パロアルトネットワークス 決算。 パロアルトネットワークス【PANW】クラウド型の次世代セキュリティプラットフォーム

【PANW】サイバーセキュリティ企業のパロアルトネットワークスが四半期決算を発表

パロアルトネットワークス 決算

次世代ファイアウォールなどサイバーセキュリティ製品を扱うパロアルトネットワークスが四半期決算を発表しました。 パロアルトネットワークス(PANW)の概要 パロアルトネットワークス(Palo Alto Networks, Inc. )は、ネットワーク用セキュリティー・ソリューションのプロバイダー。 アプリケーションの識別と制御、コンテンツのスキャンによる脅威の防止、データ漏えいの防止、アプリケーション、ユーザー、コンテンツの総合的な可視化を実現するファイアウォールを提供。 世界中で事業を展開。 パロアルトネットワークスはサイバーセキュリティ製品を扱う企業です。 昨今、ランサムウェアやデータ漏洩などますます物騒になってきていますから、パロアルトネットワークスのようなセキュリティ企業の需要は高まっていると思います。 パロアルトネットワークスはネットワークセキュリティ、エンドポイントセキュリティ、クラウドセキュリティを提供し、さらにサードパーティと連携してより広範なクラウド向けのセキュリティプラットフォームを構築しています。 クラウドがIT基盤のデファクトとなった今、クラウド上でアプリ開発とサービス提供をする企業は増え続けるでしょう。 パロアルトネットワークスの価値はさらに増していくでしょうね。 パロアルトネットワークスの2018年第3四半期決算• EPS: 0. 99ドル(予想を0. 03ドル上回る)• 売上高: 5. 671億ドル(予想を2,142万ドル上回る)• ガイダンス:Q4 売上高 6. 25〜6. 35億ドル(予想:6. 18億ドル)• ガイダンス:Q4 EPS 1. 15〜1. 17ドル(予想:1. 21ドル)• ガイダンス:2018年通期 売上高 22. 4〜22. 5億ドル(予想:22. 1億ドル)• ガイダンス:2018年通期 EPS 3. 86〜3. 89ドル(予想:3. 89ドル) パロアルトネットワークスのFY2018年Q3の決算は、EPS・売上高がコンセンサス予想を上回りましたが、ガイダンスはEPSが予想と比べて弱気でした。 売上高は大きく伸びそうですが利益面で不安が残ります。 パロアルトネットワークスといえば、先日に元ソフトバンクのアローラ氏がCEOに就任すると発表されたばかりですね。 アローラ氏の就任によりパロアルトネットワークスのさらなる成長に期待が募りますね。 株価の推移を見てみると、2015年後半までは好調な推移でしたが、2016〜2017年あたりがちょっと停滞していますね。 しかし2017年に入ってからは再び上昇トレンドを描いています。 この勢いがどこまでキープできるかが見ものです。 671億ドルでした。 全体的にQ3決算は好調だったと思いますね。 売上高の内訳(単位:百万ドル) パロアルトネットワークスの売上高の内訳は、大きくは製品とサブスクリプション&サポートの2つです。 バランスよく伸びていますね。 EPSの成長率 非GAAPでのEPS推移と成長率を見てみます。 FY16Q4〜FY17Q3まではおよそ0. 6ドル前後でしたが、その翌四半期に0. 9ドル台にまで伸びましたね。 FY18Q1でちょっと下げてますがその後は再び0. 9ドル台に戻しました。 このまま順調に成長するかどうかですね。 売上高に対する各コストはほぼ横ばい 売上高に対する営業費、研究開発費、販管費の割合を見てみます。 あまり大きな変化はしていませんが、しいて言えば少しずつ減少しているようにも見えます。 これらもほぼ横ばいですね。 コスト的には大きく増えることもなければ削減されることもない状況のようです。 Q3決算は好調でしたが、Q4ガイダンスと年間ガイダンスでEPSが予想に届かなかったのが嫌気されたのでしょうか。 パロアルトネットワークスは投資対象としても興味あるのですが、状況がはっきりするまでは投資は待とうと思います。

次の

パロアルトネットワークス 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

パロアルトネットワークス 決算

このレポートのまとめ• セールスフォース(CRM)の決算はガイダンスが予想を下回った• ティファニー(TIF)の決算は予想を下回った• スプランク(SPLK)の決算は予想を上回った• ズオラ(ZUO)の決算は予想を上回った• ワークデイ(WDAY)の決算は予想を上回った• 7億ドルに対し33. 9億ドル、売上高成長率は前年同期比+25. 6%でした。 アンアーンド・レベニューは+25%の53. 8億ドルでした。 ガイダンスは+20%でした。 第4四半期の1株利益(EPS)は予想57セントに対し新ガイダンス54~55セントが、売上高は予想35. 3億ドルに対し新ガイダンス35. 51~35. 61億ドルが提示されました。 2020年度の売上高は+20~21%成長を見込んでいます。 それは金額に直せば159~160億ドルです。 コンセンサス予想は158. 5億ドルです。 5億ドルに対し10. 1億ドル、売上高成長率は前年同期比+3. 7%でした。 既存店売上比較は+2%でした。 日本、欧州、米国における中国人観光客の来店鈍化が響きました。 2019年度の1株利益(EPS)は予想4. 83ドルに対し、これまでのガイダンス4. 65~4. 80ドルが堅持されました。 既存店売上比較は+5%前後(旧ガイダンスは+7%前後)、売り場面積は+2%、新規出店は差し引き10店舗、営業マージンは2018年度より若干下がると見込んでいます。 56億ドルに対し8. 61億ドル、売上高成長率は前年同期比+0. 2%でした。 既存店売上比較はホリスターが+4%、アバークロンビーが+1%でした。 米国既存店売上比較は+6%でした。 ネット通販は+16%でした。 欧州市場には回復の兆しが見えます。 グロスマージンは61. 3%でした。 これは去年同期に比べて40ベーシスポイント悪化しました。 第4四半期に関して既存店売上比較は「一桁台の下の方」というガイダンスが示されました。 コンセンサス予想は+1. 3%です。 34億ドルに対し4. 81億ドル、売上高成長率は前年同期比+40. 4%でした。 ソフトウェア売上高は+49%の3. 25億ドルでした。 ノンGAAP営業マージンは13. 6%でした。 第4四半期の売上高は予想5. 57億ドルに対し、新ガイダンス5. 6億ドルが提示されました。 ノンGAAP営業マージンのガイダンスは25~26%が提示されました。 スプランクのデイブ・コンテCFOは2020年3月をもってリタイアすると発表しました。 2020年度の売上高は、予想21億ドルに対し新ガイダンス21. 5億ドルが提示されました。 8%でした。 年間契約額で10万ドルを超える大口顧客数は504でした。 これは前年同期比+30%、前期比+6%でした。 ドルベースのリテンション率は115%でした。 チャーン(顧客離反率)の低下とアップセルの好調が原因でした。 ズオラ決済システムを利用した顧客の請求額は86億ドルで前年同期比+37%でした。 第4四半期1株利益(EPS)は予想-12セントに対し新ガイダンス-12から11セントが、売上高は予想6,050万ドルに対し新ガイダンス6,230~6,330万ドルが提示されました。 23億ドルに対し7. 43億ドル、売上高成長率は前年同期比+33. 8%でした。 サブスクリプション売上高は+34. 7%の6. 24億ドルでした。 ちなみに第2四半期は+30. 2%でした。 サブスクリプション売上高受注残は+31. 0%の59億ドルでした。 ちなみに第2四半期は+26. 0%でした。 営業キャッシュフローは1. 14億ドルでした。 フリー・キャッシュフローは5,890万ドルでした。 2019年度のサブスクリプション売上高ガイダンスは、これまでの23. 41~23. 48億ドルを23. 75~23. 77億ドルに引き上げます。 <リスク> 米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。 米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。 )や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。 国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。 なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。 本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。 本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。 本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。 本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。 当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。 銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。 なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。 内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

次の

パロアルト・ネットワークス(Palo Alto Networks Inc)(PANW):株価 (無配)|アメリカ株(米国株) | 投資の森

パロアルトネットワークス 決算

2017-11-29 15:31 Palo Alto Networksの売上高・キャッシュフローなどの最新データを整理 Palo Alto Networksの特徴は高いフリーキャッシュフロー・マージン。 売上高成長率+FCFマージンが60を超える。 セキュリティベンダーの多くは全体的にFCFマージンが高い ファイアウォールなどのプロダクト販売にサブスクリプション製品をバンドルしている。 競合のセキュリティベンダーのFortinet NASDAQ:FTNT も伸びているが、Palo Alto Networksの伸びが著しい。 詳しい補足情報は徐々に追記していく。 7M フリーキャッシュフロー・マージンがガタついてるが、以下を参照の上。 20 5GおよびIoT移行に向けた次世代ファイアウォールを2019年には利用可能になる予定。 パロアルトネットワークスによると業界で唯一5GとIoTのセキュリティ要件を満たす企業とのこと。 10月にRedLockを1億7300万ドルで買収。 RedLockはデータを露呈するような危険なユーザエラーを監視・保護するクラウド・セキュリティサービスで、以前3億ドルで買収していたパブリッククラウド向けセキュリティのEvident. ioと相補的な組み合わせで、この2社のサービスを2019年1月には統合完了するという。 ニケシュ・アローラCEO「多くの顧客と話し合ってきたが彼らはハイブリッド・クラウド、マルチクラウド環境について話したがる。 誰もクラウド環境を長期的にどう落とし込んでいくかまだはっきりしていないからね。

次の