いちご 生産量 都道府県 ランキング。 都道府県データランキング

2018年度産 [いちご/苺/イチゴ] ランキング(生産量・収穫量) (都道府県)

いちご 生産量 都道府県 ランキング

数年前に娘と調べたことがあります 果物全般は滅多に食べません。 りく( )です。 野菜や果物の名産地に住んでる方々は特に考えると思うのですが、「この野菜や果物って、日本で一番生産量の多いとこってどこだろう」というのを私自身、数年前にふと考えました。 ちょうど子供たちが夏休みに突入した頃。 長女が研究発表の題材を何にするか検討中だったので、「一緒に調べるか?」と提案したところ長女も快諾。 最終的にほとんど私がネットで情報収集し、データを長女が紙にまとめて研究発表は無事完成、ということがありました。 今回はそれと全く同じことをやってみようかなと。 今回は果物に絞って調べてみました。 果物の種類によっては公開されてるデータの年代に違いがあるので、最新版ではない場合があることをご了承ください。 「みかん(蜜柑)」トップ5.

次の

イチゴの都道府県別収穫量ランキング トップ5

いちご 生産量 都道府県 ランキング

数年前に娘と調べたことがあります 果物全般は滅多に食べません。 りく( )です。 野菜や果物の名産地に住んでる方々は特に考えると思うのですが、「この野菜や果物って、日本で一番生産量の多いとこってどこだろう」というのを私自身、数年前にふと考えました。 ちょうど子供たちが夏休みに突入した頃。 長女が研究発表の題材を何にするか検討中だったので、「一緒に調べるか?」と提案したところ長女も快諾。 最終的にほとんど私がネットで情報収集し、データを長女が紙にまとめて研究発表は無事完成、ということがありました。 今回はそれと全く同じことをやってみようかなと。 今回は果物に絞って調べてみました。 果物の種類によっては公開されてるデータの年代に違いがあるので、最新版ではない場合があることをご了承ください。 「みかん(蜜柑)」トップ5.

次の

いろんな果物の生産量/収穫量日本一がどこかを調べてみた

いちご 生産量 都道府県 ランキング

いちご農家の30代・40代・50代の年代別年収 いちご農家の年代別年収は、年齢別年収推移より 30代の年収が約 565万円~(推定) 40代で 657万円~(推定) 50代で 789万円~(推定) 30代~50代までの年収増加は約 224万円以上となっています。 あくまでも予測のためご自身でご判断ください。 いちご農家の推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説! 上記の平均から算出してみたところ推定 28,264万円となりそうです。 日本の平均生涯賃金が17,881万円なので、平均生涯賃金からの増減は 10,404万円です。 いちご農家の仕事内容 いちご農家の仕事内容は簡単に言えばいちごを育ててそれを売ることですが、具体的にはいちごの苗を植える土台作りから始めます。 土台作りとは品質が良いいちごを育てるために土を起こし、その土に肥料を与えて甘くて美味しいいちごが育ちやすい土壌を作ることです。 いちごの苗を植える土台作りが終わったならば、7月から9月ぐらいの時期にいちごの苗を作り土台に植えていきますが、お盆前後が苗のピークです。 いちごの苗を植え終えたならば次は品質が良い美味しいいちごを育てるために、温度管理・害虫対策・発育状況のチェックが大事になってきます。 いちごが成長してきたならばいちごのサイズを確認しながら、手で1個づつもぎりパックに詰めていきます。 12月頃から5月頃までがいちごの収穫と出荷の時期で、この時期の収穫高でいちご農家の1年間の収入が決まる大事な時です。 いちごの収穫と出荷の時期が終わったならば、次に備えるためにビニールハウスや土壌のメンテナンスを行います。 出荷があまりない土曜日などに農薬を散布したり、稲作などの作物を育てたりするいちご農家もいます。 さらにいちご農家の仕事の一つに他のいちご農家との情報交換や、いちごの栽培方法に関する勉強も大事な仕事だと言えます。 特に美味しいいちごを作るとか、評判がいいいちご農家のやり方を学ぶことは大事なことです。 いちご農家の仕事の面白さ いちご農家の仕事の面白さは多くの農家が自然と向き合って、自分で作物を育てることと答えています。 お天道様と共に起きて仕事をし、お天道様が沈む頃に仕事を終える農家の仕事は、サラリーマンとは全く異なった面白みがあります。 それはいちごを育てることは自分の子供を育てることと同じで、大変なことですがその大変さ以上に見返りが大きいることです。 この場合の見返りとは収入の面だけでなく、自然を感じながら仕事ができる喜びです。 小鳥たちのさえずりが聞こえてきたり、土の中で生きる虫でさえ愛おしい気持ちになります。 自分の力ではコントロールできない天候でさえ、自然の中で人間が生かされていることを気付かされます。 もちろんのことですがいちご農家も個人事業主なので利益を出さないとやっている意味がなく、自分の力量が試される仕事で工夫ややり方次第でいちごの収穫高も年収も大きく異なっていきます。 いちご農家の仕事の面白さはサラリーマンとは違い、自分の力量や責任で仕事を決めることができる点です。 収入の面も自分の努力次第で、どのようにもなるのが仕事の面白さだと言えます。 さらにいちご農家の仕事の面白さは収穫し出荷したいちごを食べたお客様からの「とても美味しかったです!」とか、「友達や知り合いにも紹介したいと思います。 」など感謝の言葉を頂くことです。 自分の努力や工夫次第で甘くて美味しいいちごを作れば、収入も増えますしお客様からも美味しいと感謝されます。 自分の収入が増えて客様からも感謝され、多くのいちご農家がいちご農家をやってよかったと思うはずです。 関連コンテンツ いちご農家になるには? いちご農家になるにはいくつかの方法があり、どれを選択するかで最初に必要な資金も大きく違ってきます。 例えば親がやっているいちご農家を引き継ぐのであれば、特に資金も必要なく全てを一から始めることもありません。 また自分のいちご農家を持たずに、どこかのいちご農家で働くのであれば、これも資金も必要なくリスクもありません。 しかしもし自分でいちご農家を始めるのであれば、先ずはいちごの苗を植える農地を確保しないといけません。 さらに農地を確保したからと言っても、直ぐに現金収入が入ってくるわけではありません。 農地の土を起こして肥料を与えて美味しいいちごが育ちやすい土壌を作ることから始め、いちごが育ち収穫できるまでの期間まで時間が掛かります。 時間もですが新規就農の場合はどこかでいちご作りについて学び、さらにいちごを収穫した後の出荷先を見つけるなどいちごの栽培から販売まで事前に周到に準備しないと、後で後悔することにもなりかねません。 もし45歳未満の方であれば2012年から始まった農林水産省の、青年就農給付金制度を利用すれば年間に150万円が給付されます。 都道府県が認めた研修機関で1年以上研修することなどのいくつかの条件はありますが、 新規就農の場合は最大で1050万円が給付されます。 研修期間は1年以上で研修先は3親等以内の親族が経営している農業生産法人ではなく、さらにそこでこれまで正社員として働いた経験がないことです。 そこで年間に1200時間以上働く必要がありこれから農業研修を行い新規就農する準備型と、すでに農業を始めて就農5年以内の経営開始型の2つのタイプがあります。 ただもし研修報告を怠ったり、研修が終了し1年以内に就農しなかった場合には、給付金が停止したり返還を求められます。 いずれにしてもいちご農家になるにはいちごの育苗から定植や、いちごの管理や収穫や出荷までの一通りを学ぶ必要があります。 さらにいちごに適した土壌作りや肥料や水の管理などや、害虫対策なども勉強しないといけません。 これらのことを学ぶ方法としては普通は農業高校に入学するか、さらに農業大学に進学して学んだり農業科がある民間の専門学校で勉強します。 これらの学校で教えてくれる科目としては農学概論・農業生産学・農業経営学・農業簿記・農業機械学・栽培管理方法・病害虫対策・土壌肥料学概論・飼養管理方法・生物学・農食環境学・農産食品学などです。 ただいちご農家になるためには特別な資格も学歴も要らないので、これらの学校で学ばなくてもどこかのいちご農家で働きの一通りのことを学ぶこともできます。 いちご農家の年収の本音 いちご農家に本音を聞いてみました。 30代 いちご農家 年収224万円 大学を卒業して企業に就職し営業職を約10年間しましたが、結婚し子供が生まれた頃から農業をしたいと思い始めました。 都会で子供を育てるよりも、自然のなかで子供を育てたいという願望が強くなりました。 いちご農家を目指したのも、子供がいちごを好きだからです。 まだまだいちご農家を始めたばかりで、試行錯誤を繰り返しているので大した収入がありいませんが、この生活には満足しています。 農業系職業の年収一覧•

次の