エクセル log10。 対数変換を行う関数-LOG・LN・LOG10:Excel(エクセル)の関数・数式の使い方/数学

ln(自然対数)とlog10(常用対数)の変換

エクセル log10

エクセルの数学・三角関数の使い方を例を挙げて説明しています。 【問題】値Aと値Bの差を求めなさい。 B C D 2 値A 値B 差 3 10 5 5 4 5 10 5• 【解答例】• 差を求めるので、計算式は B3-C3 となります。 【問題1】下期は上期に対し値が「向上」「下落」「同じ」のいずれかを表示しなさい。 B C D 2 上期 下期 傾向 3 100 80 下落 4 85 97 向上 5 90 90 同じ• 【解答例】• C3-B3 の値が 正の値、0、負の値 のいずれかになるかを調べます。 IF関数を使って、負の値の時「下降」と表示し、正の値の時「向上」と表示し、それ以外は「同じ」と表示するようにします。 【別解】• これをのインデックスとして利用します。 SIGN関数を使わず、の表示形式を利用することもできます。 14159265358979 を返します。 この数値の精度は 15 桁です。 【問題】半径 5cmの円の面積を求めなさい。 【解答】• 日本語キーボードでは「へ」が印刷されているキーです。 小数以下2桁で丸める場合 四捨五入 は と組み合わせます。 度数とラジアン• 角度が30度の場合のcos,sin,tanを求めてみましょう。 度数を直接使うには、RADINA関数を使ってラジアンに直して計算します。 sin,cosカーブを書いてみます• A2セルに「0」と入力します。 範囲:「列」にチェックを付けます。 増分値:「1」 停止値「700」と入力します。 【OK】ボタンをクリックすると、A2:A702に0〜700の数値が入力できます。 元データをシートで計算して表示します。 B2:C2を選択した状態で、フィルハンドルをダブルクリックすると、B2:C702まで数式が入力され、sin 0 〜sin 700 と cos 0 〜cos 700 の値が求められます。 Excel2003以前では、グラフウィザードで散布図を選択して描きます。 Excel2003以前では、データ系列の書式設定で「マーカー」は「なし」としています。 直角三角形を使った三角関数の概念• が返されます。 【他の計算式】• 数値の指数乗を返します。 【他の計算式】• 引数に指定した数値または範囲の積を返します。 数値だけが計算の対象となり、配列または参照に含まれる 空白セル、論理値、および文字列はすべて無視されます 1として計算されます。 空白のセルがある時は四則演算では「0」となりますが、PRODUCT関数を使うと「1」とみなして計算されます。 4行目の説明 掛け算をしたいとき、引数に文字列が含まれる可能性がある時は四則演算ではエラーとなりますが、PRODUCT関数を使うと無視して計算ができます。 e を底とする数値のべき乗を返します。 自然対数とは、定数 e 2. 71828182845904 を底とする対数のことです• EXP関数の逆数になります。 指定された基数 底 のテキスト表現に、数値を変換します。 下図の例はA列の値をB列に2進数で表記しています。 C列は8進数の表記です。 数値の階乗を返します。 数値の階乗は、1〜数値の範囲にある 整数の積です。 数値に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。 A2セルの 4. 8 の場合は小数点以下を切り捨てて、4の階乗を求めます。 (B2セル)• 数値に負の数を指定すると、エラー値 NUM! が返されます。 (B3セル)• 0(ゼロ)の階乗は 1 と定義されています。 (B4セル)•

次の

Excelの関数で対数を求めるには?【LOG】【LOG10】【LN】関数をマスターしよう!

エクセル log10

はじめに 平方根(ルート)とは? 平方根(ルート)とは、 同じ値同士を乗算(平方)する事で、元の値を求める事のできる値の事で、冪根(べき根)の一種です。 冪根の対局に当たるのが 冪乗(べき乗)です。 と言う事で、今回は、 Excelでルートを計算する方法についてご紹介します。 SQRT関数 SQRT関数とは? SQRT関数を使用すると、「数値」の正の平方根を返します。 負の値を記入すると、エラーが返されます。 また、 「数値」ではなく、数値が記述された「セルの番地」を指定する事もできます。 ExcelでSQRT関数を使用する では、Excelを使って、SQRT関数を使用してみましょう。 セルの中に、予め、計算に使用する数値が記述されている状態にします。 そして、計算結果を表示するセルを選択しておきます。 「リボン」の中の「数式」タブをクリックして下さい。 「関数ライブラリ」グループの中にある、「 関数の挿入」をクリックします。 「関数の挿入」ダイアログが表示されます。 「関数の検索」欄に「 平方根」と記述し、「検索開始」をクリックします。 検索結果の中にある「 SQRT」を選択し、説明文を確認後、「OK」をクリックします。 続いて、「関数の引数」ダイアログが表示されます。 シートの中の、 数値が記述されているセルをクリックします。 「関数の引数」ダイアログの「OK」をクリックし、ダイアログを閉じます。 セルに計算結果が返されます。 SQRT関数の限界 SQRT関数で求める事ができるのは、平方根(ルート)のみです。 ですから、立方根や4乗根などを求める用途では使用できません。 その必要がある場合は、この後説明する方法を選択しましょう。 あくまでも、SQRT関数は平方根(ルート)を求めるものだと割り切りましょう。 POWER関数 POWER関数とは? POWER関数を使用すると、数値を累乗した値を返します。 ・・・でも、ちょっと待って下さい。 そうなると、 POWER関数は冪数を求める関数だと言う事になり、冪根を求めるSQRT関数とは正反対の関数と言う事になります。 POWER関数で平方根(ルート)を求める事などできるのでしょうか? 冪根の計算式を冪乗の計算式に変換する 冪根と冪乗は対局にあるものですが、実は、互換性があります。 では、実際に、冪根の計算式を冪乗に変換してみましょう。 Aの値を求める場合、更に、以下の計算式に変換する事ができます。 使用する数値は、SQRT関数と同じものを使用します。 ですから、 計算結果は同じになるはずです。 まずは、計算結果を表示するセルを選択しておきます。 「リボン」の中の「数式」タブをクリックして下さい。 「関数ライブラリ」グループの中にある、「 関数の挿入」をクリックします。 「関数の挿入」ダイアログが表示されます。 「関数の検索」欄に「 べき乗」と記述し、「検索開始」をクリックします。 検索結果の中にある「 POWER」を選択し、説明文を確認後、「OK」をクリックします。 続いて、「関数の引数」ダイアログが表示されます。 シートの中の、数値が記述されているセルをクリックします。 そして、「OK」をクリックして「関数の引数」ダイアログを閉じます。 セルに計算結果が返されます。 SQRT関数の際と同じ計算結果になっていると思います。 立方根や4乗根を計算する POWER関数を使用する方法の場合、立方根や4乗根を計算する事も可能です。 指定方法は簡単です。 まとめ 色々な関数を知ろう! 今回は、 Excelで平方根(ルート)を計算する方法についてご紹介しました。 SQRT関数を使用して計算する方法と、 POWER関数を使用して計算する方法の二通りの計算方法をご紹介しましたが、いかがでしたか? 今回のように、Excelの関数は、使い方によっては同じ結果を求める事のできるものもあります。 片方の方法が手詰まりでも、もう一つの方法ではクリアする事のできる事例も結構ありますので、 色々な関数を知っておくと、対応できる幅が広がります。 この記事をきっかけに、色々な関数に触れてみて下さい。

次の

Excel(エクセル)でのヒストグラム(度数分布図)の作り方

エクセル log10

エクセルの数学・三角関数の使い方を例を挙げて説明しています。 【問題】値Aと値Bの差を求めなさい。 B C D 2 値A 値B 差 3 10 5 5 4 5 10 5• 【解答例】• 差を求めるので、計算式は B3-C3 となります。 【問題1】下期は上期に対し値が「向上」「下落」「同じ」のいずれかを表示しなさい。 B C D 2 上期 下期 傾向 3 100 80 下落 4 85 97 向上 5 90 90 同じ• 【解答例】• C3-B3 の値が 正の値、0、負の値 のいずれかになるかを調べます。 IF関数を使って、負の値の時「下降」と表示し、正の値の時「向上」と表示し、それ以外は「同じ」と表示するようにします。 【別解】• これをのインデックスとして利用します。 SIGN関数を使わず、の表示形式を利用することもできます。 14159265358979 を返します。 この数値の精度は 15 桁です。 【問題】半径 5cmの円の面積を求めなさい。 【解答】• 日本語キーボードでは「へ」が印刷されているキーです。 小数以下2桁で丸める場合 四捨五入 は と組み合わせます。 度数とラジアン• 角度が30度の場合のcos,sin,tanを求めてみましょう。 度数を直接使うには、RADINA関数を使ってラジアンに直して計算します。 sin,cosカーブを書いてみます• A2セルに「0」と入力します。 範囲:「列」にチェックを付けます。 増分値:「1」 停止値「700」と入力します。 【OK】ボタンをクリックすると、A2:A702に0〜700の数値が入力できます。 元データをシートで計算して表示します。 B2:C2を選択した状態で、フィルハンドルをダブルクリックすると、B2:C702まで数式が入力され、sin 0 〜sin 700 と cos 0 〜cos 700 の値が求められます。 Excel2003以前では、グラフウィザードで散布図を選択して描きます。 Excel2003以前では、データ系列の書式設定で「マーカー」は「なし」としています。 直角三角形を使った三角関数の概念• が返されます。 【他の計算式】• 数値の指数乗を返します。 【他の計算式】• 引数に指定した数値または範囲の積を返します。 数値だけが計算の対象となり、配列または参照に含まれる 空白セル、論理値、および文字列はすべて無視されます 1として計算されます。 空白のセルがある時は四則演算では「0」となりますが、PRODUCT関数を使うと「1」とみなして計算されます。 4行目の説明 掛け算をしたいとき、引数に文字列が含まれる可能性がある時は四則演算ではエラーとなりますが、PRODUCT関数を使うと無視して計算ができます。 e を底とする数値のべき乗を返します。 自然対数とは、定数 e 2. 71828182845904 を底とする対数のことです• EXP関数の逆数になります。 指定された基数 底 のテキスト表現に、数値を変換します。 下図の例はA列の値をB列に2進数で表記しています。 C列は8進数の表記です。 数値の階乗を返します。 数値の階乗は、1〜数値の範囲にある 整数の積です。 数値に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。 A2セルの 4. 8 の場合は小数点以下を切り捨てて、4の階乗を求めます。 (B2セル)• 数値に負の数を指定すると、エラー値 NUM! が返されます。 (B3セル)• 0(ゼロ)の階乗は 1 と定義されています。 (B4セル)•

次の