お 宮参り 服装 祖父母。 お宮参りとは?服装などの基礎知識からオンラインお宮参りまで解説!|オマツリジャパン|毎日、祭日

お宮参りの時期やお祝い金、服装や写真、食事の紹介

お 宮参り 服装 祖父母

この記事の内容• 基本はパパママ、赤ちゃんの装いに合わせる さて お宮参りのおじいちゃんおばあちゃんの服装ですが、基本的には赤ちゃんの両親に合わせると考えればよいでしょう。 お宮参りでは、記念撮影をすることも多いですよね。 特に両家の祖父母がそろう場合、 服装の雰囲気があまりに違うと、違和感のある写真になってしまいます。 写真を撮らない場合でも、一方がカジュアルすぎたりした場合、気まずいムードになってしまうかもしれません。 お宮参りの服装は、赤ちゃんを中心に 全体的なバランスを意識することが大切です。 そのためには、赤ちゃんの両親と事前に話し合って、どんな服にするか決めるのがいいでしょう。 祖父の服装は何を着るべき? お宮参りでのおじいちゃんの服装ですが、 最近はパパは洋装の場合が多いので、それに合わせるといいでしょう。 白いワイシャツに、ブラックや紺などの落ち着いた色のフォーマルスーツが一般的です。 ネクタイは、スーツに合わせてフォーマルなものでももちろんいいですが、おばあちゃんの服装に合わせた色合いのものを選んでもおしゃれですよね。 スポンサードリンク 祖母の服装は何を着るべき? おばあちゃんも基本的にはママの装いに合わせますが、ママが洋装の場合でも、着物を着たいと思ったら、それでもかまいません。 一人でも和装の人がいると華やかになりますし、写真映えもします。 ただし事前にパパママに希望を伝え、相談をしておいた方がいいでしょう。 着物の場合は、 「5つ紋の黒留袖」が既婚者の正装ですが、「色留袖」「訪問着」「色無地」でもいいでしょう。 お宮参りの主役は赤ちゃんですから、赤ちゃんの着物のように華やかな柄や、色味が強いものはふさわしくありません。 控えめな柄と色のものを選びましょう。 写真撮影をする場合、スタジオで留袖をレンタルできることもありますよ。 洋服の場合は「スーツ」「ワンピース」となります。 色は、ブラックやチャコールグレーなど暗めの色、ベージュやホワイトなど明るめの色どちらでもいいでしょう。 アクセサリーは控えめに、パールのものが基本です。 ところで祖母の場合、赤ちゃんの父方か、母方かによって、それぞれ服装について意識しておきたいポイントがあります。 父方の祖母の場合 お宮参りでは、 父方の祖母が赤ちゃんを抱っこしてお参りをする風習があります。 この風習に倣う場合、 赤ちゃんが和装の時は、おばあちゃんも和装で揃えると見た目のバランスはよくなります。 しかし最近は、赤ちゃんがベビードレスでおばあちゃんが留袖だったり、 赤ちゃんが着物でおばあちゃんはスーツというケースも一般的です。 赤ちゃんを抱っこするお役目がある場合は、赤ちゃんの安全を最優先に考えましょう。 ロングネックレス・大ぶりの指輪・コサージュは、赤ちゃんにあたると怪我をしてしまう可能性があるので避けること。 また、お宮参りをする神社の多くは砂利道だったり、長い階段を昇ることになります。 不安定な靴で赤ちゃんを抱っこするのはとっても危険。 ヒールの低い、または無い靴を選んでくださいね。 母方の祖母の場合 母方の祖母の場合は、父方の祖母よりも服装の「格」が上にならないほうが無難です。 着物の場合、格の高い方から「黒留袖」「色留袖」「訪問着」「色無地」となります。 父方の祖母がカジュアルな服装で行く場合は、それに合わせてワンピースなどを着ていくとよいでしょう。 まとめ お宮参りの服装は、おじいちゃんはスーツが基本。 おばあちゃんは着物、スーツ、ワンピースなどです。

次の

【お宮参りのお祝い金】祖父母の相場やのし袋の表書き、お返しは必要?など、知っておきたいお金の話

お 宮参り 服装 祖父母

女の子用お宮参りの着物 赤ちゃんの服装では、正式なものだと白羽二重になっている着物の上に、紋付の祝い着をかけます。 祝い着は男の子の場合「熨斗目模様」、女の子は「友禅模様」です。 男の子なら、鷹や兜・武者などの柄が多く、黒色や紺色・灰色・白色になります。 女の子は蝶や手毬・花の柄で、赤色や桃色が多いです。 祝い着の下に着るものは、着物でなくても構いません。 ベビードレスや産着など赤ちゃんが快適なものを着てから、祝い着をかけるのが一般的になっています。 ベビードレスの上にケープをかけるケースも多いです。 ベビードレスなど洋装の場合は、白い帽子と靴下も用意します。 赤ちゃんの服装を選ぶ際には、まだ体温調節がしっかりできないことを考慮した方がいいでしょう。 夏であれば、祝い着の下には薄手のベビードレスや産着だけにします。 厚手の服で体温調節ができないと、体の熱がこもってしまい熱中症になることもあるので、注意が必要です。 冬の場合は、ベビードレスと祝い着以外にもおくるみやアフガンを用意し、体を温められるようにしておきます。 さらに、赤ちゃんは授乳後の吐き戻しなどで服を汚すこともあるので、下着や替えの服も持参していると安心です。 母親の服装は? ~お宮参りの服装の選び方~ お宮参りで母親が着る服装は「訪問着」「色無地の着物」「ワンピース」「スーツ」などになります。 昔は、赤ちゃんの母親と父方祖母は「黒留袖」が主流でした。 しかし、黒色ではなく赤色や桃色などの着物・訪問着などが多くなっています。 また、母親の服装は、ワンピースやスーツなどの洋装にしても構いません。 黒色や紺色・ベージュなどの色で、無地のワンピースやスーツが適しています。 夏は涼しくなるようにワンピースがいいでしょう。 授乳口が付いているものだと、授乳もしやすくなります。 スーツの場合は、ブラウスとスカートだけでも構いませんが、ジャケットも持参することが望ましいです。 冬の場合はコートを羽織るなどして、体が冷えないようにしましょう。 お宮参りは神社で行うものなので、露出の多い服装は避けます。 スーツやワンピースの時は、丈は膝よりも下にするのが望ましいです。 ノースリーブなどの肩が見える服装も避けます。 アクセサリーや靴に関しては、特に決まりはありません。 しかし、赤ちゃんを抱っこするので、ネックレスなどのアクセサリーは付けないことが多いです。 付ける時は、パールのネックレスやイヤリングなど、フォーマル用にするといいでしょう。 靴は、基本的には黒色や紺色などの落ち着いた色です。 赤ちゃんを抱っこするので、安定感のある靴にしましょう。 父親の服装は? ~お宮参りの服装の選び方~ 父親の服装は、一般的には「スーツ」です。 赤ちゃんや母親などが和装であっても、父親はスーツで構いません。 なるべく礼服を意識し、白色のワイシャツとネクタイを着用するようにしましょう。 スーツ自体の色は、黒色や紺色・チャコールグレーなどのダークスーツにします。 無地のものが好ましいですが、薄いストライプの柄などが入っていても構いません。 靴下は黒色や白色を選び、黒色や茶色のフォーマル靴を履くといいでしょう。 夏も冬もスーツになりますが、スーツの厚みやコートの着用で温度調節をすることになります。 祖父母の服装とは? 祖父母の場合は、赤ちゃんの両親に合わせた服装にするのが望ましいです。 祖母は「色留袖」「訪問着」「スーツ」「ワンピース」などになります。 赤ちゃんの両親が洋装の時は、祖父母も洋装にするのがいいでしょう。 一般的には、父方の祖母が赤ちゃんを抱っこして、お参りをする風習があります。 赤ちゃんが和装の時は、祖母も和装で揃えると見た目のバランスはよくなります。 黒色や紺色・灰色などの落ち着いた色の服装にし、アクセサリーはパールのものです。 祖父の場合は、「スーツ」になります。 カジュアルなものよりは、冠婚葬祭で身に付けるスーツが良いでしょう。 男の子におすすめのお宮参り着物5選 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 兜・松・宝尽くしが描かれた深緑地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 男の子らしく勇ましい兜とお祝いにピッタリのおめでたい吉祥柄が描かれた男の子用の祝い着です。 存在感ある紗綾型の地紋と、立派な兜柄が大胆で存在感ある印象を与える逸品。 鷹・松・宝船が描かれた黒の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 海原を行く宝船と、大きく羽を広げた鷹が印象的な、黒色の地色にぼかしが入った着物。 袖や背中にはグレーのぼかしが施されており、黒地でも重くなりすぎない印象に仕上がっています。 鷹・松・鼓が描かれた紫地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 こちらは紫の地色と着物全面に広がる鷹や鼓、熨斗目柄が印象的な着物です。 黒や緑とはひと味違った味わい深い紫の地色と、淡く柔らかなぼかしのグラデーションが上品さを演出しています。 兜・小槌・鹿の子模様が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 黒地ベースの生地に、桶絞りや金彩刺繍が施された高級感溢れる着物です。 勇ましい兜をメインに、小槌や鹿の子模様などが配され、色味も華やかな装いです。 鷹・宝尽くし・鹿の子模様が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 こちらは前述の着物の柄違いバージョンです。 華やかさと基本デザインは一緒なので、双子の男の子に柄違いで揃えるのも可愛いです! 女の子におすすめのお宮参り着物5選 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 桜・雲枠・霞が描かれた赤地の着物 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 金彩八重桜や吉祥文様が入った雲枠、霞が彩りを添える女の子らしいデザインの着物です。 散りばめられた四季折々の花や随所に施された金彩加工が華やかさもプラスしています。 鼓・毬・牡丹・桜・菊が描かれた紫地の着物 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 鮮やかな紫色が目を引く大人っぽい雰囲気をまとった着物。 赤やピンクなどの可愛らしいデザインの着物が苦手な方におすすめの配色です。 花車・鞠・桜・紅葉が描かれたピンク地の着物 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 ピンクなどの明るい色を基調とした華やかな着物です。 花車に鼓や鞠、桜や紅葉など四季折々のモチーフが着物全面に配された女の子らしい一着です。 梅が描かれた白地の着物 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 ひときわ目を引く白の地色が新鮮な印象を与えてくれる着物。 紅白の大柄な梅と、金彩が豪華に彩る一着です。 鼓・鈴・菊・藤・牡丹が描かれた黄色グラデーションの着物 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 黄色からピンク、赤へと移り変わるグラデーションが美しい着物です。 友禅のような繊細なタッチと美しい色合いが魅力的な産着です。

次の

お宮参りに着用する祖母の服装とは?【父方/母方別】

お 宮参り 服装 祖父母

目次 [閉じる]• お宮参りに着用する祖母の服装は父方と母方で違う? お宮参りは儀式のひとつ、赤ちゃんだけでなく両親や祖父母も普段とは違う服装をすることがありますが、父方と母方の祖母で服装が違う可能性があるということを知っている人はどれだけいるでしょうか? 昔ながらの慣わしで父方の祖母しかお宮参りに参加しないといったケースもありますが、現在は古くからの慣習やしきたり対する考え方も柔軟になってきており、両家の祖父母が出席することも珍しくはありません。 しかし、父方の祖母の方が格式の高い服装を着るといったしきたりを未だに守るべきと考えるお家もあります。 相手を知ることで未然に回避できるトラブルは回避しましょう。 お宮参りの前に、両家の祖母の服装は相談しておくとよいでしょう。 父方母方両家の祖母がお宮参りに参加する場合、父方の祖母がどのような服装で参加するのかを事前に確認し、母方の祖母はそれに合わせた格の服装とします。 当日行ってみたら父方の祖母がワンピースなのに対し母方の祖母が留袖で参列といったトラブルは赤ちゃんの人生最初の神事の場で起きてはならないこと、両家のいずれかがしきたりが重んじるようであれば、お孫さんを思う気持ちを汲んで、可能な範囲で合わせるよう協力し合いましょう。 母方の祖母の場合 前述のとおり、母方の祖母はまず父方の祖母がどういった服装で参列するのか、事前に確認しましょう。 しきたりを重んじる傾向も薄れていますが、婚家がそうとは限りません。 父方の祖母が留袖を着てくるなら、その留袖より下の格にあたる着物か、もし事前に服装を知ることが難しければスーツやワンピースを着るのが無難と言えます。 落ち着いた淡い色合いが好まれる場所ですので、派手な色合いのワンピースなどは着用を控えましょう。 和装と洋装の違い そもそも、留袖で参加するべきかスーツで参加するべきかを悩む方もいらっしゃるかもしれませんが、悩んでしまったら主役の赤ちゃんに合わせるのも一つの手です。 お宮参りの主役は両親でも両家の祖父母でもありません。 主役は赤ちゃんなので、赤ちゃんが和装なのか洋装なのかで決めたとすれば角が立つということもないはずです。 ただ、和装・洋装が混在しているよりは、両家共にいずれかに統一されていれば、赤ちゃんの誕生を通じてより強く絆を結ばれた親族として記念写真もより見栄えのするものとなるでしょう。 お宮参りの服装というおめでたい話題を通じてコミュニケーションを通わすことは、少なからず両家の距離を縮める可能性が高くなります。 私たちの現在の生活には接点の少ない慣習やしきたりの強い場なので悩んでしまいがちですが、赤ちゃんを軸に赤ちゃんのためとすると服装の統一など容易くなります。 事前にどちらの形式で行くのか、気が付いたほうから声をかけるとよいでしょう。 お宮参りにおすすめの服装 留袖やスーツ、ワンピースはお宮参りで多くの方が着用する傾向にありますので、それぞれの利点について知っておけば、ご自身が着用した際にも終始快適に過ごすことができるでしょう。 初めてお宮参りに参加する方でも安心して参加できるように、それぞれの特徴を理解しておきましょう。 留袖 祖母がお宮参りに着るものと言えば、古くはその慣わしから誰もが黒留袖でしたが、現在は冠婚葬祭の服装に対する認識が寛容になり、留袖を着る場合でも色留袖を着る人は多いです。 留袖は既婚女性の第一礼装ですから、黒留袖でも色留袖でも慶事に合う柄行で色合いにも品がありますから、年代に合った地色であれば、どれでも気に入っていた留袖を着て問題はないでしょう。 黒ではなく淡い紫の色留袖や華が描かれた留袖を着用すると、お孫さんの祝いの場をより華やかに演出することも可能です。 スーツ お宮参りで洋装の定番と言えるのがスーツです。 留袖と同様に大人の女性を思わせるフォーマルスタイルですが、組み合わせ次第では留袖以上にオシャレが楽しめる服装といえます。 和装を着慣れておらず、スーツなら着慣れているという方は、スーツでお宮参りに参列してみてはいかがでしょうか。 季節に応じてクールビズを意識したり、厚手のコートを羽織ったりもできるので、おしゃれを楽しむことができます。 ワンピース お宮参りの服装は洋装でもスーツでもなくワンピース、という方もいるのではないでしょうか。 留袖やスーツだとお腹周りを締め付けられてしまいますが、フォーマルなワンピースなら移動も楽になり、そのままの格好でお宮参りに参加しても非常識にはなりません。 また夏の暑い時期にお宮参りをする場合、留袖やスーツだと暑さに耐えられなくなってしまうこともあります。 涼しさを重視する方は、ワンピースもぜひお宮参りの服装の候補に入れてみてはいかがでしょうか。 お宮参りで抱っこをするのは母方の祖母?父方の祖母? お宮参りでは、お祓いを受ける際に赤ちゃんを抱っこするのは母親ではなく祖母とされていますが、抱っこをするのは父方の祖母というのが慣わしです。 もともと赤ちゃんが名乗る苗字は父親の苗字になることが多く、赤ちゃんは父親の家系に名を残すことが多いので、お祓い時の抱っこも父方の祖母が受け持つしきたりができたとも言われています。 ただし現在はしきたりもそこあmで厳しくないので、まずは祖父母も含めた両家で、しっかりと話し合いをして決めるようにしましょう。 お宮参りの祖父母のお祝いはいくら? 抱っこと併せてもう 1つ豆知識としてご紹介するのが、お宮参りにおける祖父母のお祝い金についてです。 お宮参りのお祝い金とは、出産祝いとは別にお孫さん、もしくはご両親に送る祝い金のことを指してします。 一般的には 5000円から 1万円前後が相場です。 ただし地域や親族のルールによって変わることもあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。 まとめ お宮参りにおける祖母の服装から豆知識までご紹介しましたが、大切なのは赤ちゃんをお祝いする気持ちと親族への感謝を報告することです。 赤ちゃんのこれからを大切に思う気持ちが第一なので、その気持ちを大切にお宮参りに参加してみてはいかがでしょうか。

次の