日本 マーツ。 日本マーツ株式会社の採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2021

日本マーツ 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

日本 マーツ

回答者 2. 6 主力製品は売上の8割以上を占める道路情報板。 販売先は国交省やNEXCOなどの官公庁系となり、標準仕様に基づいたものづくりをしているので、企業体質としては非常に堅実で、法令遵守の意識はとても高い。 標準仕様に基づいたものづくりをすることができるため、細かいカスタマイズはあるものの、製品として利益率が非常に高く、特に公共事業の多い政権下では売上、利益ともに伸びやすい。 (一方は民主党政権時代には公共事業が削減されたために、自社はもちろんのこと業界全体として赤字となっていたため、自社の営業努力云々よりも、政策に影響されやすい。 )昨今の働き方改革の流れで、特に労働時間について全社的に厳しくなっており、月45H以上は基本的に認められないようになっている。 ただし、施工管理(工事)といった労働時間が減らしずらい部署では長時間労働がなかば常態化しており、60~100Hの方もいる。 その中で、上層部としては何とか減らしたいという努力はみられ、配置転換などによって人的リソースを投入することで全体としては労働時間削減の傾向となっている。 回答者 2. 8 働きがい: 個人の裁量に任せるところが大きく、自分で成長する意欲が高い人には向いている。 承認も形式上のものが多く責任は個人。 個人プレーなので一人で黙々と取り組みたい人にはおすすめ。 また認められたらよくも悪くも負荷が集中するので仕事が好きな人は最高な環境。 気合とか根性とかのワードに熱くなれる人なら向いてる。 成長・キャリア開発: 成長は自分次第。 基本的に自分が楽したい人が多いので意欲が有ればどんどん経験して成長していける。 部署にも依るが実力と経験つぎ第で昇格していける。 転勤前提の採用枠で入社したものの方が昇格が早い。 転勤無しの条件で入社した人に比べて3〜4倍のスピードで出世していく。

次の

日本マーツ株式会社の採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2021

日本 マーツ

回答者 2. 6 主力製品は売上の8割以上を占める道路情報板。 販売先は国交省やNEXCOなどの官公庁系となり、標準仕様に基づいたものづくりをしているので、企業体質としては非常に堅実で、法令遵守の意識はとても高い。 標準仕様に基づいたものづくりをすることができるため、細かいカスタマイズはあるものの、製品として利益率が非常に高く、特に公共事業の多い政権下では売上、利益ともに伸びやすい。 (一方は民主党政権時代には公共事業が削減されたために、自社はもちろんのこと業界全体として赤字となっていたため、自社の営業努力云々よりも、政策に影響されやすい。 )昨今の働き方改革の流れで、特に労働時間について全社的に厳しくなっており、月45H以上は基本的に認められないようになっている。 ただし、施工管理(工事)といった労働時間が減らしずらい部署では長時間労働がなかば常態化しており、60~100Hの方もいる。 その中で、上層部としては何とか減らしたいという努力はみられ、配置転換などによって人的リソースを投入することで全体としては労働時間削減の傾向となっている。 回答者 2. 8 働きがい: 個人の裁量に任せるところが大きく、自分で成長する意欲が高い人には向いている。 承認も形式上のものが多く責任は個人。 個人プレーなので一人で黙々と取り組みたい人にはおすすめ。 また認められたらよくも悪くも負荷が集中するので仕事が好きな人は最高な環境。 気合とか根性とかのワードに熱くなれる人なら向いてる。 成長・キャリア開発: 成長は自分次第。 基本的に自分が楽したい人が多いので意欲が有ればどんどん経験して成長していける。 部署にも依るが実力と経験つぎ第で昇格していける。 転勤前提の採用枠で入社したものの方が昇格が早い。 転勤無しの条件で入社した人に比べて3〜4倍のスピードで出世していく。

次の

日本マーツ株式会社呉営業所 (呉市|貸建設用機械器具,土木建築用機械など

日本 マーツ

回答者 2. 6 主力製品は売上の8割以上を占める道路情報板。 販売先は国交省やNEXCOなどの官公庁系となり、標準仕様に基づいたものづくりをしているので、企業体質としては非常に堅実で、法令遵守の意識はとても高い。 標準仕様に基づいたものづくりをすることができるため、細かいカスタマイズはあるものの、製品として利益率が非常に高く、特に公共事業の多い政権下では売上、利益ともに伸びやすい。 (一方は民主党政権時代には公共事業が削減されたために、自社はもちろんのこと業界全体として赤字となっていたため、自社の営業努力云々よりも、政策に影響されやすい。 )昨今の働き方改革の流れで、特に労働時間について全社的に厳しくなっており、月45H以上は基本的に認められないようになっている。 ただし、施工管理(工事)といった労働時間が減らしずらい部署では長時間労働がなかば常態化しており、60~100Hの方もいる。 その中で、上層部としては何とか減らしたいという努力はみられ、配置転換などによって人的リソースを投入することで全体としては労働時間削減の傾向となっている。 回答者 2. 8 働きがい: 個人の裁量に任せるところが大きく、自分で成長する意欲が高い人には向いている。 承認も形式上のものが多く責任は個人。 個人プレーなので一人で黙々と取り組みたい人にはおすすめ。 また認められたらよくも悪くも負荷が集中するので仕事が好きな人は最高な環境。 気合とか根性とかのワードに熱くなれる人なら向いてる。 成長・キャリア開発: 成長は自分次第。 基本的に自分が楽したい人が多いので意欲が有ればどんどん経験して成長していける。 部署にも依るが実力と経験つぎ第で昇格していける。 転勤前提の採用枠で入社したものの方が昇格が早い。 転勤無しの条件で入社した人に比べて3〜4倍のスピードで出世していく。

次の