46 歳 平均 年収。 45歳~49歳の平均年収・給料【男女、大卒短大卒高卒、企業規模別】

東証1部上場企業の平均年収|給料.com

46 歳 平均 年収

46歳の年収 まずは46歳の額面の年収と給料を調べます。 国税庁の調査によると全国の会社員の平均年齢は45. 6歳で平均年収が485万円となっています。 この調査結果を元に46歳の会社員の平均年収を計算すると489万円で、一月分の給料は29. 8万円になります。 上場企業で46歳の場合 上場企業の会社員の場合、平均年齢は40. 1歳で平均年収が649万円になります。 この平均年齢と平均年収を元に上場企業で46歳の会社員の平均年収を計算すると746万円で、一月分の給料は45. 5万円になります。 こうやって見ると上場企業と非上場企業の年収は結構違いますね。 続いて46歳の全国平均の年収489万円の場合と上場企業の平均の年収746万円の場合の住民税、所得税、手取り額の計算をしてみます。 給与所得控除を計算する まずは給与所得控除を計算します。 スポンサーリンク 住民税と所得税の控除合計額を計算する 続いて給与所得控除、社会保険料控除、基礎控除を合計して住民税と所得税の控除合計額を計算します。 年収489万〜746万円の場合の住民税控除の合計額を計算するとこのようになります。 75万円 695万円まで 20% 42. 75万円 900万円まで 23% 63. 6万円 1800万円まで 33% 153. 6万円 4000万円まで 40% 279. 6万円 4000万円以上 45% 479. 6万円 となっています。 それぞれの年収ごとの所得税額を計算するとこのようになります。 年収489万円 46歳の全国平均 :課税対象額 230万円 x 10% - 9. 2万円 年収746万円 46歳の上場企業平均 :課税対象額 408万円 x 20% - 42. 8万円 専業主婦の妻がいる場合などは配偶者控除が使えて住民税と所得税が安くなります。 配偶者控除の制度は平成30年度から新しくなっていて、給与所得控除後の夫の所得が900万円(年収1120万円)・950万円(年収1170万円)・1000万円(年収1220万円)を境に控除額が変わるようになっています。 住民税の配偶者控除は所得が900万円以下なら33万円、950万円以下なら22万円、1000万円以下なら11万円となるので、それぞれの年収ごとの住民税額はこのようになります。 4万円(3. 2万円(3. 3万円の差額) また、所得税の配偶者控除は所得が900万円以下なら38万円、950万円以下なら26万円、1000万円以下なら13万円となるので、所得税額はこのようになります。 6万円(3. 65万円の差額) 年収746万円 46歳の上場企業平均 :課税対象額 370万円 x 20% - 42. 2万円(7. 6万円の差額) 配偶者控除のある場合の住民税と所得税を計算するとこのようになります。 年収489万円 46歳の全国平均 :住民税 20. 4万円 + 所得税 9. 6万円= 30万円(6. 95万円の差額) 年収746万円 46歳の上場企業平均 :住民税 38. 2万円 + 所得税 31. 2万円= 69. 4万円(10. 9万円の差額) 児童手当は2歳までは月額1. 5万円、3歳から中学生までは月額1万円がもらえます。 これは大きいですね。 たとえば専業主婦の奥さん、高校生の息子、中学生の娘がいた場合、住民税の配偶者控除33万円と扶養控除33万円で合計66万円の控除になるので住民税はこのようになります。 1万円(6. 9万円(6. 6万円の差額) 所得税の場合は配偶者控除38万円と扶養控除38万円で合計76万円の控除になるのでこのようになります。 7万円(5. 55万円の差額) 年収746万円 46歳の上場企業平均 :課税対象額 332万円 x 20% - 42. 6万円(15. 2万円の差額) この場合の住民税と所得税の合計額はこのようになります。 年収489万円 46歳の全国平均 :所得税 7. 7万円 + 住民税 17. 1万円 = 24. 8万円(12. 1万円の差額) 年収746万円 46歳の上場企業平均 :所得税 23. 6万円 + 住民税 34. 9万円 = 58. 5万円(21. 8万円の差額) また、中学生の娘については扶養控除はありませんが、児童手当で月額1万円=年間で12万円もらえます。 中学生以下なら児童手当をもらえるので、保育園児・幼稚園児・小学生のお子さんがいる場合も同じです。 年収489万〜746万円の場合の手取り額を計算するとこのようになります。 年収489万円 46歳の全国平均 :年収489万円 - 社会保険料 69. 6万円 - 所得税 13. 2万円 - 住民税 23. 8万円 - 住民税 41. 年収489万円 46歳の全国平均 :年収489万円 - 社会保険料 69. 6万円 - 所得税 9. 6万円 - 住民税 20. 95万円の差額) 年収746万円 46歳の上場企業平均 :年収746万円 - 社会保険料 106万円 - 所得税 31. 2万円 - 住民税 38. 9万円の差額) さらに高校生の子どもの扶養控除がある場合はこんな感じになります。 年収489万円 46歳の全国平均 :年収489万円 - 社会保険料 69. 6万円 - 所得税 7. 7万円 - 住民税 17. 1万円の差額) 年収746万円 46歳の上場企業平均 :年収746万円 - 社会保険料 106万円 - 所得税 23. 6万円 - 住民税 34. 8万円の差額) スポンサーリンク 企業ごとの46歳の年収と手取り 続いて各上場企業の平均年齢と平均年収を参考に、46歳で年収300万〜800万円の企業を調べてみました。 46歳で年収800万円の企業 会社名 都道府県内ランキング 平均年収 手取り 821万円 607万円 817万円 605万円 810万円 600万円 809万円 600万円 805万円 597万円 800万円 594万円 800万円 594万円 800万円 594万円 800万円 593万円 794万円 590万円 793万円 589万円 786万円 585万円 785万円 584万円 785万円 584万円 782万円 583万円 782万円 582万円 781万円 582万円 779万円 580万円 778万円 580万円 776万円 579万円 46歳で年収700万円の企業 会社名 都道府県内ランキング 平均年収 手取り 724万円 546万円 724万円 546万円 723万円 545万円 721万円 544万円 721万円 544万円 714万円 539万円 710万円 537万円 707万円 535万円 707万円 535万円 704万円 533万円 703万円 532万円 700万円 531万円 695万円 527万円 695万円 527万円 693万円 526万円 689万円 524万円 688万円 523万円 683万円 520万円 682万円 519万円 682万円 519万円 46歳で年収600万円の企業 会社名 都道府県内ランキング 平均年収 手取り 624万円 480万円 619万円 477万円 618万円 476万円 617万円 475万円 617万円 475万円 616万円 475万円 612万円 472万円 607万円 468万円 606万円 467万円 605万円 467万円 603万円 465万円 603万円 465万円 595万円 460万円 592万円 457万円 590万円 456万円 589万円 455万円 588万円 454万円 585万円 452万円 583万円 451万円 583万円 450万円 46歳で年収500万円の企業 会社名 都道府県内ランキング 平均年収 手取り 522万円 407万円 521万円 405万円 517万円 403万円 516万円 402万円 515万円 402万円 515万円 401万円 513万円 400万円 512万円 399万円 509万円 397万円 508万円 396万円 507万円 396万円 506万円 395万円 506万円 395万円 504万円 394万円 503万円 393万円 502万円 392万円 496万円 388万円 488万円 382万円 488万円 382万円 486万円 380万円 46歳で年収400万円の企業 会社名 都道府県内ランキング 平均年収 手取り 424万円 335万円 424万円 335万円 422万円 334万円 422万円 333万円 421万円 332万円 420万円 332万円 417万円 330万円 415万円 328万円 413万円 327万円 413万円 326万円 412万円 326万円 408万円 323万円 402万円 318万円 401万円 318万円 392万円 310万円 391万円 310万円 390万円 309万円 383万円 304万円 377万円 299万円 375万円 298万円 46歳で年収300万円の企業 会社名 都道府県内ランキング 平均年収 手取り 325万円 259万円 312万円 249万円 305万円 244万円 301万円 241万円 292万円 234万円 288万円 231万円 276万円 222万円 まとめ 今回は46歳の年収を調べてみました。 他の年齢についてもまとめていますので、よろしければそちらもご覧ください。 年齢ごとの平均年収 年齢 全国の平均年収 上場企業の平均年収 46歳 489万円(手取り383万円) 746万円(手取り560万円) 人気の記事•

次の

40歳代の平均年収は500万円!女性や中小企業ではいくら?

46 歳 平均 年収

兵庫県の平均年収 厚生労働省や総務省のサイトを参考に兵庫県について色々調査しました。 参照: 兵庫県は、 平均年収: 476. 8万円 年収中央値: 417万円 月収: 29. 8万円 兵庫県の賃金は29. 8万円で他県と比較すると平均より高めの賃金です。 また他県と同様に業種による年収の格差が目立ちますが、鉱業・採石業・砂利採取業は各世代とも平均年収は高く20~24歳は530. 4万円でした。 ただ鉱業・採石業・砂利採取業の25~29歳の平均年収は331. 4万円と、なぜか20~24歳より大幅に下がっています。 兵庫県の平成26年度の県内総生産は名目で約19兆7881億円で実質で約21兆6295億円で、兵庫県の経済成長率は名目と実質でそれぞれ3. 3%と1. 8%の増加でした。 兵庫県の県民所得は15兆7567億円で対前年度比で2. 1%の増加で、兵庫県の1人当たりの県民所得は284万円で都道府県別ランキングでは23位で、対前年度比で2. 4%のプラスで3年連続の増加でした。 兵庫県の農業産出額は1476億円で部門別構成比は米作が30%を占め、兵庫県の北部では水稲を主体とした都市農業農業や都市近郊農業が盛んです。 具体的にはねぎ・しゅんぎく・ほうれんそう・キャベツ・トマト・黒大豆・ねぎ・ホウレンソウなどの野菜の他に、花きや花木やワインぶどうやいちじくやいちごやナシなどの果樹栽培も盛んです。 兵庫県の畜産の産出額構成比は34%を占めていて但馬牛が有名で、乳用牛や肉用牛や豚などが飼育され採卵鶏の飼育も行われています。 淡路地域は農業が最も盛んな地域で温暖な気候を活かしまねぎ・レタス・はくさい・キャベツなどの野菜や、きくやカーネーションなどの花きや柑橘類やびわなどの果樹が栽培され畜産も乳用牛・肉用牛・豚などが飼育されています。 また兵庫県の産業は北は日本海と南は瀬戸内海と2つの海に接していることもあり鉄鋼・造船・機械などが盛んで、瀬戸内海沿岸には阪神工業地帯や播磨臨海工業地帯など国内でも有数の重化学工業地帯です。 世界遺産である姫路城や国宝の一乗寺三重塔・鶴林寺本堂・浄土寺浄土堂・朝光寺本堂がある兵庫県は観光業も盛んで、多くの観光客が国内だけでなく海外からも訪れます。 兵庫県の20代の平均年収 兵庫県の20代の平均年収をそれぞれ年齢と、男女・産業に分けて算出してみました。 20代の平均年収: 343. 4万円 【年齢】 20~24歳:310. 5万円 25~29歳:376. 3万円 【男女別】 20代男性の平均年収:361. 0万円 20~24歳:324. 0万円 25~29歳:398. 1万円 20代女性の平均年収:319. 3万円 20~24歳:294. 6万円 25~29歳:344. 0万円 【産業別】 鉱業,採石業,砂利採取業:430. 9万円 20~24歳:530. 4万円 25~29歳:331. 4万円 建設業:330. 0万円 20~24歳:332. 4万円 25~29歳:429. 8万円 製造:353. 1万円 20~24歳:326. 1万円 25~29歳:399. 7万円 飲料・タバコ・飼料製造業:383. 6万円 20~24歳:378. 9万円 25~29歳:388. 4万円 繊維工業:256. 1万円 20~24歳:216. 7万円 25~29歳:295. 5万円 20代全体の平均年収と比較してみましょう。 参考: 兵庫県の30代の平均年収 兵庫県の30代の平均年収をそれぞれ年齢と、男女・産業に分けて算出してみました。 30代の平均年収: 447. 2万円 【年齢】 30~34歳:425. 4万円 35~39歳:469. 1万円 【男女別】 30代男性の平均年収:485. 0円 30~34歳:460. 1万円 35~39歳:509. 9万円 30代女性の平均年収:368. 3万円 30~34歳:357. 1万円 35~39歳:379. 5万円 【産業別】 鉱業,採石業,砂利採取業:422. 7万円 30~34歳:441. 2万円 35~39歳:404. 2万円 建設業:434. 3万円 30~34歳:507. 4万円 35~39歳:514. 1万円 製造:477. 6万円 30~34歳:460. 1万円 35~39歳:495. 1万円 飲料・タバコ・飼料製造業:420. 8万円 30~34歳:384. 3万円 35~39歳:457. 3万円 繊維工業:314. 7万円 30~34歳:320. 4万円 35~39歳:309. 0万円 全体の平均年収と比較してみましょう。 参考: 兵庫県の40代の平均年収 兵庫県の40代の平均年収をそれぞれ年齢と、男女・産業に分けて算出してみました。 40代の平均年収: 530. 9万円 【年齢】 40~44歳:512. 6万円 45~49歳:549. 2万円 【男女別】 40代男性の平均年収:594. 6万円 40~44歳:570. 3万円 45~49歳:619. 3万円 40代女性の平均年収:390. 7万円 40~44歳:378. 0万円 45~49歳:403. 5万円 【産業別】 鉱業,採石業,砂利採取業:489. 7万円 40~44歳:460. 2万円 45~49歳:519. 2万円 建設業:611. 6万円 40~44歳:606. 5万円 45~49歳:616. 8万円 製造:586. 7万円 40~44歳:556. 6万円 45~49歳:616. 8万円 飲料・タバコ・飼料製造業:642. 2万円 40~44歳:384. 3万円 45~49歳:457. 3万円 繊維工業:400. 3万円 40~44歳:392. 7万円 45~49歳:407. 9万円 40代全体の全体の平均年収と比較してみましょう。 参考: 兵庫県の50代の平均年収 兵庫県の50代の平均年収をそれぞれ年齢と、男女・産業に分けて算出してみました。 50代の平均年収: 575. 7万円 【年齢】 50~54歳:547. 9万円 55~59歳:531. 4万円 【男女別】 男性と女性だと 50代男性の平均年収:607. 0万円 50~54歳:628. 3万円 55~59歳:585. 8万円 50代女性の平均年収:389. 7万円 50~54歳:385. 2万円 55~59歳:394. 2万円 【産業別】 鉱業,採石業,砂利採取業:543. 5万円 50~54歳:495. 5万円 55~59歳:591. 5万円 建設業:577. 9万円 50~54歳:561. 6万円 55~59歳:594. 3万円 製造:596. 6万円 50~54歳:607. 6万円 55~59歳:585. 7万円 飲料・タバコ・飼料製造業:525. 7万円 50~54歳:509. 0万円 55~59歳:542. 5万円 繊維工業:329. 5万円 50~54歳:319. 1万円 55~59歳:340. 0万円 50代全体の平均年収と比較してみましょう。 参考: 兵庫県のアルバイト時給ってだいたいどのくらいなの? 兵庫県のアルバイトの時給は 平均時給:949円 最低時給:844円 職種別にみてみると、 全職種:903円 飲食系:907円 営業・オフィス系:905円 販売系:912円、配送:物流系:902円 サービス系:890円 以上が、兵庫県のおおよその平均になります。 兵庫県の有名企業 兵庫県にある有名企業は下記となっています。 ・モロゾフ株式会社 業種・食料品製造 仕事内容:兵庫県神戸市に本社がある洋菓子メーカーで菓子販売店舗を中心にカフェやレストランなどを全国で展開 ・六甲バター株式会社 業種・食料品製造 仕事内容:兵庫県神戸市に本社がある食料品メーカーで、「Q・B・B」ブランドのチーズは国内シェアナンバーワン ・株式会社ソネック 業種・建設業 仕事内容:兵庫県高砂市に本社があるゼネコンで建築事業・土木事業・リニューアル事業の3つの事業を柱として展開 ・エスフーズ株式会社 業種・食料品製造 仕事内容:兵庫県西宮市に本社がある食料品メーカーで、主に家庭用と業務用の焼肉用ソースなどの加工食品を製造 兵庫県で働くならどのあたりがいい? 兵庫県の平成28年の求人倍率は1. 32で全国の求人倍率ランキングで35位で、最も求人倍率が高いのは兵庫県の 灘市の3. 04でした。

次の

サラリーマンのお小遣いって平均いくら?年収別にご紹介!!

46 歳 平均 年収

40代は、部下ができたり役職を与えられたりと、仕事にやりがいを感じられる一方で、会社での責任が重くなってくる年代ですね。 そんな40代の年収を、解明していきたいと思います。 高年収の業種・企業のランキングや、年収アップのための方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね! 40代の平均年収は500万円程度 40代の人は、みんなどのくらいもらっているのだろう? 気になりますよね。 まずは、平均年収から見ていきましょう。 40代 男女別の平均年収 全年齢で見ると、給与所得者の平均年収は440. 7万円。 男性が545万円、女性が293. 1万円です。 この中で、40代の平均年収は489万円。 男女別に見ると、男性が608万円、女性が316万円となっています(国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査結果について」より)。 男性と女性で、かなり年収が違いますね。 男女計 男性 女性 平均年収 440. 7万円 545万円 293. 1万円 40代の平均年収 489万円 608万円 316万円 40代 学歴別の平均月収 40代の収入を学歴別で見ると(月収で比較)40~49歳の男性は大学・大学院卒が45万6,250円、高専・短大卒が35万1,400円、高校卒が31万9,800円。 女性はそれぞれ34万4,000円、27万5,250円、22万3,500円です。 男性も女性も、学歴による年収の差は大きいことがわかります(厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査 結果の概況」より算出)。 学歴別の平均月収(40代) 大学・大学院卒 高専・短大卒 高卒 男性 45万6,250円 35万1,400円 31万9,800円 女性 34万4,000円 27万5,250円 22万3,500円 年収ではなく手取りはいくら? 上記の年収は、いわゆる「税込み年収」で、「手取り収入」ではありません。 「手取り年収」とは、税込み年収から「年金保険料(会社員の場合は厚生年金)」「健康保険料」「雇用保険料」「所得税」「住民税」を引いた、実際に使えるお金のことで「可処分所得」とも言います。 7~0. 8=「手取り収入」と考えておくといいでしょう。 収入から引かれる金額は、社会保険料だけで約15%。 所得税と住民税として引かれる金額は5~15%程度になので、手元に残るのは7~8割だからです。 全国単身世帯収支実態調査(平成26年)によると、40代の独身女性の平均年収は363万円。 40代女性の平均年収が300万円なので、既婚女性に比べて独身女性の収入は高いと言えます。 社会保険料などを引いた手取り年収は約270万円で、月に約23万円使える計算です。 女性で年収が500万円を超える人は全体の12. 2%、年収900万円を超える人は1. 6%です。 女性は年収が500万円を超えると、高収入と言えるのではないでしょうか (国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査結果についてより」)。 中小企業勤めの場合は500万円を下回る 平均年収は、企業規模によっても変わります。 「企業規模」は、資本金額や従業員数、売上などで分類されますが、今回は「従業員数別」でどのくらい差があるのかを見ていきましょう。 企業規模別の平均年収 男性 女性 男女計 5,000人以上の企業と 「男女計」の年収を 比較した場合 100人未満 490. 7万円 280. 8万円 404. 2万円 79% 100~499人 523. 9万円 306. 1万円 433. 3万円 84. 7% 500~999人 572. 1万円 328. 4万円 473. 3万円 92% 1,000~4,999人 623. 2万円 309. 8万円 497. 2万円 97% 5,000人以上 681. 9万円 281. 1万円 511. 4万円 100% (国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査結果について」より) 企業規模が大きくなれば、収入も多くなることがわかります。 収入の高い県は?(都道府県別 収入ランキングTOP3) ちなみに都道府県別で見ると、収入が最も高いのは東京都で、次いで神奈川県、大阪府、愛知県となっています(厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査 結果の概況」より)。 都道府県別の収入ランキングTOP3(1ヵ月の賃金) 1位 2位 3位 東京都 (38万400円) 神奈川県 (33万9,100円) 大阪府 (32万9,100円) 東京都、神奈川県、大阪府という順位は、人口の順位と同じであることから、人口が多い地域は収入が高くなる傾向があるようです(総務省統計局「日本の統計2020」の都道府県別人口調査より)。 平均年収以上もらっている業界はここ! 年収が高い業界ランキング 年収の高い業界はどこなのでしょうか? 国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査結果について」の業種別の給与階級分布から、年収の高い業種ランキングを見てみましょう。 1位 2位 3位 4位 電気・ガス・ 熱供給・水道業 (787. 7万円) 金融業・保険業 (586. 1万円) 情報通信業 (567. 3万円) 製造業 (463万円) 「電気・ガス・熱供給・水道業」がダントツのトップです。 これを見ると、業種によってかなり年収に差があることがわかります。 男女別の収入も表にまとめました。 40代の月収が高い業界ランキング 1位 2位 3位 男女総合 金融業・保険業 (44万2,275円) 教育・学習支援業 (40万8,425円) 情報通信業 (40万2,550円) 男性 金融業・保険業 (58万1,000円) 教育・学習支援業 (46万4,400円) 学術研究・専門技術サービス業 46万2,850円 女性 教育・学習支援 (35万2,450円) 情報通信業 (34万9,800円) 学術研究・専門技術サービス業 (32万3,500円) (厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査 結果の概況」より) 年齢や性別が変わっても、上位を占める業界はそれほど大きく変わらないことがわかります。 非正規は正社員の4割以下 国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査結果について」によると、正規社員の平均年収が503. 5万円であるのに対して非正規は179万円と、4割以下です。 年収は、長い目で見ると生涯収入や先々もらえる年金にも影響します。 正規社員でない人は、正規社員への登用試験などにチャレンジすることも大切です。 収入をアップさせるには? 転職で年収増を狙う 今の会社で昇給を目指すのもいいですが、大幅な年収アップを目指すのであれば転職も検討すべきでしょう。 転職では、職種を変えるかどうか迷うところです。 職種を変える場合は、営業職など能力給が反映される職種か、管理職を狙った転職を考えるといいでしょう。 また大企業に勤めているなら、中小企業の管理職として迎え入れてもらえる可能性もあります。 職種を変えないのであれば、上記の給与の高い業種や企業規模の大きな会社への転職が有効です。 同じ職種であっても、転職の際に重要になるのが「資格」や「実績」です。 現在のキャリアの棚卸をして、転職で有利になる資格があるなら、今のうちに取得しておきましょう。 客観的なキャリアアドバイスがもらえたり、自分に合う仕事の橋渡しをしてもらえたりするなど、さまざまなサポートが期待できます。 専門職の場合は、専門の転職サイトが増えているので利用するといいでしょう。 副業で稼ぐのもアリ 今の仕事だけで年収アップを考えるのではなく、「お財布を2つ持つ」という感覚で副業を持つのもオススメです。 副業ならば会社の業績に左右されず、働く時間や収入を自分でコントロールできるというメリットもあります。 また定年もなく、自由度が高いです。 もし上手くいかなくてもリカバリーできるように、初期投資のかからない方法で試してみるといいかもしれません。 豊かな生活を目指すために 40代の年収は、企業の規模や業種、学歴などによって差があることがわかりました。 今はいろいろな働き方、収入を得る方法があります。 転職を考えるも良し、副業を始めるも良し……豊かな生活を送るための資金を得る方法を考えるキッカケになれば幸いです。

次の