メガ ライトニング 宝箱 アリーナ 6。 【クラロワ】カード情報を詳しく紹介【ゴブリンバレル・ライトニング・ゴブリンの小屋編】

クラロワの報酬宝箱でどっちを選択すれば良いか迷いませんか?

メガ ライトニング 宝箱 アリーナ 6

『クラロワ』クラッシュ・ロワイヤルにおける、最新版の アリーナ6でおすすめのデッキ編成と戦略について詳しく解説していきます。 クラロワでは、 アリーナ6になるとエリクサーを生成する「エリクサーポンプ」や、強力なウルトラレアカードの「ディガー(穴掘り師)」「スパーキー」をアンロックすることができます。 『クラロワ』アリーナ6でおすすめのデッキ編成と戦略【2016年8月最新版】 アリーナ6「大工の作業場」で使用できるカードの種類 『クラロワ』クラッシュ・ロワイヤルにおける、 アリーナ6でおすすめのデッキ編成について掲載する前に、まずは アリーナ6で使用できるカードを見ていきましょう。 アリーナ6で使用できるカードは、• 訓練キャンプ• アリーナ1「ゴブリンスタジアム」• アリーナ2「ボーンピット」• アリーナ3「バーバリアンボウル」• アリーナ4「P. Aシアター」• アリーナ5「呪文の谷」 で使用できるカードの他に、ウルトラレアカードの「ディガー(穴掘り師)」「スパーキー」「ローリングウッド」を含む 6種類のカードが追加されます。 アリーナ5以前でアンロックするカードは過去の記事を参照してください。 5』と長く、自陣から敵陣のアリーナタワーにダメージを与えることができる建物カードとなっています。 しかし、至近距離の敵ユニットや建物には攻撃をすることができないので、使い方は少々難しいイメージがあります。 エリクサーポンプ エリクサーポンプは、見た目通りエリクサーを生成する建物となっています。 バトル中は、双方が同じエリクサー量で勝負することになりますので、エリクサーポンプを入れることで、対戦相手よりもエリクサー消費量を多く利用することができます。 他にも、建物優先で進軍する「ジャイアント」や「ホグライダー」のターゲット取りができるなど、プレイヤーに最も需要のあるカードと言えます。 ゴーレム ゴーレムは、建物優先で進軍する高HPユニットです。 特徴としては、消滅する際に、爆破攻撃を与えながら2体の小型ゴーレムに分裂し、さらに小型ゴーレムが消滅する際にも爆破攻撃をすることができるので、使い方によっては相当な威力を発揮してくれます。 ローリングウッド ローリングウッドは、射程距離が『9. 6』と長く、地上の低HPユニットを一層することができるカードとなっています。 一番よく見かける使い方としては、「プリンセス」や「ゴブリン」などに対して使うプレイヤーが多いように感じます。 スパーキー スパーキーは、カードの中で最もダメージ量の高いユニットとなっています。 レベル1のスパーキーでも『1,300』の範囲ダメージを与えることができるので、うまく使うことができれば、あっという間に敵陣のタワーを破壊することが可能です。 ディガー(穴掘り師) ディガー(穴掘り師)は、最上位のレジェンドアリーナで最も使われているカードですが、その強さは計り知れないものがあります。 特徴としては、指定した場所に地下を潜り投下することができるので、確実にタワーへダメージを与えることが可能です。 アリーナ6でオススメのデッキ編成【ベスト3】 王道のジャイネクロデッキ ここからは、 アリーナ6でおすすめのデッキ編成ベスト3を掲載していきます。 まずは、アリーナ5以前でもご紹介したことのある「ジャイアント」と「ネクロマンサー」を使用した 「ジャイネクロデッキ」からです。 6 攻め方のポイント このデッキでは、基本的に「ジャイアント」と「ネクロマンサー」でタワーに攻撃をしていく王道のデッキ編成となっています。 ポイントとしては、 ジャイアントの背後からネクロマンサーを出していき、更に背後から「マスケット銃士」を忍ばせることで、敵が「ジャイアント」を処理しようと出してきたユニットへダメージを与えることが可能です。 補足ですが、ジャイアントの代わりに「巨大スケルトン」「P. A」「ゴーレム」を入れるのもありですが、カードが育っていることが条件になります。 ジャイ&スパーキーデッキ 次に、「ジャイアント」と「スパーキー」をメインにダメージを与えていく 「ジャイ&スパーキーデッキ」です。 9 攻め方のポイント このデッキでは、基本的に「ジャイアント」を壁にして、その背後から「スパーキー」を出すことで、異常なまでに破壊力を持つ攻め方です。 スパーキーを出した瞬間に、対戦相手はスパーキー処理を第一に考えてきますので、 スパーキーの背後から「バルキリー」や「マスケット銃士」を出してスパーキーを延命させるのがコツです。 うまくいけば、あっという間にアリーナタワーを破壊することができますし、クラウン3つ勝利も夢の話ではありません。 5 攻め方のポイント このデッキでは、ウルトラレアカードの 「ディガー(穴掘り師)」を使ったデッキになりますが、メインは 「ザップホグ」で攻めていく流れです。 「ザップホグ」と「ディガーポイズン」でじわじわと敵のアリーナタワーにダメージを与えていき、敵が「ジャイアント」などを出してきた際には、「バルキリー」や「ミニP. A」などでスムーズに処理をするのがコツです。 特に、エリクサーポンプを入れる必要はありませんので、「大砲」や「テスラ」などを入れると、ジャイ対策がさらに強化されます。 まとめ アリーナ6以降は、確実にタワーを1つ破壊することを意識しよう! 以上が、 『クラロワ』アリーナ6でおすすめのデッキ編成と戦略【最新版】になります。 アリーナ6以降になると、使えるカードが増えてきますので、カード育成の手際良さが求められます。 自分が良く使うカードを優先にアップグレードしていき、使わないカードは後回しにするのが理想です。 対戦相手もバトルスキルの高いプレイヤーが増えてきますので、確実にアリーナタワーを1つ破壊できるデッキ編成を意識して作っていきましょう。 あくまで上記のデッキ編成は、私個人的な意見ですので、参考までにしてください。

次の

【クラロワ】カード情報を詳しく紹介【ゴブリンバレル・ライトニング・ゴブリンの小屋編】

メガ ライトニング 宝箱 アリーナ 6

ライトニング宝箱: ライトニング宝箱では、いらないカードに「雷撃」を加えて他のカードと取り換えることができます。 選んだカードは打ち落とされ、かわりにレア度が等しい別のカードが同じ枚数現れます。 アリーナレベルが高いほど、使用できる雷撃の回数が多くなります! アリーナ1(雷撃2回): 合計カード数:81枚(ノーマル:67枚/レア:13枚/スーパーレア:1枚/ウルトラレアの出現率:0%) アリーナ2(雷撃2回): 合計カード数:85枚(ノーマル:70枚/レア:14枚/スーパーレア:1枚/ウルトラレアの出現率:0%) アリーナ3(雷撃3回): 合計カード数:89枚(ノーマル:74枚/レア:14枚/スーパーレア:1枚/ウルトラレアの出現率:0%) アリーナ4(雷撃3回):合計カード数:93枚(ノーマル:77枚/レア:15枚/スーパーレア:1枚/ウルトラレアの出現率:0. 66%) アリーナ8(雷撃4回): 合計カード数:109枚(ノーマル:89枚/レア:18枚/スーパーレア:2枚/ウルトラレアの出現率:0. 75%) アリーナ9(雷撃5回): 合計カード数:113枚(ノーマル:93枚/レア:18枚/スーパーレア:2枚/ウルトラレアの出現率:0. 93%) アリーナ11(雷撃5回): 合計カード数:121枚(ノーマル:99枚/レア:20枚/スーパーレア:2枚/ウルトラレアの出現率:1%) アリーナ12(雷撃5回): 合計カード数:125枚(ノーマル:103枚/レア:20枚/スーパーレア:2枚/ウルトラレアの出現率:1%) フォーチュン宝箱: フォーチュン宝箱では、4種類のカードが日替わりで表示されます。 現れるカードはランダムですが、各プレイヤーに有益で関心を引くようなものが選ばれるようになっています。 フォーチュン宝箱を開けると、表示された4つのカードのうち2つが必ず手に入ります(4月24日以降)。 アリーナ1: 合計カード数:162枚(ノーマル:125枚/レア:32枚/スーパーレア:5枚/ウルトラレアの出現率:0%) アリーナ2: 合計カード数:170枚(ノーマル:131枚/レア:34枚/スーパーレア:5枚/ウルトラレアの出現率:0%) アリーナ3: 合計カード数:178枚(ノーマル:138枚/レア:35枚/スーパーレア:5枚/ウルトラレアの出現率:0%) アリーナ4: 合計カード数:186枚(ノーマル:143枚/レア:37枚/スーパーレア:6枚/ウルトラレアの出現率:2%) アリーナ5: 合計カード数:194枚(ノーマル:150枚/レア:38枚/スーパーレア:6枚/ウルトラレアの出現率:5%) アリーナ6: 合計カード数:202枚(ノーマル:156枚/レア:40枚/スーパーレア:6枚/ウルトラレアの出現率:5%) アリーナ7: 合計カード数:210枚(ノーマル:161枚/レア:42枚/スーパーレア:7枚/ウルトラレアの出現率:6. 67%) アリーナ8: 合計カード数:218枚(ノーマル:168枚/レア:43枚/スーパーレア:7枚/ウルトラレアの出現率:6. 67%) アリーナ9:合計カード数:226枚(ノーマル:174枚/レア:45枚/スーパーレア:7枚/ウルトラレアの出現率:6. 67%) アリーナ10: 合計カード数:234枚(ノーマル:181枚/レア:46枚/スーパーレア:7枚/ウルトラレアの出現率:10%) アリーナ11: 合計カード数:242枚(ノーマル:186枚/レア:48枚/スーパーレア:8枚/ウルトラレアの出現率:10%) アリーナ12: 合計カード数:250枚(ノーマル:192枚/レア:50枚/スーパーレア:8枚/ウルトラレアの出現率:10%) キング宝箱(アリーナ1~6) アリーナ1: 合計カード数:240枚(ノーマル:176枚/レア:48枚/スーパーレア:16枚/ウルトラレアの出現率:0%) アリーナ2: 合計カード数:250枚(ノーマル:184枚/レア:50枚/スーパーレア:16枚/ウルトラレアの出現率:0%) アリーナ3: 合計カード数:260枚(ノーマル:191枚/レア:52枚/スーパーレア:17枚/ウルトラレアの出現率:0%) アリーナ4: 合計カード数:270枚(ノーマル:198枚/レア:54枚/スーパーレア:18枚/ウルトラレアの出現率:10%) アリーナ5: 合計カード数:280枚(ノーマル:206枚/レア:56枚/スーパーレア:18枚/ウルトラレアの出現率:20%) アリーナ6: 合計カード数:290枚(ノーマル:213枚/レア:58枚/スーパーレア:19枚/ウルトラレアの出現率:33%) ウルトラレアキング宝箱(アリーナ7~12): ウルトラレアキング宝箱には、ウルトラレアカードが必ず1枚入っています。 また独自の「ドラフト」システムにより、2種類ずつ現れるカードから欲しい方を選ぶことができます。 アリーナ7: 合計カード数:300枚(ノーマル:219枚/レア:60枚/スーパーレア:20枚/ウルトラレアの出現率:100%) アリーナ8: 合計カード数:310枚(ノーマル:227枚/レア:62枚/スーパーレア:20枚/ウルトラレアの出現率:100%) アリーナ9: 合計カード数:320枚(ノーマル:234枚/レア:64枚/スーパーレア:21枚/ウルトラレアの出現率:100%) アリーナ10: 合計カード数:330枚(ノーマル:241枚/レア:66枚/スーパーレア:22枚/ウルトラレアの出現率:100%) アリーナ11: 合計カード数:340枚(ノーマル:249枚/レア:68枚/スーパーレア:22枚/ウルトラレアの出現率:100%) アリーナ12: 合計カード数:350枚(ノーマル:256枚/レア:70枚/スーパーレア:23枚/ウルトラレアの出現率:100%) それでは、アリーナでお会いしましょう! クラッシュ・ロワイヤル開発チーム.

次の

【クラロワ】カード情報を詳しく紹介【ゴブリンバレル・ライトニング・ゴブリンの小屋編】

メガ ライトニング 宝箱 アリーナ 6

『クラロワ』クラッシュ・ロワイヤルにおける、最新版の アリーナ6でおすすめのデッキ編成と戦略について詳しく解説していきます。 クラロワでは、 アリーナ6になるとエリクサーを生成する「エリクサーポンプ」や、強力なウルトラレアカードの「ディガー(穴掘り師)」「スパーキー」をアンロックすることができます。 『クラロワ』アリーナ6でおすすめのデッキ編成と戦略【2016年8月最新版】 アリーナ6「大工の作業場」で使用できるカードの種類 『クラロワ』クラッシュ・ロワイヤルにおける、 アリーナ6でおすすめのデッキ編成について掲載する前に、まずは アリーナ6で使用できるカードを見ていきましょう。 アリーナ6で使用できるカードは、• 訓練キャンプ• アリーナ1「ゴブリンスタジアム」• アリーナ2「ボーンピット」• アリーナ3「バーバリアンボウル」• アリーナ4「P. Aシアター」• アリーナ5「呪文の谷」 で使用できるカードの他に、ウルトラレアカードの「ディガー(穴掘り師)」「スパーキー」「ローリングウッド」を含む 6種類のカードが追加されます。 アリーナ5以前でアンロックするカードは過去の記事を参照してください。 5』と長く、自陣から敵陣のアリーナタワーにダメージを与えることができる建物カードとなっています。 しかし、至近距離の敵ユニットや建物には攻撃をすることができないので、使い方は少々難しいイメージがあります。 エリクサーポンプ エリクサーポンプは、見た目通りエリクサーを生成する建物となっています。 バトル中は、双方が同じエリクサー量で勝負することになりますので、エリクサーポンプを入れることで、対戦相手よりもエリクサー消費量を多く利用することができます。 他にも、建物優先で進軍する「ジャイアント」や「ホグライダー」のターゲット取りができるなど、プレイヤーに最も需要のあるカードと言えます。 ゴーレム ゴーレムは、建物優先で進軍する高HPユニットです。 特徴としては、消滅する際に、爆破攻撃を与えながら2体の小型ゴーレムに分裂し、さらに小型ゴーレムが消滅する際にも爆破攻撃をすることができるので、使い方によっては相当な威力を発揮してくれます。 ローリングウッド ローリングウッドは、射程距離が『9. 6』と長く、地上の低HPユニットを一層することができるカードとなっています。 一番よく見かける使い方としては、「プリンセス」や「ゴブリン」などに対して使うプレイヤーが多いように感じます。 スパーキー スパーキーは、カードの中で最もダメージ量の高いユニットとなっています。 レベル1のスパーキーでも『1,300』の範囲ダメージを与えることができるので、うまく使うことができれば、あっという間に敵陣のタワーを破壊することが可能です。 ディガー(穴掘り師) ディガー(穴掘り師)は、最上位のレジェンドアリーナで最も使われているカードですが、その強さは計り知れないものがあります。 特徴としては、指定した場所に地下を潜り投下することができるので、確実にタワーへダメージを与えることが可能です。 アリーナ6でオススメのデッキ編成【ベスト3】 王道のジャイネクロデッキ ここからは、 アリーナ6でおすすめのデッキ編成ベスト3を掲載していきます。 まずは、アリーナ5以前でもご紹介したことのある「ジャイアント」と「ネクロマンサー」を使用した 「ジャイネクロデッキ」からです。 6 攻め方のポイント このデッキでは、基本的に「ジャイアント」と「ネクロマンサー」でタワーに攻撃をしていく王道のデッキ編成となっています。 ポイントとしては、 ジャイアントの背後からネクロマンサーを出していき、更に背後から「マスケット銃士」を忍ばせることで、敵が「ジャイアント」を処理しようと出してきたユニットへダメージを与えることが可能です。 補足ですが、ジャイアントの代わりに「巨大スケルトン」「P. A」「ゴーレム」を入れるのもありですが、カードが育っていることが条件になります。 ジャイ&スパーキーデッキ 次に、「ジャイアント」と「スパーキー」をメインにダメージを与えていく 「ジャイ&スパーキーデッキ」です。 9 攻め方のポイント このデッキでは、基本的に「ジャイアント」を壁にして、その背後から「スパーキー」を出すことで、異常なまでに破壊力を持つ攻め方です。 スパーキーを出した瞬間に、対戦相手はスパーキー処理を第一に考えてきますので、 スパーキーの背後から「バルキリー」や「マスケット銃士」を出してスパーキーを延命させるのがコツです。 うまくいけば、あっという間にアリーナタワーを破壊することができますし、クラウン3つ勝利も夢の話ではありません。 5 攻め方のポイント このデッキでは、ウルトラレアカードの 「ディガー(穴掘り師)」を使ったデッキになりますが、メインは 「ザップホグ」で攻めていく流れです。 「ザップホグ」と「ディガーポイズン」でじわじわと敵のアリーナタワーにダメージを与えていき、敵が「ジャイアント」などを出してきた際には、「バルキリー」や「ミニP. A」などでスムーズに処理をするのがコツです。 特に、エリクサーポンプを入れる必要はありませんので、「大砲」や「テスラ」などを入れると、ジャイ対策がさらに強化されます。 まとめ アリーナ6以降は、確実にタワーを1つ破壊することを意識しよう! 以上が、 『クラロワ』アリーナ6でおすすめのデッキ編成と戦略【最新版】になります。 アリーナ6以降になると、使えるカードが増えてきますので、カード育成の手際良さが求められます。 自分が良く使うカードを優先にアップグレードしていき、使わないカードは後回しにするのが理想です。 対戦相手もバトルスキルの高いプレイヤーが増えてきますので、確実にアリーナタワーを1つ破壊できるデッキ編成を意識して作っていきましょう。 あくまで上記のデッキ編成は、私個人的な意見ですので、参考までにしてください。

次の