失業 保険 何 回 もらえる。 失業保険って何度でももらえるのー?そのルールは??

失業保険はいくらもらえるの?(図と例でわかりやすく解説)

失業 保険 何 回 もらえる

所定給付日数 この所定給付日数が、失業保険受給中にもらえる上限日数です。 以下では所定給付日数の求め方などについて詳しく解説します。 給付日数は「退職理由」が大きく影響する!? 計算フォームで選択したあなたの「退職した理由」はなんでしょうか?今度は別の退職理由を選択して計算するボタンをクリックしてみてください。 所定給付日数が変わった方も多いことでしょう。 その理由を以下の早見表を使って解説します。 (自己都合退職した場合) (会社都合退職した場合) 所定給付日数は、まず退職した理由で大きく2つに分けられます。 自己都合退職した場合の給付日数 自己都合で退職した場合は、雇用保険の加入期間だけが加味され所定給付日数が決定します。 加入期間が1年未満の場合は失業保険を受給することができません。 加入期間が1年以上10年未満で90日、10年以上20年未満で120日、20年以上で150日となります。 会社都合退職(特定理由離職者も含む)した場合の給付日数 会社都合で退職した人や、特定受給資格者または特定理由離職者に認定された人は、雇用保険の加入期間と、退職したときの年齢によって細かく所定給付日数が分けられます。 加入期間が1年未満(6ヶ月未満は条件を満たしません)は年齢に関係なく一律90日間。 1年以上の加入期間がある場合は、年齢によって90日~330日の間で所定給付日数が決定します。 失業保険の所定給付日数は「会社都合退職(特定受給資格者や特定理由離職も含む)」した人や、年齢の高い人を優遇する仕組みとなっています。 その理由は、会社都合退職のように「自分の意に反して退職せざるを得なかった」人は、退職後の準備ができないまま無職(無収入)になったと想定でき、また年齢の高い人(45~60歳未満)は、特に生活にお金のかかる年代であり、若い世代よりも再就職が難しい立場であることが加味されているのです。 ハローワークで受給手続きするときは「退職理由」をチェック 会社からもらう離職票には退職理由を記入する欄があります。 それを記入するのは会社であるため、しばしば退職者が思っていた内容ではないことがあります。 前述の通り、退職理由は所定給付日数に大きく作用します。 事実ではない退職理由で間違った給付日数が決定してしまわない為にも、必ず離職票の退職理由はチェックしましょう。 また自己都合退職であっても、ケースによっては会社都合退職と同じ扱いで所定給付日数が決定することがあります。 これを特定理由離職者といい、どうしても会社を辞めなくてはならない切実な理由があった場合に該当します。 詳しくは以下リンク先で詳しく解説します。 障害者や就職困難な人の所定給付日数はさらに優遇されます 障害者とは、身体障害者、知的障害者、精神障害者のことで障害者手帳を有する人をいいます。 就職困難な人とは刑法などの規定により保護観察に付された人や、社会的事情により就職が著しく阻害されている人などが該当します。 この場合は、雇用保険の加入期間が1年未満だと150日、退職時の年齢が45歳未満で加入期間が1年以上だと300日、45歳以上で加入期間が1年以上だと360日の所定給付日数が付与されます。 失業保険の1日当たりにもらえる金額はいくらなの? 失業保険の1日当たりにもらえる金額のことを「基本手当日額」といいます。 で詳しく解説していますが、基本手当日額は、退職した理由に関わらず、現役時の収入と退職時の年齢でその額が決定します。 この基本手当日額と所定給付日数を掛け算した金額が、あなたの失業保険の上限額となります。 まとめ 失業保険の上限額(満額)を決定する大きな要因となる所定給付日数。 じっくりと就職活動を行いたい人にとっては、長期間にわたり失業保険をもらえるのは非常にありがたいことです。 所定給付日数が決定するためには退職理由が大きくかかわってきますので、まずは離職票の退職理由をチェックし、その内容に不服があれば受給手続きの際にハローワーク職員に申し出ることが重要です。 放置すると誤った所定給付日数が付与され、慌てて就職活動を行うようなことにもなりかねません 退職理由は失業保険を受給するときの、最も重要な要素だと覚えておきましょう。 このサイトは現役で労務管理業務に従事する管理人の知識や経験、さらに社会保険労務士やハローワークOBなどの専門的意見を取り入れながら執筆しております。 より専門性の高い記事をご提供できるよう内容には細心の注意を払っていますが、万一記事内容に相違がある場合はからお問合せください。

次の

失業保険より得する?雇用保険の再就職手当がもらえる条件とメリット

失業 保険 何 回 もらえる

このカテゴリーでいいのかわからないのですが、前々から気になっていたので質問します。 失業保険についてなのですが、私はこれまで2回もらいました。 転職を2回したからです。 今は順調な会社で働いていることもあり、失業保険にお世話になる事はもうないかもしれません。 しかし疑問なのです。 よかったら教えて下さい。 A ベストアンサー こんばんは。 雇用保険法では、離職前1年間に6ヵ月以上の加入期間(被保険者期間)があり、労働の意志及び能力を有しながら、職業に就くことができない状態(失業状態)になった場合には、雇用保険の失業手当(基本手当)が支給されることになります。 第17条第1項において「算定対象期間」という。 )に、次条の規定による被保険者期間が通算して6箇月以上であつたときに、この款の定めるところにより、支給する。 1.離職の日以前1年間に短時間労働者である被保険者(以下「短時間労働被保険者」という。 houko. houko. HTM s3 こんばんは。 雇用保険法では、離職前1年間に6ヵ月以上の加入期間(被保険者期間)があり、労働の意志及び能力を有しながら、職業に就くことができない状態(失業状態)になった場合には、雇用保険の失業手当(基本手当)が支給されることになります。 A ベストアンサー 厳密に言うと、「失業給付を受給すること」が、即、「社会保険上の扶養になれない」というわけではありません。 他の方も書かれていますが、社会保険上の扶養になるのは、全国一律の、強制的な基準があるわけではありません。 ただ、「いちおうの基準」というは、あります。 「向こう1年間の収入見込みが、130万円以下」という基準があります。 これは言いかえると、「日額でこの金額を、30日*12カ月分もらったら」「この月額を12回もらったら」どうなるか、という意味です。 たとえば今回のご質問にあるような「失業給付を3カ月もらう」など、もらう期間が決まっていて、その金額を1年ももらうわけじゃなくても、もらう予定の金額(たとえば今回の場合、日額*30日*3カ月)ではないのです。 基準を超える日額の場合、それをもらっている期間だけ、社会保険上の扶養から抜けることになります……3カ月とか、50万円とか、もらう予定でなくてもです。 失業給付をもらってる間だけ、社会保険上の扶養から抜けることになります。 (3カ月で50万円なら、それが12カ月だと、明らかに130万円を超えますよね) 失業給付の金額がとても少なければ(要するに上の基準以下なら)、失業給付をもらい、なおかつsh会保険上の扶養に入れます。 ただ、たいていの場合、失業給付の金額が社保上の扶養に入れるほど少なくないこと、会社の方で「社保上の扶養に入る場合、失業給付の受給に必要な書類を、扶養に入れる状況になった確認書類として提出させる(没収する)ことが多い」こと、などで、扶養に入れないことが多いでうs。 ……ただ最初にも書いたように、これは「全国一律の、強制的な基準」(所得税のように、全国一律、1円の違いでも融通が効かない)ではありません。 会社の方で、失業給付を受給していても扶養に入れてくれる場合が、なきにしもあらず、ご主人の会社に確認するのが、一番正確な情報を入手できます。 ただ、ひとつ気になったのですが、「退職後の収入見込みはありません」というのは、退職後すぐに別の会社で働くことが決まっているわけじゃないとか、失業給付をもらい終わるまで就職しないとか、失業給付をもらい終わっても収入を得る見込みは無いとか……どれでしょう? 失業給付の受給、けっこう厳しくなっていて、「雇用保険を払っていたから、もったいないから失業給付は欲しい!」というだけでは駄目で、「仕事をする意思があり、仕事ができる状態であるのに、仕事の方が無い!」という人のための物になっています。 つまり、ただ単に「退職直後にすぐ別の会社に就職するわけじゃなく、一から仕事を探すから」収入見込みが無いというのなら良いのですが、「失業給付の受給が終わっても、収入見込みが無い状態」を今から公言している場合、仕事をする意思が無いとみなされる場合があります。 失業給付を受給するには、就職活動をしなければいけないとか条件もあります。 そのへん、ちょっと気になりました・ 厳密に言うと、「失業給付を受給すること」が、即、「社会保険上の扶養になれない」というわけではありません。 他の方も書かれていますが、社会保険上の扶養になるのは、全国一律の、強制的な基準があるわけではありません。 ただ、「いちおうの基準」というは、あります。 「向こう1年間の収入見込みが、130万円以下」という基準があります。 これは言いかえると、「日額でこの金額を、30日*12カ月分もらったら」「この月額を12回もらったら」どうなるか、という意味です。 たとえば今回のご質問に... Q 私は今、派遣会社で働いています。 6月いっぱいで5ヶ月間働いたことになるのですが、自分の年齢の割には給料が安く、また会社にいる時間も非常に長いのに、たいして収入がないので仕事をやめようと思っています。 今の仕事を続けていても、将来に対する不安感がぬぐえないので、今回の仕事につく前に目指していた資格の取得のため、1年間受験勉強のために無職の状態になろうと思っています。 そのため、失業保険を受けながら受験勉強をしようと思っているのですが、過去に失業保険をいただいていた時期があったので、次の失業保険は2度目になります。 2度目の失業保険というのは受けることができるのでしょうか? また、派遣会社では5ヶ月間しか働いていないので、もう1ヶ月働かなければ受給資格が得られないと思うのですが、その場合、他の派遣会社ないしはアルバイトをして受給資格である6ヶ月を満たすことはできるのでしょうか? A ベストアンサー 失業保険は、受給資格があれば何回でも受給できます。 そして、受給資格は、最近の1年間に6ケ月以上雇用保険に加入していれば良いのです。 あなたの場合、既に5ヶ月間加入していますから、後1ケ月だけ、雇用保険に加入している事業所で働けば、受給資格が出来ます。 ただ、アルバイトなどの場合、1日の労働時間が短かったり、一週間の労働日数が少ないと、短時間労働者となり、この場合は扱いが変わります。 正社員の4分の3以上の労働時間があれば、普通の加入者として扱われますから、後1ケ月で大丈夫です。 また、質問とは直接関係ありませんが、以前に「再就職手当金」を貰っていると、その後3年間は「再就職手当金」は貰えません。 A ベストアンサー 離職票は、会社が作成し、会社がハローワークへ提出することで、ハローワークが会社に対して交付することで、あなたに渡せる状態となります。 会社だけでの都合で作成できません。 未来日での手続きは出来ませんし、給与の額を記載するためには退職後でなければ退職日までの計算は出来ません。 月給制で固定だとしても推測・予定ですからね。 あなたの手続き日が遅れると、受給期間には影響しませんが、受給が出来るようになる日が遅れることになるでしょうね。 会社の法律上の期限は、退職後10日以内となっています。 しかし、10日で処理できる企業ばかりではないと思います。 私の前職は、税理士兼社会保険労務士事務所で、この手の手続きのプロです。 私が退職したときの離職票は1ヶ月以上あとに渡されたと思いますね。 良い悪いはべつとして、早く発行してくれる会社はあまり聞きませんね。 私の経営する会社では、私が手続きを行うため退職日から数日の間に手続きを行い、本人の希望に応じて郵送・手渡しを行いますね。 Q 恐れ入ります。 まず自分は今年の1月末で会社を退職し 現在無職の一人暮らしとなっております。 保険証を退社時に返却していたので、 届出などが必要というのはしっていたのですが、 保険などについては、全くわからないということがあって、 退職してからなにもしておりませんでした。 しかし、最近になって急に昔から放置していた 虫歯が尋常じゃなく痛み出し、 保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、 国民健康保険に変更申請するのに 「健康保険資格喪失証明書」 が必要ということだけはわかりました。 しかし、退職時にはいただいておりません。 退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。 そこでお聞きしたいのですが、 1. 健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか? 2. 問い合わせは前の会社でよいのか? 3. 現状で最短で保険証を手に入れる手順は? 以上です。 大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。 早く歯医者行きたいです。 痛みでよるも眠れません;; 恐れ入ります。 まず自分は今年の1月末で会社を退職し 現在無職の一人暮らしとなっております。 保険証を退社時に返却していたので、 届出などが必要というのはしっていたのですが、 保険などについては、全くわからないということがあって、 退職してからなにもしておりませんでした。 しかし、最近になって急に昔から放置していた 虫歯が尋常じゃなく痛み出し、 保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、 国民健康保険に変更申請するのに 「健康保険資格喪失証明書」 が... A ベストアンサー 喪失証明書は送付義務はありません。 また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。 通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。 前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。 通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。 保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。 健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。 また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない 場合もあります。 このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。 誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。 分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。 Q 妻が先日会社を退職しました。 退職にあたり、年金および健康保険に関しては、私の扶養家族に入れたいと考えておりました。 その旨を会社の総務に相談したところ、失業保険の受給を受ける意思がある場合は、扶養には入れないとの説明を受けました。 確かにインターネットで調べてみたところ失業保険の受給と扶養家族の加入の同時進行はできないようなことが書かれておりました。 そこで質問なのですが、通常結婚されてる女性が会社を退職した後は、失業保険および扶養家族の手続きは、どのような順序でされているのでしょうか?失業保険をもらいおえてから、扶養家族に加入するのでしょうか。 参考までに妻の予測受給額は月15万円くらいかと思います。 ご意見等お聞かせ頂きたくよろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 長いですがよろしければご覧ください。 ) >失業保険の受給と扶養家族の加入の同時進行はできない… 「雇用保険」と「公的医療保険」は制度上のつながりはありませんので、「同時進行はできない」ということはありません。 あくまでも、「医療保険の保険者(保険の運営者)」が、「被扶養者の認定」を行なう際に、「今後の収入見込み」などを参考にして、「被扶養者と認定することに妥当性はあるか?」を審査するということです。 ですから、審査の結果、「被扶養者に認定される」ことも「されない」こともあるということになります。 k-solution. kenporen. shtml なお、「被扶養者の認定(審査)基準」は、「法令や通達など」を逸脱しない範囲で、【保険者が独自に定めている】ため、保険者によって微妙な違いがあります。 showa-shell-kenpo. haken-kenpo. recruit. 「各々のその時の事情、今後の予定」などによって「ケース・バイ・ケース」となります。 ちなみに、退職後の「公的医療保険」には「3つの選択肢」がありますが、これも「すべての人に共通するベストの選択」のようなものはありません。 kyoukaikenpo. yokogawakenpo. yokogawakenpo. html また、「市町村国保」は、「市町村ごとに」保険料が【大きく】違います。 livedoor. livedoor. なお、「協会けんぽ」の解説にもありますが、以下の制度の創設により、必ずしも「市町村国保の保険料負担が重い」とは言えなくなりました。 mhlw. html --- さらに、「雇用保険の給付金(失業給付)の受給」については、以下のような要件があるため、「本人の就労の意思・健康状態」などによっても大きく左右されることになります。 hellowork. nenkin. jsp? news-site. nenkin. nikkeibp. nenkin. jsp? nenkin. jsp? city. kawachinagano. k-solution. k-solution. city. kitami. shakaihokenroumushi. ) >失業保険の受給と扶養家族の加入の同時進行はできない… 「雇用保険」と「公的医療保険」は制度上のつながりはありませんので、「同時進行はできない」ということはありません。 あくまでも、「医療保険の保険者(保険の運営者)」が、「被扶養者の認定」を行なう際に、「今後の収入見込み」などを参考にして、「被扶養者と認定することに妥当性はあるか?」を審査するということです。 ですから、審査の結果、「被扶養者に認定され... A ベストアンサー 何度か失業してそのたびに給付を受けていた場合は、定年で退職した時の給付額はおそらく減ると思います。 しかも、受給金額はそれまでもらっていた離職前の賃金に基づいて計算されます。 (一日の給付金額の目安は、離職前の日額賃金の5~8割。 平均的には6割~7割ぐらいです。 ・Bさんは30歳で一度転職し、失業保険を受けた後、再就職、その後は同じ会社で定年60歳まで勤めた(被保険者であった期間20年以上)。 という場合でも、離職前の賃金はおそらく中途採用のBさんよりもAさんの方が高いと思います(最近はそうとも言い切れませんが)ので、受給期間(60歳以上~65歳未満で被保険者であった期間が20年以上なら240日)が同じであっても、もらえる金額には差が出ます。 まぁ、この場合はBさんも20年以上同じ会社で働いたという実績があるため、それほど大きな差はでないと思いますが。 だた、Bさんが30歳で転職したあと失業給付をうけて、さらに40歳で転職、また給付、50歳で転職と10年ごとに転職を繰り返し、そのたびに失業給付を受けていた場合は、同じ会社で定年60歳まで勤め上げた人とはかなり差がでます。 しかも、Aさんは退職金も多いだろうし、Bさんはそれほどでもないだろうし、というようなことを総合的に考えると、ずっと働きつづけていた人のほうが絶対に得だと思います。 というか、失業保険の金額で損得を計るのは難しいように思います。 失業した時点で既に損ですから(^^;)…。 働きつづけていた人は、その間ずっと給料がもらえるのですし。 失業したら、再就職できるかどうかも不確定ですし、自己都合で辞めた場合は待機期間(実際にお金が手元に入るのは約4ヶ月後)がありますし、満額受給するにはその間ずっと無職であるということが条件となりますし(つまり失業給付以外に収入がない)。 働かずして、お金がもらえるということだけを考えれば、魅力的に映るかもしれませんが、総合的に考えればそんなにオイシイ話ではないと思います。 また、離職しても失業給付を受けなければ、多分その期間は、被保険者であった期間として合算されると思いますが、自信はないです…。 給付の際にハローワークに問い合わせて見てください。 何度か失業してそのたびに給付を受けていた場合は、定年で退職した時の給付額はおそらく減ると思います。 しかも、受給金額はそれまでもらっていた離職前の賃金に基づいて計算されます。 (一日の給付金額の目安は、離職前の日... A ベストアンサー snakemenさん、はじめまして。 私も就職活動のため、職安に通っている者です。 回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。 基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。 ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。 (ですから、No. 2 の方のご回答には、誤解があると思います。 ) 給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。 ですから、給付制限終了後の最初の認定日の時に、給付制限期間中の就業状況を申告することになります。 この時に、給付制限期間が満了した日以後もアルバイトをしていると、その仕事をした日については、給付の繰り越しではなく、基本手当の替わりに 『就業手当』 として支給されることになります。 (支給要件に該当しないアルバイトの場合は、ただの繰り越しになります。 ) 就業手当 (or 早期就業支援金) は、基本手当日額の 30% (早期就業支援金の場合は 40%) しか支給されません。 就業手当の支給要件に該当するアルバイトでは、本人の意思に関係なく就業手当が支給されてしまいますので、意図的な繰り越しはできないようになっています。 また、そのアルバイトが継続的なものである場合、就職したと見なされ、基本手当の給付自体がストップする場合もあります。 (一般に、週20時間以上のアルバイトを 2週間以上継続していると、就職したと見なされるようです。 ただし、職安によっても判断が違うようですが。 ) 給付制限中にまとまったアルバイトをしていた場合は、そのアルバイトが今後も継続するものかどうか、職安での審議の対象になります。 その場合は、行っていたアルバイトが終了したものであることを証明するために、『退職証明書』 の提出を求められることがあります。 退職証明書の書式は、『受給資格者のしおり』 に添付されていると思いますので、会社の担当者に書いてもらっておくといいでしょう。 なお、給付制限中のアルバイト自体が就職したと見なされた場合 (第1回目の認定日が来る前に、アルバイトを開始した場合などは、その時点で就職と見なされることがあります。 ) は、アルバイトを辞めた後で、再度求職申込みの手続きが必要になります。 その場合でも、給付制限は、当初の期間が満了すれば終了しますので (就職の扱いになっても、給付制限期間はそのまま進行します。 )、給付制限の期間が過ぎていれば、改めて手続きをした時点から、直ぐに給付を再開できます。 snakemenさん、はじめまして。 私も就職活動のため、職安に通っている者です。 回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。 基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。 ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。 (ですから、No. 2 の方のご回答には、誤解があると思います。 ) 給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。 ですから、給付制... A ベストアンサー 自己都合なら、7日間の待期期間+3ヶ月の給付制限期間終了翌日から支給開始。 ですから、それを終えるまで1円たりとも支給されません。 待期が正しく、「待機」は間違い。 ハローワーク関連では、「待期」ですべて統一されてます。 ですが、再就職手当の可能性はあります。 ただし、給付制限期間1ヶ月目を終えるまではハローワーク紹介のみ。 それ以降は、自分で見つけたもの・ハローワーク紹介は不問。 それ以外に、各種条件がありますので・・・。 計算式などについても、例が図説されてます。 失業手当は、就職するまでの援助金です。 ですから、支給開始になれば「就職日前日」まで支給されます。 私は給付制限1ヶ月になる前に自己就職したので、「早期再就職手当」を貰いました。 (約2年前) A ベストアンサー 受給期間延長の手続きは、皆さんがおっしゃるとおり、手続きをしてみてください。 もうひとつ、耳よりな話を、 妊婦さんで離職する場合、離職日から出産予定日まで期間によっては、離職後に社会保険の育児休業手当てが、産前・産後6ヶ月位もらえたはずです。 これは、離職後でも自分で手続きができます。 ただし、医者の診断書が必要ですし、出産予定日と離職日が離れていると、受給資格がなくなるので、すぐに、最寄の社会保険事務所に問い合わせてください。 出産手当金も、あなたの給与金額によっては、ご主人から申請するよりも、ご自身で申請したほうが、多い金額をもらえる場合もあるので、調べる価値はあります。 しかし、ご自身の今年1月~8月までのボーナスも含めた給与の額面金額の総額が、130万円を越える場合、12月まで扶養に入れませんよ。 その場合は、離職後12月まで、健康保険の任意継続か、国民健康保険に加入するしなければなりませんし、国民年金の3号被保険者にもなれないので、9月~12月まで国民年金保険料も支払わなければなりません。 また、失業保険をもらっている間も、扶養には入れません。 自分で、国民年金と健康保険または、国民健康保険に加入しなければなりません。 扶養に入った段階で、失業保険の受給資格を失うとおもいます。 みなさん、それをだまーって受け取っていらっしゃるようですが、「失業保険は、その保険が受け取れないと生活できないに人のための保険なので、ほかの人に養ってもらう(扶養される)ひとは、保険金を受け取る必要がないだろう。 」とういうのが、国の考えみたいです。 受給期間延長の手続きは、皆さんがおっしゃるとおり、手続きをしてみてください。 もうひとつ、耳よりな話を、 妊婦さんで離職する場合、離職日から出産予定日まで期間によっては、離職後に社会保険の育児休業手当てが、産前・産後6ヶ月位もらえたはずです。 これは、離職後でも自分で手続きができます。 ただし、医者の診断書が必要ですし、出産予定日と離職日が離れていると、受給資格がなくなるので、すぐに、最寄の社会保険事務所に問い合わせてください。 出産手当金も、あなたの給与金額によって...

次の

失業保険を給付額を計算すると驚く結果に。ハローワークでは教えない真実

失業 保険 何 回 もらえる

1.失業保険は何日もらえる? 失業保険は何日間もらえるのか? 1日あたりの金額よりも、むしろこちらの方が気になる人が多いかも知れません。 失業保険が何日支給されるかは、会社を辞めた理由や、辞めたときの年齢、離職日時点でどのくらいの期間雇用保険に加入していたか?といった複数の要素で決定されます。 いくらもらえるのか不安です こう書くと難しそうですが、実際は単純な場合分けですので、悩む必要はありません。 失業保険がもらえる最低日数は90日、最高は330日となっています。 なお、例外的に、障害などで就職困難な場合、失業保険が360日支給されることがあります。 まず、退職理由による分類です。 自己都合退職で会社を辞めた場合、失業保険がもらえる日数は「雇用保険に加入していた期間」だけで決まります。 つまり、離職時の年齢については考慮されません。 65歳未満であれば、何歳であっても、同じです。 (失業保険は、離職時の年齢が65歳以上だと受給できません) 雇用保険の加入期間が10年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が10年以上20年未満・・・失業保険をもらえる日数は120日 雇用保険の加入期間が20年以上・・・失業保険をもらえる日数は150日 次に、会社都合退職や倒産などが理由で退職した場合です。 離職時の年齢が30歳未満の場合 雇用保険の加入期間が1年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が1年以上5年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が5年以上10年未満・・・失業保険をもらえる日数は120日 雇用保険の加入期間が10年以上20年未満・・・失業保険をもらえる日数は180日 離職時の年齢が30歳以上35歳未満の場合 雇用保険の加入期間が1年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が1年以上5年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が5年以上10年未満・・・失業保険をもらえる日数は180日 雇用保険の加入期間が10年以上20年未満・・・失業保険をもらえる日数は210日 雇用保険の加入期間が20年以上・・・失業保険をもらえる日数は240日 離職時の年齢が35歳以上45歳未満の場合 雇用保険の加入期間が1年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が1年以上5年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が5年以上10年未満・・・失業保険をもらえる日数は180日 雇用保険の加入期間が10年以上20年未満・・・失業保険をもらえる日数は240日 雇用保険の加入期間が20年以上・・・失業保険をもらえる日数は270日 離職時の年齢が45歳以上60歳未満の場合 雇用保険の加入期間が1年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が1年以上5年未満・・・失業保険をもらえる日数は180日 雇用保険の加入期間が5年以上10年未満・・・失業保険をもらえる日数は240日 雇用保険の加入期間が10年以上20年未満・・・失業保険をもらえる日数は270日 雇用保険の加入期間が20年以上・・・失業保険をもらえる日数は330日 離職時の年齢が60歳以上65歳未満の場合 雇用保険の加入期間が1年未満・・・失業保険をもらえる日数は90日 雇用保険の加入期間が1年以上5年未満・・・失業保険をもらえる日数は150日 雇用保険の加入期間が5年以上10年未満・・・失業保険をもらえる日数は180日 雇用保険の加入期間が10年以上20年未満・・・失業保険をもらえる日数は210日 雇用保険の加入期間が20年以上・・・失業保険をもらえる日数は240日 45歳以上、60歳未満のゾーンが一番優遇されていることがお分かりいただけると思います。 2.定年は自己都合退職?会社都合退職? 定年退職の場合、自分の意思に関係なく、その年齢に達したら会社を退職することになります。 さて、この場合、自分で辞めたくて辞めるわけではありませんから、会社都合退職の扱いとなるのでしょうか? 結論から言うと、残念ですが、定年退職は、自己都合退職と同じ扱いとなります。 つまり、失業保険がもらえる日数は、雇用保険の加入期間により、90日から150日の範囲となります。 定年退職される本人としては、何だか理不尽な扱いを受けたように感じるかも知れません。 しかし、会社都合退職として扱われるのは、「倒産や解雇などが理由で、『再就職の準備をする時間的な余裕もなく』離職を余儀なくされた場合」とされています。 定年退職の場合、年齢という予測可能な理由で退職となるのですから、この「再就職の準備をする時間的な余裕もなく」という条件を満たしていないのです。 このため、定年退職の場合は失業保険は自己都合退職を同じ日数しかもらうことはできないのです。 話が少しずれますが、定年退職された方の場合、そもそも失業保険をもらえないと思い込んでいる方も多いです。 しかし、これは勘違いです。 全く仕事をする気がないというのであれば、失業保険をもらうことはできないのですが、定年退職後であっても仕事を探す気があるのなら、遠慮なく失業保険を申請しましょう。 定年退職されたのであれば、雇用保険の加入年数もそれなりのことが多いでしょうから、失業保険も120日、150日といった期間もらえる人が多いはずです。 「定年退職したのだから、失業保険はもらえない」と思い込んで、もらえるはずだった給付金を取りこぼすのは本当にもったいないことです。 定年退職でも、失業保険はもらえる。 忘れないようにメモしておきましょう。 3.就職困難者と個別延長給付 失業保険の受給日数が60日延びるという、ボーナスをもらえる人がいます。 この延長措置は、個別延長給付といいます。 失業保険を330日もらえる人がこの個別延長給付を受けた場合、何と1年以上に渡って失業保険を受給し続けることが可能になります。 個別延長給付を受ける条件ですが、下記のようになっています。 ・倒産、解雇による離職者である ・雇い止めによる離職者である ・離職時の年齢が45歳未満である ・再就職が困難であると、ハローワークが判断した 原則は上記の通りですが、一番やっかいなのが最後の「再就職が困難であると、ハローワークが判断した」です。 条件があいまい過ぎて、どういう状況であれば個別延長給付を受けられるのか、さっぱり分からないという人が多いでしょう。 実際に個別延長給付を受けた人の傾向を見ると、これは「真面目に求職活動をこなしていた」ことが条件になるようです。 つまり、頻繁に企業に履歴書を送付し、面接に臨んでいたような場合を指します。 こういった「真面目な転職活動」をしても、なお再就職先が決まっていないという状況で「再就職が困難である」と認められるのです。 単に、「面倒なので転職活動は失業保険をもらえる最低回数しかやっていなかった」ような場合だと難しいと考えて下さい。 そのほか、特別に失業保険の受給日数が増えるのが、「障害者などの就職困難者」です。 「障害者などの就職困難者」とは、身体の障害、知的障害を指します。 その他、社会的要因で再就職が著しく阻害されている人も含みます。 この場合、下記のように失業保険を受給する日数が増えます。 離職時の年齢45歳未満 被保険者期間1年未満・・・150日 被保険者期間1年以上・・・300日 離職時の年齢45歳以上65歳未満 被保険者期間1年未満・・・150日 被保険者期間1年以上・・・360日 個別延長給付を受けられれば、さらに失業保険は増えますが・・・ 4.まとめ ・失業保険をもらえる日数は、雇用保険加入期間、辞めたときの年齢、退職理由によって大きく変わってくる。 会社都合退職が、自己都合退職より圧倒的に有利。 ・定年退職した場合でも、失業保険はもらえる(65歳未満の場合)。 しかし、失業保険をもらえる日数は自己都合退職した場合と同じ日数となる。 ・失業保険を増やすあまり知られていない方法が個別延長給付。 しかし、条件が多いため、狙って受給するのは難しい。 失業保険は、辞めたときの年齢や雇用保険加入期間に大きく左右されます。 ということは、あと少しで失業保険が増えるラインにいる人は今すぐ辞めては損をします。 退職後は当然ですが、給与という安定収入を失います。 もらえるお金は少しでも多い方がよいのですから、事前の情報収入はしっかりと行いましょう。 投稿者 投稿日: カテゴリー 投稿ナビゲーション.

次の