ノート パソコン キーボード 外し 方。 ノートパソコンと外付けキーボードの接続方法・注意点や対処法

VersaPro VE

ノート パソコン キーボード 外し 方

気付いたらパソコン画面やキーボードが汚い! ノートパソコンを日頃から使っているだんだん汚れが気になることってありませんか? で、特に気になるのが キーボードの中! よーくみると結構汚れがたまってるんですよね〜・・・。 キーボードの中は放置気味でこれまで手をつけてませんでした。 でもそのままにおくのもアレだし…いずれはどうにかしたいと思っていたので一度キーボードの中も綺麗に掃除してみました。 最初はびっくりする位汚れてましたが、今ではスッキリ。 やっぱり綺麗になると気持ち良いですね! ではどんな方法で掃除をしたのか。 記事では、 キーボードの掃除方法や流れを中心に綴ってみました。 キーボードの掃除方法でお困りの方はぜひご参考下さい。 ノートパソコンのキーボードの掃除方法 キートップを外して掃除するまでの流れ• キートップを外す• キーボードの中を拭く• 外したキーを洗って乾かす• はめこむ 掃除方法の流れをみるならこちらの動画もあわせてみておくとよりイメージしやすいです。 掃除で用意するもの すべてではないですが、これらを使って掃除をします。 食器洗い用の洗剤• 洗濯用のネット• スポンジ• バケツ• ドライヤー• 歯ブラシ• ティッシュや布・除菌シートなど• エアダスター など スポンサーリンク STEP1 まずキーボードの写真をとる キーを外した後どこに埋め込むのか忘れないようにキーボードの写真をとっておきます。 後々面倒になるので忘れずに! STEP2 キートップを外す キーボードのキーを1つ1つ外していきます。 使ったのは マイナスドライバー。 他にも爪磨きを使う例などもありましたが丁度よさそうなものが手元になかったので今回はこれでいきます。 ドライバーをキーの中に入れて カチッと音がすると片方が外れます。 他にも固定されているところがあるので上下左右も同様にすると キーが外れます。 この要領であとはこの繰り返し。 自分の場合は最初の2、3個目までは上手くいかずその後だんだん慣れてコツがつかめてきました。 外し方を言葉で説明するのは少々上手く伝わりづらい部分があるので最初は動画などをいくつかみてみると参考になります。 こちらの動画では音声こそないものの外し方の流れやポイントも詳しく解説されています。 爪楊枝を使って取り外していますがイメージだけならなんとなくはつかめるかと。 【動画の要点】 ・キーを外すときは歯間ブラシなども使える。 ドライバーなどは避けること。 ・白い部分はドライバーなどで外す 今回はドライバーを使っていますが本来はなるべく避けたほうがいい方法なのかも。 傷などは幸いありませんでした 中はどうなっている? キーを外してみると2つのパーツが分かれています。 丸く印をつけているのがパーツをとめる部分。 白いパーツがキーをキーボードにきちんとはめこむためのものです。 あとは上から外したキーを押さえてあげるとパチッと音がして元に戻ります。 windows NEC のノートパソコンでもやってみましたが基本は一緒の構造でした。 マイナスドライバーや爪楊枝を使ってもとれます。 簡単にキートップを取り外すなら 人気はコレ! 取り外す器具のおすすめ・人気を調べていたらここにたどり着きました。 効率よく外すなら1つもっておくと便利そうですね。 ただ、スペースキーなどは苦戦しやすいようです。 レビュー数も多いので、まずは買った人の感想を読んでみてください。 ようやく全部外し終えました ようやく全部外し終えて中をみると結構な汚れが…。 ほこり以外の汚れもいろいろ出てきました。 今からこれを エアダスター・綿棒などを使って掃除します。 STEP3 中を掃除する 綿棒にすぐ埃がびっしりつくのでたくさん使いました。 STEP4 外したキーを綺麗に洗う 続いてはキーボードから外したこのキーを綺麗にします。 外したキーをなくさないように洗濯ネットに入れて 洗い物用の洗剤を入れたバケツに入れて汚れを落とします。 なるべく早く乾燥させたい時にはドライヤーなどを使いましょう。 STEP5 外したキーをはめる あとは外したキーをはめて、ベタつきを感じることがないよう最後にキーボード周りも無水エタノールをつけた布でふきとり掃除終了! これでスッキリしました! ここが困った… キーをはめこむ時ですが、 エンターキーとスペースキーが上手くいきづらかったです。 上手くはめ込めれたものの、キーが若干ズレていたのかカチカチ音がしたり部分的に押しても機能しづらかったり。 他のキーと少々違うのではめ込みづらいのかも?しれません。 中はこんな風になってます。 その後、一度取り外して丁寧に作業してみると押した時の音の違和感もなくなり上手くいきました。 よかった。 以上がキーを外した場合の掃除方法です。 綺麗に掃除したい時はやっぱりキートップを外すのが一番ですね! ただ結構手間もかかるので毎回はちょっと厳しいですけど。 普段はもっと簡単に済ましたいのでキートップは外さずにできる方法も探してみました。 その中からいくつか簡単な方法をあげていきますね キーボードの掃除テク!簡単に済ませるなら• エアダスター• セロハンテープ,付箋使う• 掃除機で吸い取る• ドライヤーでほこりを飛ばす 冷風• 除菌シートで拭く• スライムを使う 1 エアダスター エアダスターは1つもっておくとPCの掃除にはかなり役立ちます。 また、缶スプレータイプ以外では自分で押して空気を出すタイプのものもあるので掃除をするならぜひどちらかを持っておくことをおすすめします。 どちらも100均などでも入手可能です 2 セロハンテープ,付箋使う 付箋を使った簡単掃除テク 机周りにあるものでさっとできるのがいいですね。 試してみると細かいところの汚れもきちんと粘着部分についてました。 今後もちょっとした時に使えそうかも。 3 掃除機で吸い取る USB充電式のタイプ・ハンディタイプなどの掃除機を使って気になるほこり汚れを一気に吸い取る! さっとできるのでこの方法もいいですね。 お菓子の食べカスなども綺麗に吸い取ってくれます。 そのほかでは 無水エタノールなどを使って掃除をするのもおすすめです。 掃除するなら無水エタノールが便利 【無水エタノール】• アルコールの一種で水分がほとんど含まれずすぐに乾く• 電子機器の掃除にもおすすめ 布につけて表面を拭くだけかなりベタつきがなくなります。 スマホ画面の掃除にもおすすめです。 綺麗をするときに大いに活用できるのでぜひお試しください。 おわりに 普段はあまり意識しないところですが キーボードはスマホの画面と一緒で便座並みに汚いと言われます。 今回私もキーを外して掃除してみてびっくりしました。 汚すぎるだろと。 笑 快適に使うためにも皆さんもぜひパソコンの定期的なお手入れはお忘れなく!.

次の

パソコンのマザーボードとキーボードの接続(フラットケーブル)の分解に...

ノート パソコン キーボード 外し 方

で、一応事前に某PCショップの方へ修理の見積もりをお願いしましたが、何と、修理の工賃に15000円(部品の仕入れは別途)掛かるとの返答だった。 ほんでもって通常3日間ほどの修理期間が必要だとか... いや、パソコンが3日間も使えないって無理だから... 同機種モデルもしくはDELLのラップトップをお使いの方でキーボードが不調な方への参考になれば幸いです。 さっそくDELL『Inspiron 17 7737 』のキーボードの取り外し作業を行っていきます。 本文末にはキーボード交換作業の全行程を【動画】に撮影していますのでソチラの方もご確認下さい。 DELL Inspiron 17 7737 キーボードの外し方まずはDELLノートPCの本体をひっくり返します。 まず最初に上記右側のネジを緩めます。 そして左側のネジを取り外します。 カバーの取り外しに多少手こずるかもしれません。 動画解説でのカバー外し方法を参考にして下さい。 コツはマイナスドライバーで上段の隙間に差し込みながら右側から徐々に左に引っ掛かりを外していきます。 そして右半分ぐらいカバーの上段が外れて来たら今度はカバー下段を外し一緒にカバーを持ち上げると「パカッ」て外れてくれます。 上手くカバーが外れましたら上記の二箇所のネジを取り外します。 二箇所のネジを外すとバッテリーの取り外しが可能になるので一旦ノートパソコンから外し横に置いときます。 次に上記の箇所のネジを外しまましたらノートPC裏面の作業は終了です。 表面へひっくり返します。 裏面の作業が上手く完了していればDELLキーボードの取り外しが可能になっています。 マイナスドライバーをキーボード上段部分にある5箇所の隙間に差し込んでキーボード部分を「グッと」持ち上げます。 コツはマイナスドライバーを強く挿し込んでキーボード部分だけひっくり返す事です。 遠慮がちにするとキーボードのボタン部分の外枠だけが持ち上がり割れそうになります。 グィッグィッと押し込むことでキーボードと本体の引っ掛かりが外れます。 上手くキーボード部分が持ち上がるとこんな感じで裏にコード(ケーブル)が繋がっています。 コード(ケーブル)部分がフックされて装着されています。 フック部分を小さめのマイナスドライバーを使って「カチッ」と右側へ倒すと挟まっていた太いコード(ケーブル)が抜き取れます。 次に細いコード(ケーブル)部分も同じようにマイナスドライバーの先端を使って「カチッ」とフック部分を下へ倒すと「ビローン」と勢いよく細いコード(ケーブル)が外れます。 では、新品のDELLキーボードを準備します。 そして古いキーボードを外し、新品の交換作業に入ります。 先ほどのコード取り外し方と原理は同じです。 逆工程なので細いコードから差込み「カチッ」とフック部分を上げ固定させます。 次に太いコード(ケーブル)を右へ差し込みフック左から右へ倒してコード(ケーブル)を固定します。 DELLのキーボード部分が本体とケーブルで繋がったらキーボードの外枠を本体部分へ挿し込んで行きます。 あとは裏面のバッテリーを再度取り付けます。 バッテリーを元の箇所へ戻し、3箇所のネジを締めて固定します。 最後にカバーをして上記の2箇所のネジを閉めると完了です。 お疲れ様でした。

次の

キーボードのはずし方

ノート パソコン キーボード 外し 方

ネットでキートップの外し方を調べてみると、マイナスドライバーを使用して外す方法がたくさんヒットします。 基本的にキートップを外すためにはキーとキーの間に何かを差し込み、てこの原理を使って外そうと思う人が多いため、マイナスドライバーを使うが多くいます。 マイナスドライバーをキーとキーの間に差し込み、てこの原理で押し上げるように力をいれるとキートップは外れますが、ドライバーは金属でできており非常に硬いため、キーを傷つけたり、最悪割れてしまったりしますので注意が必要です。 ドライバーのように硬いものではなく、爪楊枝などの木製のものを使う外し方がおすすめです。 また、キートップを外す専用の道具も売っていますので、心配な場合はそちらを活用しましょう。 道具を使わない場合(素手)のキートップの外し方 パンタグラフ式とはノートパソコンに多く採用されている方式のキーボードです。 軽いキータッチが特長でキートップのどの位置からでも垂直にストロークするため、キーの中心を打たなくても入力が行われます。 ただし、このようにストロークの浅いキーボードのキートップは、特殊なつき方をしている場合があるため破損に注意が必要です。 パンダグラフ型の止め具でキートップが固定されている場合が多いため、普通のキーボードのように垂直に外そうとするとパンタグラフが折れてしまう可能性があります。 パンタグラフ式キートップの外し方は、左手前、または左奥に爪楊枝などを差し込み、てこの原理で左端を持ち上げながら手前に引く感じにすると簡単に外れます。 キーの大きさによって支えられている向きが違うので、ひとつひとつ確認の上で進めます。 キーを外すとパンタグラフも一緒に外れることがありますが問題ありません。

次の