カタリナ コンボ。 【グラブルVS】カタリナの立ち回りとコマンド・コンボレシピ【GBVS】

【グラブルVS】今夜勝ちたいカタリナ攻略【GBVS】

カタリナ コンボ

R Passive:貪欲なる暗殺者 - Voracity カタリナをカタリナたらしめる最強のパッシブ。 出来ることが多いが故に、スキルキャップが必要とされる理由の一つ。 Q:バウンドナイフ - Bouncing Blade 序盤のレーニングでのハラス手段。 指定した対象から近い順に2回跳ねた後、指定した対象の後ろに短剣が落ちる。 相手が敵ミニオンに近づいてきた時、敵ミニオンから相手チャンピオンへと反射させることで安全なハラスが出来る。 W:プリペレーション - Preparation 短剣を頭上に投げ、1. 25秒後に地面に落ちる。 発動時に移動速度増加を得るので、もう少しで の射程に届きそうな時や、相手のスキルをかわす時等に有効。 E:瞬歩 - Shunpo 高性能なブリンクスキル。 対象指定ができるユニット全てに跳ぶことができる。 R:デスロータス - Death Lotus 近くの敵チャンピオン3体に魔法DMと重傷を与える。 近くにチャンピオンが居ないと使用不可。 を連打していればステルス中の の泣き叫ぶ声が聞ける。 このセクションでは「オールイン」という言葉が頻出しますが、 周りに敵ジャングラー等が居ないことを確認してからオールインするようにしましょう。 相手が のスキルを誘っている可能性があります。 や の移動速度上昇を駆使して、相手に を無駄打ちさせるような動きをしましょう。 がスキルを使ったのを見たら、オールインでダメージトレードに勝てます。 ミニオンにAAを入れると見せかけて後ろに下がる事で を誘い、そのまま で近づいてオールインします。 その後、 を使わせてから を使いましょう。 が非常に強力なスキルなので、どれだけ勝っていても を買っておくことをお勧めします。 の射程ギリギリに入ってから後ろに下がったり、 でかわすことで無効化しましょう。 のCD中であれば はさほどダメージは出せません。 lv6になったら でキルを狙ってくるので、 で近くに跳びすぐに 、 を使ってきたら後ろのミニオンに で戻り、 を無駄打ちさせるなど、少し工夫が必要です。 対策できればなんということはないマッチアップだと思います。 強気に前に出ても、 に当たらなければ確実にダメージトレードに勝てます。 や の移動速度増加を駆使して避けましょう。 でダメージトレードをする時は、 と同時に を打つのではなく、 を打たせてから少し時間を置いて を打ちましょう。 lv6までは他のチャンピオンと同様にオールインでキルが狙えますが、その後はかなり厳しい戦いになるので、 や 等のMR上昇アイテムを購入することをお勧めします。 ジャングラーの介入やローム等で序盤でかなりの差をつけた場合は、 にラッシュして虐めつくしましょう。 は速度が非常に遅いので、見てから横に動くことで簡単に避けることができます。 しかし、 からの をされた場合は、後ろのミニオンに で跳ぶか、 の近くに で跳び、 を必ず回避しましょう。 を発動させたら、その後隙を見て倒すか、ジャングラーを呼びましょう。 しかしlv6までは瞬間ダメージで上回っているので、全てのスキルを当てることができればキルすることができます。 問題なのはlv6からで、gank合わせが非常に強いことから敵ジャングラーの介入が激しくなります。 のワンコンで溶けるので、 を避けない限りソロキルは難しいです。 Roamのし易さを生かしてサイドレーンで差をつけるか、ジャングラーと協力して倒すのが無難です。 がミニオンを取りに来たら からのオールインで勝てます。 が を展開してきた場合でも、 で位置が分かるので、追撃も簡単です。 ただし、lv6になった時に体力が削られすぎていると、 や で接近されて殺されてしまう可能性があるので、注意しましょう。 また、 は非常にスノーボールしやすいので、レーンに居ない場合は頻繁にpingするようにしましょう。 この時、ミニオンウェーブをプッシュさせるために、自陣ミニオンの後ろから を投げるようにしましょう。 また、lv2で殴りあってしまうと、 により確実に負けてしまうので、lv3までは のみでのハラスで体力を削りましょう。 talonの体力が6割程度であれば、 のほうが瞬間的に出るダメージが大きいので、オールインでソロキルすることができます。 また、 で短剣の射程外に逃げられてしまう場合もあるので、できるだけ壁際では戦わないようにしましょう。 や に必要以上に当たってしまい、HPが削られ過ぎていなければオールインコンボで仕留めることができます。 また、 での非常に強力なgankを封じるために 1. レーンに来る度に殺し続ける 2. が視界外の時は頻繁にpingを出す 3. 常にミニオンを押し続けて が他のレーンに跳べないようにする 等の対策をしっかりとしましょう。 できるだけ差をつけておくようにしましょう。 を で避けられてしまいますが、CDがあちらのが長いので次のQをCDの解消次第投げておきましょう。 味方ミニオンから少し離れた位置にいると、 を使われた時 を使えば楽に避けることができます。 大きな注意点は のマークを解消されないようにすることです。 距離を取っていても や で簡単に近づかれることを忘れないようにしましょう。 Lv6以降は からオールインされてしまうとまず負けてしまいます。 もし に当たってしまった場合は を使ってすぐ逃げましょう。 相手が安易に を使った場合、katarinaから強気に仕掛けることができます。 Roamをする振りをして待ち、相手がpushのために を使った時などを狙うと面白いです。 もしなんやかんやあってFizzが育ってしまった時は を持っていると簡単には殺されなくなるので、状況を見て買いましょう。 できるだけミニオンを押さないようにしながらダメージ交換を繰り返すと、yasuoの体力が少なくなりリコールしなければいけない状況を作ることができます。 リコールした場合ミニオンを押しつけて有利を取り、yasuoが残っている場合はキルを狙えます。 注意点: は で消されると短剣すら落ちないので、EWQEEなどオールインする時は注意。 オールインを狙いたい時は事前に を使わせてから狙いましょう。 のつむじ風は少し距離があればわりと簡単に で避けることができるので、避けながら飛び込んでダメージ交換を狙うと有利を取りやすいです。 つむじ風と違い射程内に入っていると回避することが難しいので、Qのスタックが溜まっている時は要警戒。 また、相手jgが のようなチャンプの場合、理不尽なgankを受ける可能性があるので、Pushしてしまった時や相手が育っている時は特に気をつけるようにしましょう。 最序盤に強気に出すぎると によってダメージ負けしてしまうので、追いすぎないように。 で のスキルを避けて入る事ができると、簡単にダメージ交換に勝つことができます。 が完成したら積極的にKillを狙いに行けるので、 に気をつけながらチャンスを伺いましょう。 これを受けてしまうとほぼ勝てません ミニオンに を使ったのが見えたら強気に を狙います。 序盤では の回復が少なくダメージの方が大きいため、一度体力を削った後回復される前にall inでKillを狙いましょう。 ただし のことは忘れないように。 はミニオンを貫通しないため、チャージされた場合 を使えば避けることができます。 ミニオンをPush気味にしてしまうとタワーの近くでQを使われて回復され続けるので、あまりPushしないように意識するとやりやすいです。 はPushが遅くタワー折りの性能も高くないので、味方jgの動きに合わせてroamをするのもオススメです。 abptakmaa. alcohol-injection. php? alcohol-injection. php? JP LoLBuild. JP isn't endorsed by Riot Games and doesn't reflect the views or opinions of Riot Games or anyone officially involved in producing or managing League of Legends. League of Legends and Riot Games are trademarks or registered trademarks of Riot Games, Inc.

次の

カタリナ(Katarina)

カタリナ コンボ

ボタン連打で技が出る• キックボタンを連打するだけで、5〜6段もの連続技がガンガン飛び出す。 :ボタン連打で空中コンボが完成。 :ノーマルヒットで最後まで繋がる。 :カウンターで全段ヒット• しかもどれもネタ技ではなく、実用に耐える性能を持つ。 空中コンボもボタン連打。 や 浮かせ>• これらはダメージもかなり本格的なので、初心者の強い味方となる。 ガード崩しが強い。 立ちから、しゃがみから、遠くから、ステップから、どこからでも崩せる。 全体的にハイリスクハイリターンだが、細かく削れる小技も一応ある。 ただ中くらいの下段が無いため、重いか軽いかの極端な選択になりがち。 最重要技です。 この技には2通りの使い道があります。 6発全段出し切る。 1〜2段目でダウンを奪い、3〜6段目が空中ヒットする。 2発目で止める。 1〜2段目から自作のコンボで追撃できる 6段出し切りはお手軽な割にダメージも高いので最初は非常に頼れます。 2段止めからコンボをキッチリ決めると6発出し切り以上のダメージになります。 ガードされた場合、どちらも2段目から13Fまでの技で反撃を受けます。 ただ6段出し切りだとそれをカウンターヒットで食らうことになります。 総じて 2発止めの方が高性能で、6段出し切りはあくまで初心者救済技。 コンボを覚えて2発止めを使っていくことが上達への一歩となります。 発生:11F、判定:上,中,上,上,中 発生の早さから至近距離の攻防で役立つ連係です。 カウンターヒット時、2〜5段目が続けて空中ヒットします。 5段目までガードされても無しと一見ローリスク。 ただ途中の上段部分でしゃがまれると大きな反撃を受けます。 よって考えなしに連打して毎回5段出し切るのはリスクが高いです。 基本的には1〜3段止めを主力にしていきましょう。 カウンターヒットで追撃可、ガードや空振りでもスキなし。 でステップ移行• どちらも初段カウンターでコンボ、ガードで-10F このようにどこで止めてもローリスクハイリターン。 三つを使い分けることで更に効果的に運用できます。 コンボは• CH >• CH > > 〜• CH > 〜 いきなり三つはキツいので、まずはどれか一つだけ覚えて使っていきましょう。 発生:15F、中段• 中段の膝蹴り。 カウンターでコンボ。 発生とリターンに優れ、リスクも低いので近距離で優秀な牽制になる。 リーチが短い点は注意。 密着状態で狙いたい。 発生:17F、判定:中• カウンター時『』で追撃でき、ガードされても反撃無し。 『』に比べ発生とリターンで劣るがリーチでは勝り、狙える範囲が広い。 バックダッシュが多い相手にはこちらの方が使いやすい。 発生:10F、判定:上,上,上• 始動のため発生が非常に早く、至近距離で狙いやすい技。 3発目は2発目から連続ヒットしないものの、 ガードされても大幅。 すかさず『』や『』を出せば手を出す相手にカウンターを取れる。 発生:17F、判定:中中、特性:• 発生がまずます早く、ヒット時『』での追撃でかなりのダメージに。 ガードされても程度の反撃で済むので気軽に打てる。 発生:24F以上、判定:中、特性:• リーチの長い叩き付け飛び蹴り。 これもヒット時『』で追撃可。 奇襲性能とリターンが高い割にガードされても反撃を受けないので積極的に狙える。 『』 ヒット後の起き攻めにこれを出すのも有効。 発生13F、下段、• 牽制感覚で振れる近距離戦の主力。 発生:16F、判定:下,上 or 下,中• 発生の早い下段から始まる連携で、前者は上段に、後者は中段に派生。 どちらも連続ヒットしないので、 1発止めと2発出し切りを混ぜていくのが基本。 発生:25F、判定:下、特性:• リーチが非常に長く、通常の間合い外から狙っていける下段。 これと中段の『』や『』を使い分けるのが中距離の基本。 高威力な上にカウンター時は『』で追撃で大ダメージ。 ノーマルヒット後は しゃがみ状態で2F。 次の技で攻め込める。 しゃがんだ状態で 下段。 立ちガード崩し• 立ち途中 中段コンボ始動技。 しゃがみガード崩し• 立ち途中 中段。 暴れ潰し• 発生:25F、判定:下、特性:• 威力が高くダウンも奪えるが、ガードされた時のリスクも大きい下段。 『』よりは見切られにくいので、中段との2択に使いたい。 壁際でヒットさせた時はで追撃できる。 カタリーナは しゃがんだ状態からも2択でガードを崩せるキャラ。 まずは次の技を覚えましょう。 しゃがみ中 発生17F、下段、特性: ダメージが高い下段。 カウンター時は『』で追撃できます。 ただノーマルヒットではダウンを奪えず、ガードされると浮かされてしまいます。 しゃがんだ状態からしか出せない割に、単純なリスクリターンのバランスは微妙です。 その代わり 発生とリーチに優れヒットさせやすいのが大きな長所。 早さと痛さを両立する唯一の下段であり、使いこなせば非常に強力です。 立ち途中 発生:15F、判定:中 ヒットでコンボ、ガードされても軽い反撃を受けるだけで済む優秀な中段。 しゃがみ中を打つと見せかけてこの技を叩き込むのが最大の狙いとなります。 以上の技で2択をかけていくのが基本となります。 次は、この2択をどうやって狙うか。 更に言えば、どうやって相手の目の前でしゃがめるかを覚えていきましょう。 次は狙いやすいポイントを覚えていきましょう。 ワンツーなどの牽制技がヒットした直後• の3段目をガードさせた直後 これらの大幅な状況では、相手は守りを優先してガードを固めがち。 そこを狙ってしゃがみます。 最初は勇気がいりますが、思い切って入力しましょう。 首尾よくしゃがめたら、『 しゃがみ中』 と 『 立ち途中』 でを。 ハリアー を でキャンセルしてから ハリアー中に を入力すると、あまりスムーズではないもののしゃがみ状態に移行できます。 離れた距離からしゃがみ状態を作りたい時にたまに狙いましょう。 ノーマルヒット後 ヒット後は 互いにしゃがみ状態で2F。 相手は固まりやすく、を仕掛けるチャンスです。 無理に暴れてくるなら『 立ち途中』で黙らせましょう。 で2段目をキャンセルしてしゃがみ状態に• 中段から非連続ヒットの下段に繋ぐ連係。 1発目の中段は発生14Fと早いので近距離の打ち合いに強い。 2段目の下段はダメージが高くダウンも奪える。 2段目を出し切るか、出すと見せかけてキャンセルするかの選択が強い。 不慣れな相手には2段出し切りが強い。 2段目が高確率でヒットする。 相手が慣れている場合、簡単にガードされるので 2発目キャンセルが基本。 2段目キャンセルからの攻めが熱い。 相手は下段を意識して一瞬固まりやすい上、こちらはしゃがみ状態。 つまり、 しゃがみからの2択を狙う絶好の機会となる。

次の

【グラブルバーサス】アケコン版カタリナの立ち回りとコンボ

カタリナ コンボ

他のキャラと比べて特化した部分がない 立ち回り 遠距離 マイティライド 飛び道具のを使いましょう。 弱版が弾速が遅く、中版が弾速が速く、強版が3ヒットし、特に強版は3ヒットするので相手の一部の飛び道具を打ち消しながらヒットさせることができます。 (は下段ですが、などと比べると少しリーチが短いです) ライトウォール 開幕の距離であれば、相手の攻撃を1回耐えつつ攻撃することができる特殊技のを状況に応じて使うとよいでしょう。 強版はガードされてもカタリナ側が有利なのでそのまま攻めを継続しましょう。 ジャンプ特殊技でめくる は、ほぼ密着でもめくることができるので上からの崩しにとても有効です。 新キャラクター キャラクターパス1• NEW• NEW• NEW• NEW• NEW キャラクターパス2• 対戦攻略 キャラランク• コマンドリスト• キャラクターのコンボと立ち回り グラン• データベース• ゲームガイド• 初心者おすすめ攻略 初心者おすすめ情報• テクニック• RPGモード攻略 クエスト攻略• ボス攻略• 基本情報• おすすめお役立ち• Wiki編集に困ったら• 外部リンク•

次の