武蔵小杉 停電。 武蔵小杉タワマン浸水の大きな被害は車と駐車場 復旧に1年

タワマン停電、住みたい街:武蔵小杉に何が起きた?資産価値どうなる?

武蔵小杉 停電

プロフィール:長浜淳之介(ながはま・じゅんのすけ) 兵庫県出身。 同志社大学法学部卒業。 業界紙記者、ビジネス雑誌編集者を経て、角川春樹事務所編集者より1997年にフリーとなる。 ビジネス、IT、飲食、流通、歴史、街歩き、サブカルなど多彩な方面で、執筆、編集を行っている。 共著に『図解ICタグビジネスのすべて』(日本能率協会マネジメントセンター)、『バカ売れ法則大全』(SBクリエイティブ、行列研究所名儀)など。 武蔵小杉・二子玉川と川口「タワマン大水害」の明暗が分かれた原因 今年の台風19号は、過去最強クラスと言われ、各地で水害をもたらしたが、首都圏では 多摩川水系に被害が集中したのが1つの特徴だ。 特に、 武蔵小杉と二子玉川は平成になって発展した、庶民が憧れるセレブタウンで、「失われた20年」と言われる日本の停滞期に資産形成した勝ち組が集住する、タワーマンションが立ち並ぶことで知られているが、 思わぬ水害に見舞われて脆弱性が露呈している。 一方で、 埼玉県の川口もまたタワマンの多さでは引けを取らないが、たびたび洪水を起こしてきた荒川に面し、かつての工業地帯で土地も全般に低くて雨水が溜まりやすい地形であるにもかかわらず、下水道や遊水地の整備が進んで、 被災を逃れている。 どうして明暗が分かれてしまったのだろうか。 武蔵小杉駅中央口2を出れば眼前にセレブなタワマン群が広がる 元々は多摩川の水利を活かした工場街で、現在は地方や海外に移転した企業も多いが、今も日本電気(NEC)の工場から転用したオフィスビルや研究所などがある。 工場ができる前は、下沼部という地名が示すように、 多摩川の旧流路であり、水が溜まりやすい低地の湿原だった。 撤退した工場の跡地が、タワマン街となった。 ここ10年ほどで急速に発展し、 計6,700戸ほどが入居しており、今も建設中、計画中のタワマンも数棟ある人気タウンとなっている。 一方で、保育園の数や駅の設備増強が追い付かず、保育園に落ちたとか通勤時の改札口の混雑が半端ないといった、住民の悲鳴が聞こえるようになった。 川崎市上下水道局によれば、武蔵小杉駅周辺部で起こった冠水は、多摩川の堤防が決壊したり、水位が上がって堤防を越水したりしたものではなく、 多摩川の水が下水道を通って逆流してきたものだ。 なぜなら、冠水した地域には大量の土砂が入ってきており、多摩川から来たと考えられるからだ。 水道局の職員が、10月12日の夜、地域の下水を集めて多摩川に放出する山王排水樋管を閉める前に、中原消防署前と横須賀線口(新南口)バスターミナル入口、2ヶ所の交差点付近のマンホールから、下水が逆流して噴出するのを確認している。 武蔵小杉一帯では、最大で1. 4mの浸水があった。 深刻な災害をよそに、ハイテンションになっている住民もいたようで、海水パンツ姿で浮輪を浮かべて水遊びをする猛者も出現した。 この地域のタワマンはかつての工場街の下水道インフラの上に、建てられている。 台所、トイレ、風呂などの 生活排水も雨水も一緒に、下水処理場に送られる旧型の合流式下水道を採用。 大雨が降って下水処理場の能力を超える場合は、その分の 生活排水と雨水が多摩川に放流される仕組みだ。 今回は放流しようとした下水が、多摩川の水位が想定以上に上昇したため、川の水と共に逆流し、内水氾濫を起こした。 従って、武蔵小杉を覆った泥水は、 多摩川の水に、希釈化された生活排水が混じった混合物ということになる。

次の

武蔵小杉の「高級タワマン」で起きた悲劇…その全貌が見えてきた(週刊現代)

武蔵小杉 停電

武蔵小杉のタワマン停電 今回のタワマン停電、すべてではなく、 ほんの一部のタマワン(パークシティ武蔵小杉 ステーションフォレストタワー)だけが、冠水被害(停電・断水)のようです。 地下3階の電気システムが冠水によって停電になったとのこと。 詳細な情報はこれから出てくると思いますので想像になりますが、 近隣にあるほかのマンションで何も起きていないことを考えると• タワマンの構造的な問題なのか?• 限定的に立地的なリスクがあったのか? ということでしょう。 小杉のタワマン停電で分かった事実 本来であれば、このような災害時には、 予備電源があり緊急時には稼動するはずが、稼動しなったことは、マンション所有者にとっては大きなダメージだったでしょう。 また、それなりの設備・体制で管理されているであろう高級タワマンで 即復旧が叶わないというのは、小杉に限らずマンションリスクを少し考える必要があるかもしれません。 さらに、多摩川という存在。 今まで荒川の氾濫リスクは注目されていました。 台風が近づき、川の水位の情報では荒川はもちろん多摩川も水位が上がっているということでした。 武蔵小杉の場合、多摩川の氾濫によって浸水被害になったわけではなく多摩川から下水道の逆流が原因によって浸水・冠水被害になったわけですが、 多摩川の氾濫で世田谷区玉川周辺の住宅地が冠水したわけで、多摩川の堤防対策は注目されるでしょう。 多摩川の堤防に関しては、 反対派が邪魔をしているという情報もありますが、どの世界でもそんな人たちはいます。 直接氾濫した箇所と一致しているかどうかは分かりませんが、少なからず今回の件で、対策は進んでいくことでしょう。 武蔵小杉のタワマン:資産価値は? 今回の武蔵小杉のタワマンの浸水で、気になるのはマンションの資産価値。 結論を言えば、このマンションに関して落ちざるを得ないでしょう。 現状、急ピッチで水を出し、その後、機械の交換・修理が行われるわけですが、東電や水道局が無償で行ってくれるものではないでしょう。 保険がどこまで出るか分かりませんが、 少なからず、管理組合・理事会で細かい決定が行われ、それに対して住民への説明・裁決がとられるわけですが、議事録にその過程が載ります。 表に出ない・議事録に載らない情報が仮にあったとしても 状況・情報は少なからず開示されるでしょうし、それを認識した以上、告知の義務が発生します。 となれば、 今までどおりの資産価値を維持するのは難しいでしょう。 近隣のタワマンはどうか? 人気の武蔵小杉ですが、住民からはインフラが間に合っていないという情報も耳にします。 駅は改札を増やしたり、小学校が足りない、新設など川崎市はかなり力を入れていますが、追いつかない状況でもあります。 それだけ人気・爆発的に成長中ということですが、 今回のタワマン停電で、周りのタワマンに影響があるのか? 気になるところです。 下水があふれたなどの風評被害は、それほど影響はないと思います。 ただ、来年、同じような台風によって、 今回と同じ、下水道の逆流が原因によって浸水・冠水被害がおきしてしまうと、マンションの価値ではなく、武蔵小杉の価値が下がってしまう可能性はあります。 武蔵小杉のタワマン:まとめ タワマンリスク、いろいろ語られていますが、 今回、台風よってタワマン停電が起きたため、それを取り上げましたが 小杉に限らず、どのマンションにもその可能性はあるでしょう。 河川の氾濫• 下水道の逆流• 海抜 などは改めて注目されることでしょう。 武蔵小杉にマンションを所有している人は、 このタイミングで所有しているマンションの資産価値を調べるのもいいかもしれませんね。 査定は素早く、売却は慎重に 早いもので7月、緊急事態宣言の解除で不動産業界も動きだしました。 しかし、現状はかなりの停滞模様です。 新型コロナウイルスで世界的な景気後退は決定的になりました。 追い打ちをかけるかのように3月24日、オリンピック延期が発表されました。 【今後の見通し(最悪バージョン)】 不動産市況は経済よりかなり遅れてきます。 最悪の状態は2・3年後と考えます。 コロナ自粛・経済下火• 各種補助・給付・助成金で一時しのぎ (今)• 業績悪化(半年後)• 給料減額・(1年後)• 売り物件過多(2年後)• 不動産市況最悪(2年後以降) 今は、不動産価格が下がるという風潮の割に、下落が見られない状況かもしれませんが、確実に内覧数・売買件数は減りつつあります。 ただ、それが不動産市況です。 その証拠というわけではないが、 不動産査定を行うと、• 仲介で一般ユーザーに売却する場合、崩れた感じのない査定結果が出ます。 業者買取の場合、かなりシビアな数字が提示されます。 不動産会社も自分が買い取るとなると非常に慎重な数字を出す、ダブスタ的な状況となっています。 自宅の資産価値はどうなっているか? 当たり前ですが、家を買った時の価格と今の価格は同じではありません。 場合によっては、購入した時より高いかもしれません。 *各社、現状はオリンピック開催を前提としていますが、状況次第で大幅ダウンの可能性もあります。 *定期査定として、1か月以内に査定を行った人は意味がないと思います。 住所や部屋の築年数、大体の広さ、連絡先を入力するだけなので、 で確認することができます。

次の

冠水は武蔵小杉のタワマンだけの問題ではない

武蔵小杉 停電

武蔵小杉のタワーマンション群(撮影=編集部) 今、 武蔵小杉はどうなっているのか。 この間、浸水して停電が起こった「武蔵小杉駅前の タワーマンション2棟の不動産価格が下落している」など様々な情報が出ている。 果たして事実なのか。 被災2カ月後の武蔵小杉を取材してみた。 タワマン住民、市に賠償求め要望書 東急・JR武蔵小杉駅周辺を含む川崎市中原区の被害は、最終的に住宅半壊483戸、床上浸水381戸、床下浸114戸に上った。 タワーマンション付近などは最大浸水水約1. 3メートルだったという。 12月5日、浸水したタワーマンションの周辺に行ってみたが、電気も復旧し、平穏な日常を取り戻しているようだった。 男性住民に話を聞いたところ、次のように語った。 「何も話せません。 もうこれからは、法律的な話になってきています。 マンション価値が下がったという話を最近よく聞きます。 損害を被った分、ちゃんと被害弁償してもらわないといけないので」 確かに住民らはこの日、行動に出ていた。 5日付共同通信『武蔵小杉タワマン浸水、住民が検証と賠償求め要望書』によると、「被災住民らが5日、市が逆流を防ぐゲートを閉めなかった判断は過失だとして、第三者委員会による検証と賠償を求める要望書を福田紀彦市長宛てに提出した。 台風の影響で水位が上昇した際、市は雨水が街中にたまるのを避けるため操作手順書に従いゲートを閉めなかった。 11月から開いている住民説明会でも『適切な判断だった』と説明している」という。 市「手順書通り適切に行った」 浸水被害を受けたタワマンの周辺は、生活排水と雨水を同じ排水管で流す「合流式下水道」となっている。 大雨の場合、生活排水は雨水と一緒に多摩川の放水口で放流されるのだが、今回は台風の影響で川の水位が想定以上に上昇。 川の水位より高い位置に設置してあった放水口が水没し、川の水が逆流してマンホールから噴き出した。 放水口には水門が付いていて、川と市街地の排水を遮断することもできた。 ただ、水門を閉めれば川の水は逆流しないが、市街地の排水は不可能になり、下水がマンホールからあふれ出ていた可能性もあった。 川崎市はこのことを指して、ゲートを閉めなかったことを「手順書通りの適切な判断だった」としているのだ。 そもそも市が用意していた水門操作の手順が適切だったのかという疑問もある。

次の