白鴎 大学 感染 症 教授。 岡田晴恵(白鴎大学教授)出身はどこ?感染症の知識と髪色赤が好き?

岡田晴恵教授のプロフィールや経歴を紹介!【羽鳥モーニング】 | タノタビ

白鴎 大学 感染 症 教授

スポンサーリンク ホンマでっか!? TV【緊急企画! 今知りたい新型コロナウイルス】 2020年2月5日(水) 21時00分~21時54分 フジテレビ系列 岡田晴恵の経歴 医学博士。 専門は感染免疫学、国立感染症研究所研究員を経て、現白鴎大学教育学部特任教授。 共立薬科大学修士課程卒業、順天堂大学医学部博士課程中退、ドイツマールブルク大学医学部ウイルス学研究所留学(アレクサンダー・フォン・フンボルト奨学研究員)。 現在、国立感染症研究所 ウイルス第3部研究員。 専門は、感染免疫学、ワクチン学、ウイルス学。. 著書は『なぜ感染症が人類最大の敵なのか?』(ベスト新書)、『エボラVS人類 終わりなき闘い』(PHP新書)など多数。 nhk. スポンサーリンク 『NEWS23』では第1便で武漢から帰国した人々について「日本は症状が確認できない帰国者については隔離体制をとっていない。 検査を拒否して帰宅した人もいる(その後、個人で検査を済ませた)」と説明した。 そのキャスターの説明を受けて岡田晴恵さんは「全数はチェックしなければいけない」と指摘。 「2週間は我慢して他と接触を断って頂く。 これはやらなければいけないことだと思う」と帰国者を隔離して潜伏期が終わるまで経過を見る必要性を訴えた。 今回の帰国者は206人で、感染の有無をチェックするため大半が空港からバスで千葉県にあるホテルに直行した。 厚労省が用意したのは140室で、相部屋による宿泊もあった。 岡田さんは「相部屋はちょっと」と首をかしげており、「もし1人でも感染者がいれば濃厚接触でうつっていくので、なぜそうなのかは私には分からない」と疑問を呈したのである。 そのように感染症の権威として新型コロナウイルスの解説を求められメディアで活躍する岡田晴恵さんだが、このたびのようなニュース番組と違いワイドショーやバラエティ番組ではもっと砕けたキャラクターがみられる。 スポンサーリンク 岡田晴恵テレビ出演とギャラ 1月22日放送のフジテレビ系情報トークバラエティ番組『ホンマでっか!? TV』では、初出演ながらインフルエンザ対策を身振り手振りをまじえてタレントのように話して大ウケ。 さんまから「晴恵って顔してる!」「俺の晴恵」「晴恵~」といじられて、愛嬌を振りまいたことも。 MCの明石家さんまからハルエと呼ばれ「また呼ばれると思うよ」とお墨付きをもらったほど、その後の各局への出演回数は驚異的。 今や新型コロナウイルスの報道で、この人の顔を見ない日はない。 白鴎大学の岡田晴恵特任教授(57)である。 彼女の専門は感染症学、公衆衛生学で、厚生労働省の国立感染症研究所でウイルス第三部研究員を務めた経験もあることから、連日引っ張りだこ。 「羽鳥慎一モーニングショー」や「ひるおび!」では常連、多いときは1日に5つの番組をハシゴしたことも。 彼女自身こんなに出ずっぱりで、過労で倒れないのか、なんて心配する声も出チラホラ。 彼女がコロナウイルス報道で最初に登場したのは1月25日だった。 この時点では、日本国内の感染者はまだ2人だけだったが、早くもコロナウイルスの拡大の速さと危険性を予知した。 翌26日も、「日曜報道 THE PRIME」「ワイドナショー」(フジテレビ系)、「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)に出演。 そして、27日は、「スッキリ」(日本テレビ系)を皮切りに、「大下容子ワイド! スクランブル」(テレビ朝日系)、「ひるおび!」(TBS系)、「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)、「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系)と5つの番組をハシゴしたのだ。 出演時間は5番組で、計1時間38分56秒だった。

次の

【文春砲】岡田晴恵がデータ捏造?上司の田代眞人と不倫パワハラの噂も

白鴎 大学 感染 症 教授

テレビ番組「モーニングショー」の岡田教授の告発 テレビ番組「モーニングショー」に出演している国立感染症研究所ウイルス部元研究員の岡田晴恵・白鴎大教授2月27日重大な告発を紹介します。 感染を判断する PCR検査の体制が十分ではなく、現場の医師からSOSが上がっていることについて、「国立感染症研究所のOBがデータを独占したがっていることが背景にある」と暴露。 オリンピックの巨額利権目的の感染拡大イメージ隠しなどとも勘ぐられている最中、岡田教授の告発によると日本で新型コロナウィルスのPCR検査が一向に行われないのは感染研OBの利権確保にあったというのである。 岡田教授は思いつめた様子でこう話した。 「(PCRが公的医療保険の適用対象になるからといって)クリニックから直接(民間のPCR検査を依頼できるかどうか)ということはまだわかりません。 ちょっと待ってくれと、中枢の先生方が言われたからです。 私はうがった見方をして、オリンピックのために汚染国のイメージをつけたくないという大きな力が影響しているのかなと思って、 先生方に聞いたのですが、『そんなことのために数字をごまかすほど、肝の据わった官僚はいない。 これはテリトリー争いなんだ。 このデータはすごく貴重で、地方衛生研究所からあがってきたデータは、全部、国立感染研究所が掌握しており、このデータは自分で持っていたいと言っている感染研OBがいる。 そのへんがネックだった』とおっしゃっていました。 ぜひ、そういうことはやめてほしい。 人工呼吸器につながれながらも、確定診断してもらえない人がいるんです。 数万人の命がかかっています」 民間の検査態勢整っているのに「自分たちでデータを独占したい」つまり、民間の検査会社などにもPCR検査ができる体制が整っているにもかかわらず、検査を受けられない「検査難民」が多発している背景には、データを独占したい国立感染症研究所の思惑があると暴露しました。 岡田教授は「論文がどうだ、業績がどうだということよりも、人命をとるもともとの感染研の方針に返っていただきたい。 一部のOBのせいで、人命にかかわってくるのは怖いことです。 現場の人間が悪いわけじゃありません。 感染研の人間も衛生研の人間も疲弊しています」と涙を浮かべて訴えています。 玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「ものすごい告発ですよ。 野党、これは国会で追及してください」と一言。 新型コロナウィルス 白鴎大学特任教授の岡田晴恵氏の勇気ある発言 そのほか、白鴎大学特任教授の岡田晴恵氏の勇気ある発言を見ますと、 騒動初期から一貫して「(クルーズ船乗客の)全員検査」を主張。 これは、座長が 感染研所長の政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議と意見が違います。 5日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、新型コロナウイルスの感染拡大について特集で、 安倍晋三首相が新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正の協力を野党に求めたことに、元国立感染症研究所研究員で白鴎大教授の岡田晴恵氏は「この法律を作った民主党政権の時に、私は大臣にレクにあがった覚えがあります。 やはり党派を超えて、とにかくこの1週間の内に患者が増えちゃうので、 とっととやってください」と声のトーンを低くし素早い対応を求めた。 国が保有するマスクは746万枚を超えることに「今、指定病院でもマスクはないわけです。 このマスクは『N95』かどうか定かでありませんけど、 とっとと医療機関に出して下さい」と改めて早期の対応を要求。 岡田晴恵教授 「感染研」とはどんな組織? 白鴎大学特任教授の岡田晴恵氏の 古巣である感染研とはどんな組織でしょうか? 感染研は、厚生労働省に所属する研究機関であるで、今回の新型コロナウイルス問題でも中心的役割を担ってきました。 政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の座長は 感染研所長の脇田隆字氏。 鈴木基・ 感染研感染症疫学センター長もメンバーの岡部信彦・川崎市健康安全研究所所長もメンバーで 感染研OBです。 そして、首相補佐官との「 コネクティングルーム不倫」で週刊誌を賑わせ、クルーズ船対応では『引き続き感染拡大防止に向けて万全の体制をとって参りたい』と記者会見で説明するなど、スポークスマン的な役割を務めた厚労省の 大坪寛子審議官も 感染研の出身です。 あの、新型コロナ騒ぎの最中、首相補佐官との「 コネクティングルーム不倫」をやらかした大坪寛子審議官も 感染研の出身だったんですんね。 検査以外にも感染研には様々な権益が集中しているようです。 「感染研は国立がん研究センターのような独立行政法人ではなく、国立のため国の予算がつき、その中には大学病院などに研究費として回せるものもある。 さらにワクチンの製造から評価までの実質的な許認可権を持っているため、ほとんどの大学の研究者は感染研に頭が上がらない」 と強大な「 感染症ムラ」という利権をつくっているようです。 なんか、かつて流行した「 原子力村」みたいです。 その利権は大変強く、「感染症ムラ」の住人が厚労省や感染研と異なる主張をするのは難しい現実があるようです。 例えば、 厚労省は「症状が軽い人は自宅療養を求める」と重症者以外への検査を拡大しない基本方針を示しています。 納得できない国民は多い中、一部の専門家はこの姿勢に同調しています。 2月25日のNHK『ニュースウオッチ9』には専門家会議のメンバーである押谷仁・東北大学大学院教授が出演し、「軽い症状だけど心配だから病院に行くとなると感染が広がる。 感染している可能性がある人はできるだけ家にとどまってほしい」と解説。 3月3日の同番組には、前述した専門家会議メンバーで感染研OBの岡部氏が出演。 「相当数やるとなると、精度の問題とか、ある程度目をつぶらなければいけなくなってくる。 余裕を持ってる時間がないとぎっちぎちでやるのはリスクに。 感染研OBの岡部氏も、押谷教授も、礼儀正しき従順な「感染症ムラ」の住人なんでしょう。 これと正反対の意見を述べているのが岡田教授です。 この岡田教授の勇気ある行動に対し NPO法人・医療ガバナンス研究所理事長で、新型コロナウイルス問題でもテレビに多く 出演する上昌広医師が言います。 「感染症の世界は、物言えば唇寒しとなるムラ社会。 岡田さんももちろんその一員ですが、それでも感染者の命に関わる状況に危機感を抱いて、感染研を敵に回すリスクを承知であえて発言したのでしょう。 大変勇気のある告発だと思います」 「感染症ムラ」の住人の感染専門家たちが視線を向けているのは「組織」でしょうか それとも「国民」でしょうか? 岡田教授が国民の間で賞賛されているのは、岡田教授だけが、視線を国民にあてて、勇気ある告発をしてくれているからかもしれません。 まとめ 今回は、「岡田晴恵教授の「勇気ある告発」新型コロナで、まとめ」というテーマでお送りしました。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 なお、関連記事 「」 「」 「」 「」 「」 もご覧ください。

次の

岡田晴恵(白鴎大学教授)出身はどこ?感染症の知識と髪色赤が好き?

白鴎 大学 感染 症 教授

専門分野『感染症学、公衆衛生学』の白鴎大学特任教授の岡田教授。 【岡田教授の問題関心】微小なウイルスや細菌などの病原体の動態、流行が、その時の社会や政治、文化に与えた影響についても、私たちの認識はどこかあやふやである。 たとえば、中世ヨーロッパ社会に壊滅的な打撃を与えたペストについても、なぜ始まり、どのように終わったかについて、はっきりとした結論が出ている訳ではない。 では、人類はその見えない恐怖にどう対処してきたのであろうか。 人類史を動かした感染症の歴史から、現代の人口過密、高速大量輸送時代の社会での感染症対策を研究している。 【現在の研究テーマ】ここ半世紀、世界人口は激増、人口密度も過密となった。 さらに、高速大量輸送時代に突入し、過去には風土病で留まって感染症も、 SARSの例にあるように瞬く間にパンデミック(世界的大流行)となる場合もある。 このような 新興再興感染症の出現にどう対応するのか。 被害を最小限度にとどめるための政策を具体的対策を研究し、立案提言している。 感染症をテーマにした絵本や小説を創作し、また、それを一歩進めて、その読み書きせや映像化などを通して、感染症の理解を効率よく正確に広めることを思考し、研究、実践している。 では、このように感染症について造詣の深い岡田教授は『新型コロナウイルス』について、どのように考えているのでしょうか? 熊本で初めて新型コロナの感染者だとわかった20代女性看護師も3カ所も病院かえてようやく新型コロナ検査してもらったらしいです。 別の件でTV出演の医者が「国に何度も電話して新型コロナ検査をさせたい患者がいるといっても検査の許可が降りなかった」と暴露してました。 政府の罪は大きいと思います— キンキラ侍 kinkirasamurai コロナの検査も、なかなかさせてもらえないという話は、結構聞きます。 ・・どういうことなのでしょうね・・ 一般社団法人日本感染症学会・理事長 舘田 一博氏と一般社団法人日本環境感染学会・理事長 吉田 正樹氏が、連名でこのような文書を出しています。 このような状況の中で、地域の状況を見ながら、地域単位で 感染対策のフェーズを水際対策期から感染蔓延期へ移行させていくことが必要になってきます。 本ウイルス感染症の特徴として、その感染性とともに肺炎を合併する頻度の高さが明らかになってきました。 致死率は依然としてSARS より低いものの、 高齢者・基礎疾患保有者における肺炎の合併は生命を脅かす重篤な状態につながる可能性を高めます。 4日を過ぎても発熱が続く、特に1週間目においても発熱が続く場合、息が苦しい、呼吸器症状が悪化する、などを認めた場合には肺炎の合併が疑われます。 すぐに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。 2.1 週間以内に症状が軽快しそうであれば、自宅での安静で様子をみます。 1週間で症状が軽快します。 特に治療の必要はなく、自宅で安静にしておくことで十分です。 ただし、家族など身近の方への感染に気を付け、家族と接するときのマスク着用と、こまめな手洗いや手指消毒を心がけましょう。 3.1週間以上熱が続く、呼吸苦・呼吸器症状の悪化がみられる場合には医療機関へ 4 日〜1週間ほど経過しても熱が続いている、呼吸が苦しくなってきた、咳・咽頭痛が悪化している、などが見られた場合には帰国者・接触者相談センターに相談する必要があります。 1週間未満であっても高熱がみられるようになった、呼吸困難がみられるといった場合には肺炎の合併を疑います。 速やかに帰国者・接触者相談センターに相談して帰国者接触者外来のある医療機関を受診してください。 また、その際マスクを着用するなど周りへの感染に気を付けてください。 4.高齢者・基礎疾患を有する人は外出を控える、人込みの中に入らない。 重症化につがなる基礎疾患としては糖尿病、心不全、腎障害・透析患者や、生物学的製剤、抗がん剤、免疫抑制剤投与患者などがあります。 また妊婦においても上記患者と同様に本ウイルス感染症にかからないような対応が必要になります。 5.現在、実施されているウイルス検出のための検査(PCR 法)には限界があります。 早い段階での PCR 検査は「決して万能ではない」ことをご理解ください。 体調が優れないときは 朝・夕の体温測定を行いましょう。  病院や施設での面会を控えましょう。 高齢者や基礎疾患のある人に感染症をうつさないようにするためです。  人が多く集まる室内での集会等の参加は必要なものに限りましょう。  公共交通機関において、 つり革、手すりなどの他人が触れる場所に触れた後は、鼻、口、目などを触らないようにしましょう。 不特定多数の方の触れるものに接触した後の手指衛生が重要になります。  会社、学校、自宅に着いてから手洗いをしっかり行いましょう。  時差通勤により ラッシュアワーを避けましょう。  東京オリンピック・パラリンピックに向けて準備してきた テレワークによる自宅勤務も活用しましょう  37.  37.  体調不良者(発熱、咳など)に接する場合には、マスクを着用しましょう。 2.注意すべき症状  37. この時、マスクを着用し公共交通機関の利用は避けましょう。 4.高齢者または基礎疾患のある方  毎日、朝・夕、 体温測定を行いましょう。  多くの方が集まる 集会場等へ行くことは控えましょう。  インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチンを接種されてない方は医療機関で接種を受けましょう 感染対策のポイント 1. 感染対策の基本は飛沫・接触予防対策になります。 コロナウイルスは、新型コロナウイルスを含めて主に飛沫感染により伝播します。 2. 陰圧個室での管理は地域・施設に応じて対応してください。 入院が必要な症例に対しても 飛沫・接触感染予防策を徹底します。 空気感染の可能性は低いことから通常のシャワー室・トイレ付きの個室管理が基本となります。 陰圧個室での管理は必ずしも必要とは考えませんが、地域・施設の状況に応じて、陰圧個室での管理を行うこともあります。 とのことです。 感染症学会だけでなく、厚生労働省などからも情報を得ると良いですね。 新型コロナウイルスに関するツイートは避けていますが、1つだけ。 信じてよい情報は公的機関の情報です。 こんな時、ブログ記事をどうか信用しないで。 ・厚生労働省 ・国立感染症研究所 ・日本感染症学会 ・日本環境感染学会 が良いです。 こちらの提言も一読を。 そんな気概で、コロナウイルスを乗り越えていきましょう! というわけで、長くなってきましたので、今日はこのあたりで。 毎日21時更新。 しっかり書き込んでいるnoteはタイトルに【毎日】表記のないものとなります。 ランダムに更新します。 【毎日】以外は重要かつ秘匿情報が多いため、有料noteがほとんどですが、中学生・高校生も気軽に読めるように、 無料部分も多いですので、ぜひお立ち寄り頂けますと幸いです。

次の