、 それを防ぐためにどうしても添加物が必要になります。 その添加物は、水分を保持するための湿潤調整剤や、 品質劣化を防ぐ防カビ剤などが使われているのですが、 中には 長期間の摂取で猫ちゃんの体に影響が出てしまう可能性があります。 ソフトタイプのキャットフードに潜む危険性 これは実際に私が経験したことなのですが、これまで私の動物病院で健康診断をさせていただいた猫ちゃんの中に、 血液検査で肝臓関係の数値に異常が出たケースが何件かあります。 とはいえ、それ以外に大きな異常は認められず、また猫ちゃん本人も特に症状があったわけではなかったため、その原因が最初はよくわからなかったのです。 しかし、 いずれに猫ちゃんも、ソフトタイプのキャットフードや添加物の多いおやつを長年使っているということがわかり、もしかしたら添加物の影響もあるのかなと考え、 飼い主様と相談してソフトタイプのフードを止めていただきました。 すると見事に肝臓の数値が改善したのです。 もちろん、多くの猫ちゃんでは、ソフトタイプのキャットフードを食べていても、そのような異常をきたすことはなく、また今回のようなケースも、本当に添加物の影響で異常をきたしていたのかは、まだまだ議論の余地があります。 しかし、体に悪影響がある可能性がある以上、ドライタイプやウェットタイプをしっかり食べることができる猫ちゃんであれば、ソフトタイプのキャットフードの使用は見直してもよいかもしれません。 ソフトタイプのキャットフードは、それを好む猫ちゃんも多く、ついつい与えたくなってしまいますが、中には知らないうちに体に負担をかけているケースもあるかもしれませんので、注意が必要です。 愛猫の健康のために選んだプレミアムキャットフード 尿路結石 いつも元気なぶち猫くんが、ある日、苦しそうにうずくまり、動かなくなりました。 あまりに元気のないその様子に、異常さを感じ、動物病院へ行きました。 検査結果は、『尿路結石』。 尿道に石が詰まっていたのです。 治療はとても痛そうで、泣き叫ぶ声にひどく心が痛みました。 尿路の石を取り除けば大丈夫なのだそうですが、 うちの子は発症しやすいらしく、何度か再発しそうになりました。 そして、キジ猫くんも尿路結石の前兆が起こりました。 二人とも、病院で処方された餌を与えることで回避していましたが、 その度に血尿を出すねこちゃんをみると、やるせない気持ちでした。 治療じゃなく「予防」をしてあげたい いずれも解決法として「治療」を選びましたが、出来れば「予防」をしてあげたい、そう感じました。 確かに薬や治療は効果的で、即効性があります。 でも、やっぱり苦しむ姿は見たくないのです。 尿路結石について調べてみると、さまざまな予防法が分かりました。 何日もかけ、いろいろなフードの成分とにらめっこし、出した結論は「このキャットフード」。 マグネシウム含有量は0. 09%• カルシウム1. 12:リン1• 化学保存剤・化学着色料・化学薬品を使用せず、副産物も使用していない• 尿を酸性に保ち結石を出来にくくしてくれるクランベリー配合 少しばかり値は張りましたが、家族に上記のことを説明したところ、快く承諾してくれました。 改善された症状と元気な愛猫たち その後、このキャットフードを使用し一年、徐々に尿路結石は起こらなくなりました。 たまに尿の出が悪く感じたときは、病院で購入した餌を混ぜればすぐに改善されます。 そして、白猫ちゃん。 この子の首の痒みはずっと付き合っていくものだと思っていました。 しかし、思い返してみると、 このキャットフードに変えてから首を掻き毟ることがなくなり、毛並みも良くなっていたのです。 もちろん、みんな毛並みは良くなったのですが、この子はもともと毛並みが良くなかったので、特に目を見張る改善でした。 とても嬉しいです。 もともと何でも食べる子たちですが、このフードは食いつきもとても良いです。 安価なものに比べると少しばかり値は張りますが、 愛猫の健康と幸せを願うなら、高品質なものを選ぶべきだと私は思います。 自分が無理なく買えるレベルのもので結構です。 ずっと元気でいてもらうため、猫ちゃんに合ったキャットフードをチョイスし直してみませんか? 猫にふさわしい食事内容とは.

次の