八つ墓村 ネタバレ。 NHK BSプレミアム【八つ墓村】のキャストとあらすじ|吉岡秀隆主演の金田一耕助再び

NHK BSプレミアム【八つ墓村】のネタバレ感想|吉岡秀隆の金田一耕介シリーズ第2弾

八つ墓村 ネタバレ

彼が寝込んだのは財宝探しの帰りに見てはいけないものを見てしまった。 濃茶の尼が殺害される現場見たのだ。 里村慎太郎は、 一連の殺人事件の犯人を知ってしまい衝撃を受けた。 辰弥は村人から鍾乳洞を逃げ惑う。 異母姉の春代(蓮佛美沙子)まで殺された。 助けてくれた典子が犯人だと勘違いする。 典子が慎太郎に田治見家財産を継がせようと推理。 典子を殺害しようとクビを絞める辰弥。 しかしそれは見当外れだった。 村人に襲われる辰弥。 金田一はもう、犯人の目星がついていた。 辰弥は一命を取り留めた。 辰弥に父と対面させる。 辰弥の母・鶴子と恋をしていたのは、英泉だった。 学校の先生と生徒の禁断の恋。 結ばれるはずだった鶴子を要蔵が奪った。 母は英泉や辰弥を守るため耐えたが、要蔵は噂を耳にした。 辰弥は自分のこでは無いと確信。 命を助けるため逃げた鶴子、 辰弥は救われたが、村では救いようのない悲劇が起こった。 要蔵の32人殺し。 女の子供も見境なく殺害した要蔵。 全ては教え子を愛した自分に責任がある そう感じた英泉は仏門にはいることを選んだ。 「辰弥さん、あなたは彼女を愛していますか?」 「はい。 」 辰弥は病院に向かう。 破傷風になっていた美也子。 傷口が深く洗った水も悪く手遅れの状態の美也子。 「たまたま見たんだ。 濃茶の尼が藪医者の鞄を捨てているとこ。 やだよねぇ田舎って。 そしたらあったの、あのメモが。 ピンときた。 コレ使える。 それでそろそろ頃合い見て、梅幸を殺したら、濃茶の尼に見られた。 傑作だ。 それで濃茶の尼も殺して、慌てて戻ったらメモがない。 まさかパンツの中に隠していたなんて。 」 笑い狂う美也子。 辰弥は美也子のことを愛していた。 美也子には心に決めた人がいた。 辰弥は病室を出る。 「こんな女が幸せになったら悪いのか!」 死んでいく美也子。 金田一の種明かしも続く。 、 「計画した人間と実行した人間が違う。 」 美也子は動機を隠す為に多くの人を殺した。 八つ墓村の祟りを隠れ蓑に。 美也子の真の狙いがわからなければ動機もわからない。 メモは美也子ではなく久野医師が書いた。 荒井医師を殺すために書いた。 しかしそれはただの妄想。 美也子の狙いは、 慎太郎に跡を継がせるために田治見の人間を殺したかった。 そのためには慎太郎に自分が犯人だと知られたくなかった。 美也子が自分の愛で犯罪を犯したとすれば慎太郎は継ぐことを拒否したのだ。 慎太郎は田治見の家を継ぐことにした。 辰弥は岡山を出る。 典子がついてきた。 小判を出す典子。 典子は辰弥が好きだ。 息子を産んで田治見の跡継ぎにしようと言う。 慎太郎も納得しているらしい。 ラストは・・・小竹・・・死んだ!? 首つり・・・? 吉岡秀隆・金田一耕助シリーズはエンディングが見物だたよね。 辰弥の虹郎。 ちょっと違ったかもなぁ。 虹郎は好きなんだけど、辰弥にしては・・・何が悪いってわけでもないんだけど、せっかくの虹郎が生かされてないような・・。 漣沸ちゃんも若い。 虹郎が若いから漣沸ちゃんで良いのか。 漣沸ちゃんの愛・・・。 美也子のラストシーンが長いもんで、唐突に思えてしまったかもしれない。 その虹郎。 美也子に恋をした。 でも 典子エンドってのが斬新でしたね。 音尾・要蔵は女子供を容赦なく殺す。 なかなかの熱演でした、 もちろん山崎努の怪演をアップデートできるかと言われたら・・・それはアレなんですが。 音尾さんの要蔵、良かったよ。 懸念していたのは真木よう子(のサ行!!)。 はすっぱな美也子像になっていましたから、真木よう子で良かったのかも 最後の病室。 アレをやりたかったんだと思ったら、ストンと腑に落ちた。 病室で語りまくって死んでいくとは・・・。 全然関係ないのに真木よう子の豹変ぷりと語りッぷりを見ていると、 真木よう子は「吉原炎上」が似合いそうだなぁと思っちゃいました。 小川真由美さんの狂いっぷりとは全く違うアプローチでしたが、これはこれでありかな。 横溝正史の原作は大抵長い。 八つ墓村は、ショーケンが主演した作品と連ドラ版の古谷一行の作品を見て、原作を読んだと思う。 長かった・・・。 相関図を手元において原作を読まないと、登場人物も多すぎてこんがらがること間違いなしッス。 連ドラの「八つ墓村」は全5話だったので、長いんだけど原作に忠実とは言えない。 原作はハッピーエンドだったのに、ドラマときたら・・・・。 原作通りに映像化されたことはないのかも。 「八つ墓村」は長編でこの原作を二時間にすることは・・・まぁ、無理なんです。 「祟りじゃ~!」が流行った時代にリアタイで見たわけではないので、金田一と言えば石坂浩二か古谷一行と思っていたので(ま、その両方もリアタイでは見ていないけれど・・)、渥美清の金田一耕助は斬新に思えました。 後に横溝先生の提案だと知り、ワタシの金田一像は原作者と少し違うんだなぁと思った。 ま、原作の金田一は二枚目ではないから。 それに割とコミカルというか・・・。 だから寅さんの甥っ子、吉岡秀隆も良いかも。 むしろ横溝先生は「ナイスキャスティング!」なんて思っているかも。 原作とは違うストーリーになるのは想定内。 テレビだからか、ちょっと軽くなるのも想定内。 でもNHKだからか、岡山のロケーションとか演出とかなかなか好きだ。 少なくとも原作ではなく、映画のリメイクばかりになってしまう」よりずっと良かった。 時代を変えない、変えられないってのが一番良いのかもしれぬ。

次の

横溝正史「八つ墓村」の犯人(首謀者)は、結局誰だったのでしょうか。本当は原...

八つ墓村 ネタバレ

ネタバレ注意!! 八つ墓村 原作と渥美清版との違い 『八つ墓村』のあらすじは ご存知でしょうから ここでは触れないでおきます。 八つ墓村 原作と渥美清版との違い 時代設定が違う 原作は 昭和20年代でまだ戦後の 闇市の描写などがありますが、 渥美清版は現代(公開1977年)の 設定になっています。 これは制作会社の松竹が 日本航空と提携を結んだため、 本編にジェット機を 映し出す必要があったからとか。 まぁ、返って八つ墓村が 因習深い印象になりましたね。 金田一耕助が八つ墓村に来た理由 原作は弟・達雄の死に疑念を抱いた 西屋の主人・ 野村荘吉の 依頼で現れます。 渥美清版では 諏訪弁護士から 井川丑松の毒殺についての 調査のために雇われます。 字が違う 原作は 「田治見」、 渥美清版では 「多治見」です。 なぜ変えたのか理由はわかりません。 狂気と舞い散る桜のコントラスト この画が撮れた時点で勝ち — エディ photograph24 主人公:寺田辰弥 職業 原作では主人公の寺田辰弥は 闇品を流すブローカーを していたようです。 渥美清版では前述したように 飛行機を登場させるためからか、 空港職員という設定です。 相手が違う 原作には 里村典子という ヒロインが登場します。 そして辰弥は典子と結婚するんですが、 渥美清版では典子はいなくて、 森美也子と情を交わしてしまいます。 財宝 これもびっくりなストーリーですが 辰弥は 財宝を発見します。 お陰で事件後 生活の見通しが立ったのでしょう。 渥美清版では 財宝は出てきませんでした。 辰弥の実父 辰弥の本当の父親は生きていました。 原作では辰弥と名乗りあうのですが、 渥美清版では辰弥に会わず 生きていることだけを 金田一耕助の口から伝えられるのです。 被害者の数 原作 渥美清版 1 井川丑松 井川丑松 犯人が殺害 2 田治見久弥 多治見久弥 3 洪禅(和尚) 工藤(校長) 4 梅幸(尼) 妙蓮(濃茶の尼) 5 妙蓮(濃茶の尼) 多治見小梅 6 久野 医師 久野医師 7 田治見小梅 多治見春代 8 田治見春代 多治見小竹 9 片岡吉蔵 崩落事故 10 周(西屋の若頭) 八つ墓村の犯人 犯人の犯行動機は? 愛する 里村慎太郎に 田治見家の財産を相続させるため 原作では犯行に及んでいます。 渥美清版では辰弥に 多治見家の財産を相続させ 取り込もうとしたようです。 犯人の死因 原作では傷口から菌が 侵入したことによる病死だったと、 あとから辰弥は聞かされます。 渥美清版は鍾乳洞の崩落による 事故死です。 犯人はあの人、 そう、 森美也子ですね。 渥美清扮する金田一耕助が 謎解きをしながら、 美也子は 尼子義孝の子孫なのだ、 と言います。 これは祟りを利用した事件ではなく、 「末代まで呪ってやる」と言った 尼子義孝祟りなのだと 印象づけたかったのでしょう。 ちなみに原作にはその設定は ありませんでした。

次の

八つ墓村(1977) の レビュー・評価・クチコミ・感想

八つ墓村 ネタバレ

第113回目は「」です。 出典 1996年の日本の推理映画です。 *以降ネタバレ注意です。 戦国時代とある山中の村に尼子氏の落ち武者が8人流れ着いた。 しばらくは落ち武者と村人は共存していたが、尼子氏と敵対する毛利氏が落ち武者に賞金をかけたため、村人は欲に目がくらんで落ち武者8人を騙し討ちにした。 落ち武者は村を呪いながら死んでいった。 その後、村の盟主である多治見家の当主が発狂し村人8人を殺してしまうという事件が起こる。 村人たちは尼子氏の落ち武者の祟りだとして、死体を丁重に埋葬しお墓を建てた。 そして、その村はと呼ばれる様になった。 時は流れて、昭和24年。 石鹸工場で働く寺田辰弥は多治見家の先代、多治見要蔵の妾の子であることを知らされる。 多治見家には跡取りがおらず、辰哉を後継者にするため故郷であるに帰ることを求められる。 ところがそのことをキッカケに、第一の死亡者が出る。 これは連続殺人事件なのか? それともの祟りなのか が捜査に乗り出す。 という物語です。 の映画はこれまでに3本制作されていて、そのうち1977年版と1996年版が動画サイトで鑑賞可能だったので、迷いましたが1996年版を観ることにしました。 決め手は、監督がだったことです。 ここまで監督のシリーズを5作品観て来ましたが、これが6作品目で前作から20年の開きはありますが、正当な続編であると考えました。 主演はからに変わってしまったのは残念ですが仕方ありません。 しかし、むしろこの際全作でリメイクして欲しいと感じました。 一方で、1977年版は役がで、申し訳ないですが「寅さん」のイメージが強くて観る気を削がれたというのもあります。 さて肝心の内容ですが、なかなかのの良作だと感じました。 *ここからさらにネタバレ強め注意です。 相変わらず、登場人物が多いので人間関係を把握することに苦労しますが、今までで一番解りやすかったと思います。 今回は推理自体は簡単でした。 私は犯人と動機と証拠を全て当てることが出来ました。 シリーズで1番マヌケな犯人だといえるでしょう。 これまでの犯人は割と物証がなく、犯人が強硬にしらばっくれればなんとか逃げきれそうな犯人ばかりでしたが、今作は言い逃れのできない感じでした。 そういう意味では推理モノとしては物足りないないのではないでしょうか? 私は自分の推理が当たって大喜びですが、最後まで犯人が判らない様な作品の方が見応えがあるのも事実です。 しかし、この作品の本質は犯人逮捕ではないのです。 この事件と人物の因果関係とその背景が解き明かされた時、なんとも言えない虚しさが込み上げてきます。 事件というか多治見家の真相を解き明かしたはやはり名探偵です。 昭和初期の風景や空気感が映像化されていて、美しい映画だと感じました。 そこに祟り的な要素を盛り込んで、うすら怖い作品になっています。 に興味がある方は是非観てみてください。 さてさて。 1996年版が面白かったので、勢いで1977年版も鑑賞することにしました。 出典 簡単に解説しておきます。 舞台は公開当時の現代 1977年 にアレンジされています。 私個人としては作品を現代にアレンジするのは好きではありません。 その時代だからこその考え方や因縁があると思うからです。 そして、主人公は寺田辰哉で、は脇役であり、あまり活躍しません。 ラストの見解も私はに共感が持てませんでした。 私が知っているとは別人の様です。 映画の雰囲気はホラー色強目です。 というか祟りが本物です。 終盤の祟りの恐怖シーンの合間でが、呑気に推理を披露しているところが面白かった。 印象としては推理モノとしても、 ホラーとしても、 中途半端という感じがしました。 ある意味両方楽しめると言えなくもないです。 単体で観れば面白いですが、見比べると少し残念な気がします。 オススメとしては1996年版を先に鑑賞して忘れた頃に1977年版を観るのが良いと思います。 の作品はたまにテレビドラマ化されたりする様なので、機会があれば観てみて下さい。

次の