ロストワード 白蓮。 【東方ロストワード】白蓮の前に単発おいのり( ゚Д゚)

【東方ロストワード】聖白蓮の性能と評価【東ロワ】

ロストワード 白蓮

extend:checked:vvvvvv:1000:512! extend:checked:vvvvvv:1000:512 東方LostWord(東方ロストワード) スレッドを立てる際に本文1行目に 『! extend:checked:vvvvvv:1000:512』 を3行になるように入れてください 先頭の! 紫が倒せない。 弱点属性(月・木)で攻撃して、フルブレイクしてからブーストスペカぶっぱ。 賽銭があまってる。 ショップの社務所で賽銭を使って、買い物ができるのでそこで使え。 オススメは封結晶と昇格素材。 施設で、霊Pや賽銭を受け取っても赤マークが消えない。 寺子屋を開放しているなら、キャラの横にあるハートをタップする。 周回しても昇格素材がおちない。 ハードの、上のステージいくほど落ちやすい?との噂。 無理してでも先に進んでから周回した方が良さげ。 星5以下の絵札はおわかれしていいの? A. 星4でも有能な絵札はあるので、自己責任で。 (例:霊力回収効率up等) Q. キャラ重ねるの課金しないとダメ…? A. 人形代という凸素材が週間課題を達成することで1つ貰える。 また、毎日課題でガチャを1回ひくことが出来るので、低確率だかキャラを引くことも可能。 リセマラは、「紫対策に月属性の攻撃ができるキャラ(パチュリー・うどんげ)」が特に推奨です。 スペカはラストワードのみ全体。 パワー連携持ち。 星を除く全属性対応。 火力も高い。 妨害式だが火力もそこそこ高い。 月属性で紫・華扇の弱点を付ける。 能力・スキル・特性で帯電付与。 スペカをブーストすることで「ブレイク弾」が追加される。 「近眼花火」は燃焼・帯電・氷結、「喪心創痍」は毒・暗闇に対応。 スペカが単体・全体攻撃。 スキル・特性が自身火力UPのため火力はトップクラス。 スペカが単体・全体攻撃。 破壊式なので純粋に火力が高い。 スキル・特性で氷結付与。 火力も高いのでステージ攻略に便利。 序盤は紫までは魔理沙のスペカだけでサクサク進む。 配布キャラなので狙う必要はないが、現状では終盤も活躍出来るため、凸も視野に入れて狙うのもあり。 紫のブレイク要員。 回復式のため火力が低い。 スペカが全体攻撃の木属性のため、紫のブレイク要員。 能力・スキル・特性で毒付与。 単体・全体スペカ持ち。 ブースト3で高い火力もでる。 スキル・特性が霊力上昇のため将来性が期待されている。 パワー連携持ち。 スペカ発動時に攻撃・CRIが上昇するので高い火力が出る。 ラストワードのみ全体攻撃。 パワー連携持ち。 拡散・集中ともに全体攻撃。 能力・スキル・特性で帯電付与可能。 火力は低い。 回復式。 火力・回復量共に低いので現状はイマイチ使い道がないとの声あり。 防御式はグレイズシステムがあるため現状では恩恵が少ない。 金属性が弱点のボスならブレイク要員。 火力は低い。

次の

【東方ロストワード】東方LostWord Part19

ロストワード 白蓮

天符「大日如来の輝き」は陽気のみの弾幕に、飛鉢「伝説の飛空円盤」は陰気のみの弾幕になっています。 その為陰攻が上昇する絵札、あるいは陽攻を上昇させる絵札を装備させればダメージを伸ばしやすいと言えます。 防御式的な性能も悪くない 防御式特有の防御力を上昇させる効果も揃っていますが、中でも特性1「肉体強化」は50%という比較的高確率で攻撃された後に自身の陽防を1段階上昇させられるという性能を持っています。 その上特性3「魔住職の気合」も50%の確率であらゆる受けるダメージを50%ダウンさせられるので、 生き残る性能はかなり高くなっていると言えます。 集中ショット「星渦」を使用すると自身の注目が1段階上がる事もあります。 ショットを使うという緩い条件で集中度を上げられるのはこれまでの集中度を上げる手段とターンに限りがあった防御式のキャラの中では中々良い性能だと言えます。 ブーストは3段階にすべきタイプ ブーストは大半が3段階まで上昇させる事で大きく弾数が増えるタイプなので、ブーストする際は勝負を決めたいタイミングで行う事になります。 しかし白蓮のショットはブースト抜きでも何かしらの効果を持っているので、忘れずに把握しておきましょう。 ショットの場合 拡散ショット「魔人経巻」はブーストせずに使用した方が良いでしょう。 これはブーストしても目立った弾幕が追加されませんが、ブーストしないでも発射される弾幕「エンフォース」は命中すると体力を回復するという性能です。 これにより敵の攻撃を引き受けた後、体力を回復しながら霊力も溜めるという事が可能になっているのが大きな特徴です。 対して集中ショット「星渦」はブースト3段階目まで溜めれば3発星属性エネルギー弾を発射出来るので、月属性の相手には 結界ブレイク目当てでブースト3回で使用する事が充分考えられます。 ブーストせずに使用しても注目を上昇させられることもあるので、攻撃を寄せたい場合は優先的に使用してみましょう。 スペカの場合 天符「大日如来の輝き」はブースト3段階目で日属性弾幕が3回使用出来るほか、速力が高い程威力が上昇する斬裂弾の性能を持っています。 最大限にダメージを出したいのであれば陽攻が上昇するタイプの絵札を装備して3段階目までブーストする事はもちろんですが、 など速力バフを与えられるキャラと組み合わせると良いでしょう。 また大日如来の輝きのみブースト2段階目でも弾幕を4発出せるので、必要なら2段階目でもそれなりにダメージが期待できます。 飛鉢「伝説の飛空円盤」は無属性、陰気でブースト3段階目まで溜めると最大火力です。 しかし1段階目、2段階目で追加される「托鉢」は命中すると体力を回復する性能になっています。 もし残り体力に不安があるなら、ブースト2段階目で使用して体力を増やしておくことも考慮に入れましょう。 オススメ絵札.

次の

【東方ロストワード】聖白蓮について。評価・使い方など|1人でも攻略陣!東方ロストワード攻略まとめブログ

ロストワード 白蓮

天符「大日如来の輝き」は陽気のみの弾幕に、飛鉢「伝説の飛空円盤」は陰気のみの弾幕になっています。 その為陰攻が上昇する絵札、あるいは陽攻を上昇させる絵札を装備させればダメージを伸ばしやすいと言えます。 防御式的な性能も悪くない 防御式特有の防御力を上昇させる効果も揃っていますが、中でも特性1「肉体強化」は50%という比較的高確率で攻撃された後に自身の陽防を1段階上昇させられるという性能を持っています。 その上特性3「魔住職の気合」も50%の確率であらゆる受けるダメージを50%ダウンさせられるので、 生き残る性能はかなり高くなっていると言えます。 集中ショット「星渦」を使用すると自身の注目が1段階上がる事もあります。 ショットを使うという緩い条件で集中度を上げられるのはこれまでの集中度を上げる手段とターンに限りがあった防御式のキャラの中では中々良い性能だと言えます。 ブーストは3段階にすべきタイプ ブーストは大半が3段階まで上昇させる事で大きく弾数が増えるタイプなので、ブーストする際は勝負を決めたいタイミングで行う事になります。 しかし白蓮のショットはブースト抜きでも何かしらの効果を持っているので、忘れずに把握しておきましょう。 ショットの場合 拡散ショット「魔人経巻」はブーストせずに使用した方が良いでしょう。 これはブーストしても目立った弾幕が追加されませんが、ブーストしないでも発射される弾幕「エンフォース」は命中すると体力を回復するという性能です。 これにより敵の攻撃を引き受けた後、体力を回復しながら霊力も溜めるという事が可能になっているのが大きな特徴です。 対して集中ショット「星渦」はブースト3段階目まで溜めれば3発星属性エネルギー弾を発射出来るので、月属性の相手には 結界ブレイク目当てでブースト3回で使用する事が充分考えられます。 ブーストせずに使用しても注目を上昇させられることもあるので、攻撃を寄せたい場合は優先的に使用してみましょう。 スペカの場合 天符「大日如来の輝き」はブースト3段階目で日属性弾幕が3回使用出来るほか、速力が高い程威力が上昇する斬裂弾の性能を持っています。 最大限にダメージを出したいのであれば陽攻が上昇するタイプの絵札を装備して3段階目までブーストする事はもちろんですが、 など速力バフを与えられるキャラと組み合わせると良いでしょう。 また大日如来の輝きのみブースト2段階目でも弾幕を4発出せるので、必要なら2段階目でもそれなりにダメージが期待できます。 飛鉢「伝説の飛空円盤」は無属性、陰気でブースト3段階目まで溜めると最大火力です。 しかし1段階目、2段階目で追加される「托鉢」は命中すると体力を回復する性能になっています。 もし残り体力に不安があるなら、ブースト2段階目で使用して体力を増やしておくことも考慮に入れましょう。 オススメ絵札.

次の