三 和 油 化 工業 爆発 事故。 三和油化工業(茨城県稲敷市)の火災の原因や避難勧告の解除はいつ?

事故の一覧

三 和 油 化 工業 爆発 事故

年代 [ ] 1800年代 [ ]• 1890年9月16日、 1900-1940年代 [ ]• 1922年2月3日、 - 新潟• 1923年9月1日、 - 神奈川• 1926年9月23日、 - 広島• 1932年12月16日、 - 東京• 1940年1月29日、 - 大阪• 1943年3月6日、 - 北海道• 1945年11月6日、 - 愛媛• 1945年11月12日、 - 福岡• 1945年12月9日、 - 兵庫• 1948年3月31日、 - 奈良 1950年代 [ ]• 1951年4月24日、 - 神奈川• 1952年4月9日、 - 東京• 1954年1月2日、 - 東京• 1954年9月26日、 - 北海道・青森• 1954年10月8日、 - 神奈川• 1955年2月17日、 - 神奈川• 1955年7月28日、 - 三重• 1955年5月11日、 - 香川• 1955年5月14日、 - 岩手• 1956年1月1日、 - 新潟• 1956年10月15日、 - 三重• 1957年4月12日、 - 広島• 1958年1月26日、 - 和歌山• 1958年8月12日、 - 静岡• 1958年4月1日、死亡事故 - 兵庫• 1959年11月20日、 - 神奈川• 1959年12月11日、 - 神奈川 1960年代 [ ]• 1960年3月2日、 - 神奈川• 1962年5月3日、 - 東京• 1963年1月24日、 - 東京• 1963年11月9日、 - 神奈川• 1963年11月9日、 - 福岡• 1964年6月11日、 - 神奈川• 1964年7月14日、 - 東京• 1965年10月26日、 - 兵庫• 1966年2月4日、 - 東京• 1966年3月4日、 - 東京• 1966年3月5日、 - 静岡• 1966年3月11日、 - 群馬• 1966年8月26日、 - 東京• 1966年11月13日、 - 愛媛• 1967年8月1日、 - 長野• 1968年8月18日、 - 岐阜• 1968年11月2日、 - 兵庫• 1969年2月5日、 - 福島 1970年代 [ ]• 1970年4月8日、 - 大阪• 1971年7月3日、 - 北海道• 1971年7月30日、 - 岩手• 1971年10月25日、 - 三重• 1971年11月11日、 - 神奈川• 1972年5月13日、 - 大阪• 1972年11月6日、 - 福井• 1973年11月29日、 - 熊本• 1974年11月9日、 - 東京• 1974年12月18日、 - 岡山• 1975年1月1日、 - 長野• 1979年3月20日、火災事故 - 群馬• 1979年7月11日、 - 静岡 1980年代 [ ]• 1980年8月16日、 - 静岡• 1980年11月20日、 - 栃木• 1981年10月16日、 - 北海道• 1982年2月8日、 - 東京• 1982年2月9日、 - 東京• 1983年2月21日、 - 山形• 1983年11月22日、 - 静岡• 1984年10月19日、 - 兵庫• 1984年11月16日、 - 東京• 1985年1月28日、 - 長野• 1985年8月12日、 - 群馬• 1986年2月11日、 - 静岡• 1986年6月16日、 - 福島• 1988年7月23日、 - 神奈川• 1989年7月26日、 - 福井• 1989年8月2日、 - 神奈川 1990年代 [ ]• 1990年3月18日、-兵庫• 1991年3月14日、 - 広島• 1991年5月14日、 - 滋賀• 1991年9月19日、 - 千葉• 1993年4月18日、 - 岩手• 1994年4月26日、 - 愛知• 1996年2月10日、 - 北海道• 1996年6月13日、 - 福岡• 1997年1月2日、 - 福井• 1997年12月16日、 - 東京• 1999年8月14日、 - 神奈川• 1999年9月30日、 - 茨城• 1999年11月28日、 - 東京 2000年代 [ ]• 2000年3月8日、 - 東京• 2000年6月10日、 - 群馬• 2001年7月21日、 - 兵庫• 2001年9月1日、 - 東京• 2002年1月10日、 - 神奈川• 2003年7月2日・7月6日、 - 福岡• 2004年8月9日、 - 福井• 2004年8月13日、 - 沖縄• 2004年10月23日、 - 新潟• 2005年1月15日、 - 福島• 2005年4月25日、 - 兵庫• 2005年11月27日、 - 東京• 2005年12月25日、 - 山形• 2006年7月31日、 - 埼玉• 2006年8月14日、 - 東京• 2006年8月25日、 - 福岡• 2007年1月19日、 - 北海道• 2007年5月5日、 - 大阪• 2007年6月19日、 - 東京• 2007年8月20日、 - 沖縄• 2008年2月19日、 - 千葉• 2008年7月28日、 - 兵庫• 2008年8月3日、 - 東京 2010年代 [ ]• 2011年3月11日、 - 福島• 2011年4月18日、 - 栃木• 2011年8月4日、 - 愛知• 2011年8月17日、 - 静岡• 2012年2月7日、 - 岡山• 2012年4月12日、 - 京都• 2012年4月22日、 - 山口• 2012年4月23日、 - 京都• 2012年4月29日、 - 群馬• 2012年5月13日、 - 広島• 2012年9月29日、 - 兵庫• 2012年12月2日、 - 山梨• 2013年8月15日、 - 京都• 2013年10月11日、 - 福岡• 2014年1月9日、 - 三重• 2014年1月15日、 - 広島• 2015年4月14日、 - 広島• 2015年5月17日、 - 神奈川• 2015年7月31日、 - 北海道• 2016年1月15日、 - 長野• 2016年4月22日、 - 兵庫• 2016年11月8日、 - 福岡• 2017年3月27日、 - 栃木• 2017年6月5日、 - 神奈川• 2017年12月17日、 - 埼玉• 2018年7月6日、 - 岡山• 2018年7月26日、 - 東京• 2018年8月10日、 - 群馬• 2018年9月4日、 - 大阪• 2018年12月16日、 - 北海道• 2019年4月19日、 - 東京 関連項目 [ ]•

次の

日本の爆発事故の一覧

三 和 油 化 工業 爆発 事故

スポンサーリンク どうもこんにちは。 ただいま茨城県稲敷市の方で、 見過ごす事の出来ない事が起きています。 そこにある三和油化工業の廃油工場が、 本日3月17日の正午に火災を起こし、 沢山の消防車と救急車が出動し、 多数の消防車によって今もなお消火活動が 続いているという話です。 しかもこの火災はかなりの 規模のようで、周辺の地区で 避難勧告が出されて、周辺の住人の 皆さんは避難を余儀なくされています。 筆者の住んでいる新潟県の糸魚川でも、 以前非常に大きな火災があり、 全国放送されたものですから、 これを見た多くの人が、 その時の事を思い出したと思いますが、 一体何故、このような火災が起きて しまったというのでしょうか。 そこで今回は、この事について 書いていこうと思います。 三和油化工業の工場の火災の原因とは。 今回、火災が発生したのは 三和油化工業の茨城工場。 情報によりますと、廃棄物の油から 燃料を作る作業が行われているところ のようですね。 それで気になってくるのは、どうして この工場で突然火災が発生したのか、 その原因ですよね。 この工場の火災の原因についての 発表はされていないので、 現時点では不明としか言いようが ないのですけれど、その原因は 発表される必要もないのかも しれません。 この工場は廃棄物の油から燃料を 作ったりするところであり、 非常に燃えやすいものが沢山 揃っているところです。 そして油というものは、 イメージする事は難しいかも しれませんけれど、どんなものでも、 温度が上昇するだとか、 小さな火花が入っただとか、 そういう条件が揃えば発火するもの。 その事から考えるに、作業中に 油の温度が上昇して自然発火、 もしくは火花などによって引火し、炎上。 そのまま他のところに爆発的に 燃え広がっていき、今回の火災に 繋がったのかもしれませんね。 尚、詳しい原因についての発表があったら、 その時にまた追記したいと思います。 スポンサーリンク 避難勧告の解除はいつになるのか ここからが問題なのですが、 今回の事を受けて稲敷広域消防本部は、 火災が発生した1時間後の午後1時45分に、 工場が立地する釜井とその周辺の 計4地区約750世帯に避難指示を 出しています。 この工場の近くに住んでいる方々は今、 近辺の小学校などに避難をしている ところだと思います。 そこで気になってくるのは、 この避難勧告の解除がいつになるのか ですけれど、今でもこの火災も 消火活動も続けられていますので、 この消火活動が終わらない限り、 避難勧告も解除されないというのが 現状です。 しかし、問題はそれだけじゃないです。 今回この工場で燃えたのは 廃棄物の油であり、その火から出ている 黒煙は有毒ガスそのものです。 火災が鎮火したとしても、 この有毒ガスが広まっていては、 避難所から戻る事は出来ません。 なので、この避難勧告が解除されるのは、 早ければ本日の20時から22時頃、 遅ければ明日の朝や昼になるのかも しれません。 最後に。 個人住宅ならばいくらでも火災を 起こさない工夫や注意をする事は 出来るのですけれど、 こういう工場とかの火災は 機械とかが起こす事さえ あるものですから、 どうにもならない事が多いです。 糸魚川のあの火災の後ですから、 これ以上被害が広まらない事を 祈るばかりです。 それでは、最後まで読んでくださり、 ありがとうございました。

次の

三和油化工業・茨城工場で火災事故 1人死亡

三 和 油 化 工業 爆発 事故

2020. 23 2020年6月開催予定の「地下埋設物事故防止講習会」を中止します 2020. 23 2020年6月開催予定の「環境公害対策講習会」を中止します 2020. 23 2020年5月開催予定の「建設工事に伴う交通事故防止講習会」を中止します 2020. 1 工事現場での点検・指導と優良現場の表彰• 2 講習会の開催• 3 現場用の教育・広報資料の作成• 4 調査研究、関係機関との連携 等の活動を推進します。 現場点検は、本部及び支部が行うものと、本部と支部が合同で行うものとがあります。 各種届出様式• 優良事業場表彰現場だより• 2019年度 秋• 2019年度 秋• 平成30年度 秋• 平成29年度 春• 平成28年度 秋• 平成27年度 秋• 平成27年度 秋• 平成27年度 秋• 平成27年度 春• 平成26年度 春• 平成25年度 春• 平成24年度 秋• 平成24年度 秋• 平成23年度 秋• 平成23年度 春• 講習会の開催 発行資料 建設工事現場で使用する管理者向けの「建設工事交通事故防止対策指針」、「交通安全点検評価の手引き」等交通安全管理のための資料及び協力会社の職員・作業員の教育用リーフレット・ビデオ等を作成しています。 交通安全懸垂幕 建設工事に伴う交通事故防止のため、毎年標語を募集して、その入選作で懸垂幕を作製し、全国会員企業に配付、建設現場の交通安全スローガンとして交通安全の広報に役立てております。 地下埋設物対策部会 地下埋設物対策部会では、地下鉄建設工事、下水道建設工事、共同溝建設工事などの地下工事、道路改修工事、建築工事などに伴う地下埋設物(ガス管、水道管、下水道管、電力ケーブル、通信ケーブル等)の事故防止を目的として、次の活動を行っています。 調査・研究 会員企業の地下埋設物事故の発生状況 建設工事に伴う地下埋設物の事故の発生状況の調査と地下埋設物が関係する建設工事の調査を行っており、その調査結果を点検現場の選定、地下埋設物事故防止対策の研究などに、また、講習会の資料として活用しています。 地下埋設物現場点検 起業者、埋設物管理者との事前協議の状況、点検制度、埋設物管理者の立ち会い、作業員の教育などの管理体制、試掘、埋設物の防護、保守点検、路面復旧などの状況について点検・指導を行っています。 現場点検は、本部および支部が行うものと、本部と支部が合同で行うものとがあります。 現場点検の結果、優良現場は表彰を行っています。 (1)地下埋設物点検要領• (2)優良現場の紹介 地下埋設物に関する現場管理(管理、体制、事前調査、埋設物防護までの工事、維持管理、路面復旧までの工事、シールド推進工事、諸工事による影響等)が優良なものを表彰する。 火薬類対策部会 火薬類対策部会では、火薬類を消費する建設工事現場での火薬類の盗難、不正流出及び発破事故の防止を目的として、次の活動を行っています。 調査・研究 建設工事における火薬類の消費に関する調査を行い、火薬類の消費の動向を把握するとともに、点検現場の選定のための資料として活用しています。 また、関係機関から火薬類の盗難、発破事故に関する情報の提供を受け、事例集を作成するとともに、事故防止対策に活用しています。 火薬類の発破事故および盗難件数(年別) 火薬類の事故発生件数 (昭和42年~平成30年) 火薬類消費現場点検 保安責任者の選任、自主点検、保安教育、火薬庫・取扱所・火工所などの設備および管理、発破作業における事故防止対策などを、火薬類取締法令を基に対策本部が定めた「火薬類管理自主基準」に則って、管理が適正に行われているかどうかについて点検・指導を行っています。 現場点検の結果、優良現場は表彰を行っています。 (1)優良現場の紹介 平成30年度 平成29年度 平成28年度 平成27年度 平成26年度 平成25年度 平成24年度 平成23年度 平成22年度 平成21年度 平成19年度 平成18年度 平成17年度 平成16年度 優良事業場表彰現場だより 平成30年度(秋 平成30年度(秋 平成29年度(春 平成28年度(春 平成27年度(秋) 平成26年度(秋) 平成25年度(秋) 平成24年度(秋) 平成23年度(秋) 平成22年度(秋) 平成21年度(秋) 講習会の開催 発行資料 火薬類取締法令に準ずる「火薬類管理自主基準」の他、「火薬類の盗難と発破事故事例集」、「火薬類消費現場点検表」、「(リーフレット)発破作業の安全ポイント」、「火薬類管理KYシート(トンネル発破編)、(明かり発破編)」、「(DVD)『発破の災害・事故防止(明り編)』、『発破の災害・事故防止(トンネル編)』、『大丈夫ですか?あなたの現場? 火薬消費現場点検のポイント? 』」等、現場担当者の教育と管理に役立つよう資料を作成しています。 関係機関との連携 薬類の事故防止を所管する経済産業省、火薬類の盗難防止や運搬を所管する警察庁及び全国火薬類保安協会などと密接な連携のもとに会員企業への周知を図り、火薬類の盗難と発破事故の防止に努めています。 環境公害対策部会 建設工事から発生する騒音、振動、水質汚染などの公害の防止と建設副産物の発生抑制、再資源化、適正処理の促進等を目的として、現場点検、講習会の開催、教育資料の作成を柱とした、建設現場を対象とした活動等を行っています。 調査・研究.

次の