ヤりたい仕事が見つからない診断 転職。 【適職診断】自分に合った仕事探し「質問7つに答えるだけ」

やりたい仕事が見つからない理由で悩んだとき【自分に合う仕事の探し方】|つばめスタイル

ヤりたい仕事が見つからない診断 転職

Sponsored Link 仕事がない!見つからない!なんて焦って不安になり、どうしようもなくなってしまったことはありませんか? 勢いで会社を辞めたのは良いものの、その後中々定職に就けないなんて人も少なくないのではないでしょうか。 実は僕もその一人。 他にやりたい仕事があって会社を辞めましたが、なかなか就職先が決まらずにかなり苦労をした経験があります。 数カ月は雇用保険が貰えるので「楽勝じゃん」何て呑気に構えていましたが、そんな時間もいっときに過ぎず…。 その後はカラダもココロも絶不調になり、気持ちが沈みまくって「死にたい…」なんて思ってしまうこともありました。 それは年齢だったりその人が置かれている環境だったりと社会的な問題もあり、特に年齢を重ねたときの悩みの質はかなり重たいもののようです。 今回は仕事がないときの体験談、そして困ったときの解決法についてまとめてみました。 悩み解決の糸口になればうれしいです! 目次• 仕事が見つからないと焦りを通り越して死にたくなる…。 求人に応募するも不採用の連続…。 「仕事が見つからない」「死にたい」と毎日不安で眠れない日々が続き 「どこも自分を必要としているところはないんだ」と泣いた事もあります。 ただ死にたいと思っても結局死ぬのは怖いし、生きていくには働くしかないから出来ることからやるしかありません。 ただ出来ることと言っても仕事を探す事しかありませんが、10代や20代の時に時給900円で働いていたような状況には戻りたくないですよね。 アルバイトでも生計を立ててる人もいるなかで、変なオゴリがあって、30代が近づくにつれ頑なにバイトを拒否して、正社員の仕事を見つけようと考えていた時期がありました。 しかしいくら求人に応募しても不採用の連絡が来るだけで本当に死にたくなりました。 今まで出会った仕事がない・見つからないっていう人の体験談 10代〜20代半ばに掛け、僕は色んなバイトに手をだしていたので幅広い年齢の人と関わりを持つ事が出来ました。 「やりたい事が見つからないんです。 」と言ってかれこれバイト歴5年になるベテランアルバイターもいれば、 「俺はジジイだからもう身体が限界だよ」と言いながら、20代の僕よりもアグレッシブに働く60代のおじいちゃんとか。 本当に色んな人がいたのでたくさんの話が聞けました。 人の話の中でも興味深いのは仕事の話です。 色んな人がいるので自分が経験した事のない仕事内容が聞けて新鮮でした。 ただ、仕事の話を聞いてるのは楽しいけど、30も近くなると 「仕事を辞めてからの話」の方がもっと現実味を帯びていて為になりました。 アパレル会社を起業するも会社が倒産!仕事が見つからない50代のオジサン。 僕が警備員のアルバイトをしている時に先輩アルバイトで仕事を教えてくれていた人がいました。 むかし若い頃にアパレルブランドを起ち上げて年商2億円、従業員もそれなりにいたんだよー。 なんて逸話を教えてくれました。 しかし経営が傾いて会社が倒産し、負債を抱え、家庭も上手くいかず離婚。 「当時は何にも考えられなかった、死ぬしかないと思った。 」と言っていた時は話のスケールがデカすぎてあまりピンときませんでした。 しかし、倒産後も子どもを養うために「 俺が働かなくては!」とがむしゃらに働いたそうです。 そうして今警備員のバイトを掛け持ちして月に50万稼いでいるんだと教えてくれました。 月に休みは5日しかないけど、 仕事が楽だから続けられる!楽な仕事は探せばある!と言っていたオジサンの言葉は妙に説得力がありました。 事実その時一緒にしていたバイトは超楽でしたw 仕事が見つからない40代!転職先が決まってないのに会社を辞めると大抵お金で苦労する。 やはり仕事を辞める理由は人間関係が問題? 僕は現在IT系の会社に勤めています。 仕事を辞める理由で多いのは 「人間関係」の問題がありますが、前職のデザイン会社を7年も勤めた先輩も、入れ替わりの激しい職場で管理する側の立場という事もありストレスは年々溜まって言ったそうです。 毎日が激務、低賃金でサービス残業当たり前、会社に泊まるのは日常茶飯事。 それでも仕事が好きだから問題は無かったそうです。 そんなドM体質な先輩も、新人教育や上からのパワハラにヤラれて、転職先が決まっていない状態で突然辞めました。 ハローワークは人によっては役にたたない。 会社を退職後、勢いで辞めてしまった為とりあえず失業保険を貰うための続きは面倒だけどハローワークに請求手続きはしたそうです。 しかし自己都合なのですぐに貰えない為、失業保険の給付を受けるまではしばらく身体を休める事にした先輩は、1ヶ月ぐらい休んだところで不安になり就職活動を開始しました。 面倒な手続きのついでに求人を探したそうですが、「 システムが使いづらい」「人によっては対応が適当」とかなり探しづらかったそうです。 また先輩は仕事を探すにあたって、IT系一本に絞っていたので、転職サイトの方が断然探しやすかったそうです。 ちなみに数ある転職サイトに登録したそうですが、1番良かった転職サイトはリクナビNEXTだそうです。 仕事が見つからない30代女性で友人の仕事探しの悩み。 僕の友人でアパレル関係の仕事に勤めていた女性の話です。 20代はずっとアパレルのバイトを転々として、実店舗で洋服販売や、ネットショップの運営を行ってました。 昔から洋服が好きで販売業は楽しかったそうですが、「 お客さんからの理不尽なクレーム」「給料が安い」などの悩みがあり、 だんだんと仕事に嫌気が差していったそうです。 しかし仕事で行っていたECサイトの運営に興味を持ったので、思い切って転職を決意しました。 ただ30代という事もあってか 「年齢」「転職回数の多さ」「職歴の短さ」「未経験」という事もあって書類選考で殆ど落ちてしまいかなり落ち込んでいました。 結局休職期間が長くなってしまって1年ぐらいブランクあり 「もうだめだぁ〜」と諦めてしまったそうです。 専門的な知識を得る為にはそれなりの習得期間が掛かります。 未経験の仕事を始める場合には年齢や状況をしっかりと考えて今の自分に出来ることなどを見極める力も必要なのかもしれません。 最終的にアパレル業界に戻ったそうですが、久しぶりに会ったら 「今の職場は人間関係がいいから楽」と言っていました。 どんな仕事にもその職種なりの不満はありますが、やはり一番の問題は人間関係なんですね。 転職前に必ずやっておきたい2つの診断テスト 転職を行うなら前よりもいい条件にならないと意味がありません。 必ず成功させたいですよね。 ですが、自分の適性を知らないがゆえに損をしている人がたくさんいるそうです。 今は転職希望者同士をマッチングさせ、自分の市場価値を教えてくれる面白いサービスがあります。 自分の市場価値が分かるMIIDAS(ミーダス) 最大の特徴は 「自分と似た学歴や転職歴」「自分に興味がある業界にはどんなスキルを持ち・どれくらいの年齢層でどんなスキルを持っているか」などを調べる事ができます。 MIIDASから出される5分程度の質問事項に全部答えると、自分の今の市場価値が分かり、自分に合った本来なら稼げるであろう適正年収や求人数などが分かるのでとてもお面白いです。 下記が参考動画となっています。 実際やってみたところ僕の年収は582万になるそうです!年収にすると250万以上も上がるのだから本当に驚きです!!またMIIDASで算出された数値はかなり現実的な数字で、今大変注目されています。 typeの「転職力」診断テスト 自分の転職力を、 「自己分析力」「将来ビジョン策定能力」「タイミング把握力」「企業分析力」「交渉・説得力」「ビジネス基礎能力」といった6分野別に判定してくれる面白いサービスがあります。 その診断結果を元に、予想内定者数や予想年収そして転職力の総合得点を出してくれるんです! 順位もわかりますので、ゲーム感覚でチャレンジできちゃうところも楽しいです。 勿論 無料で利用することができ、10分程度で終わるので気軽に試せるところもいいですね。 やりたい仕事が見つからない20代だった頃の僕の体験談 飽きやすい僕は仕事をコロコロ変えていました。 時には 「店長がウザい」なんて理由で辞めた事もありました。 しかし二十歳にもなって仕事もしないで家でダラダラしていると 「早く仕事を探せ」という親のプレッシャーは相当こたえます。 学歴もやりたい事も無かったのでいつも楽しそうなバイトばかり選んでいて、それについては後悔はありませんでした。 しかし20代も半ばに差し掛かると、もしかしてこの歳で僕だけバイト?などと不安になりました。 正社員の仕事探しも20代前半で仕事を選ばなければ全然あったと思います。 僕の友人も 「やりたい事がない」と言っていましたが、ひとまず正社員として働いて かれこれ勤続8年目!今では お給料も相当上がっているそうです。 やりたい事がない= 見つからないは ホントに損 です。 仕事は選ばなければある!ただし何か理由を付けてダラダラバイトでいるとそれはそれで苦労します。 僕がそうでした。 結果的に30手前ギリギリで再就職出来て良かったですが、未経験の仕事に就こうと思ったら相当頑張らないと厳しいです。 ただメリットはかなり多いと思います。 ・未経験の仕事に就く前に知識を付けておきたい• ・今までやってきた仕事の知識をもっと補いたい• ・更なるスキルアップを目指したい• ・希望する職種の資格を取りたい と言った人にはオススメしたいです! 僕が職業訓練に通っていた時の話はこちらです。 ひとまず単発バイトをしとく 仕事がない期間が続くと当たり前ですが、収入がないので生活出来なくなります。 「もう今さらバイトなんか面倒臭い」という思いはありますが、生きていく為にはお金が必要。 実家ぐらしとかならまだしも、一人暮らししてる人だと家賃や光熱費やアレやコレでお金は吹っ飛んで大変だと思います。 僕の場合は実家ぐらしでしたが、早く正社員になりたかったので勉強して求人に応募しての毎にでしたけど、親や周りの目が怖かった。。。 いい年して働いてないって事がつらかったです。 もう駄目なんじゃないかと思って、ついつい遊んで金が無くなって本当に 「何やってるんだろう」と反省して、短期バイトをしました。 しかし僕の場合コレが気分転換になって良かったんです。 家に篭っていると身体がなまるしどんどん落ち込んでくるけど、久しぶりに外に出て働くと楽しいしお金も貰えたんで何だかんだで良かったんです。 仕事が無くて探し中で、バイトは面倒臭いけどひとまず働いておくのはいいものです。 引っ越しのバイトとかしてちょっとは身体動かしたほうがいいですね。 親や友人を頼る 僕は友人は少ないですが、それでも話を聞いてくれる友達はいます。 中には自分で仕事をしていて(自営業)ちゃんとした仕事が見つかるまでの繋でアルバイトさせてもらった事がありました。 学生時代に友人が多かった人とか、サラリーマン時代に人脈形成出来てた人とかは、仕事が見つからなくなったら友人や知人のつてを辿って仕事を探せそうですね。 また、親が自営業とかだったら家業を継ぐのもアリだと思いますが、なかなか親が自営業ってのも少なそう。 仕事をなくて見つからないのはスキル不足だから? バイトならともかく正社員となると経験やスキルを重視して採用を決めます。 若ければやる気重視で採用される事もありますが、年齢を重ねると 「頑張ります!何でもやります!」で許されなくなってきます。 だから世の中では資格などを習得してより良い転職をしたりするものですが、僕は一切の勉強をしてこなかったので何のスキルもありません。 とあるガテン系の仕事をしている時、僕が当時23歳で同じ従業員で38歳の人がいました。 38歳の人は離婚して独り身でしたが、なぜこんな所でバイトをしているかと聞くとこう答えてくれました。 「この歳になると本当に転職が厳しくなる、だから国家資格を取って前いた会社よりいいとこに務めるんだ」 その人は昼間は土方で夜は家で勉強して、隔週でキャリアスクールに通い続けて 見事国家資格を取得して再就職が決まりました。 今ではたまに合うと呑みに連れてってくれるいい人ですが、 仕事しながらの勉強は本当に大変だったと言っていました。 ですが、努力しないとそれなりに臨んだ所にはいけないんだと思いました。 仕事が見つからない主婦は採用されやすいところを選ぼう!• ・まだ子どもが小さいからシフトが組めない• ・結婚、出産、育児でブランが長く社会復帰が難しい• ・働く時間に制限がある これらの理由によって 「なかなか仕事が見つからないのよね〜」なんて意見が多い主婦の方達ですが、主婦の人が採用されやすい仕事を選んでいないから受からない事が多いそうです。 主婦が働きやす職場はここ! それは、 コンビニ・スーパー・お弁当屋さん・回転寿司などのシフトが組みやすいアルバイトです。 これらは例外なく主婦の方が多く働いていますし、休みやすく 採用率も高めです! 主婦の趣味から始めた仕事で起業したという話も。 最近はメディアでも取り上げられているので知っている方も多いと思いますが、 「情報や経験を売る」今流行りのWEB上のフリーマケッと言われているココナラというサービスがあります。 主婦ならでは掃除のテクニック・育児の悩み・財テク・旦那の浮気の見破り方など。 自分が経験した情報を求めている人に相談に乗ったり、文章を作成したりするお仕事です。 僕の友人の奥さんもココナラを使ってお仕事をしてみたそうですが、 登録は無料ですぐ出来るみたいです!しかもけっこう楽しいみたいですよ! 本当に凄い人は旦那よりも稼げちゃって、起業している人もいるんだそうです!!! 誰のどんな経験や体験談が売れるてもおかしくない時代なので、主婦の人は一度試して見てもいいと思います。 まとめ 仕事がないし見つからないとは言っても年齢や立場によって言ってる意味はかなり違ってきます。 ですが、色んな話を聞いて思ったのは仕事は探せばある!選ばなければある!でした。 そして仕事を辞めるなら、よーく考える事も大事な事です。 とはいえ、ブラックな会社に長く勤めて身体を壊しても仕方がないので難しくはありますが、 大切なのは一生続けられそうな仕事をみつけて出来れば辞めない事なのかなーなんて思いました。

次の

【ヤりたい仕事がない!】適職が見つからない原因と4つのパターン別に転職先を探す方法

ヤりたい仕事が見つからない診断 転職

本当にやりたいことをみつける方法 本当にやりたい「コレ!」って思えるものが欲しい。 どこにあるか探している人の中には、 占いに行ったり、セラピーを受けたり、いろいろ習い事をしてみたり、手当たり次第「やってみたいこと」をやってみたり。 その方法も、間違えではありません。 いつか、本当にやりたいことに出会えると思います。 でも、時間が勿体無いし、早く知りたいですよね? 本当にやりたいことは、誰に聞いてもわかりません。 人に聞いたところで、得られるのは「気づき」だけだからです。 それが、自分の腑に落ちれば「出会った!」と思えるでしょうし、違えば、また探しに行くことになります。 自分の本当にやりたいことは、自分の中にあるとよく言われますが、自分のどこにあるのでしょうか? それは、自分の中の「価値観」にあります。 自分の「価値観」を知ることが、やりたいことを見つける第一歩です。 やりたいことは自分の価値観にある 自分のやりたいことがわからない人の特徴は、自分のことが好きではないし、自分のことがわからない人が大半です。 自分のことを知り、表現できるとおのずと、自分のことが好きになり、やりたいことだらけになります。 つまり、自分の価値観で行動すること。 自分のコレが好き、コレが嫌いというものをしっかりと知っていて、 自分はこう思うという「自分軸」をしっかり持つとやりたいことがみえてくるようになります。 では、価値観とはなんでしょう? まずは、この絵をみてナニに見えますか? ロールシャッハ・テスト(英: Rorschach test, Rorschach inkblot test)は、投影法に分類される性格検査の代表的な方法のひとつである。 被験者にインクのしみを見せて何を想像するかを述べてもらい、その言語表現を分析することによって被験者の思考過程やその障害を推定するものである。 スイスの精神科医ヘルマン・ロールシャッハによって1921年に考案された。 出典 この絵は、性格診断で心理学でも使われる絵です。 ナニに見えましたか? 「シャツを着ている人に見える」という人もいれば 「仮面に見える」という人もいるでしょう。 そして、それ以外に見える人も。 ここで、「私はシャツ着ている人にみえる」「いいや、俺は仮面にみえる」と争ってもキリがありません。 なぜなら、これは「インクの染み」だからです。 「私は、こう思う。 こう感じる」というのが価値観。 価値観は人それぞれです。 他人がいう、これってこんなものというルールや定義に従っていると、だんだん自分らしさを失い、自分の価値観がわからなくなり、やりたいことがわからなくなってきます。 まずは、自分の価値観を知ることが、やりたいことを見つける第一歩になります。 どんな人間関係においても、相手の価値観や存在を大事にしながら育てていくと 自分の成長にもつながりますし、自分でも知らなかったものの見方などができて、楽しいものになりますよね。 価値観に合わない人と付き合うと・・・ 離婚の原因の第一位はなんだと思いますか? 金銭問題?浮気?嫁姑問題? なんでしょう? 圧倒的な一位は価値観(性格)の相違です。 価値観が違うことは悪いことではありません。 なぜ、価値観がちがうと仲が悪くなるのか? 原因は2つ。 一つは、本人自身が自分の価値観がわかっていないと、自分がこう思うということを優先にしてしまいがち。 自分の価値観がきちんとわかれば、相手の価値観を知ろうと思います。 そして、もう一つは相手の価値観とすり合わせをしようとしないこと。 価値観が違うもの同士が、おなじ目的に向かっていくと素晴らしい効果が出ます。 見る視点が違うので、幅が広がります。 でも、価値観をすり合わせをしようと思うと、自分の価値観を否定されるようで「怖い」と感じてしまう。 だから、価値観をすり合わせようとするより自分の価値観を押し通して相手の存在を認めようとしないところが勿体無いことです。 価値観に合わない仕事をすると・・・ 仕事でも、おなじようなことが言えます。 目的が同じであれば、方法はルールに外れていなければなんでもいいはずです。 誰しも、自分のこだわった「やり方」が好きなのです。 それを無視して「こうやれ」「ああやれ」と言われては、頑張ってもなんか苦しい、窮屈、我慢といったやり方で作業をこなしていきます。 そして、いわゆる「いい人」であればあるほど、「自分が我慢すれば無難に済む」といった自己犠牲で進めてしまうため、 かえってよくないことになりがちです。 もっと、酷い場合には、会社の存在自体に「理念」がない。 つまり、企業理念というカレンダーの標語に書いてあるような立派な形はあるけれど、 組織自体がそれを目指していないということ。 働いている人たちは、違和感を感じながらも 「生活のため」「家族のため」「お金のため」と 違う目的で仕事をするようになるのです。 自分の価値観にあった会社、働き方ができれば、こんなに嬉しいことはありませんよね。 やりたいことがわからないのは自分らしさがわからないから 自分の価値観を知って、その価値観通りに自分の表現や行動をしていくと もっとこうしたい、もっとああなりたいと、いい意味での「欲」がでてきます。 自分を成長させる「欲求」。 出来ないことができるようになったり、 なりたい自分にチャレンジ・挑戦してみたり。 その過程に、新しい自分に出会ったり、気づきがあり、ワクワクとドキドキの楽しさが待っています。 やりたいことを見つけたいという人は、 このワクワク感やドキドキ感を得たい!そのために、頑張りたいという成長欲求が高い人。 ぜひ、自分自身の本当の欲求「やりたいこと」を見つけて欲しいです。 自分の感覚からくる、本当の価値観を知ると、今の仕事がやりたいものにするコトができる場合もありますし、趣味では満たされない場合もあります。 仕事でやりがいを感じたくて、転職しても、自分の求めている本当の「欲求」がわかっていないと どこに行っても同じこと。 でも、きちんと自分のコトがわかれば、どこで何をしたいのかをきちんとアピールできて、転職もうまくいくケースが多いです。 やりたいことをやるとストレスがなくなる!? 仕事がつまらない・・・ ついつい人の批判をしちゃったり、嫌なところが目に付いちゃったり。 もしくは、家庭でもパートナーが協力的じゃないことが嫌だったり、好きなことをやっているのが気に食わなかったり。 そして、自分がやっていることの人の評価が気になって、やりたいことより人から評価を受けることに一生懸命だったり。 それが続くと、ストレスになってしまいますよね。 もし、やりたいことに集中してやっているとどうなると思いますか? 私のクライアントさんは、 「前は人の批判に付き合って嫌な思いをしたりしていましたが、自分がやりたいことをやっていると気にならなかったり、自分の意見を素直に言えるようになりました」 ということをよく口にします。 ストレスの原因は、他人にあるのではなく自分自身。 他人が変わることはありません。 でも、自分がやりたいことをやっていると、他の人の批判とか評価とかは気にならなくなる。 つまり、問題が問題で無くなるのです。 本当の問題は、自分が挑戦・チャレンジするときにぶつかる壁。 これをどう乗り越えるかが、自分を成長させるものとなります。 自分の成長を手助けできるのは自分自身。 やりたいことだから、挑戦しようと思うし、さらなるスキルや知識を身につけることができる。 そうやって、自分の器を大きくすることができるのです。 やりたいことを見つける極意 やりたいことを見つけるには7つのステップがあります。 ただ、注意が必要なのは、人に流されている他人軸の状態での自分の価値感と、自分の感覚を取り戻した自分軸の自分の価値感では全然違うものになるということです。 今の状態で、価値感を出してみてください。 きっと、違和感のあるものになると思います。 では、やりたいこと、自分らしさ、才能、価値観が全てわかり 自分の人生を楽しむための7つのステップをご紹介しますね。 自分の人生を楽しむための7ステップ ステップ1 人生の棚卸をする ステップ2 自分自身を知る ステップ3 他人軸の自分に気づく ステップ4 本当の自分らしさを取り戻したいと思う ステップ5 自分自身になろうとするときの恐怖と戦う ステップ6 本当にやりたいこと、自分自身に気づく ステップ7 本当にやりたいこと、自分の本当の価値観で行動しようと決める そのステップを経ることで、本当の自分らしさを手に入れ、自分のやりたいことが見つかりできるようになります。 自分の今までの過ごし方や行動パターンから全ての謎が解けます。 マイストーリー、マイブランド 自分自身を紐解くことで、誰から何を言われてもぶれない自分を手に入れることができます。 でも、本当の自分を見るので、怖れを感じる人もいます。 どちらでも選べます。 自分のやりたいことをやらなくってもいいです。 生活もできるし、そこまで困らない。 でも、自分らしい生き方がしたい!自分のやりたいことを見つけて前に進みたいという方は 自分自身のために、自分の想いに従ってみることをオススメします。 まとめ やりたいことを見つけるには、本当の自分と向き合う必要があります。 もしかしたら、認めたくなかったり、知りたくなかったりする人もいるでしょう。 自分の中で準備ができないうちに、自分探しを始めることはオススメできません。 中途半端に終わって、もっと辛くなるからです。 本当の自分を知ってしまうと、もう元に戻れなくなってしまいます。 自分の価値観に従って行動しないほうが苦痛だからです。 楽なこと と 楽しいことは違う 今の現状から逃げたいから、本当の自分を知りたいという方は超注意です。 本当の自分に気がつかないほうが楽チンです。 挑戦やチャレンジをすることをしなくて済みます。 言われたことをやっていることで、そこそこな生活を送ることができます。 もしそれでも、本当に自分のやりたいことを見つけたいという方、 本当の自分のを知り、本当に臨む未来を創造するために自己投資ができる人はどれくらいいるでしょうか? 選ぶのはあなたです。

次の

【タイプ別&方法別】やりたい仕事が分からない時の探し方を転職のプロ5人が解説!|転職実用事典「キャリペディア」

ヤりたい仕事が見つからない診断 転職

A:仕事のルールを守ら れ ない人と関わるとひどくストレスを感じる B:仕事のルールに厳格な人と関わるとひどくストレスを感じる 質問は以上です。 【結果発表】自分に合った仕事診断(ドキドキ) さて、あなたは「 A 」と「 B 」のどちらの数のほうが多かったですか? — ボタンで回答 — 【結果発表】「A」の数が多かった人は? まずは、「 A 」の数が多かった人の結果から発表していきましょう。 A Aの数が多かったあなたには、 物事を客観的に捉え、論理的に判断する傾向があります。 個人的な感情に惑わされず、客観的に物事の判断を下すことができ、回答は論理的で率直。 ただし、率直すぎて相手を不愉快にしてしまったり、周りから傲慢に思われることもあるようです。 自分や相手の感情より、その仕事において自分の下す判断が「正しいかどうか」「真実かどうか」という点に強く意識を向けようとするため、 『正確性が求められる仕事』などは客観の特性が活かせる仕事と言えそうです。 個人的な感情で仕事のデキが良くなったり悪くなったりする人に責任の大きい仕事は務まりませんよね。 他にも、 『問題点を明確にして 改善策を提案する仕事』などにおいても高いパフォーマンスを発揮できるでしょう。 ソリューション系の分野、例えば、コンサルタント職などは具体的な適職の一つと言えそうです。 また、 『ものづくり』の分野でも能力を発揮できそうですよ。 結果を重視する傾向が強いため、とびきり優良なものを生み出すことも可能でしょう。 ただし、プロセスよりも結果を重視しすぎて「楽しいはずのものづくりを楽しむことができない」という状況を作りやすいので、そのあたりのバランス感覚は必要になってくるかと思います。 【結果発表】「B」の数が多かった人は? それでは、次に「 B 」の数が多かった人の結果を発表しましょう。 B Bの数が多かったあなたには、 物事を主観的に捉え、直感的に判断する傾向があります。 また、相手の気持ちを察する能力に優れており、「相手がどうしてそのような行動をとるのか」「周りの人がどんな気持ちでいるのか」など、人の気持ちがよくわかります。 ただし、個人的な価値観や感情に基づいて物事を判断しようとするため、感情に流されてしまうことも少なくありません。 「ルール」よりも『人の気持ち』を優先させてしまうことがあるようです。 たとえ上司に怒られてもお客様第一主義を貫く、といったような人間味の深さがあるため、取引先やお客様からも愛されやすいでしょう。 『ホスピタリティが求められる仕事』などは主観の特性が活かせる仕事と言えそうです。 また、お客様に「ありがとう」と言われることが何よりの財産であると心底思える性格の人も多く、仕事も長続きしやすいケースが多いようです。 他にも、 『チーム 仲間 意識の強い職場環境』にいるとイキイキし、仕事へのモチベーションを維持し続けることができるでしょう。 今まさに社員が一丸となって仕事を進めていくような、例えば 『創業まもないベンチャー企業』や 『新しいプロジェクトの立ち上げメンバーの一人として活動する』など、仲間意識の強い環境の中に入ると自分の新たな才能を開花させることができるかもしれません。 ただし、確かに「お客様と直接関われる仕事」「仲間意識の強い職場環境」は能力を発揮しやすいのですが、人の顔色を気にしすぎてストレスを溜め込んでしまうこともありますので、適度な息抜きやストレス解消などは必要になってくると思います。 「転職したいな、しようかな」と頭では思っているのになかなか実行に移せずにいる。 それはなぜでしょうか。 転職する勇気が出ない大きな原因のひとつに 『自分の可能性に気づいていないから』というものがあります。 ここからは、転職する勇気がない方に向けて、ご自身の可能性に気づき、転職する勇気が持てるよう 『転職を成功させる人の考え方』についてお伝えしていきます! 「自信」がどんどん小さくなっていく… 一切の水分が含んでいない新品のスポンジのようだった新入社員の頃は、新しい価値観や意見を謙虚に学び入れて「どんどん吸収できた」もの。 とんでもない成果を叩き出す実力者を前にしても、「いつか私もあの人のようになりたい!」と素直に憧れの気持ちを持てた人も多いのではないでしょうか。 いずれにせよ、結果を出せない恐怖よりも根拠のない自信と勢いが勝り、臆することなく仕事に打ち込めたはずです。 しかし、社会人になって5年、10年と過ぎれば、その様相も変わってきます。 個人差はあれどスポンジ同様に自然と吸収力も衰えてきます。 そして、自分に限界を感じ始めた時、多くの人が最初の転職を考えるのです。 ところが、いざ転職を考えても「自分に可能性を見出せず、転職する勇気がくじかれてしまう」人は少なくありません。 閉じているのは可能性ではない しかし、閉じているのは可能性ではありません。 もしあなたが「自分の可能性が閉じているように思える」のだとしたら、それは『あなた自身の心が閉じている』から。 「これは出来たけれど、あれは出来なかった」というこれまでの経験によって、あなたが主観的に判断し『可能性をどんどん狭めてきただけ』なんですよ。 例えば、「営業職より事務職のほうが向いている」とか、「頭より体を使う仕事のほうが性に合っている」とか、「優秀な選手にはなれても監督にはなれない」とか。 「向いていない、性に合わない」というネガティブな固定観念は、年齢を重ねるごとに増々硬化し、そのまま放っておくと、やがて自分の力だけではもうプラスの方向に戻せない状態になってしまいます。 自分自身で完全に自分の可能性を閉ざしてしまう前に『第三者の視点から自分の可能性について意見をもらう(見出してもらう)』ことも大切です。 自分の可能性に気づくには 自分の可能性を信じられなくなった人間は、往々にして「転職しても今より状況が上向く保証はない、むしろ今より悪化してしまったらどうしよう」などとマイナスなほうへばかり考え、不安でたまらなくなってしまいます。 その不安の原因は、『自分では自分の可能性を見出せなくなった』からです。 このことは、自分のプライドが傷つくことでもあるので、簡単に受け入れることは難しいかもしれません。 ですが、いつまでたっても行動に移せない自分がいるのならば自分ひとりだけで考えるのではなく、第三者にいろいろな意見を聞いてみるべきです。 「これまでの自分の経験は他のどんな仕事に生かせるのか?」、「これまで学んできた知識や培ってきた技術力を求めている企業はあるのか?」などは、自分ひとりだけで考えた選択肢では視野も狭く、量も少なすぎます。 ぜひ、もっと気軽に!今よりも積極的に!第三者からの意見を聞くことが『自分の可能性に気づくことが出来る最も現実的な方法』ですよ。 私はコレしか出来ないから… 私が過去に転職の悩み相談をお受けした方の中に「大学を卒業してから事務職一筋で10年間働いている」という女性がいました。 とは言っても、仕事の正確さやスピードの面で同僚よりも劣っていることを毎日のように実感しながら、辛くても我慢して働き続けてきたそうです。 それでも本人は「私にはこの道(事務職)しかない」と仰っていました。 しかし、いざ私が彼女の適職診断を行うと、、、『営業職が向いている』という意外な結果が出たのです。 その時はまだ彼女も「まさか…」と少し苦笑いされていましたが、それから3ヶ月後に前々から興味があった住宅展示場での反響営業の仕事に思い切って転職されました。 その後、「毎日がとても充実しています。 お客さんと話をするのがこんなに楽しいとは思っていませんでした。 すぐ現場に立たされて最初はドキドキしっぱなしでしたが、実は、転職して1ヶ月半くらいで1件売れたんです!上司からも筋がいいと褒められました!給料も前職よりずっとアップしました!」と、元気に跳ねるような声で近況報告を頂きました。 彼女の可能性は閉じてなどいなかったのです。 彼女だけが特別な例ではありません。 私は今までに数え切れないほど同じようなご相談や成功されたお声を頂いてきました。 「自分はこの仕事に向いている!」「自分はこの仕事には向いていない!」と自分だけで決めつけてしまうのは、自分の才能と可能性を追求しているようで、実は『狭めている』のではないでしょうか。 転職成功者の共通点とは 自分の可能性に気づくコツを掴み、転職する勇気が湧いてきましたでしょうか。 私の知る転職成功者のほとんどは、『 自分だけで自分の可能性を決めつけなかった人』です。 誰かに才能を買われて引き抜かれたり、エージェントや良き理解者から客観的な才能を見出されて最適な仕事を紹介されたりしながら、自分の可能性を広げています。 あなたの可能性もまた自分が思っている以上に開けているもの。 ぜひ、ご自身の可能性を信じて転職活動に臨んで下さいね。

次の