納骨堂 神奈川。 久保山清苑(納骨堂)|神奈川霊園・墓地探し

墓地や霊園、納骨堂なら神奈川県川崎市にある高級公園墓地の春秋苑

納骨堂 神奈川

宗教・宗派を問いません。 その後に改宗される必要もございません。 永代使用型と期限付使用型 後継者のいない場合等 からお選びいただけます。 参拝ホールで墓参用参拝ブースをご利用いただき故人様のお写真などを見ながらお参りいただけます。 流行の機械式納骨堂はありません。 春秋苑ではご遺骨は大切に人の手で扱われるものと考えております。 納骨や法事等特別なお参りの際には特別参拝室でご遺骨を前にお参りいただけます。 要予約• 将来建て替えの必要が生じた場合には、責任を持って新たな施設を建立致しますのでご安心してお求めいただけます。 屋内型の納骨堂ですので天候を気にすることなくお参りいただけます。 小田急生田駅から徒歩10分の立地(無料送迎バス有)。 東京都内からも非常に好アクセスな立地です。 バリアフリーの安心設計 鈴木エドワード氏のデザイン・監修• 一体型施設の青蓮堂では、葬儀や法事、会食などを行うことが可能です。

次の

横浜市(神奈川県)の納骨堂

納骨堂 神奈川

管理費を支払い続ければ個別安置期間延長可。 家族壇ロッカー式 Bタイプ 600,000円 ~ 9,000円 有 通常33年後合祀。 管理費を支払い続ければ個別安置期間延長可。 家族壇ロッカー式 新Bタイプ 650,000円 ~ 9,000円 有 通常33年後合祀。 管理費を支払い続ければ個別安置期間延長可。 夫婦壇ロッカー式 Cタイプ 400,000円 8,000円 わずか 通常33年後合祀。 管理費を支払い続ければ個別安置期間延長可。 その後、合祀墓に移されます。 歴史は古く、江戸時代に創建され現在は檀信徒の要望により、より使いやすく斬新なお寺として誕生しました。 JR「茅ヶ崎駅」からバスで約8分、好立地にある納骨堂。 駐車場から納骨堂内に至るまですべてがバリアフリーとなっており、参拝しやすい仕様となっています。 屋内納骨堂のため、天候に影響されず、365日いつでも参拝できます。 後継者がいなくなっても、お寺が永久的に供養するため無縁仏となる心配がありません。 通常33年後合祀。 管理費を支払い続ければ個別安置期間延長可。 その後、合祀墓に移されます。

次の

横浜市神奈川区にある納骨堂「神奈川聖堂」が無許可営業で行政指導・本店所在地は横浜市戸塚区、納骨場所は神奈川県三浦市の「ベイサイド三浦浄苑」

納骨堂 神奈川

瑞光院ホームページより 2018年10月、納骨堂内のロッカー型の位牌壇で「位牌だけでなく、実は許可が必要な遺骨約500柱も預かっていました」と瑞光院側から連絡があり、無許可状態であったため許可を取るよう行政指導を行ったということです。 墓地埋葬法に違反 墓地埋葬法では、墓地や納骨堂を経営しようとするものは都道府県知事などの許可が必要と定めています。 瑞光院の関係者によると、2000年ごろから、位牌壇を納骨可能として1基約60万円で販売したということで、500基分約3億円を無許可で販売していたことになります。 位牌壇は骨壺が入る大きさではないため、骨壺は敷地内の倉庫で段ボール箱に入れてずさんに保管されていたということです。 ベイサイド三浦浄苑ホームページより 本来であれば、違法性を指摘する声があがった段階で許可申請をすればよいはずですが、遺族に知らせることもなく勝手に遺骨を移転させるという倫理観にはあきれるばかりです。 その間にお参りに行っていた人は、「実はここにお骨がなかった」とは夢にも思わないことでしょう。 そしてなによりこの会社(瑞光院)は、2018年11月以降「横浜市と協議している」などと記した紙を施設内に貼っただけで、利用者にはなんの説明もしていないのです。 瑞光院の本店所在地と管理会社 問題となっている瑞光院は神奈川区で運営する納骨堂から離れた横浜市戸塚区内の住宅地で檀家を抱えた寺院を運営していましたが、2011年頃に本堂は解体され跡地には民家が建てられているため現在お寺はありません。 法人データバンクで調べてみると、本店は神奈川県横浜市戸塚区平戸町1093番地にあります。 ここは普通の一軒家なので、宗教法人代表関係者の自宅兼事務所だと思われますが、2015年に新規で登記されているのが気になります。 また同じく瑞光院が運営しているとされる「ベイサイド三浦浄苑」を調べてみると、株式会社相和石材という名前が出てきます。 株式会社相和石材のwebサイトは稼働していませんが、他サイトの業務内容に「墓所・墓地・墓石の販売、霊園の管理」と書かれていますので、ベイサイド三浦浄苑の管理をしている会社のようです。 であれば、瑞光院が違法に遺骨を移転していたことを知っていたはずです。 なぜなら霊園に埋蔵するためには埋蔵・収蔵場所が記載された「火葬埋葬許可証」が必要になるためです。 誰にも知らされることなく販売を継続 本日(2019年5月9日)現在、神奈川聖堂のサイトにもベイサイド三浦浄苑のサイトにも、本件についての説明や弁明、謝罪文などは何も記載されずに引き続き納骨堂や霊園の販売を行っています。 このニュースを知らなければ、ずさんな会社であることに気付くことなく購入してしまう利用者が出てくることは間違いありません。 ですが、このニュースを知る人が多すぎれば解約などで倒産してしまい、現在の利用者に不利益があるかもしれません。 こういったことを回避するためには、公営の墓地霊園を利用する以外に方法はありませんし、やはりそれがもっともおすすめです。 東京都の公営墓地なら小平霊園 区画を購入するには多額の費用が掛かりますが、小平霊園では公営にしてはめずらしく割安な樹木葬などの合同墓が選べます。 (松戸霊園にもあります) 樹林葬なら4万円台から利用出来て、公営にもかかわらず競争倍率は3倍~と当選しやすいのも大きなポイントです。 都内在住でなければ都立霊園は利用できませんが、その他都道府県にも公営墓地はありますので、ぜひ積極的に調べてみてください。 もちろん散骨という供養もサンコツオンラインではおすすめです。 参照元:.

次の