食後 横になる 向き。 消化に良い寝方を徹底解説!向きは左右どちらを下にする!?

食後にしてはいけない行動8選|ラン丸|note

食後 横になる 向き

横になる時間は30分 食事の内容で大きく変わるのですが、普通の食事をした場合消化される 時間は約3時間 しかし、3時間も右向きになるのは横になるを超えて寝てしまった方が 良いのではと感じてしまいます。 30分の理由 横になる事で肝臓への血流が増えて肝臓の働きを良くしてくれます。 寝てしまうと体は休息の状態になるため機能しにくくなるのですが 30分後横になり寝た場合にはまだ胃は動き続けると言う事です。 食事をすると食べ物が胃に集まり、消化が始まります。 消化が始まると肝臓の働きが活発になり、肝臓では食べ物からの栄養の加工 や貯蓄、脂肪の消化や吸収をする事から活発に肝臓が働く事は早い消化につながります。 食べ物の消化時間 果物類:20分~30分 野菜類:1時間~2時間 炭水化物(米・麺類・パン類・イモ類):8時間~12時間 タンパク質(肉類・魚類・卵・乳製品):10時間~24時間 少しお腹が空いている時や胃の調子が悪い時に食べてしまうヨーグルト。 乳製品は消化があまり良くなく負担がかかってしまう場合があります。 少し食べる場合には果物の方がおすすめです。 果物は果物自体が消化する事ができるので胃に負担がかからず、すばやく消化 してくれます。 果物を食べて他の食事を食べれば消化が早くなるかと言うと、残念ながら果物に は他の食べ物を消化する力はありません。 特に食事の後に果物を食べる事は消化を早くすることにはならず、カロリーを増や すだけになります。 「寝る」と「横になる」の違い.

次の

食後横になると消化に悪い?時間はどのくらい?向きは右、左?

食後 横になる 向き

スポンサーリンク 食べてすぐ寝る体の向きは? 胃の形をイメージすると、左上から右下に向かっている絵を思い浮かべる人が多いでしょう。 このため、食べてすぐ寝る体の向きは「右が下」のほうが消化によいと考える人が多いようです。 実際、街でアンケートをとると、70%もの人が「右が下」と答えていました。 しかし、消化のメカニズムを考慮すると、横になる向きは「左が下」が正解なのです。 それは、食後に横になったときの胃の動きに関係しています。 胃は左上から右下に三日月形になっていますが、食べ物はそのまま右下に溜まっていくわけではありません。 実際は、胃の上部に食べものが溜まる構造。 一時的に食べ物は胃の上部に滞留していて、それが少しずつ消化されて右下に移動していくのです。 食べてすぐ寝るなら「左が下」 この状態で「右が下」になると、食べ物は食道に逆流してしまいます。 実際にバリウムを飲んで実験してみると、首のところまで上がってきていました。 そして「左が下」の場合、胃の中のバリウムはまったく逆流しないのです。 左上にものが溜まる胃は「右が下」だと食道のほうが下になってしまいます。 これでは、食べ物が逆流して当然です。 「左が下」なら食道のほうが上になるため、食べ物は逆流しません。 つまり、食べてすぐ寝るなら本当は「左が下」が正解。 食べ物の逆流を防いでくれるからです。 逆に「右が下」は食道に食べ物が逆流してくる恐れがあるのでオススメできません。 スポンサーリンク 食べてすぐ寝ると胃に負担をかけない 食べてすぐ寝るという行為はあまりよい印象を与えません。 しかし、食べてすぐ動くほうが健康に悪影響を与えます。 食べてすぐ動き始めることは、まるで胃で縄跳びをするようなものなのです。 というのも、胃は腹部に固定されているものではありません。 両端が止まった構造になっています。 食べてすぐは、ここに食べ物がたっぷり入ってぶら下がった状態。 非常に不安定なのです。 実際、犬などは満腹のときに散歩させると胃捻転になることもあります。 人間も食べてすぐ運動することは、胃の消化によい影響を与えません。 その意味で、食べてすぐ寝ると胃に負担がかからないのです。 食後の胃もたれで寝るなら「右が下」 食べてすぐ寝るときは「左が下」ですが、胃もたれのときは寝る向きが違います。 そもそも胃もたれがおこるのは、胃の運動機能が低下して食べ物がきちんと消化されないため。 それが胃の中に留まることでおこります。 食べてすぐは食べ物は胃の上部に滞留していますが、胃もたれのときはその多くが胃の下部に移動。 ここで「右が下」になるように寝ると、胃の中に留まった食べ物が腸に流れやすくなるからです。 すなわち、胃もたれで寝るときは「右が下」が正しい向きになのでした。 なお、胃もたれは炭酸水を飲むことでも症状が軽減します。 炭酸水を飲むと、胃の粘膜が刺激されて血流が増加。 胃の働きが活発になるため症状が改善するのです。

次の

食後の寝る向きに注意するのは何故?右と左どちらを下にするのか解説―ちょっと本気な眠り系情報サイト|熟睡研究所

食後 横になる 向き

スポンサーリンク 食後に寝るまでの時間はどの位がベスト? まず結論から言うと、 食後3時間は寝るのを控えた方が良いと言えます。 頭が寝ている間も胃や腸は常に消化作業をしているので、エネルギーの廻りが悪くなって 疲労感やダルさが残ってしまうんですね。 一度や二度だけでは起こりえないですが、そういう悪い習慣が身に付いている人は次第に脳へのダメージが溜まってしまい、結果的に 脳卒中などのリスクが高まってしまうんですね。 そして血液は栄養分だけでなく、人体に欠かせない酸素も同時に運んでいるため、• 冷え性が進行してしまう• 食欲がなくなってしまう• 特にマズいのが、 深夜に食べてすぐ寝るという行為。 脂肪を蓄積する成分の活動時間が深夜になるので、遅い程そのリスクが高くなるというワケですね。 消化に時間がかかるとなると、それだけで 胃の中に滞在する時間が長くなるため、胃に負担がかかってしまいます。 消化し切れてない時間帯に横になってしまう事で、 大量に出ている途中の胃酸が食道の方に登ってきてしまうためと言えます。 まだ発症していない人も、すぐ寝てしまう事でこの病気になる可能性があるので注意して欲しいんです! 既に発症している人の場合! スポンサーリンク 実は横になるのは健康的だった!? 食後すぐに寝るのは先ほど説明したように、お世辞にも健康的とは言えませんが、 寝ずに体勢だけ横になるのは良いと言えるんですね! 具体的な時間は30分で、この間は運動などをせずに安静にして上げてください。 「すぐ寝る=体に良くない」というイメージが強いので、コレは意外と思うかもしれませんが、キチンとした医学的な根拠もあるんです! 消化をサポート出来る! 一言で言うと、 胃の消化の手助けになるからと言えます。 何も活動をしない事で、消化作業をサポート出来るというワケ。 通常何かを食べた後は、食べ物を消化するので胃や腸に血液が集まるのですが、ココで運動などをしてしまうとそちらに血液が使われてしまうため、消化不良気味になってしまうワケです。 なので無駄に動き回らずに横になる事で、胃腸の機能をサポート出来るんですね! 何かするのは面倒ですが、『何もしなくて良いよ!』というのは、すぐに実践しやすいかなと思います。 横になる時の向きでも変わる? ただ横になると言っても、仰向けになったらつい寝落ちてしまうモノですが、 傾ける体の向きを意識する事でより効果的に消化が出来るようになるんです! それが 体の右側を下にするという体勢。 胃の出口は右側にあってそこから腸に繋がっているので、 右を下にする事でより消化が良くなるというワケ。 お手軽に出来る上に、体に良い事をしているという感覚も味わえるので、知っておいて損はしないですよね! ただし途中でも説明したように、逆流性食道炎になっている人は逆効果なので、横になる事は控えてください。 正しい習慣を身に付けよう! 当たり前ですが夕食は毎日食べるモノなので、 「その後どう行動するか?」も決まったパターンがある人が多いと思います。 皿洗いをして次の日の朝食の仕込みをする• TVを見ながらダラダラする• シャワーを浴びて、お風呂に浸かる• 音楽を聴きながらまったりする などなど。 食べた後にはあまり動かずゆっくりと過ごす人も少なくないと思いますが、今まで見てきたように、 その方が体に良いと言えるのでその習慣を続けて欲しいと思います! 逆にマズいのが悪い習慣が身に付いている人。 すなわちすぐ寝ちゃう人ですね!こういうクセは 意識しないとなかなか直りにくいので、今日からすぐに実践して欲しいなと思います。 そういう人向けのちょっとしたテクニックがコチラ! 実践的な裏ワザ! 個人的にオススメなのが、 あらかじめ食後にする内容を決めておくというモノ。 お気に入りの音楽• 好きな雑誌• 観たい映画 などを用意しておくと、睡魔に打ち勝てるのでオススメです! 心地良いと動く気がなくなりますからね(笑)ただ注意点としては、 あまりに楽しみ過ぎて急いで食べないという事。

次の