インパクト ファクター 2019。 医学系の学術雑誌インパクトファクター 2018ランキング

【協力者希望】若手医師が抄読会で読むのにオススメできる医学雑誌リンク集

インパクト ファクター 2019

Contents• 臨床医学・基礎医学総合誌• 254• 621• Published by Lancet has an• JCI. MDPI Impact Factor: 2017 新谷 歩 『』 康永秀生『』 木下晃吉『』 がん・腫瘍学• About• AACR Journals• Cell Press Wikipedia• Wikipedia• AACR AACR Journals Metrics• Karger• Wilely 6. 537• nature. com 5. MDPI• Elsevier 4. 204• Springer• Wilely 免疫学• 2-year Impact Factor: About• Cell Press IF: bioxbio. com• IMPACT FACTOR:• Impact factor:Two-year: 2016 Journal Citation Reports About• Wilely Impact factor: 幹細胞・再生医療• Cell Press Journal Impact Factor:• Elsevier Impact Factor:• Cell Press IF: 23. 290 スポンサーリンク 循環器科• IF: 16. 834• BMJ Journals 糖尿病• American Diabetes Association Impact factor 2017 13. 397• American Diabetes Association Impact factor 2017 7. 273• Wilely 3. 147 呼吸器科• nature. com 2017 Impact Factor 11. 640• Wiley Impact factor:• Springer• Elsevier• Wilely 日本神経学会の公式英文誌 症例報告• Clinical Case Reports Wiley• BMJ Case Reports• AJCR 日本の医学関連学会の学会誌のインパクトファクター• Wiley出版 その他• Thoughts on it?

次の

日本の大学・医学部の紀要のインパクトファクター

インパクト ファクター 2019

この記事の見出し• インパクトファクターってなに? 論文雑誌・ジャーナルについて 学術論文の多くは論文雑誌の記事として発表されます。 例えばNatureやScienceといった超一流雑誌の名前を聞いたことがある方は多いでしょう。 これらの雑誌は分野を超えた重要性 general interest を認められたごく一部の重要な論文しか掲載されません。 一方で、そうでない研究成果は、それぞれの分野に特化した雑誌に掲載されます。 論文雑誌・ジャーナルの評価 現在、世界には一万を優に超える論文雑誌が存在し、そのそれぞれがどれほど「良い雑誌」なのかを評価する指標が必要となります。 そしてその一つがインパクトファクターと呼ばれる指標です(最近別の指標を利用した方が良いという考えも主流になりつつあります:後述)。 引用と論文の評価 論文を執筆する際には必ず既に存在する論文を引用します。 これは既存研究との差異や関係性を明確にすることで、自身の研究の意義を正しく主張するためです(それをせずに各人が好き勝手に結果を主張してしまうと訳がわからなくなってしまいます)。 この引用された数(被引用件数といいます)が多いと「その論文が多くの研究に影響力を与えた」という評価がなされるのです。 インパクトファクターの算出方法 こうした背景で、「ある論文雑誌から発表された論文が平均してどれくらい引用されるのか」を計算することでその雑誌の質を計測する方法が考案されました。 これがインパクトファクターです。 ハイインパクトジャーナルの代名詞として知られるCNSにおいては最新のインパクトファクターはCell: 30. 41, Nature: 40. 137, Science: 38. 205となっています。 ちなみに、現在インパクトファクターが一番高い雑誌は、CA: A Cancer Journal for Cliniciansで、その値はなんと187. 04です。 その論文雑誌のウェブページかwikipediaのページがあれば間違いなく書いてあるはずです(ただし、創刊直後などでimpact factorがついていない雑誌も存在します)。 さらに過去のデータや、他の指標も含めたもう少し詳細なデータを知りたいときには というサービスと契約している研究教育機関では、論文雑誌名で検索することで、情報にアクセスすることができます。 オープンアクセス OA ジャーナルとインパクトファクター オープンアクセスジャーナルとは、論文の著者が掲載料(数十万円であることが多い)を支払うことで、その論文を誰でも無料で読むことができる形式の論文雑誌です。 近年の論文購読料金の高騰と、誰しも研究成果にアクセスできるべきであるという考え方の浸透により、こうした形式の雑誌が増えてきています。 こうした雑誌においては誰でも論文の原稿にアクセスすることができることにより、より多くの人に読まれ比較的高いインパクトファクターが付与される場合が多いということがいわれています。 インパクトファクターの功罪 インパクトファクターは一見して評価しにくい論文の質、雑誌の質を数値化することで、分野の外の人でも研究の質を大雑把に把握できるという利便性を提供しましたが、一方で様々な悪影響をもたらしたともいわれています。 数値の信頼性 以下のような理由で、必ずしも現行のインパクトファクターで図られる数値が論文の質を表しているとは言えず、雑誌の評価を不当に歪めているという批判があります。 引用がどういった文脈で行われているかわからないので(批判されているだけかもしれない)数が多ければいいというものではないかもしれない• 一部の論文が被引用件数を稼ぐことによってその雑誌のインパクトファクターが不当に上がってしまうことが起こりうる• 一定期間に基づいた数値なので、それ以降に行われた引用の実態を反映していないかもしれない• レビュー論文の割合によって数値が補正するべきである• 引用を集めやすい学際的な雑誌か専門の雑誌かで数値が補正されるべきである このようにインパクトファクターの値はあくまで目安であり、分野によっても大きく異なるため、評価の際には注意が必要です。 インパクトファクター偏重による悪影響 インパクトファクターが高い雑誌に論文が受理される=質の高い研究という考え方が浸透したあまりに、ハイインパクト論文に如何に受理されることを主眼に置いた競争が激化し、学術的に重要である(だが一見して評価されるかわからない)内容よりもそうした雑誌に受理されやすい研究を加速したという側面があるといわれています。 また、それが短期的な研究の評価が行われたり論文不正の土壌になったのではないかという批判もあります。 インパクトファクターの目安 インパクトファクターの目安は分野によって大きく異なります。 そうはいっても一つの目安を知ることは有益な場合もあるかもしれないので生命科学分野での例を(あくまで筆者の個人的な主観で)示します。 もちろん人によって感覚が違ったり、生命科学の分野の中でも細かい分野ごとに認識が異なる場合もあるのでご了承ください。 質が低い論文というのは例えば、とりあえず結果を論文のフォーマットで報告しただけで、それがサイエンスにどう貢献するのかが説明できていない論文などがあります。 主張をサポートするための結果の出し方や論理展開が甘いといったことも良く起こります。 このあたりから一流の仕事としてみなされることが多いのではないでしょうか。 研究者の中でもこのレベルのジャーナルに通せるのはほんの一握りです。 新しい潮流 こうした状況から、それぞれの論文の評価を異なった指標で評価しようという取り組みが進んできました。 altmetrics(オルトメトリクス:代替指標)と呼ばれるそれらの指標には以下のようなものがあります。 Viewed: 論文掲載ウェブページの閲覧数・PDFダウンロード数• Discussed: 科学ブログ・ウィキペディア・Twitter・Facebook・その他ソーシャルメディアでの言及• Saved: Mendeley, CiteULike・その他ソーシャルブックマーク利用者が保存した回数• Cited: 学術出版物における被引用回数(インパクトファクターとは異なり、論文単位で測定)• Recommended: Faculty of 1000などによる推薦など こうした指標は今や多くの論文雑誌のウェブサイトで公開されており、研究成果のアピールに活用されつつあります。 さいごに ここまでご覧いただきありがとうございました。 インパクトファクターには様々な批判もあるものの、一定の評価軸としての価値は維持し続けるのではないでしょうか。 研究業績の評価、論文の公開の方法については新たな試行錯誤が始まっています。 今後どのようなシステムが出来上がっていくのか楽しみですね。 論文ナビは研究者による研究者のための 論文解説プラットフォームサービスです。 よろしければ、研究者ユーザー達の素晴らしい研究紹介記事も少し覗いていきませんか?.

次の

医学系の学術雑誌インパクトファクター 2018ランキング

インパクト ファクター 2019

Contents• インパクトファクター2019年6月発表 毎年6月にクラリベイト Clarivate がJournal Citation Reports JCR を発表しています。 2019年6月には前年度の集計JCR2018 が発表されます。 ClarivateのJCRは契約をしている大学や研究機関しか見ることができないのですが、各雑誌社が多くの場合に自分の雑誌のインパクトファクターを直ちにウェブサイトに掲載するので、最新の数値を雑誌サイトで調べることが簡単にできます。 以下、Nature 43. 070 2018 と表記した場合、2019年6月に発表された2018年のジャーナルサイテーションインデックス(JCR (つまり、インパクトファクター)という意味です。 主なジャーナルの最新のインパクトファクターを見てみます。 NEW ENGLAND JOURNAL OF MEDICINE 79. 258 2017 - 70. 670 2018 JAMA-JOURNAL OF THE AMERICAN MEDICAL ASSOCIATION 47. 661 2017 - 51. 273 2018 Nature 41. 577 2017 - 43. 070 2018 SCIENCE 41. 058 2017 - 41. 037 2018 NATURE MATERIALS 39. 235 2017 - 38. 887 2018 NATURE BIOTECHNOLOGY 35. 724 2017 - 31. 864 2018 NATURE MEDICINE 32. 621 2017 - 30. 641 2018 CELL 31. 398 2017 - 36. 216 2018 NATURE GENETICS 27. 125 2017 - 25. 455 2018 NATURE METHODS 26. 919 2017 - 28. 467 2018 Nature Chemistry 26. 201 2017 - 23. 193 2018 Cell Stem Cell 23. 290 2017 - 21. 464 2018 BMJ-British Medical Journal 23. 259 2017 - 27. 604 2018 CANCER CELL 22. 844 2017 - 23. 916 2018 NATURE NEUROSCIENCE 19. 912 2017 - 21. 126 2018 NATURE CELL BIOLOGY 19. 064 2017 -17. 728 2018 NEURON 14. 318 2017 - 14. 403 2018 MOLECULAR CELL 14. 248 2017 - 14. 333 2017 - 12. 109 2018 Nature Protocols 12. 423 2017 - 11. 334 2018 Nature Communications 12. 353 2017 - 11. 878 2018 PLOS MEDICINE 11. 675 2017 - 11. 048 2018 Molecular Psychiatry 2017 - 11. 973 2018 Science Advances 11. 511 2017 - 12. 804 2018 Nature Plants 11. 471 2017 -13. 297 2018 EMBO JOURNAL 10. 557 2017 - 11. 227 2018 GENOME RESEARCH 10. 101 2017 - 9. 944 2018 DEVELOPMENTAL CELL 9. 616 2017 - 9. 190 2018 PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA PNAS 9. 504 2017 - 9. 462 2017 - 8. 990 2018 Molecular Plant 9. 326 2017 - 10. 812 2018 CURRENT BIOLOGY 9. 251 2017 - 9. 193 2018 PLOS BIOLOGY 9. 163 2017 - 8. 386 2018 PHYSICAL REVIEW LETTERS 8. 839 2017 - 9. 227 2018 JOURNAL OF CELL BIOLOGY 8. 784 2017 - 8. 891 2018 EMBO REPORTS 8. 749 2017 -8. 383 2018 PLANT CELL 8. 228 2017 Cell Reports 8. 032 2017 eLife 7. 616 2017 NEURAL NETWORKS 7. 197 2017 Stem Cell Reports 6. 537 2017 Science Signaling 6. 378 2017 CEREBRAL CORTEX 6. 308 2017 GLIA 5. 846 2017 BMC BIOLOGY 5. 770 2017 FASEB JOURNAL 5. 595 2017 Journal of Molecular Cell Biology 5. 595 2017 PLoS Genetics 5. 540 2017 DEVELOPMENT 5. 413 2017 Scientific Data 5. 305 2017 SLEEP 5. 135 2017 Human Molecular Genetics 2017 Cells 4. 829 2017 FEBS Journal 4. 530 2017 RNA 4. 490 2017 BIOESSAYS 4. 419 2017 Scientific Reports 4. 122 2017 GENETICS 4. 075 2017 v JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 4. 010 2017 METHODS 3. 998 2017 Open Biology 3. 286 2017 CEREBELLUM 3. 199 2017 Frontiers in Neural Circuits 2017 HIPPOCAMPUS 3. 966 2017 PLoS Computational Biology 3. 955 2017 Biochemical Journal 2017 BMC GENOMICS 3. 730 2017 CELL CALCIUM 3. 718 2017 NEUROSCIENCE 3. 382 2017 Zoological Letters 2. 900 2017 PLoS One 2. 766 2017 G3-Genes Genomes Genetics 2. 742 2017 BMC Developmental Biology 2. 427 2017 Neuroscience Research 2. 277 2017 Biology Open 2. 217 2017 Mechanisms of Development 2017 JoVE 1. 184 2017 参考• クラリベイト• 2018 Journal Citation Reports ()• [2018年] 最新インパクトファクター 基礎医学・生命科学 インパクト・ファクターとは? ジャーナル・インパクト・ファクター(Journal Impact Factor)は、学術雑誌の影響力を測る指標で、対象年における引用回数を、対象年に先立つ 2 年間にそのジャーナルが掲載したソース項目の総数で割ることによって計算されます Clarivate Analytics。 The Impact Factor of journal J in the calendar year X is the number of citations received by J in X to any item published in J in X-1 or X-2 , divided by the number of source items published in J in X-1 or X-2. ELSEVIER 日本語で説明されたほうがわかりやすいですね。 2010年のIFは次のように計算されます。 () インパクトファクターが高いジャーナルに論文が通るかどうかで、研究者は一喜一憂しますが、インパクトファクターの動向が気がかりなのは、雑誌社にとっても同じです。 ちなみに、研究分野や雑誌のスコープにより数字の出方がかなり異なるため、分野や性格の違う雑誌同士でインパクトファクターを比較して優劣を論じるのは無意味です。 しかし、現実的にはインパクトファクターは研究者の業績の目安として使われることが多く、ファカルティポジションへの応募書類の中の業績一覧にインパクトファファクターを併記させる大学があるなど、人物評価の基準として用いられることがあるようです。 インパクトファクターの調べ方 毎年クラリベイトという会社が学術誌のインパクトファクターを計算して、公表しているようです。 多くの雑誌社は自分の雑誌のインパクトファクターをウェブサイト上で紹介しています。 インターネットを検索すると、インパクトファクターの一覧表がヒットします。 2016年のインパクトファクターが、公表されました。 その中から一部を紹介します(参照サイト: 、 、、個々のジャーナルサイトなど 2017年の6月に発表されるインパクトファクターは、「2016年のインパクトファクター」です。 ややこしいですが、当サイトでは、Nature 40. 137 2016 -41. 577 2017 のように表示することにします。 雑誌研究分野別インファクトファクター一覧 科学総合誌• Nature (ネイチャー)40. 137 2016 推移:31. 434 — 34. 48 — 36. 101 — 36. 28 — 42. 351 — 41. 456 — 38. 138 — 40. 137 2016• Science (サイエンス)37. 205 2016 推移:28. 103 — 29. 747 — 31. 364 — 31. 201 — 31. 027 — 31. 477 — 33. 611 — 34. 661 — 37. 205 2016• Nature Communications (ネイチャーコミュニケーションズ)12. 124 2016 推移:7. 396 — 10. 015 — 10. 742 — 11. 470 — 11. 329 — 12. 124 2016• PNAS Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (ピーエヌエイエス)9. 661 2016 (推移: )• (サイエンティフィックリポーツ)4. 259 2016 (推移:2. 927 — 5. 078 — 5. 578 — 5. 228 — 4. 259 2016 ) 生物学総合誌• Cell 30. 41 2016 (セル) 推移:32. 242 — 28. 71 — 30. 41 2016• PLOS Biology (プロスバイオロジー)9. 797 2016 推移:9. 343 — 8. 668 — 9. 797 2016• Current Biology (カレントバイオロジー) 8. 851 2016 推移:9. 571 — 8. 983 — 8. 851 2016• Cell Reports (セルリポーツ)8. 282 2016 推移:7. 87 — 8. 358 — 8. 282 2016• elife (イーライフ)7. 725 2016 推移:9. 322 — 8. 282 — 7. 725 2016• BMC Biology 6. 779 2016 推移:7. 984 — 6. 967 — 6. 779 2016• Proceedings of the Royal Society B-Biological Sciences 4. 940 2016• PLOS ONE (プロスワン)2. 806 2016 推移:3. 234 — 3. 057 — 2. 806 2016• Biology Open (バイオロジーオープン)2. 095 2016 発生生物学• 413 2016 推移 13. 623 — 12. 075 — 12. 889 — 11. 659 — 12. 444 — 12. 639 — 10. 798 — 10. 042 — 9. 413 2016• Developmental Cell 9. 174 2016 推移 12. 882 — 13. 363 — 13. 946 — 14. 03 — 12. 861 — 10. 366 — 9. 708 — 9. 338 — 9. 174 2016• Development 5. 843 2016 推移 6. 812 — 7. 194 — 6. 898 — 6. 596 — 6. 208 — 6. 273 — 6. 462 — 6. 059 — 5. 843 2016• Developmental Biology 2. 944 2016 推移 4. 416 — 4. 379 — 4. 094 — 4. 069 — 3. 868 — 3. 637 — 3. 547 — 3. 155 — 2. 944 2016• Differentiation 2. 567 2016• 145 2016• Developmental Dynamics 2. 004 2016• International Journal of Developmental Biology 1. 981 2016• Mechanisms of Development 1. 333 2016 推移 2. 534 — 2. 827 — 2. 958 — 2. 833 — 2. 383 — 2. 238 — 2. 440 — 2. 041 — 1. 333 2016 ゲノム科学・遺伝学• Nature Genetics 27. 959 2016• Genome Research 11. 922 2016• Genome Biology 11. 908 2016• PLoS Genetics 6. 100 2016• Genetics 4. 556 2016• BMC Genomics 3. 729 2016• Genomics 2. 801 2016 神経科学• Nature Neuroscience 17. 839 2016• Neuron 14. 024 2016• 425 2016• Journal of Neuroscience 5. 988 2016 推移 7. 452 — 7. 178 — 7. 271 — 7. 115 — 6. 908 — 6. 747 — 6. 344 — 5. 924 — 5. 988 2016• 076 2016• 555 2016• 504 2016• Frontiers in Neuroinformatics 3. 870 2016• 566 2016• 552 2016• 267 2016• 005 2016• European Journal of Neuroscience 2. 941 2016• Journal of Neuroscience Methods 2. 554 2016• Journal of Neuroscience Research 2. 481 2016• BMC Neuroscience 2. 312 2016• Neuroscience Letters 2. 180 2016• Neuroscience Research 2. 060 2016 細胞生物学、分子生物学、その他の生物学専門誌• Nature Biotechnology 41. 667• Nature Methods 25. 062• Nature Cell Biology 20. 060• Molecular Cell 14. 714• 162 2016 推移 6. 878 — 7. 479 — 7. 836 — 8. 026 — 8. 278 — 8. 808 — 9. 112 — 9. 202 — 10. 162 2016• EMBO J 9. 792 2016• 827 2016• 688 2016• Journal of Cell Biology JCB 7. 955 2016• Cell Reports 8. 282 2016• 039 2016• 702 2016• 400 2016• 125 2016• 466 2016• Genes to Cells 1. 993 2016• Cell Structure and Function 1. 900 2016 化学• Nature Chemistry 25. 870 2016• Journal of the American Chemical Society JACS 13. 858 2016• Angewandte Chemie-International Edition 11. 994 2016• Bulletin of the Chemical Society of Japan 2. 297 2016• Chemistry Letters 1. 801 2016 物理 物理化学 材料科学 工学• Nature Materials 39. 737 2016• Nature Nanotechnology 38. 986 2016• Nature Photonics 37. 852 2016• 462 2016• 649 2016 スポンサーリンク 医学系雑誌のインパクトファクター 医学雑誌のインパクトファクターは、記事を分けました。 406 2016• 831 2016 -53. 254 2017 — 59. 102 2018• JAMA Journal of the American Medical Association 44. 405 2016• Nature Medicine 29. 886 2016 医学系専門誌• LANCET Oncology 33. 900 2016• 407 2016• Journal of Clinical Oncology 24. 008 2016• LANCET Neurology 26. 284 2016• 845 2016• Nature Immunology 21. 506 2016• JACC Journal of the American College of Cardiology 19. 896 2016• 204 2016• 784 2016• 854 2016• Frontiers in Immunology 6. 429 2016• Epilepsia 5. — The Lancet Oncology TheLancetOncol 参考• researchgate. ネイチャーおよびネイチャー姉妹紙のインパクトファクター一覧など• セル・プレスジャーナルのインパクトファクター一覧• Table 1 フロンティアジャーナルのインパクトファクター一覧• bioxbio. com ジャーナル・インパクトファクター検索サイト• 鹿児島大学附属図書館 情報サービス課情報調査支援係 2017. 世界81か国から236分野、11,459誌が収録されています。 tass. natureasia. 本誌は、自然科学(生物学、化学、物理学、地球科学)のあらゆる領域を対象としています。 229 for 2016, up from 7. 710 in 2015. 008 in the 2016 Thomson Reuters Journal Citation Reports. This impact factor places Clinical Chemistry in the top 2. EurekAlert! For 2016, the range of performance metrics, which are made available on the journal website, include:2-year Impact Factor: 9. 111 Immediacy Index: 1. 00060 Article Influence Score: 4. 今週みんなが読んでいる人気記事100• 283 views• 138 views• 100 views• 93 views• 81 views• 78 views• 75 views• 58 views• 53 views• 50 views• 47 views• 45 views• 42 views• 40 views• 39 views• 33 views• 32 views• 32 views• 31 views• 30 views• 30 views• 29 views• 29 views• 29 views• 28 views• 28 views• 27 views• 27 views• 26 views• 25 views• 25 views• 25 views• 24 views• 24 views• 23 views• 23 views• 23 views• 21 views• 21 views• 21 views• 20 views• 20 views• 20 views• 20 views• 20 views• 19 views• 19 views• 19 views• 19 views• 18 views• 18 views• 17 views• 17 views• 17 views• 16 views• 15 views• 15 views• 14 views• 14 views• 13 views• 13 views• 13 views• 13 views• 13 views• 13 views• 12 views• 11 views• 11 views• 11 views• 11 views• 11 views• 11 views• 10 views• 10 views• 10 views• 10 views• 10 views• 9 views• 9 views• 9 views• 9 views• 9 views• 9 views• 9 views• 9 views• 9 views• 9 views• 9 views• 9 views• 8 views• 8 views• 8 views• 8 views• 8 views• 8 views• 8 views• 8 views• 8 views• 8 views• 8 views•

次の