プロテイン おすすめ。 市販のプロテインのおすすめ人気ランキング10選と失敗しない選び方

ダイエットにおすすめのプロテイン人気ランキング15選【飲み方アドバイスも】

プロテイン おすすめ

・ ホエイプロテイン … 筋肉を効率よく付けるのに最適 …運動(筋トレ)後の栄養補給に最適 …溶けやすく吸収が早い …ミネラルやビタミンなどの栄養素が豊富 ・ カゼインプロテイン … ホエイプロテインの補助として使うのが最適 …就寝前の栄養補給に最適 …不溶性で溶けにくいので吸収が遅い …腹持ちがよく間食の予防になる ・ ソイプロテイン … ダイエット目的で飲むのに最適 …就寝前や朝食に最適 …植物性のタンパク質をとれる …腹持ちがよく間食の予防になる ・ ピープロテイン … ダイエット目的・筋トレのどちらでもOK …ビーガンの方でも飲める …BCAAなどのタンパク質以外の成分が豊富にとれる ホエイプロテインは運動直後だけでなく、就寝前やダイエット目的に飲むこともできます。 ホエイプロテインは万能なので、 迷ったらホエイプロテインを選びましょう。 ・ ホエイプロテイン … 基本的に美味しい(ほぼジュース) …溶けやすいのでダマになりにくい …種類が豊富で味を選べる ・ カゼインプロテイン … 独特のえぐみがある …溶けにくいのでダマになりやすい …種類が少なく味を選べない ・ ソイプロテイン … 基本的に美味しい(ほぼジュース) …溶けやすさは商品次第 …味の種類はホエイよりは少ないがカゼインよりは多い ・ ピープロテイン … 基本的にまずい …溶けにくくダマになりやすい …種類が少なく味を選べない プロテインが溶けないでダマになると「 めちゃくちゃ不味い」です。 プロテインを飲む際はプロテインを混ぜるシェイカーも使いましょう。 また、 カゼインプロテインは玄人向けのプロテインなので、初めてプロテインを購入する方にはおすすめしません。 (参考:) プロテインの失敗しない選び方 ここからはプロテインを選ぶ上で大切な3つの基準を紹介していきます。 プロテイン選びで失敗しないために、プロテインを比較して選ぶ際の参考にしてください。 美味しいプロテインを厳選! この記事で紹介するおすすめのプロテインは、 実際に全て飲んで美味しいことを確認しています。 ただし、価格や栄養バランスの総合評価によるランキングなので、美味しさだけに特化してプロテインを選びたい方は、以下の記事をご覧ください。 【参考】 プロテインのおすすめランキング それでは、おすすめのプロテインを見ていきましょう。 50種類以上のプロテインを実際に試飲し、タンパク質の配合量や価格を徹底比較してランキングを作成。 プロテインは毎日飲むものなので、コスパ面も重視していますよ。 Myprotein「Impact ホエイプロテイン」 安くて良いものが欲しいという方におすすめなのがMyproteinの「Impact ホエイプロテイン」。 最大の特徴はその コスパの高さ。 1食あたり20gのタンパク質を含み、 1食あたりの価 格が約70円という驚異的な安さです。 また、Impactホエイプロテインには体内で生成できない必須アミノ酸(EAA)もバランスよく配合されているので、筋トレ後の栄養補給として最適なプロテインと言えます。 ちなみに、Myproteinは ヨーロッパで売り上げNo. 1のブランド。 日本でも多くの方に愛飲されているので、海外産で安いプロテインはなんだか不安…という方も安心して選んでくださいね。 ザバス「ホエイプロテイン100」 プロテインを初めて買うのにいきなり海外産は怖い…という方におすすめなのが、明治が販売している「ザバスホエイプロテイン100」。 最大の特徴は とにかく美味しいこと。 特にココア味は本物のココアと間違えるほどの味で、牛乳で溶かして飲めばさらに美味しく飲むことができます。 また、タンパク質含有量は15gと1位のImpactホエイプロテインに劣りますが、ビタミンB群やCを添加することで、 バランスの良いホエイプロテインになっています。 もちろん価格もかなり安いので、コスパの良さも抜群です。 0g 味の種類 ココア、バニラ、リッチショコラ、香るミルク風味、抹茶風味、ヨーグルト風味• ザバス 「ソイプロテイン100」 ソイプロテインの中で定番中の定番とも言えるザバスの「ソイプロテイン100」。 1食あたりのタンパク質含有量は15gと、ソイプロテインの中では非常に多いです。 さらに、 カロリーはたったの79kcalなのでお菓子や間食の代わりに飲むのにも最適ですね。 また、ザバスソイプロテイン100は体内で作ることのできない必須アミノ酸をバランスよく配合。 ダイエットで不足しがちなタンパク質・ナトリウム・ビタミン群・葉酸などを効率よく摂取することができます。 最大の特徴は高純度のタンパク質(WPIホエイ)を使用していることと 1食あたりのタンパク質含有量が24gと多いことです。 また、 味のバリエーションが豊富なのも人気の所以。 ダブルリッチチョコレート、ストロベリー、バニラ、バナナなど20種類のフレーバーがあり、プロテインで想定されるほとんどの味は網羅されています。 DNS 「プロテインホエイ100」 とにかく美味しいプロテインが良いという方におすすめなのがDNSの「プロテインホエイ100」。 様々なフレーバーがありますが、カフェオレが一押しで、牛乳で溶かすと カフェオレを飲んでいるようにしか感じません。 また、アンチドーピング認証プログラムを取得しており、安全面もしっかりしています。 少々割高ですが、 美味しいプロテインならコレといえるホエイプロテインです。 ウイダー「マッスルフィットプロテイン」 ホエイとカゼインの2種類のプロテインが配合されているウイダーの「マッスルフィットプロテイン」。 吸収速度の異なる2種類のプロテインを一度に摂取できるので、 アミノ酸が体内に長時間留まり、効率よく筋肥大することができます。 また、ウイダープロテインの独自成分であるEMRを配合。 EMRはタンパク質の合成を促進する作用があり、 酷使された筋肉をいち早く回復させることができます。 味もかなり美味しく仕上がっており、プロテインを初めて買う方でも飲みやすいプロテインです。 ボディウィング 「大豆プロテイン」 とにかく安いソイプロテインが欲しい方におすすめなのが、ボディウェイングの「ボディウィング 大豆プロテイン」。 1kgあたり2,100円というのはソイプロテインとして破格のお値段。 純粋なソイプロテインのみとなっており、ビタミン群や葉酸などは含まれておらず、砂糖や人工甘味料も一切入っていないので甘いものが苦手という方にもおすすめです。 「プロテイン=甘い」と避けている方にも試してもらいたいプロテインです。 ちなみに、 豆乳に混ぜて飲むとかなり美味しいです。 チャンピオンパフォーマンス 「ヘビーウェイトゲイナー 900」 とにかく体を大きくしたい方におすすめなのがチャンピオンパフォーマンスの「ヘビーウェイトゲイナー 900」。 1食でタンパク質を33g、 605カロリーを摂取することができる驚異的なプロテインです。 ただし、一食当たり154gのプロテインを摂取するのはほぼ不可能なので、数回に分けて飲むことをおすすめします。 体質的に太りづらい方や、筋肉と同時に脂肪もつけて体のサイズを大きくしたい方におすすめです。 また、牛乳で溶かすことで栄養価が高くなります。 また、プロテインシェイカーで混ぜると、かなり味が美味しくなります。 安いものなら300円で変えるので、1つ持っておいて損は無いですよ。 0g 15g 24g 24g 15g 14. 5g 22. プロテインを飲むのにおすすめのタイミングは主に以下の3つ。 トレーニグ30分後• 就寝前• 朝食と一緒に 目的に応じて飲むべき最適なタイミングは変わります。 【参考】 プロテインを飲む最適なタイミングを徹底解説! Q2:プロテインに副作用はありますか? A:基本的に副作用はありません。 プロテインはタンパク質を摂取するための「栄養補助食品」。 医薬品ではありませんので、副作用はありません。 プロテインを飲むと「肝臓や腎臓に負担がかかり、抜け毛が増える」という噂もありますが、事実ではありませんので安心してプロテインを飲んでください。 ただし、次の項目で説明するように、下痢や腹痛になる方はいるので体質によってはプロテインが合わない場合もあります。 【参考】 プロテインでよく挙げられる副作用を徹底解説! Q3:プロテインを飲むと下痢や腹痛になるのですが… A:乳糖不耐症の可能性が高いです。 プロテインを飲むと下痢や腹痛になる方は一定数います。 原因は様々ですが、乳糖不耐症の可能性が高いです。 プロテインで下痢や腹痛になる場合は、乳糖がほとんど含まれていないWPIプロテインを選ぶようにしましょう。 【参考】 プロテインで下痢や腹痛になる原因を徹底解説! Q4:プロテインはドーピングに引っかかりますか? A:プロテインでドーピングに引っかかることはありません。 プロテインの原材料は牛乳や大豆などの食品なので、ドーピングの心配はありません。 また、国内外のほとんどのプロテインメーカーは、 アンチ・ドーピング機構と連携してアンチ・ドーピングの活動に力を入れています。 プロテインを飲むとドーピングに引っかかるという噂は嘘なので、プロテインを活用してタンパク質を効率的に摂取しましょう。 激安プロテインは要注意! 価格が安い(コスパが良い)ことを売り文句にしているプロテインには、成分表示にない成分が含まれていることもあり、 アスリートが意図せず摂取してドーピングに引っかかってしまった…という事例もあります。 Q5:太るためにおすすめのプロテインはありますか? A:ウェイトゲイナーを選びましょう。 太ることを目的としたウェイトゲイナー(ウェイトアッププロテイン)には、タンパク質だけでなく 太るために必要な糖質や脂質が多く配合されています。 ガリガリがコンプレックスで太りたいという方はウェイトゲイナーを試すのがおすすめです。 【参考】 食べても太れない理由と太るのにオススメのプロテイン Q6:プロテインと一緒に飲むのがおすすめのサプリはありますか? A:目的によってケースバイケースです。 例えば、 筋肉を増やしたいのであればトレーニングで限界まで力を引き出すためにBCAAやクレアチンなどをプロテインと一緒に飲むのがおすすめです。 【参考】 おすすめのBCAAを徹底比較 まとめ:あなたの目的にあったプロテインを! 今回はホエイ・カゼイン・ソイプロテインの違いをはじめ、プロテインの選び方やおすすめのプロテインを紹介してきました。 【参考】 実は筋トレとナッツの相性は抜群! 【参考】 筋トレ後にオススメの食事「ミールプレップ」とは? 【参考】 自重トレのやり方を総まとめ.

次の

トレーナーが選ぶプロテインのおすすめランキング!コスパ最強の人気プロテインを徹底比較

プロテイン おすすめ

プロテインは『身体に必要な物』と言う認識はありますか? プロテインは、脂肪燃焼効果があるものではありません。 『プロテイン』と言うと、飲むタイプのプロテインを想像する方が、殆どですが、『タンパク質』を英語に訳したものです。 プロテイン(タンパク質)の語源となるギリシャ語プロティオスは、「一番大切なもの」という意味を持つ。 体の機能を調節する酵素やホルモンや免疫抗体の材料にもなるものだ。 naver. ボディメイクチームを組んで、僕のチームでも沢山の方が、プロテインを使用しながら、身体を変えてきてくれました。 僕たちが使ってきている、プロテインをメインにプロテインがおすすめの理由を解説していこうと思います。 Meal Replacement Powderの略で、直訳すると食事の代わりとなるパウダーのことです。 MRPは1回分の使いきりのパックの形態が多く、1袋に、 たんぱく質、炭水化物、ビタミン・ミネラル などの 栄養素が配合されています。 ダイエット食品も同じような製品がありますが、アスリート向けのMRPは食事代替のほかに、 カラダづくりのための効果的な配合を考えてデザインされています。 カラダづくりに取り組むアスリートにとってのプロテインはホエイが主流ですが、ホエイのみでは、 プロテインレベルの持続やアミノ酸バランスの偏りなど補いきれないポイントがあります。 アスリート向けのMRPは、ホエイにカゼインを混合し、素早く長くプロテインレベルを維持します。 また、グルタミン・アルギニン・クレアチン、さらに マルチビタミンやミネラルなどの微量栄養素を配 合することで、全方位からカラダづくりをサポートします。 kentai. html しかし、MRPプロテインを飲んだからと言って、 脂肪燃焼 痩せる わけではありません! 脂肪燃焼したいのなら、糖質制限! もう一度いいます。 プロテインを飲んでも、脂肪燃焼はしません。 脂肪燃焼効果のあるプロテインがあるのなら、是非教えていただきたいものです 笑 太る原因と言うのは、 今まで食べてきたものに原因があります。 甘いものが太る原因だと思っている人も多いかも知れませんが、甘い物ではなく『糖質』が原因です。 人間の一日の糖質摂取量は、適正値で、60g〜100gと言われています。 しかし、日本人は、この三倍近くの、300gと言う糖質を、毎日平均で摂っていると言われています。 『水』が約60%• 『タンパク質』が約20%〜30%• 『脂肪等』が約10%〜 です。 という事は、タンパク質がどれだけ重要なものかも、解って頂けるかと思います。 また、 タンパク質は、ビタミンと一緒に体内に運ばれます。 ビタミンが運転手、タンパク質は助手席というのを、イメージしてもらうと分かりやすいでしょう。 プロテイン おすすめ 脂肪燃焼をして、体内の質を変える!? まとめ 僕たちの身体は、食べたもの 口から入れたもの で出来ている! プロテインのおすすめで、脂肪燃焼効果があるようなものはありません。 僕たちの身体は、まぎれもなく口から入れたもので、今の身体が出来ています。

次の

【最新】女性向けプロテインおすすめランキング12選!ダイエット・美容効果が期待できる商品を厳選してご紹介!

プロテイン おすすめ

コスパ最強の市販プロテインおすすめの理由とは? 効率的にたんぱく質を摂取できるプロテインは、かつてはアスリートなど一部の人に向けたものでした。 しかし一般の人が飲んでも、たくましい身体作りやダイエットなどで様々な恩恵を受けられます。 日常生活でたんぱく質が不足している場合のサポートとして使用しても良いでしょう。 プロテインはホエイの有効性に気付くなどで、価格の安い製品が多いです。 そしてジム専用ではない市販プロテインであっても、十分な質を期待できます。 まずはドラッグストアなどで市販のプロテインを見ることから始めましょう! 太ってしまうプロテインの取り方とは? プロテインはあくまでもたんぱく質を摂取するための食品なので、普段の食事で十分量を摂った直後に飲むとその分が余剰になってしまいます。 そうするとそれが身体に蓄積されて太ってしまいます。 そのため飲むタイミングを考えなければなりません。 また複数あるプロテインには、主に吸収速度で太るか太らないかに関係してきます。 過剰摂取に繋がりやすい吸収率の高いタイプを選べば太りやすくなりますが、逆に太りにくくもできます。 痩せるプロテインの取り方とは? 最もプロテインが効果を発揮するのは、身体がたんぱく質を必要としている時です。 長時間お腹に何も入れなかった起床時や、運動直後がそれに当たります。 就寝中でもしっかり吸収されるため、寝る前でも良いでしょう。 このいずれかに摂取すると、無駄になることなく消化されるはずです。 また脂肪や糖質の多い食事を減らす置き変えダイエットに使用するという方法もあります。 過剰にならない限りダイエットの足を引っ張りにくいたんぱく質と、ビタミンなどを多く含んでいるからです。 格安の市販プロテインはどこで買う? プロテインはスーパーやドラッグストアでも販売されていますが、通販の方が価格が安い場合がほとんどです。 小中規模の店舗であれば、定番製品のさらに少量分しか取り扱っていないことが多いです。 それに対して通販であればメジャーからマイナーまで幅広く取り揃えていて、店舗での購入より選択肢が少なくなることはまずありません。 またkg単位での購入になるので、持ち運びのことを考えても通販の方がメリットが大きくなります。 プロテイン初心者向けのおすすめとは? プロテインは継続することで高い効果を発揮してくれます。 そのため初心者の人が購入する場合は、まず費用面で続けられるかどうかを考えましょう。 ただコストパフォーマンスが高いからといって、1袋に何kgも入っている製品をいきなり購入するのは危険です。 場合によっては飲む度にお腹を壊してしまうこともあるからです。 プロテインにはいくつかの種類があり、目的も異なる上に体質との相性もあります。 なのでまずは少量から試してみると良いでしょう。 市販プロテインおすすめランキング10選 おすすめのプロテインの詳細を紹介します。 自分に合った商品を比較・検証してみてください! 筋肉肥大化プロテイン 筋肉を肥大化させたいのであれば、ハードなトレーニング後に素早くたんぱく質を摂取することが大切です。 そしてプロテインには、その効率を考えて造られたタイプがあります。 細かなポイントは異なりますが、製造のために特殊な技術を使用したり、成分を厳選してある製品がほとんどです。 ただその分コストがかかっているため、他のタイプと比べると割高になりがちです。 しかしその工夫が本物であれば、筋肉肥大に大きく貢献してくれることでしょう。

次の