荒野 行動 ニュース。 ゲームで知り合った12歳男児と強制性交か 22歳のシングルマザーを逮捕

ゲームで知り合った12歳男児と強制性交か 22歳のシングルマザーを逮捕

荒野 行動 ニュース

『荒野行動-Air』では2種類の画質リソースから選択できる。 たとえば、マップの数。 通常版では最初から激戦野原と嵐の半島のデータが入っていて、東京決戦は無料ダウンロードできるようになっている。 『荒野行動-Air』の場合は、初めて起動したときの状態でプレイ可能なマップは激戦野原オンリー。 これ以外のマップやボイス、高解像度のテクスチャーは、後ほど任意にダウンロードできる。 もっとも人気が高いマップ・激戦野原にすぐアクセスできるので、「まずは1試合プレイしたい!」と鼻息を荒げている新規ユーザーにとっては、とてもいい仕様だと感じた。 『荒野行動』をきれいな画質で快適に遊びたいなら最新端末を使うのがベスト。 だが、とくに不便がないという理由で、数年前のスマホをずっと使い続ける人は少なくない。 そういう人でも『荒野行動-Air』なら気軽に始められる。 もちろん、対戦ゲーム好きにオススメできるアプリでもある。 軽くてサクサク遊べるのは、対戦ゲームでは大きなアドバンテージだからだ。 ちょい古タブレットで実際にプレイしてみた もっとも興味のあった「古い機種でもプレイできるのか?」を試してみた。 使用端末は2015年10月発売のタブレット『 YOGA Tab 3 Pro 10』だ。 当時としてはハイスペックなモデル。 作業用スペースのようなもので、大きいほど処理が高速になる。 【『YOGA Tab 3 Pro 10』基本スペック】 OS:Android 6. 1(アップデート済み) CPU:インテル Atom x5-Z8500 プロセッサー(2. 24 GHz) RAM:2GB ストレージ:32GB 結論から言うと、想像とは違ってふつうにプレイできた(動けばラッキーくらいの気持ちでいた)。 周囲の人数状況などにもよるが、オブジェクトが多い草むらなどでもカクつきが気になることは少なく、なかなか快適。 5年前の機種でこれだけ動くのはさすがだ。 RAMがたった2GBしかないのにプレイできるのは意外。 1台だけでは検証が不十分なので、もうひとつ試してみた。 今度は2015年7月発売の端末『 AQUOS PAD SH-05G』。 こちらもRAMは2GBしか搭載していない。 【AQUOS PAD SH-05G基本スペック】 OS:Android 5. 5GHz クアッドコア) RAM:2GB ストレージ:32GB こちらの結果は、起動はするものの不安定なことが多かった。 一度プレイが始まってしまえば遊べるのだが、起動までに時間がかかる場合が多い。 また、プレイヤーが密集する地点に差し掛かると重くなり、操作不能になることもしばしば。 とはいえ、起動してプレイできること自体が素直にすごいんだけど! 約7000円で購入した中古端末『AQUOS PAD SH-05G』。 2017年12月正式サービス開始の『荒野行動』をもとにしたゲームが、2015年7月に発売した端末で動いたのは驚き。 『AQUOS PAD SH-05G』くらいの端末なら、中古スマホ店で7000~10000円程度で購入できる。 本体の傷など程度が悪ければ、さらに値引きされている可能性も高い。 もう少しスペックの高いタブレット端末を探すという手もある。 バトルロイヤルゲームの試してみたいが、わざわざ最新機種を買うのはちょっと……と思っている人にとっても喜ばしいアプリと言える。 なお、今回テストを行ったのはアーリーアクセス版のため、正式リリース版では状況が変更になるかもしれない。 古いスマホの購入を検討している読者は、正式サービス開始後の情報を待ってから品定めすることをオススメしたい。 とは言っても画質は悪いんでしょ? いいえ、気になりません!(誇張) 何よりも予想外だったのは、『荒野行動-Air』のプレイ中はさほど画質が気にならないこと。 ……いや、正直に言えば違和感はある。 だが、ゲームの本質は変わっていないため、おもしろさは従来の『荒野行動』と同じ。 「気にならない」ではなく、「プレイに影響がない」と表現した方が適切かもしれない。 ゲームプレイヤーの心情としては、誰もがきれいな画面で遊びたいもの。 しかし、『荒野行動-Air』はいままで重くてプレイできなかった人が、参戦可能になる画期的なアプリだ。 プレイヤーの環境に合わせて幅広い設定ができることによって、今後『荒野行動』のプレイヤー増も期待できる。 プレイヤー人口が増えれば、イベントも大会も盛り上がる! これはイイコトずくめである。

次の

【荒野行動】【疑問】スマホとパッドじゃ勝ち目無いの??

荒野 行動 ニュース

大阪の小6女児誘拐事件が話題となっている。 加害者の35歳の男と12歳の女児がやり取りに使ったのはTwitterのDMだが、知り合ったきっかけとなったのは、人気ゲームアプリ「荒野行動」という可能性がある。 女児のTwitterアカウントを見ると、2年前の10歳から荒野行動にはまっていたことがわかる。 実は、高松市の23歳の女が小学6年男児と性的交渉を持ち強制性行の容疑などで有罪判決を受けた事件も、知り合うきっかけはやはりオンラインゲームだったと言われている。 こちらも、女が荒野行動のプレーヤーだったことがわかっている。 荒野行動などのオンラインゲームが出会い系被害につながる理由と危険性について解説する。 スマホで遊べる10代に人気のゲームアプリ 荒野行動は、中国のNetEaseGamesが開発・運営するオンラインバトルロワイヤルゲーム。 ヘリコプターからパラシュートで降り立ち、武器や防具を調達して、100人の中の最後の1人まで生き残ることが目的だ。 開発会社によると、全国に累計2. 5億人のプレイヤーがいるという。 10~30代ユーザーを対象としたTesTee Labのによると、「もっともハマっているゲームアプリランキング」で荒野行動は3位にランクイン。 特に10代男性では12. スマートフォンでも遊べる上、YouTubeのゲーム実況などでも人気が高いこと、友達と集まってプレイしたり、離れた友人と話しながらプレイができる点が10代にうけていると考えられる。 出会い系に使われている「荒野行動」 荒野行動は、「出会い系に使われている」と言われることが多い。 10~20代を対象としたTesTee Labのでも、「SNSで一緒にプレイする人を探してからプレイする」が14. 荒野行動ではもともと、2~5人のチーム戦もできるようになっているため、複数人で遊びやすいのだ。 それ故Twitterでは、「#荒野行動フレンド募集」「#荒野行動してる人と繋がりたい」などのハッシュタグで、フレンド募集のためIDを公開している人が多数見つかる。 「#荒野女子」などのハッシュタグで検索すれば、女性プレイヤーも見つけることができる。 Instagramでも「#荒野行動」は14万件投稿されており、プレイ動画とともに、女性プレイヤーの自撮り写真が多く投稿されている状態だ。 荒野行動ではもともと男女でカップルになれるシステムがある。 さらに、サービス開始2周年を迎え、「結婚」システムが導入されることがわかっている。 同ゲームのプレイヤーのある女子高生は、「出会い厨は多いと思う。 出会い系メッセージは何度ももらったことがある」と言う。 フレンドになった相手から頻繁に「会いたい」というメッセージが来たことがあるそうだ。 ボイチャできるオンラインゲームに注意 Switchでも、最近はボイスチャットで話しながら遊べるものが多く出ている。 子どもたちは友達同士で時間を決めてログインしてプレイして遊んでいるのだ。 実はそれだけではなく、ゲームタイトルのハッシュタグでTwitter内で友達を募集している例を多く見かける。 ある小学生男児は、知らない大人とプレイしている時に、学校名や学年、好きな野球チームなどを教えてしまい、親に叱られてしまったそうだ。 ボイスチャットで話しながら一緒にゲームをすると、共通の体験によって心を許してしまい、相手と親しくなった錯覚に陥るだろう。 今回の事件でも、容疑者の男は女児を「別の女の子のオンラインゲームや話し相手になってくれないか」と誘いだしたという。 容疑者の男と女児はゲームを通して親しくなっており、それ故Twitterでの誘いに乗ってしまった可能性があるのだ。 ただし、ボイスチャットで話しながらプレイするゲームでも、顔見知りの友達などとプレイするだけなら問題は起きづらい。 ゲームを禁止するのではなく、知らない相手と気軽につながるリスクを子どもに教えてほしい。 なお、もともと荒野行動はバトルロワイヤルゲームという殺し合いをするゲームであり、アプリ自体もApp Storeで「17+(17歳以上対象)」、Google Playで「16+(16歳以上)」というカテゴリーになっている。 対象より低年齢の子どもには、違うゲームをすすめるとよさそうだ。

次の

『荒野行動

荒野 行動 ニュース

2018年平昌(ピョンチャン)オリンピック、男子フィギュアスケートで銀メダルを獲得した宇野昌磨選手。 彼がプレイしていることで話題となった、スマホゲーム『荒野行動』。 これは、100名が同時対戦できるバトルロワイヤル形式のゲームである。 2017年11月にリリースされて以来、現在までアップデートを繰り返し、ユーザー数も増え続けている。 PUBGは世界的なヒットになったものの、なかなかスマホ版が登場せず、荒野行動は後発ながら、スマホ版で先行してユーザーを獲得することに成功している。 最近になってPUBGもスマホ版が海外で登場したものの、日本でのリリースにはもう少し時間がかかるようだ。 そうしている間に、さらに 「フォートナイト」がスマホ版の招待イベントを開始しており、3社のスマホ版が揃えば、ユーザーは分散することになるかもしれない。 しかしそれまでは荒野行動一強時代が続きそうだ。 ・やってもやってもヘタ…… とはいえ、ゲームをプレイしているすべてのユーザーが上達し続ける訳ではなく、ヘタな人はずっとヘタ。 上手い人の餌食になり続ける訳である。 私(佐藤)も餌食になっているひとりだが、同じく上達知らずの皆さんに、今回のあるあるを捧げたい。 【荒野行動ヘタすぎあるある30選】 1.操作に慣れるまで、自分が何をやっているのかさっぱりわからない 2.最初は武器の違いがわからない 3.鍋の用途がわかってない 4.キャンプで料理するために鍋を使うのか? とか思ってしまう 5.ゲーム開始直後の降下で目的の場所に降りられない 6.安全エリアにスムーズに移動できず毒でやられ、敵と遭遇することなくゲームオーバー 7.誰もいないのに、無駄に乱射してしまう 8.誰もいないのに、ずっと隠れている 9.待ち伏せしているのに誰も来ない 10.ジッとしている間に安全エリアに行き遅れて毒でやられる 11.珍しくゲーム序盤で装備が充実した時に限って、あっさり狙撃される 12.高すぎる場所から意味もなくジャンプして自爆する 13.他人に迷惑をかけたくないという理由から、ずっとシングル戦 14.ボイスチャットも怖くて使えない 15.運良く狙撃できても、その喜びを分かち合える人がいない 16.斜め撃ちの解除に手間取っている間に狙撃される 17.木陰に隠れて荷物を整理している間に狙撃される 18.隠れているのに、うっかり立ちあがって狙撃される 19.物陰に隠れて狙撃のタイミングをうかがっているのに、敵から丸見えで簡単に狙撃される 20.50対50の「DuelMode」で仲間の車に乗ろうとして、誤って轢かれる 21.ただひたすら隠れ続けることで、うっかり残り10人まで生き残ってしまう 22.しかし接近戦はあきれるほどヘタで目の前の敵を倒せない 23.その挙句、相手の1発の銃弾に倒れる 24.建物のなかで敵とバッタリ遭遇すると、とりあえず逃げる 25.生き残りをかけたゲームなのに、戦わずして勝つことを考えてしまう 26.ヘタすぎる自分にうんざりする 27.そもそも自分の性格はこのゲームに向かないんじゃないか? と疑っている 28.でも気が付くと、また挑戦してしまっている 29.正直なところ、PUBGのアプリ版が出たら、荒野行動をやめるかも…… 30.いや、プレイ人口が減ったところがチャンス! と考えて、荒野行動をやり続けるかも? やってもやっても上達しないのに、やめられないのはなぜだろう? もしかしたら、宇野選手も同じ心境なのかもしれない。 参考リンク:、 執筆: Screenshot:iOS「荒野行動」.

次の