スノーピーク ローチェア 30。 スノーピークのローチェア30は、見た目も機能性も一生モノの満足度だった

オンウェーとスノーピークそれぞれのローチェアを徹底比較。どっちのローチェアを買うべきか。

スノーピーク ローチェア 30

【モデル:ローチェア30(LV-091)】 今までキャンプで使ってたチェアは、座面が深く沈む為、身を前に乗り出して火や肉をつつく時はちょっとしんどいなぁと感じていました。 そこそこ背もたれがあって、前の火や肉をつつく時にも楽なものは何か?それはまさにスノーピークのロースタイルではないか!? と思いワンアクションローテーブルと合わせて購入。 この組み合わせはばっちりです。 焚火台ともよく会います。 座れば自然に楽な姿勢になります。 低さはさほど感じません。 前にかがむ時も楽です。 背もたれもそこそこ高さがあって、いつの間にか寝てしまいました。 座ると必要以上にくつろいでしまうのです。 日常は我が家の食卓セットとしてくつろぎ空間を与えてくれる逸品となっています。 出典: 【モデル:Take! チェア イエロー(LV-080YL)】 スノピらしくモノの作りは確か。 赤、黄ともイメージ通り色味もよい。 ただ、店頭で実際座ってから買うことをオススメします。 写真の通り、しっかりした帆布を吊ったデザインのため、まず足を開いて座ることが難しいです。 また、おしりは深く沈む一方、腿裏が上がり、169㎝の私だと前傾姿勢がとりにくいです。 小柄な方だと足が地面につかないかも。。 つまりテーブルでの食事や作業にはあまり向かないと思います。 この点はTakeチェアロングも形状上同様でしょう。 とは言えもちろん、ローチェアのリラックス感とは別物というだけで、包まれる感じが好きな人は気に入るでしょう。 背中をがっつり預けて、足を組んで大胆に座ったり、オットマンがあれば最高にリラックスした姿勢を楽しめます。 私はキャンプにも持っていきましたが、普段は家使いで横にローテーブルを置き、お酒を飲みながら映画鑑賞する時などに使っています。 出典: 【モデル:Take! チェア イエロー(LV-080YL)】 のんびりとソロキャンプを妄想してオーダーしました。 しっかりとした作りで満足感の高い商品だと思います。 一枚の帆布で背中とお尻を包み込むように座れて快適。 竹集成材とアルミの組み合わせは美しさを感じます。 室内で使っても違和感ないですね。 梱包用の袋があるのかと思っていましたがありませんでした。 ショルダーストラップが付属するので収納時はそれを使いグルグルとしばっています。 写真画像を見ただけでイエローを注文しましたが、オレンジに近い色合いでした。 出典: 【モデル:take! チェア ロング(LV-081R)】 Take! チェア ロング使ってます。 まだ座った事の無い方、とりあえず座ってみてください。 帆布生地に包み込まれて、宙にも浮いている感じが最高の気持ち良さと安らぎを与えてくれます。 ローチェア30と比べて、脚の部分が材質と構成が違うのと座面の張りが違うので、全く違った座り心地です。 一般男性より少しだけ!? ︎重い私、ローチェアに座るとしっかりと安定して受け止めてくれている感じです。 Take! チェア ロングの方は、座る時に「んっ、大丈夫かな? 」と一瞬思ってしまうのですが、私を受け入れて包み込んでくれる為の一瞬の儀式なんですね、直ぐに沈み込んで安定してしっかりと包み込んでくれます。 食事の時はローチェア、焚火をしながらお酒を飲みゆったりまったりする時や読書をする時はTake! チェア ロング、使い分け出来れば最高のキャンプになりますね。 誰もを一瞬で夢心地にしてくれる魔法のチェアですね。 出典: スノーピークのチェアを修理したい!.

次の

優遊キャンプ♪:Snowpeakローチェア30の修理代...!Σ(・∀・;)

スノーピーク ローチェア 30

こんにちは、サリーです。 随分ひさしぶりにキャンプギアの紹介です。 もうね、夏あたりからいろいろ購入してたんですが、ついうっかり紹介してなくて。 他にもベンチやらテーブルやらランタンやら。 ぼちぼち紹介していきます。 まずはスノーピークのローチェア30のお話です。 キャンプのチェア選び キャンプのチェア選び。 悩みますよね。 特にキャンプデビューの時は、とりあえずこれでいっかぁ~と買ってしまったのがこれ。 ホームセンターで売ってる1000円くらいのチェア。 安い!意外と座りやすい!しかも飲み物ホルダーまで付いてる! なにげにコスパがとてもいいです。 で、初めてキャンプした時にこれ買って、数年クローゼットに放置。 まったく使わないので数年前にヤフオクで売却。 で、あらためてキャンプする時に買ったチェアがこちら。 コールマンのリゾートチェア。 アマゾンにて実勢価格2000円弱。 お手頃。 しかもポップで女子受けしそうなカラー。 実際使ってみても特に不自由なく、1年強使いました。 キャンプ始める方には自信持っておすすめできるチェアです。 特にこのコンフォートタイプのチェア。 コットン風の布がなんともすてき。 部屋に置いておいてもよさそう。 そしてもちろんコンパクトになるのがヘリノックスの魅力。 もうこれにするか。。。 しかし高い。。。 悩み悩んで、実店舗へ見に行きました。 実際に座ってみて、うん、なかなかいい座り心地。 おしゃれだし。 でも気になったのが安定性。 なにしろうちには超が付くほどの甘えん坊の次男がおります。 もうね、私めがけて突進して、つねに私の膝に乗ってくるんであります。 こどもがどんっと乗っかって来た時に倒れないか、、、これがちょっと不安でした。 さらに、こどもが一人で勝手に椅子に座る時もあるでしょう。 そんな時、ヘリノックスだと軽いからころ~んと転倒しそうな気がして。 他にいい椅子があるかもしれない、と考え直しました。 WILD-1でスノーピーク ローチェア30に座ってみた そんな時、ふらりと立ち寄ったWILD-1で見つけたのがスノーピークのローチェア30。 正直、スノーピークは我が家には高すぎるのでそもそも候補から外してたんですが、ふらりと展示品に座ってみたら。。。 座りやすい!! なんでしょう、めちゃくちゃ安定してるんです。 今までのチェアと違って、座面がぴーんと張ってるから、体重をしっかり支えてくれる感じ。 高さも適度に低く、でも立ちあがるのによっこらしょ、となるほどでもない絶妙な高さ。 3歳の次男でもひとりで楽々と座れます。 加えて、コットン風の生地感、肘掛けのバンブーなど、高級感ある佇まい。 今まで派手な赤やら緑やら鮮やかカラーを使ってただけに、ブラウンという落ち着いた色にも 惹かれました。 でもお値段、17,280円。 高っ!高いよ、椅子なのに!さすがスノーピーク!! でもね、一回座ってみちゃうと、その座面の布の張り感といい、高さといい、ああこれでキャンプして、焚火とかできたら最高だろうな~と妄想がふくらんでしまったわけです。 夫婦分、2脚揃えるとけっこうな金額になります。 う~~~む。 悩みました。 やっぱり、ほしい! だらだら悩んでいると、ちょうどスポーツオーソリティのセールをやってる期間に突入しました。 (2017年7月のことです) やった、これなら安く買える! でも気付いた時には時は既に遅し。 売り切れになっていました。 うう、そうなるともっとほしくなる。。。 で、諦めきれなくてふとアマゾン見たらなぜか14,594円に値下がりしてたんです。 ブラウンの色だけなぜか。 アマゾンの値段は、外的要因でけっこう上下します。 スポオソのセールの影響なのかわかりませんが、あまり値引きしないスノピ商品が安くなっている。。。 買いました。 ついにスノピのローチェア30ゲット ついに購入したスノピのチェア。 made in japanと書いてあるだけでなんだかうれしい。 ほんとに買ってよかったです。 なんでしょう、とにかく安定しています。 座面の前が少し下がっているので、以前のチェアのように膝裏が当たらないからずーっと座っていられる。 少し前に出れば、食事もしやすい。 背もたれにもたれかかればリラックスもできる。 素材はポリエステルですが、コットンのような風合いが高級感あります。 肘掛のバンブー(竹)もすてきです。 フレームはアルミで重量3. 6キロ。 畳んでもそんなにコンパクトにはなりませんが、この座り心地を考えたらそんなのノープロブレム。 ロータイプのテーブルとも雰囲気ばっちりです。 テーブルとベンチについても後ほどレビューしますね。 まとめ 最初は高かったかなぁと思いましたが、買ってみてほんと納得の一品。 年末に「今年買って一番良かったキャンプギアってなに?」とダンナさんに聞いてみたところ、「チェアかな。。 」と声があがるくらい。 結局秋から冬にかけて週1キャンパーになったので、これだけ使えば元も取れることでしょう。 こどももこの椅子が大好きで、ベンチには座ってくれません。 うう、いいものってこども敏感に察知するわね。。。 キャンプサイトもほんの少しだけおしゃれキャンパーに近づいた気がします。 (ごちゃごちゃ生活感あふれる小物があるので程遠いですが。。。 ) 自信を持っておすすめできるチェアです。 まずは店頭で試しに座ってみることをおすすめします!.

次の

スノーピーク人気のローチェア「ショート」と「30」をフィールド比較レビュー!│ママはずぼら|ファミリーキャンプを応援するブログ

スノーピーク ローチェア 30

スノーピークの「ローチェア30」が買えなくて、フィールドアの『クイックチェア』を購入したむひろです。 チェアを買うつもりは全くなかったのですが、先日フィールドアより、スノーピークの「ローチェア30」にソックリの『クイックチェア』が発売されたので、衝動買いしてしまいました。 しかし、17,000円を超えるお値段に打ちのめされて、候補から除外した経緯があります。 そんな憧れに似た「ローチェア30」にソックリな『クイックチェア』が、2個セットで10,500円!(2019. 28現在) 「ローチェア30」と比べると、2個買っても、6,000円以上のお釣りがくる。 これは買うしかないでしょと、2個セットを速攻ポチった次第です。 それでは、所有しているアディロンダックの「リラックスチェア」と比較して、フィールドアの『クイックチェア』のレビューをさせていただきます。 【フィールドア】クイックチェア 『広げるだけのカンタン組み立て!快適なロータイプ、クイックチェア!』 座りごこちが良くて快適なロータイプのチェアが新登場。 フレームには軽くて丈夫なブラックカラーのアルミを採用し、アームレストは天然木(ブナ材)を使用したクールなデザインに。 折りたたみタイプで持ち運びや保管にも便利なチェアです。 (出典:FIELDDOR) 『地面が近くてアウトドアがより楽しい|自然を近くに感じる高さに設計』 地面に近く、ゆったり座ることができるローチェア。 座面の高さは34cmと、自然を近くに感じることができます。 キャンプのロースタイルや、ベランダやウッドデッキにもオススメ。 各ネットショップや公式の画面上では、「ベージュ」に近い「カーキ」っぽく見えますが、 実物はしっかり「緑のカーキ」でした。 ネットの画像はどれも「緑」の色味が薄くみえるのでご注意ください。 もっとベージュっぽいと思っていましたので、少々残念。 肘掛も天然木を使っていて、それなりにおしゃれ感を出してはいますが、スノーピークの「ローチェア30」の肘掛と比べると、少し安っぽい感じもします。 荷重がかかりやすい後ろ脚は、面で支えるようになっていますので、柔らかい地面でも脚が埋まってしまうことを防いでくれます。 地味に嬉しいポイントですね。 全体の見た目では、『クイックチェア』は、ブラックのフレームに木製の肘掛、それに生地も艶(ツヤ)があってしっかりしているので高級感があります。 5,000円そこそこのイスには、いい意味で見えません。 収納時 収納時はこんな感じで、 横幅が意外と大きい。 一緒に並べているのは、「アディロンダックのキャンパーズチェア」です。 それよりも横幅があるので、収納性能はあまり高くはありません。 さらに、収納袋へ『クイックチェア』を入れるときは、肘掛の部分が引っかかって入れるのが大変です。 実際、 小学3年生の息子では、収納袋がキツすぎてイスを最後まで入れることはできませんでした。 収納袋に仕舞った後もこのように 肘掛の角の部分が袋を圧迫しており、近い将来穴が空きそうな予感がします。 また、収納袋からイスをとりだすときは、座面の布(ナイロン)部分を持って引っ張ると、布(ナイロン)部分が外れてしまうので、フレームをしっかり持って取り出してください。 組み立て方 袋から取り出したところです。 左右の肘掛まで幅があるのがわかります。 本体の座面と背もたれのフレームを持って、対角線上に開きます。 肘掛のところを持って開こうとすると、フレームが「グニ〜」と曲がるような感じで、変な力がかかり開きにくいです。 取扱説明書にも 「肘掛をもって開かないで下さい」と記載があるので、注意して下さい。 特に力を入れる必要もなく、子供でも簡単に開くことができます。 出来上がり。 肘掛にビニールが付いているのはご愛嬌。 ちなみに、このビニールの上からネジ止めされているので、 ビニールを取るのは非常に面倒くさかったです。 『クイックチェア』と『キャンパーズチェア』の座り心地の比較 座り心地を比べると、『クイックチェア』は背骨や腰に負担のない姿勢で長時間座っていることができる上、 立ったり座ったりも苦にならない機能性を持っています。 グルキャンなどで、 アクティブに動き回ることの多い場面では『クイックチェア』は非常に使い易いイスだと思います。 一方『キャンパーズチェア』は、とにかく のんびりマッタリ寝落ちしたいときには最適なイスです。 一度座ってしまうと、立ちたくなくなってしまいます。 また、背もたれの角度も深く、沈み込んで座る形になるので、次の行動を起こす時にワンテンポ遅れます。 イメージとしては、「よいしょ」と一声かけたくなる感じです。 頻繁に立ったり座ったりすることには向いていないイスですが、座り心地は『キャンパーズチェア』の方が好きです。 気になったところ 肘掛に、このように凹んで塗装が剥がれている傷が2箇所ありました。 イス2脚とも肘掛に傷があったので、肘掛には傷がある可能性が高いです。 また 本体フレームにも擦り傷のようなものがちょこちょこついていました。 使っていれば傷は付きますので、このくらいは気にしません。 あと、 肘掛のビニールが取りずらいので、結構イラっとします。 ローチェア30との座り比べ (画像アマゾン:ローチェア30) スノーピークの「ローチェア30」と座り比べたので、その感想です。 座った感じ• 座った時の姿勢は、両者ともに変わりはありません。 また、座面高が「クイックチェア」の方が若干高いので、比べると、立つ時は「クイックチェア」の方が多少楽かなと思う程度です。 多分 目隠しして座ったら、違いはわからないと思います。 あとは、 「開閉がスムーズ」や「収納が多少スリムになる」や「背面が約10cm高い」というメリットに、3倍以上の値段が出せるかです。 確かに「ローチェア30」を展開するときに、引っかかりもなく「スーッと」スムーズに開く感覚は素晴らしいです。 「クイックチェア」では、展開するときに少し抵抗があって、 最後両手でしっかりと広げないと完成しません。 しかし、座り心地に関しては「クイックチェア」の方が好みなので、 個人的には「クイックチェア」にしてよかったと思います。 「組み立て」や「収納面」で多少劣るものの、むしろ 「クイックチェア」が、かなりリーズナブルで良くできたチェアだと再認識することができました。 ただし、これはあくまでも個人的な見解になります。 人によって観点が変わると思いますので、参考程度にしてください。 まとめ アディロンダックの「キャンパーズチェア」とは趣(おもむき)が違う、フィールドアの『クイックチェア』。 アクティブに動き回ることが多いグルキャンなどでは、『クイックチェア』。 のんびりマッタリ寝落ちしたいときは「キャンパーズチェア」。 と使い分けしてもいいかも。 もちろん、『クイックチェア』でも足を投げ出してゆったりと座ることもできるので、特に不満はないです。 しかも、 対荷重も110kgあるので、子供が膝の上に乗ってきても平気だし、重さも3. 3kgとゆずも片手で持てる軽さ。 それなのに、 お値段も手頃で高級感もある。 これは買いです。 いかがでしたでしょうか。 『クイックチェア』は、多少のキズ等ありましたが子供用のチェアとしても使えるので、この座り心地で1脚5,250円はお買い得。 しかも、ローチェアなのに、 立ったり座ったりもストレスなくできるのは非常に優秀で、見た目も高級感があり購入して満足しています。 アマゾンでは私が購入したあと、2019. 15現在すでに値上げされており、楽天などでもショップによっては値上げされています。 価格の高騰の速さからも人気の様子が伺えますので、購入を検討している方は、早めにゲットしたほうがいいですよ。 <今回ご紹介した商品> <おすすめの関連記事> くまモン太ブルーさん、こんばんは! 木曜日からずっとキャンプ&実家帰りしていて、PCを開けず返事が遅くなってすみません。 普段の見た目は自画像のようにぽっちゃりですが、1ヶ月ほど前に嘔吐下痢でゲッソリしまして… それをいいことに、また暴飲暴食を繰り返してたら、立った時に自分のお腹が邪魔でつま先が見えない状態に戻ってしまいました。 いつものパターンですと、この後顔に肉がついてくるので来月あたりには自画像のように戻っていると思います(笑) クイックチェアは、収納時の横幅が少し気になりますが、座り心地も悪くないしお勧めですよ。 せっかくですから、おそろにしますか(笑) いや〜、でも同じ1万円でも、悩んで悩んでまだ買えずにいるものと、衝動買いしちゃうものの差ってなんだろうって思っちゃいますよね。

次の