ソフトバンクair 2gと5gの違い。 【写真付き】SoftBank Airの使い方・設定方法をわかりやすく解説!

WiFiの「5G」「2G」の違いは?どちらがいいのか?

ソフトバンクair 2gと5gの違い

【Wi-Fiルーター】2. 4GHzと5GHzの違いについて Wi-Fiで使用される無線電波の帯域のことを指します。 4GHzと5GHzではそれぞれ以下の特徴があります。 <短所> ・色々な製品で使用されている無線帯域なので、 混雑して不安定になりやすいです。 <長所> ・壁や床などの障害物に強く、 電波が遠くまで届きやすい。 ・ 各Wi-Fi端末が対応している。 <短所> ・2. 4GHzと比較して壁や床などの障害物に弱く、 通信距離が長くなると電波が弱くなります。 ・旧世代のWi-Fi端末の場合、5GHzに対応していない場合があります。 <長所> ・基本的にルーター以外で使用されない帯域なので、 非常に繋がりやすく安定 しています。 4GHzと比較して、より 高速な通信が可能です。 4GHz、5GHzと周波数が分かれている無線電波には 「IEEE 802. 11」のような正式名称(Wi-Fi規格の名称)があります。 Wi-Fi 規格名により周波数、最大通信速度などが変わります。 以下の表に記載しておりますので、ご参照ください。 Wi-Fi規格名 最大通信速度 周波数 新呼称 IEEE 802. 11a 54Mbps 5GHz 帯 - IEEE 802. 11b 11Mbps 2. 4GHz 帯 - IEEE 802. 11g 54Mbps 2. 4GHz 帯 - IEEE 802. 11n 600Mbps 2. 4GHz 帯 5GHz 帯 Wi-Fi 4 IEEE 802. 11ac 6. 9Gbps 5GHz 帯 Wi-Fi 5 IEEE 802. 11ax 9. 6Gbps 2. Q. 2. 4GHzと5GHzは同時に使用できますか? A. 以下に、親機(ルーター)・子機(Wi-Fi端末)の違いを含めて記載します。 【無線 親機】 2. 4GHzと5GHzを同時に発信できます。 4GHzと5GHzの両方に対応した製品に限ります。 【無線 子機】 原則として、無線機器1台につき、1つのSSIDにのみ接続できます。 Q. 5GHzに対応している端末(パソコン・スマートフォン等)を持っている場合、 必ず5GHzで利用した方がいいですか? A. 必ずしも5GHzにした方がよいわけではありません。 4GHz、5GHzではそれぞれ 長所や 短所があり、 ご利用の環境に応じてご利用の帯域を選択した方が良い場合があります。 たとえば、5GHzは2. 4GHzに比べて壁や床などの障害物に弱い為、 ご利用の環境がそのような状態であれば、2. 4GHzでご利用いただくほうが、 安定し速度が出る、といった場合もございます。 それぞれの帯域の特徴は、以下をご確認ください。 <ご参考> 1)どのSSIDに接続したらいいのか?(弊社製品の場合) こちらのリンク先をご参照ください。

次の

SoftBank Airの2Gと5Gの違いを解説!通信速度的にどっちがおすすめなの?【ソフトバンクエアー】

ソフトバンクair 2gと5gの違い

5GHz) TDD-LTE 3. 5GHz 4GLTE方式 FDD-LTE 2. 1GHz 通信速度 下り最大962Mbps WiFi IEEE 802. 3Gbps WiFi最大接続 64 通信速度は下り最大962Mbps 現在主流のソフトバンクエアー3と最大速度を比較してみました。 Airターミナル機によって、最大速度が違いますね。 やはり最大のポイントはココでしょう。 下り最大962Mbpsであれば、光回線とさほど変わらない速度も期待できます。 Airターミナル3 350Mbps Airターミナル4 481Mbps (一部エリアで962Mbps) しかし、現状最大962Mbpsの速度で利用できる地域はほんの一部のようで。 比べるインターネット管理人ピカコ調べでは、東京23区内でも千代田区・中央区・台東区・墨田区・葛飾区の一部エリアのみ(令和元年8月1日現在) が本格的に始動したら、もっとエリア拡大されるのではないでしょうか。 「遅い」ばかりTwitter上に上がっていたソフトバンクエアーの評判も、徐々に「速い」に解消されていくかもしれません。 上戸彩さんや竹内涼真さんが登場するソフトバンクのCMで「みんな家族」というフレーズを聞いた事がある方も多いと思いますが。 まさにその通りで、同じ屋根の下に暮らしている人は「みんな家族」として家族割を適用することができるのが、ソフトバンクの大きな特徴の一つなのです。 シェアハウスに暮らしている人や、パートナーでもOK。 みんな家族割で、スマホ代を更にお得にすることができます。 30分以内の作業料が無料。 作業によっては、部品代や特殊作業代・延長料などが発生しますが、もしもの備えとして嬉しい特典です。 なくてもいいけど、あったら嬉しいサービス。 それぞれ、電力エリア内のソフトバンク・ワイモバイルショップで申し込み可能です。 ソフトバンクエアー4の申込は代理店がお得 ソフトバンクエアー4の契約・申込は、ショップよりも断然お得な代理店のキャンペーンサイトがおすすめです。 自宅で電話で申し込みをし、数日でソフトバンクエアーターミナルも届き、すぐにWiFi環境が整います。 実際には、 どこで申し込んでも、月額料金に変わりはありません。 上位の代理店NEXTとアウンカンパニーと違い、キャンペーン特典は普通為替で届きます。 郵便局でわざわざ期日内に現金に替えなければなりません。 信頼のおけるソフトバンクグループのYahoo! BBですが、少し面倒なので、第3位に。 まとめ 以上、ソフトバンクエアー4について紹介してきました。 公式サイトでも、しれっと画像が変わっていて、情報がまだまだ少ないのがもどかしいですが、今後は5Gの普及とともにソフトバンクエアー4が主流となっていくはずです。 今後もTwitterなどの情報に目を光らせて、評判調査し、アップしたいと思います。

次の

SoftBank Airの2Gと5Gの違いを解説!通信速度的にどっちがおすすめなの?【ソフトバンクエアー】

ソフトバンクair 2gと5gの違い

周波数帯域とは、 電波の周波数の範囲を表します。 この範囲が広いほど、一度にたくさんのデータをやりとりできます。 「周波数帯」や「帯域」などとも呼ばれます。 4GHz帯」の特徴 2. 4G帯は、ほとんどのWi-Fi機器で利用できる帯域です。 下の図は、2. 4G帯で使用される「 チャネル(チャンネル)」を表しています。 チャネル(チャンネル)とは、通信に使われる電波の領域を細分化したものです。 Wi-Fiで通信する機器どうしでチャネルを合わせる必要があります。 4G帯でのチャネルの重なり これを見ると、 各チャネルが重なる部分があることが分かります。 そのため、 複数のWi-Fi機器を利用すると電波干渉を起こして通信が不安定になる可能性が高くなるのです。 この問題を避ける(使用チャネルが重ならないようにする)には、たとえば「1,6,11」チャネルを各機器の通信に利用するなどの対応が必要です。 5GHz帯で使用されるチャネルも図にしてみました。 5GHz帯はチャネルが重ならない これを見ると、 各チャネルが重なっていないことが分かります。 また、5GHz帯の電波はWi-Fiに無関係な 他の家電などではほとんど利用されていないため、 電波干渉が起こりにくいのです。 さらに、5GHz帯では 隣り合う複数のチャネルを束ねて利用できるため、 高速な通信が期待できます。 なぜなら、冒頭でも書いたように、『周波数帯域(電波の周波数の範囲)が広いほど、一度にたくさんのデータをやりとりできる』からです。 ただ、5GHz帯にも欠点はあります。 それは、壁や床などの 障害物に弱いこと。 たとえば、鉄筋コンクリート造りの家屋でいくつかの部屋を隔てる場合などは、電波が届きにくいかもしれません。 いずれにしても、2. 4GHz帯に比べて 5GHz帯のほうが高速で安定した通信が期待できます。 ただ、状況に応じた使い分けも必要です。 両方の周波数帯域が使える機器でWi-Fiを利用する際には、まず5GHz帯で接続してみて、思わしくないなら2. 4GHz帯に切り替えるなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

次の