近く の ラーメン。 極上の一杯に出会える!ラーメン通が唸る美味しいラーメン徹底記事

ラーメン長山

近く の ラーメン

[広告] 店長の濱慶太郎さんは、18歳から料理の経験を積み、和食、アジア料理、イタリアン料理、エスニック料理などさまざまなジャンルで修業。 和歌山の魅力を伝えながら、手に届く価格のラーメンを作るのに試行錯誤を重ねたという。 店舗は玄関から入り口まで庭を設け、店内は黒を基調にオレンジの照明を使う。 BGMはジャズを流すなど、落ち着いた雰囲気を演出する。 食器は和歌山出身の陶芸家・平岡仁さんに依頼した特注品で、湯のみやレンゲは備前焼でそろえる。 メニューは、「真鯛の塩ラーメン」「鶏しょう油ラーメン」「豚骨しょう油つけ麺」(以上880円)の3種類。 トッピングは青ねぎ、白ねぎ、水菜、ノリ(以上50円)、味玉、穂先メンマ、南高梅(以上100円)、鶏チャーシュー(150円)、豚チャーシュー(200円)など。 ランチメニューは、白ご飯セット、サバ寿司セット(以上1,000円)、しらす丼(380円)、五目炊き込みご飯、ネギチャーシュー丼(以上480円)など。 夜のメニューは、おばんざいとあての盛り合わせ(小=780円、大=1,280円)、ポテトサラダ、モッツアレラの湯浅しょう油漬け、小エビのから揚げ、うめどりの竜田揚げ(以上380円)など。 ドリンクメニューは、ビール(生小=350円、生中=500円)、ハイボール各種(420円~)、焼酎各種(450円~)、グラスワイン(400円)、日本酒各種(600円~)、黒ウーロン茶、ジンジャーエール、コーヒー以上280円)など。 濱さんは「飲食店が次々開店して活気のあるこのエリアに魅力を感じた。 『ラーメン屋らしくないラーメン屋』を目指している。 落ち着きながら、ラーメン以外の食事やお酒も楽しんでもらえたら。 デートや女子会にも利用してほしい」と来店を呼び掛ける。 営業時間は、ランチタイム=11時30分~14時(平日のみ)、ディナータイム=17時~23時30分。 日曜定休。

次の

ラーメン

近く の ラーメン

山形「龍上海本店」 昭和35年誕生の味 元祖"からみそラーメン"。 創業から、はや半世紀。 今なお地元から愛され続ける銘店。 北海道・利尻島「利尻らーめん味楽」 日本三大昆布「利尻昆布」をふんだんに使った「焼き醤油ラーメン」は旨味が凝縮した極上の一杯です。 カナダ・トロント「RYUS NOODLE BAR」 長時間かけて抽出した鶏の旨味と野菜ポタージュの甘味、そして凝縮した魚介のコクが調和した鶏白湯は、日本では味わえない、まさに"カナディアン鶏白湯"。 ドイツ・フランクフルト「無垢-muku-ツヴァイテ」 食にうるさいフランス人やイタリア人をはじめ、ヨーロッパ中の食通がわざわざドイツまで足を運ぶ、ヨーロッパで最も注目を浴びるお店が日本初上陸 熊本「こむらさき」 ラーメンに焙煎ニンニクを初めて入れたお店。 一番人気は多彩な具材の「王様ラーメン」。 博多・薬院 「八ちゃんラーメン」 1968年の創業以降、本店のみでの営業を続けています。 夜21時~深夜2時半のみという高いハードルの営業時間にも関わらず、 地元のみならず県外からも連日連夜多くの人が訪れている銘店です。 沖縄「琉球新麺 通堂」 沖縄の食材を活かしたあっさりしながらもコクのある塩ラーメン。 スープを最後まで飲み干したくなる優しい味わいです。

次の

【ラーメン開店】大分駅近くに「みどり牛乳ラーメン」がオープン!おすすめメニューや場所なども紹介

近く の ラーメン

[広告] 店長の濱慶太郎さんは、18歳から料理の経験を積み、和食、アジア料理、イタリアン料理、エスニック料理などさまざまなジャンルで修業。 和歌山の魅力を伝えながら、手に届く価格のラーメンを作るのに試行錯誤を重ねたという。 店舗は玄関から入り口まで庭を設け、店内は黒を基調にオレンジの照明を使う。 BGMはジャズを流すなど、落ち着いた雰囲気を演出する。 食器は和歌山出身の陶芸家・平岡仁さんに依頼した特注品で、湯のみやレンゲは備前焼でそろえる。 メニューは、「真鯛の塩ラーメン」「鶏しょう油ラーメン」「豚骨しょう油つけ麺」(以上880円)の3種類。 トッピングは青ねぎ、白ねぎ、水菜、ノリ(以上50円)、味玉、穂先メンマ、南高梅(以上100円)、鶏チャーシュー(150円)、豚チャーシュー(200円)など。 ランチメニューは、白ご飯セット、サバ寿司セット(以上1,000円)、しらす丼(380円)、五目炊き込みご飯、ネギチャーシュー丼(以上480円)など。 夜のメニューは、おばんざいとあての盛り合わせ(小=780円、大=1,280円)、ポテトサラダ、モッツアレラの湯浅しょう油漬け、小エビのから揚げ、うめどりの竜田揚げ(以上380円)など。 ドリンクメニューは、ビール(生小=350円、生中=500円)、ハイボール各種(420円~)、焼酎各種(450円~)、グラスワイン(400円)、日本酒各種(600円~)、黒ウーロン茶、ジンジャーエール、コーヒー以上280円)など。 濱さんは「飲食店が次々開店して活気のあるこのエリアに魅力を感じた。 『ラーメン屋らしくないラーメン屋』を目指している。 落ち着きながら、ラーメン以外の食事やお酒も楽しんでもらえたら。 デートや女子会にも利用してほしい」と来店を呼び掛ける。 営業時間は、ランチタイム=11時30分~14時(平日のみ)、ディナータイム=17時~23時30分。 日曜定休。

次の