フリーズ ゼンリー。 Zenly(ゼンリー)のゴースト機能「フリーズ」「あいまい」の使い方──ブロックや削除、プライベートモードなどプライバシー管理もまとめて解説

ゼンリーって危険なの!?使い方次第では超便利!

フリーズ ゼンリー

ゴースト機能は2種類• :自分の現在地が大まかに表示される• :フリーズにした瞬間の場所が現在地として固定される 「あいまい」な位置と 位置を「フリーズ」の2種類がゴースト機能として用意されています。 どちらも、アプリをアンインストールすることなく、居場所を眩(くら)ませることが可能です。 ゴースト機能の設定は、画面右下にある人アイコンをタップし、次の画面右上にあるゴーストのアイコンからおこないます。 ゴースト機能を適用したいユーザーを選び、画面上部に表示された「あいまい」か「フリーズ」を選ぶだけです。 いつでも設定変更は可能です。 なお「あいまい」な位置を選択した場合、相手にもその設定がバレてしまう仕様になっています。 以下では、2種類のゴースト機能について詳しく説明していきます。 ゴースト設定を「あいまい」にする場合に注意してほしいのが、相手に対してあなたが「あいまい」設定をしていることがバレる点です。 マップ上では、相手のアイコンの横に斜線の入った矢印マークが反映されます。 このマークにより、相手があいまい設定にしていることがわかります。 相手のアイコンをタップし、矢印マークを選択すると、自分と相手の距離・ルートを検索することが可能です。 このように、「あいまい」設定をすると、相手にもその事実が完全にバレしまうことを知った上で実行する必要があります。 ゴースト機能:位置を「フリーズ」とは? 位置を「フリーズ」に設定すると、設定を開始する直前の場所にずっと固定されるようになります。 つまり現在地が動かないため、相手のマップ上で指している場所と違うところにいてもバレないということです。 また、この設定は相手に通知されません。 あまりにも現在地が動かないことに相手が違和感を感じない限り、フリーズを利用していることは気づかれないでしょう。 ゼンリーの「ブロック」機能とは? ゴースト機能の「あいまい」や「フリーズ」設定を使えば、現在地をうまく隠すことが可能です。 しかし、相手の地図上からあなたが消えるのではなく、居場所をごまかすための機能なので、存在自体を消すことにはなりません。 さらにメッセージも送受信可能で、完全にシャットアウトしたことにはなりません。 友達関係を一時的に辞めるなどと同様に、ゼンリーにもブロック機能は存在します。 ところがゼンリーにおける「ブロック」はすでに友達になってしまった人に使うことができないため、注意が必要です。 友達を完全ブロックするには「削除」しかない では、ゼンリーで友達を完全ブロックするにはどうすればいいのでしょうか。 結論、相手を自分のゼンリー上から「削除」してしまう以外に方法はありません。 削除をするということは、IDを交換・承認する前の状態に戻るということ。 再度お互いに登録し合わないとゼンリーでのコミュニケーションは復活しません。 地図画面に戻ると「appllio」が居なくなっていた 削除が完了したあとに、一度だけ[フレンドの追加]画面が表示されます。 ただし、相手がかつ、あなたの電話番号を電話帳登録していない場合は、フレンド追加画面は表示されません。 削除したままでよければ何も書かれていない背景を適当にタップし、マップ画面へと遷移します。 削除された相手側は、次にゼンリーを開いたときに「連絡先にありません」と書かれたフレンド追加画面が表示されるようになっています。 この画面から、 さゆたろから削除されたことがわかります。 もちろん地図画面にも表示されていないため、遅かれ早かれ削除されたことがバレるでしょう。 電話番号やZenly ID、「知り合いかも」リストから相手が友達申請をしてきた際にブロックするか否かを選べます。 一度ブロックすると、今後は相手から友達申請がくることも、相手の「知り合いかも」リストに載ることもなくなります。 相手がZenly IDや電話番号を使って友達申請をしてきたときに[ブロック]を選んでください。 画面右下の人マークを開き、右上の設定ボタン[ ]をタップすると「ブロックしたユーザー」の項目があります。 ブロックが完了していると、ここに該当のユーザが表示されます。 ブロックしている限り、相手から友達申請がくることはありません。 ゼンリーの「プライベートモード」とは ゼンリーには、 お互いにアドレス帳に登録している人だけが友だち追加可能な「プライベートモード」があります。 いま友達になっているメンバーや、電話帳に登録されている親しい間柄だけで楽しみたい場合に利用するといいでしょう。 プライベートモードを[オン]にすれば設定が完了です。 「知り合いかもしれないユーザー」に表示されないようにする方法 プライベートモードの下にある「おすすめユーザーをオプトアウト」を[オン]にすると、相手の「知り合いかもしれないユーザー」リストにあなたが表示されなくなります。 この「知り合いかもしれないユーザー」には、あなたの電話番号を登録している相手、かつゼンリーを利用しているユーザーや、「友達の友達」にあたるユーザーが表示されるようになっています。 できるだけ自分がゼンリーをやっていることを伏せておきたいときや、急に友達申請をされたくないときなどに使うと有効でしょう。

次の

『Zenly(ゼンリー)』で位置情報をオフにして友達に位置がバレないようにする方法

フリーズ ゼンリー

このページの目次• Zenly(ゼンリー)とは? Zenly(ゼンリー)は、友達追加した人と 位置情報を共有することができるアプリです。 位置情報を常に友達に見られているという点で、怖いという感じるユーザーも多いようです。 もちろん位置情報を公開しているので 使い方を間違えれば危険な目に合うこともあるかもしれません。 アプリを開くと地図が表示され、その上に友達が今どこにいるのかが表示されます! マーク・滞在時間・残り充電(%)が表示される Zenly(ゼンリー)では、アプリを入れて数日たつと、今までの滞在時間や滞在時間帯などから家や仕事場を特定し、マークを表示してくれます。 マークを見ることで、今友達がどこにいるのかが地図を見るだけで簡単に分かります!! マークは今のところ 仕事場・学校・自宅などがあります! 意外と表示されているマークが正確でびっくりしちゃうよ!! また、今友達がそこに 何時間滞在しているのかもわかります! さらに便利な機能として、友達のケータイの 充電が残り何パーセントなのかも分かります。 これがわかることで、もしケータイの 充電が切れて連絡が取れなくなった場合も心配しないで済みますね!! フットプリント機能 Zenly(ゼンリー)は、今まで自分がどこに行ったことがあるのか、その 足跡を表示してくれる機能があります。 Zenly(ゼンリー)は安全に使える? プライベートモードで知らない人からの連絡は拒否できる! Zenly(ゼンリー)では、友人でない人からもデフォルトでメッセージや友達招待を送ることができます。 それが怖い、と感じる方は多いと思います。 そこで、 プライベートモードにすることで、 Zenly(ゼンリー)の友達と電話連絡先にある方のみと連絡を取れるようになります。 Zenly(ゼンリー)の友達・電話連絡先にいる友達以外の人と連絡を取ることは少ないと思うので、 常にプライベートモードはONにしておくことをおすすめします! 最初の設定時は、プライベートモードがOFFになっているので、アプリをインストールした時点でONにしてください! プライベートモードに設定することで、このように「知り合いかも?」に出てくる友達などにメッセージを送り合えなくなります! プライベートモードの設定方法 プライベートモードにするのは簡単です! プロフィール画面の左上にある設定ボタンをクリックします。 次に、プライバシー設定のプライベートモードランをONにすると、設定完了です!! ゴーストモードで位置情報を隠すことができる! Zenly(ゼンリー)は、友達追加した人にしか自分の位置情報が公開されませんが、様々な理由で、その時の位置情報を公開したくないという場面もあるでしょう。 その場合には、 ゴーストモードで 自分の位置情報を一時的に非表示にすることができる機能があります。 ゴーストモードには3つの設定があります。 ゴーストモードにしたことをその友達に知られちゃうの?? 自分が友達をゴーストモードにしたからと言って、 友達に通知が行くというわけではありません。 しかし、「あいまいな位置」に設定すると、友達の地図上の自分のアイコンが 青いぼかしアイコンに変化します。 それを見た友達は、 自分が相手をゴーストモードにしたことに気づくという可能性はあります。 位置情報が見られて嫌じゃないのか!? 「 自分の位置情報が他の人に見られて嫌じゃないの?」と思う方が多数だと思います。 もちろん怖い・不安だとおもう人が多いのは当然です! アプリを入れてみると意外と嫌じゃない! もちろん、知らない人、親しくない友人などに位置情報を見られることは抵抗があるかもしれません。 しかし、Zenly(ゼンリー)は お互いが承認した人のみにしか位置情報は表示されません。 実際にZenly(ゼンリー)を使用している私は、 信頼している友達のみにしか位置情報を表示していないので、1度も嫌だと思ったことはありません!! むしろ、上手に使うことで、 便利なアプリだと感じたことのほうが多いです! そこで、Zenly(ゼンリー)の 便利な点をいくつか紹介していきます!! Zenly(ゼンリー)の便利な点 待ち合わせでもう困らない! Zenly(ゼンリー)を使用していて、一番便利だと感じることが多いのは、 友達と待ち合わせをするときです。 怖い!不便!と感じた瞬間 ケータイの充電の減りが速くなる。 Zenly(ゼンリー)を入れてから感じたことは、 ケータイの充電の減りが速くなったことです。 常に位置情報をONにしているわけですから、充電の減りが速くなるのは当然だと思います。 Zenly(ゼンリー)を入れてから、常にモバイルバッテリーを持ち歩くようになりました!! 夜中に友達が急に家に来た!! 位置情報を常に共有しているわけですから、 自分が家にいることも当然友達に知られてしまいます。 信頼している友達だからこそ共有していますが、夜中に来られるのは困っちゃいますよね!! しかし、 ゴーストモードに設定すれば、この問題も解決できますね!! Zenly(ゼンリー)のやめ時が分からない Zenly(ゼンリー)のアプリを入れる時点で辞める時のことを考える人は少ないと思います! しかし子供のためにアプリを入れて子供が成長していったり、学校が変わてしまった友達と疎遠になってしまうことはあると思います。 もうアプリが必要ないんじゃないかと感じても やめ時が分からない、ということが1つの問題点としてあると思います。 特定の友達を削除することはできますが、こうすることで 地図上からお互いのアイコンが消えるので、相手に辞めたことが分かってしまうことも辞めづらい原因ですね。。 Zenly入れてよかった!と思った瞬間 待ち合わせ時間30分前でも友達が家にいるから自分もまだ家で待機! ある日、友達と待ち合わせしていて、待ち合わせ1時間前にも連絡を取ることができませんでした。 信頼できる友達なら位置情報を見られても嫌じゃないと思う人• 遅刻癖がある友達を持つ人• 小さな子供を持つ親 そして、管理しきれないほどの友達をZenly(ゼンリー)で作り、LINE感覚で 友達を増やすことはおすすめしません。 信頼できる家族や友人のみを友達追加し、少人数の間でのみ利用することが賢い使い方だと思います!! フットプリント機能で遊べちゃう! フットプリント機能は、ある区域の中でどれくらいの領域に踏み入れたことがあるのかを 割合(%)で表してくれる機能もあります。

次の

‎「Zenly ゼンリー: あなたの大切な人との、あなたのMAP」をApp Storeで

フリーズ ゼンリー

今女子高生の間で「ゼンリー」というアプリが流行っているそうです。 皆さんは「ゼンリー」というアプリを知ってますか? また、「ゼンリー」には裏技が存在するのだとか・・・ そんな今話題の「ゼンリー」について調べてみました。 ゼンリーとはこんなアプリ 子供が今どこにいるのかを簡単に見ることが出来るために開発されたスマートフォンアプリが zenly(ゼンリー)です。 今や小学生もスマホを持つ時代です。 友達と遊びに出かけたり、習い事に行ったりと親と離れて行動することが多いですよね。 そんな時にこの zenly(ゼンリー)が活躍します! 犯罪予防の観点と事故や災害での安否確認等を電話をせずに確認できちゃうそうです。 物騒な事件が多いですから、子供を持つ親からしたらとても安心するアプリですよね。 インストール済みスマートフォンで、互いの位置情報を把握することができます。 更に、友達を追加することで、複数人の居場所を確認できるのです。 家族で利用すれば、家族全員が居場所を確認することができますね^^ そんな zenly(ゼンリー)が今女子高生の間で流行っているそうです。 女子高生はこうやって使う!位置アプリ zenly(ゼンリー) このアプリの使い道としてはこちら。 カップルで浮気防止• 友達同士(フェスや旅行など)• 高齢の親のスマホで安否確認• スマートフォン紛失時 だそうです。 今の女子高生は、友達や彼氏との待ち合わせにこの zenly(ゼンリー)を利用するそうですよ。 人が多い場所や、駅での居場所がわかるため、待ち合わせがしやすいんだとか。 確かに、人が多い場所で友達とはぐれてしまったときに、このアプリを利用することで、位置が確認できるので合流しやすいですよね! また、連絡が取れない時やLINEが返ってこない時に、このアプリで位置を確認して、安否の確認をするそうです。 とても便利なアプリですが・・・なんだか監視されてるような気分にもなりそうですよね 笑 それがきっと、浮気防止につながってくるんですね! 笑 そんな便利な zenly(ゼンリー)には裏技が存在するんだとか! どんな裏技なんでしょうか。 zenly(ゼンリー)の裏技!ゴースト機能とは!? ゴーストと言うくらいですから、幽霊のようにアプリから追跡を逃れることができるそう。 「ちょっと今いる場所は知られたくないな」と思ったときには、 ゴースト機能を使うことで追跡から逃れましょう。 しかし、子供に教えてしまうと、どこにいるのかわからなくなってしまいますから、子供に利用させる時には注意が必要ですね。 更に 電池残量を確認できる機能もあるそう。 友達や彼氏との連絡が取れなくなってしまったときに、電池の残量を確認することで、「今電池がないから連絡が取れないんだな。 」と確認することができますね。 しかし、電話がつながらないときに「電池充電できてなくて」という言い訳はできなくなりますね 笑 zenly(ゼンリー)とても便利なアプリですよね。 子供を持つ親にはとても便利なアプリです^^ 女子高校生の間でも流行る理由もわかります!しかし、使い方によっては、トラブルが起きることもしばしばあるのだとか。。。

次の