ココカラ ファイン ヘルス ケア。 株式会社ココカラファイン

株式会社ココカラファイン

ココカラ ファイン ヘルス ケア

自分はカルピス社のサプリメントはいろいろ購入した経験があります。 一番有名なところになるとL-92乳酸菌を配合のアレルケアがあります。 アレルケアはかなり知名度が高いので知っている人も多いと思います。 テレビCMも最近はよく見かけます。 そして、枯草菌C-3102株配合のビオマイン。 ビオマインはイマイチ知名度は高くないですね。 今後注目をされることがあるのか、そっと製造中止になってしまうのか。 微妙なところです。 さらにカルピス社は新商品として「ココカラケア」を発売しました。 ココカラケアは「C-23ガセリ菌」を配合した乳酸菌サプリメントです。 1袋1ヶ月分入って2210円という値段です。 ココカラケアと聞くと 「ここからケアをはじめよう!」 そんなところから名前をつけたように思います。 でもこれは 「心 こころ &体 からだ をケア」 この影響が強く、ココカラケアという名前をつけたのだと思われます。 いや、実際のところは知りませんけど! 体だけではなく、心の面にも良い影響が期待できるわけです。 そのカルピス社の新サプリ「ココカラケア」に注目してみました。 実はココカラケアに配合されている「C-23ガセリ菌」。 この乳酸菌はカルピス社の別製品で、その名前と効果は知っていました。 C-23ガセリ菌を配合したプレミアガセリ菌2305株 ココカラケアに配合されているC-23ガセリ菌の正式名称は 「ラクトバチルス・ガセリCP2305株」 と言います。 このガセリ菌CP2305株は別商品で知っている人も多いと思うんです。 その製品がこれです。 「届く強さの乳酸菌 プレミアガセリ菌 2305株」 です。 このプレミアガセリ菌2305株という飲料がでてきたときから 「いつかプレミアガセリ菌2305株を配合したサプリもでてくるんじゃないか」 と自分は思っていました。 そして2016年ついに「ココカラケア」という名前でC-23ガセリ菌配合のサプリメントが販売されました。 「届く強さの乳酸菌 プレミアガセリ菌 2305株」が販売されたのは…。 2014年9月に販売されました。 つまり約1年半経過してプレミアガセリ菌2305株配合のサプリメント「ココカラケア」が販売されたところになります。 プレミアガセリ菌 2305株の飲み物は、コンビニやスーパー。 ドラッグストアでもよく見かけました。 自分もセブンイレブンで買いましたし。 店屋に行くと、となりに「守る働く乳酸菌L-92」と並んで販売されていることが多かったです。 最近ガセリ菌の注目度が高いだけに…。 ココカラケアも注目を集める可能性は高い製品だと思います。 もちろん今現在も届く強さの乳酸菌 プレミアガセリ菌 2305株は買えます。 ココカラケアだけではなく、プレミアガセリ菌の飲み物もおすすめですよ。 L-92乳酸菌を配合した飲み物と比べると、人気の点では大きく劣っていると思います。 でも、ココカラケアの影響でC-23ガセリ菌が注目を集めるはず。 その結果プレミアガセリ菌の飲み物も相乗効果で今後人気になると思いますよ。 まぁプレミアガセリ菌配合の飲み物は、ドラッグストアにいけばまだ高確率で置いてあるはずです。 興味がある人は店頭で手にとってみてください。 一時期はコンビニでもスーパーでもよく見かけたんですけどね。 今はどうだろ。 あまりみなくなった気がします。 再び人気になって、また多くのショップで置かれるようになる可能性もあると思いますよ。 というか発売された当初は、よく多くのショップに置かれたものだと思います。 セブンイレブンにさえ置いてあったからなぁ。 C-23ガセリ菌はストレスを軽減する効果がある? C-23ガセリ菌の効果として• ストレス軽減効果• 不眠症改善効果• 不安軽減効果• 腸内環境を整える効果 こういった効果があるとされています。 注目すべきは、C-23ガセリ菌はストレス軽減効果や不眠症改善といった 人間の精神面 心 に効果を発揮する点 です。 ストレスが原因で起こる腸の症状として 「過敏性腸症候群」 があります。 腸に異常がないのに便秘や下痢を交互に繰り返す症状ですね。 この過敏性腸症候群の改善としてC-23ガセリ菌の効果を期待している人もいます。 ストレスを軽減する効果がある乳酸菌ということで 「腸とストレスに有効」 という点で、過敏性腸症候群改善効果を期待しているのだと思います。 おそらく「ココカラケア」という名前にしたのも 「C-23ガセリ菌が『心』に効果を発揮する乳酸菌」 だからだと思われます。 多くの乳酸菌は、腸内環境を整え体に効果を発揮します。 でも、C-23ガセリ菌は腸内環境を整えるだけではなく、精神的なものへの効果も発揮するわけですね。 だから心&体をケアする乳酸菌。 「ココカラケア」 という名前になったのだと思います。 最近は 「腸は第2の脳」 と言われています。 腸内環境を整えることで脳の働きが良くなるとされています。 腸内環境を整うことで、頭の回転が速くなり会話で言葉がスラスラでてきたり。 夜にぐっすり眠れるようになると言われています。 いままでにも不眠症に効果が期待できる乳酸菌はあったりします。 サッポロビールから見つけ出された 「SBL88乳酸菌」 はまさに、不眠症改善効果がある乳酸菌です。 まだ精神面に効果を発揮する効果が高い乳酸菌は少ないです。 でも今後は乳酸菌と精神面の研究がすすみ、いろいろとストレスに効果がある乳酸菌が発表されるかもしれませんね。 ココカラケアには副作用はある? ココカラケアは理論上ほとんど副作用の心配はありません。 ココカラケアはC-23ガセリ菌を配合した乳酸菌サプリメントだからです。 乳酸菌には副作用はありません。 またココカラケアの原材料をみてみても、C-23ガセリ菌以外に配合されているのは• 麦芽糖• デキストリン• でんぷん• 植物油脂 これらのものです。 植物油脂は体に悪いとは言われていますけど。 副作用を起こすまでのものではありません。 さらに、ココカラケアは1日たった2粒しか飲まないです。 副作用を起こす可能性は、とても低いです。 ココカラケアの効果を実感して、ストレスを軽減できる人もいると思います。 一方相性が悪く 「ココカラケアを飲んでいるが、なかなか効果を実感できない」 という人も必ずいます。 効果を実感できないだけなら、まだいいのですが…。 人によっては乳酸菌摂取で下痢や腹痛を起こす人もいます。 これは飲み始め 乳酸菌摂取の最初のうち によくでる症状です。 なぜ乳酸菌で下痢や腹痛を起こすのかは不明ですが、ココカラケアを飲んで体調を崩すのが続くようなら飲むのをやめたほうが無難です。 ココカラケアの口コミ評判 ココカラケアの口コミは2016年6月現在はまだそれほど多くありません。 その理由として• 「ココカラケア」は楽天市場で販売されている• 楽天市場は口コミが増えやすい• 個人サイトでココカラケアを試している人もいる• カルピス社はココカラケアの販売に力を入れている こういう点があるからです。 カルピス社は、サプリメントの広告は結構出していますからね。 ただビオマインのような広告をだしたけど、あまり人気がでなかったサプリメントもあります。 自分もビオマインが発売された当初、カルピス社がすごくアピールしていたので購入したのですが…。 ビオマインの口コミはまったく増えませんでした。 ただココカラケアはいい感じで注目を集めています。 さらにプレミアガセリ菌 2305株のほうの口コミはそれなりにあります。 ココカラケアの口コミが増えなかったとしても、プレミアガセリ菌 2305株のほうの口コミを見ればいいんです。 そうすれば、C-23ガセリ菌の口コミや評判はわかります。 それまでは、別製品を試すのもいいと思いますね。 自分はストレス系対策についてそこまで詳しくないです。 それでも• ギャバ GABA• グリナ• グリシン これぐらいは知っていますよ!! いきなりココカラケアを試さなくても、グリナやグリシン。 GABAを配合したサプリメントなど。 ストレス対策サプリメントはココカラケア以外にもいろいろありますから。 今ではストレスサプリって数多く販売されています。 そして、乳酸菌よりそっち系のサプリのほうが定番だと思うので…。 「これらのものすべて試した」 という人もそう多くないと思います。 ココカラケアのC-23ガセリ菌は口コミや評判が増えてきて、興味を持ったら試せばいいと思います。 2017年になれば、ココカラケアの口コミはそれなりに増えていると予想します。 追記になりますけど。 2017年になってココカラケアに30件ほどの口コミ数が投稿されているので。 いいペースで増えてきていると思います。 カルピス社のサプリメントの中で、ココカラケアが一番ハイペースで口コミ数が投稿されている気がします。 注目度の高さを感じます。 口コミ数が増えてくると 「飲んでいる人がいるのかぁ」 とわかって、購入意欲が出ますからね。 ココカラケアは楽天市場で購入可能 ココカラケアはカルピス通販限定販売となっています。 でも2016年現在、楽天市場からも正規の価格で購入できたりします。 転売価格ではないんです! その理由は2016年に 「アサヒカルピスウェルネスショップ」 が楽天市場に出店したからです。 アサヒとカルピスの通販限定サプリを扱う公式ショップが誕生したわけです。 なのでココカラケアはカルピス通販だけではなく、楽天市場からも購入することができます。 楽天市場を利用すれば、楽天ポイントがつきます。 若干安く買えるかもしれません。 ただ、楽天市場店はカルピス通販ショップより送料無料までの金額が高い 5000円 です。 送料無料の金額まで行くには、それなりに買い物しないといけません。 送料が気になる人には、カルピス通販でココカラケアを購入するのをおすすめします。 まとめ買い割引• 定期注文申し込み こういったものもありません。 今後できるかもしれませんけど。 ココカラケアを断続していこうと思っている人は、カルピス通販で購入するのをおすすめします。 楽天市場点は、いつ撤退するのかもわかりませんからね。 いつまでもアサヒカルピスウェルネスショップが楽天市場のほうにあるとは限らないです。 ただ、結構人気っぽいですから。 利用者がそれなりにいるのなら、楽天市場のアサヒカルピスウェルネスショップは断続されるのではないでしょうか。 楽天市場に場所代とマージンを払う必要がありますけど。 それでも、売れるのなら楽天市場店は断続されると思います。 ちなみに自分はカルピス通販のほうから、ココカラケアを購入しました。 まぁ自分はアレルケアといった、カルピス社のサプリメントをいろいろ購入していたりするので…。 カルピス通販を使い慣れていますからね。

次の

ココカラケアの口コミ評判!C

ココカラ ファイン ヘルス ケア

回答者 2. 9 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 280万円 20万円 -- 27万円 1万円 給与制度: 賞与は年2回 夏と冬にある 新卒で入ると夏のボーナスはありません。 冬のボーナスは店長の面談で行う評価でランクが付けられそれにより決まります。 人によってボーナス額は変わってきます。 評価してくれる店長なら多く貰えると思います。 手当として、登録販売者、管理栄養士がある。 各5000円ずつ。 登録販売者は正社員なら取らなければならない。 講習会も開いてくれるが、1回目以降は休日を利用してのものになる。 参加しなくても良いが、試験に落ちた場合は出なかったことに上から言われると聞きました。 自分で勉強できる人なら私は参加しなくてもよい内容だと感じました。 評価制度: 4段階評価で、自己評価その後店長の評価がされる。 自己評価と店長評価が違う部分は話し合って決める。 また、店の売り上げや、毎月のコンクール商品の達成度などからも評価される。 こちらは配属される店によって違うので、恐らく売り上げが良い店舗に配属されれば評価は高くなる可能性がある。 回答者 2. 5 入社を決めた理由:当時の話になりますが登録販売者の資格を取得する際、当社は他社と比べ合格率が20%以上高かったことから「人を大切にする会社」といった印象を持ちました。 入社後も研修が月に一度、また店舗を代表して参加する研修もあり、「個」の成長に加え「店舗」全体のレベルアップにつながる研修もあり、入社前の期待は裏切られていない感じがします。 また、eラーニングも充実しており不安な点は自主的に勉強することができる。 また、家で自学自習ができるが、職場・もしくは上司から「家でやれ」のように時間外に業務に関わることを推奨も強制や圧力もないため、「ホワイト企業」だと思っています。 結果として、賞与時の適正評価に加え、業務の負荷に対しての収入が個人的に不満で退職はしましたが、それ以外はいい会社だったと思います。 就職先の候補としてピックアップしていいと思います。 回答者 3. 4 働きがい: やはりお客様を相手に接客するので「ありがとう」とお礼を言われたりすると働き甲斐を感じます。 また、現場にて自分が担当しているカテゴリーにおいて売場作成をし、ある一定の評価を受けたり成果が出たりすると働き甲斐があります。 成長・キャリア開発: 成長するには色んなカテゴリーを持ってみたり、配属先の店長とのコミュニケーションを取ったり、経験を積むことにより成長できたと感じる事ができると思います。 キャリア開発としては、社内で定期的に店長になるための教育やテストが行われているのでそれらをクリアし受かることで店長に昇格できたりするので具体的な目標は比較的立て易いかなとは思います。 但し、店長になるには最低でも正社員として3年もの経験を積まないとそれらの教育テストなどを受ける資格が得られないのがネックです。 回答者 2. 9 育休、時短は取得している人が多いので取りやすい会社だと思う。 時短勤務は小学6年まで延長できるので、他社よりも長い。 ただし、誰か社員は21時とか22時まで勤務しないといけないので、その分男性社員や独身社員にしわ寄せが来て、時短がいる店の他の社員は遅番や土日祝日勤務ばかりになる。 時短期間終わったら、21時、22時勤務も避けられないと思うので、最終的には遅番も避けられず、家族の協力が必要。 キャリアコースは、店舗管理職かビューティーのエキスパートか、ヘルスのエキスパートの3つから選ばないといけない。 女性店長を若いうちに作ろうとしてるようなので、店舗管理職選ぶと20代〜30代の結婚・出産のピーク時に責任の重い店長やらないといけなくなるので、家庭と両立を目指すなら、子育てがひと段落するまでは店舗管理職以外の選択がオススメ。 回答者 2. 6 おもてなしNO. 1・接客重視を掲げる理由として、人件費が高止まりしている傾向があるからであることが一端にあることは理解しています。 しかし旧来の中小規模・少人数という人件費効率の悪い店舗が多い中、低賃金・良接客というギャップが生まれている事への問題意識は薄いと思われます。 人件費が高い点は経営の失敗であって、現場に責任はありません。 残業の是正などはやって然るべきですが、削った経費を全て会社が吸い上げる現在の経営は決して健全ではないと思います。 やり甲斐搾取だと言われる前に、人手不足が取り返しのつかない状況になる前に、会社としてやるべきことを現場から吸い上げながら改革していくべきではないでしょうか。

次の

株式会社ココカラファイン ヘルスケア の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

ココカラ ファイン ヘルス ケア

概要 [ ] セガミメディクス株式会社は(を除く)とを中心に、東は、南はまで393店舗を展開している(関東地区、関西・中部地区、九州・沖縄地区、中国・四国地区の4つに分けて展開)。 一時、にも店舗を持っていた。 正会員。 ドラッグストアの共同グループは、に参加。 ドラッグストアチェーンの中では調剤に強く、上場企業の中では第1位に位置する。 2007年2月には創業70周年を迎え、同年7月には関東進出40周年を迎えた。 2008年4月に、同じWINグループに参加している株式会社と、共同ココカラファイン ホールディングスを設立(2010年10月にとの合併によりに商号変更)。 当社はココカラファインHDのとなった。 2013年4月にセイジョー、、、、メディカルインデックスの5社を吸収合併し、ココカラファインヘルスケアに商号変更。 さらに、同年10月にとくすりのえびなを吸収合併した。 沿革 [ ] 本項ではセガミメディクスからココカラファインヘルスケアまでの沿革を述べる。 、、、の沿革は各記事を参照のこと。 2月 - 創業者・瀬上留治郎が、大阪市大今里において、 セガミ製薬所を設立。 8月 - チェーン店1号店(布施一店、)を開店。 3月 - し、 セガミ製薬所に変更。 7月 - に進出(吉祥寺店)。 7月 - に進出(水島店)。 9月 - 株式会社セガミ製薬に商号変更。 5月 - 進出(飯塚店)。 7月 - に進出(岡崎店)• 11月 - 調剤専門店1号店(日本橋店)を開店• 1月 - セガミメディクス株式会社に商号変更。 10月 - 進出(高松常盤町店)。 2月 - 進出(瀬上薬房有限公司設立、1993年10月解散)。 7月 - 本社を現在地に移転。 4月 - 都市型店舗・パワードラッグス1号店開店• 4月 - ドラッグストアグループのWINグループを結成。 2月 - 市場に店頭公開。 10月 - ジャスダックの証券取引所化に伴い、ジャスダック市場に株式上場。 2006年• 1月 - を取得。 9月 - 調剤医薬品の仕入業務の効率化・合理化を図るため、メディカルシステムネット・エムエムネットと業務提携する。 5月 - 山口県内でドラッグストア・調剤薬局を展開している(本社:山口県)を子会社化。 10月 - 調剤薬局チェーンの()へ商品供給や経営ノウハウなどの営業支援を開始。 4月 - セイジョーと経営統合し、共同持株会社 ココカラファイン ホールディングス(現・)を設立。 セガミメディクスは上場廃止。 8月 - (、現・JR九州ドラッグイレブン)と業務提携。 10月 - 当社の卸業務を通じてドラッグイレブン(現・JR九州ドラッグイレブン)への製品供給を開始。 4月1日 - の國廣薬品を略式、にドラッグストア・調剤薬局を展開する(本社:岡山県)と業務提携。 - 中国・四国地方の店舗運営業務を管轄する第四営業部を開設。 - が開発した健康管理支援サービス「タッチで続ける健康日誌」を導入した健康支援サービスを大阪府内の3店舗で開始。 - 子会社のセガミコーポレーション関西、セガミコーポレーション九州を清算。 3月 - に対応した次世代型調剤薬局(阪神尼崎店)をオープン。 2月 - ソフトバンクモバイル(現・)のサービス「」をドラッグストア店舗全店へ導入開始。 - ココカラファイン運営のネットショップ「ココカラファイン. ネット セガミ店」をオープン。 - 親会社の社名を冠した「ココカラファイン苅田店(福岡県)」をオープン。 - 当社を存続会社としてグループ内の販売子会社5社(セイジョー・ジップドラッグ・ライフォート・スズラン薬局・メディカルインデックス)を吸収合併し、 株式会社ココカラファインヘルスケアに商号変更。 - 「ココカラファインイータウン砺波店」のオープンによりに進出(現在は閉店)。 10月1日• 株式会社コダマ()と有限会社くすりのえびな(北海道)を吸収合併し、当社店舗に組み入れる。 株式会社、株式会社、株式会社、株式会社との業務提携により、交通系電子マネー(・・・・・・・・)、、、、、の全14種類のを当社店舗に一斉導入(ただし、商業施設(や駅ビルも含む。 内に出店する店舗では、入居する商業施設等が導入している電子マネーのみ利用可能の場合があり、逆にやなどの利用が可能な店舗もある。 また、PiTaPaは関西地区などの一部店舗のみ利用可能であり関西以外の地域ではほとんど利用不可となる)。 なお、一部の店舗に限られていたWAONは2019年12月13日までに全店舗への導入を完了し、利用が可能となる。 8月 - 株式会社光慈堂を吸収合併。 - 「ココカラファイン店」のオープンによりに進出(現在は閉店)。 6月1日 - 株式会社神戸マルゼンから兵庫県の調剤薬局1店舗の事業を譲り受ける。 9月1日 - 東洋薬品株式会社から北海道の調剤薬局1店舗の事業を譲り受ける。 10月1日 - グループ会社の株式会社を吸収合併。 10月1日 -• 株式会社から大阪府・京都府・奈良県の調剤薬局6店舗の事業を譲り受ける。 譲り受けた店舗の一部は「ココカラファイン薬局」へ転換。 グループ会社の株式会社シニアコスモスを吸収合併(なお、介護事業は同じグループ会社の株式会社へ継承された)。 12月1日 - 有限会社タツオカから東京都と神奈川県の調剤薬局2店舗の事業を譲り受ける。 1月30日 - インコム・ジャパン株式会社が開発したシステムの導入に伴い、モバイル決済サービス「」の取り扱いを開始(一部店舗を除く)。 4月1日 - グループ会社の有限会社東邦調剤、有限会社古志薬局、株式会社ココカラファインネクストの3社を吸収合併。 これにより、「東邦薬局」と「フリーダム」を当社の店舗ブランドに組み入れる。 8月7日 - インターネットサイト「ココカラクラブ」で購入した商品を店頭で受け取る店舗受取サービスを開始(神奈川県の一部店舗から順次開始、「ココカラクラブ」会員限定のサービスのため、利用には会員登録が必要)。 4月1日 - グループ会社の有限会社ケイエスを吸収合併。 これにより、千葉県内の調剤薬局3店舗(しんせい薬局・おゆみ野みどりヶ丘薬局・はるのみち薬局)の運営を引き継ぐ。 6月1日 - モバイル決済サービス「」の取り扱いを開始(一部店舗を除く)。 開始当初は店頭に設置されたをのカメラ機能で読み取り、ユーザー自身で金額を入力することで支払いが完了する「スキャン支払方式」だった。 9月14日 - 株式会社が運営するモバイル決済サービス「」の取り扱いを開始。 10月30日 - 楽天ペイメント株式会社が運営する共通ポイントサービス「」の取り扱いを開始(一部の店舗を除く、「ココカラクラブカード」との同時提示及びポイント付与は不可で、どちらか1つのカード又はアプリを選択することとなる)。 12月3日 - 楽天ペイメント株式会社運営する「(アプリ決済)」、株式会社メルペイが運営する「メルペイ」、株式会社が運営する「ゆうちょPay」、株式会社が運営する「J-Coin Pay」、株式会社が運営する「Origami Pay」の5種類のサービスを一斉導入。 また、一斉導入に伴ってスマートフォンに表示されたを提示し、店員がPOSレジで読み取って支払いを完了する「バーコード読み取り方式」に統一され、既に導入されている「PayPay」もこの方式に変更された。 店舗展開 [ ] 店舗ブランド [ ] 合併前の各会社が展開していた店舗ブランドはそのまま当社の店舗ブランドとして引き継がれる。 この為、地域により展開する店舗ブランドが異なるほか、複数の店舗ブランドが存在する地域もある。 なお、従来からの店舗ブランドのみで出店している地域もあり、群馬県は「セイジョー」のみとなる。 合併後に新規開業する店舗は2012年5月から合併前の各会社(メディカルインデックスを除く)で実験店(パイロットショップ)として展開していた「ココカラファイン」の店舗ブランドで展開される。 また、2013年6月より従来からの屋号で営業している店舗にも、店舗入口などに「ココカラファイン」ロゴの看板が順次掲げられている。 なお、従来からの屋号で営業している店舗の一部は改装のタイミングで「ココカラファイン」に屋号変更している店舗があり、宮城県・山形県・福島県・山梨県・長野県・佐賀県においては「ココカラファイン」への店舗ブランド統一を完了している。 カッコ内は2020年2月時点のブランドごとの店舗数(セイジョー・ジップドラッグ・ジップファーマシーは派生業態を含む)• ココカラファイン(703店舗) 展開地域:北海道、宮城県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、沖縄県• ココカラファイン薬局(187店舗) 展開地域:北海道、栃木県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、広島県、山口県、福岡県、長崎県• (103店舗) 展開地域:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県• セイジョー薬局(10店舗) 展開地域:埼玉県、東京都、神奈川県• ドラッグセガミ(103店舗) 展開地域:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、沖縄県• パワードラッグワンズ(5店舗) 展開地域:埼玉県、大阪府、香川県、愛媛県、高知県• セガミ薬局(30店舗) 展開地域:埼玉県、千葉県、東京都、大阪府、兵庫県、奈良県、岡山県、福岡県、熊本県• (82店舗) 展開地域:岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、奈良県、和歌山県• ジップファーマシー(11店舗) 展開地域:岐阜県、愛知県、奈良県• (66店舗) 展開地域:京都府、大阪府、兵庫県• ライフォート薬局(10店舗) 展開地域:京都府、大阪府、兵庫県• マルゼン(6店舗) 展開地域:大阪府、兵庫県• マツノキ(1店舗) 展開地域:京都府• ホップスドラッグ(3店舗) 展開地域:京都府• シンヤクドー(12店舗) 展開地域:鳥取県、島根県• くすりのスズラン(1店舗) 展開地域:北海道• (3店舗) 展開地域:北海道• (22店舗) 展開地域:新潟県• コダマ調剤薬局(1店舗) 展開地域:新潟県• 東邦薬局(11店舗) 展開地域:栃木県、千葉県、東京都、神奈川県、京都府、岡山県• フリーダム(6店舗) 展開地域:鳥取県• その他屋号の薬局(15店舗) 北海道の「メロディー薬局」、東京都の「アルプス薬局」・「泰洋薬局」・「泰平薬局」、京都府の「オーツカ薬局」など(千葉県と京都府ではどの店舗ブランドにも属さない調剤薬局が存在する)。 くすりのコダマ五泉店 () 店舗数 [ ] 2020年2月時点で1,391店舗。 青森県・岩手県・秋田県・宮崎県・鹿児島県は未出店である。 北陸地方(富山県・石川県・福井県)にも出店していたが、現在は閉店し撤退している。 北海道地方(北海道28)• 東北地方(宮城県5、山形県1、福島県3)• 関東地方(茨城県4、栃木県7、群馬県1、埼玉県44、千葉県26、東京都288、神奈川県69)• 甲信越地方(新潟県63、山梨県2、長野県1)• 東海地方(岐阜県12、静岡県36、愛知県113、三重県69)• 関西地方(滋賀県7、京都府48、大阪府195、兵庫県109、奈良県42、和歌山県30)• 中国地方(鳥取県14、島根県9、岡山県9、広島県21、山口県15)• 四国地方(徳島県5、香川県6、愛媛県4、高知県4)• 統合後のポイントカードは「 ココカラクラブカード」となっており、廃止に伴う切替の対象でない旧法人名義カードでも「ココカラクラブカード」への切り替えが可能で、旧法人名義カードに保有していたポイントは「ココカラクラブカード」へ全て移行される。 「くすりのコダマ」では2013年7月より「ココカラクラブカード」の取扱が開始され、既に当社の系列店舗で新規或いは前述の旧法人名義カードからの切替により「ココカラクラブカード」を所持している場合、同じタイミングで「くすりのコダマ」でも利用可能となった。 併せて、各店ごとにばらつきがあったポイントの基本条件を統一し、 税込100円につき1ポイント付与、500ポイントで500円の「お買物値引券」発券となった(旧ライフォート運営店舗、旧スズラン薬局運営店舗はポイント付与単位を税込105円につき1ポイントから税込100円につき1ポイントに引き下げ、旧ジップドラッグ運営店舗は一部の店舗を除き、値引券の発券ポイントを625ポイントから500ポイントに引き下げ、旧セイジョー運営店舗、旧セガミメディクス運営店舗は変更なし)。 なお、2013年10月からはこれまでの値引きクーポンに代わり、特定製品の購入により付与されるボーナスポイントを導入している。 さらに、同年9月からは 日本国内の実店舗としては初となる機能が付加された。 この機能は事前にレジにて1,000円以上・1,000円単位で申し出た希望額分のチャージを行い、買い物時に現金の代わりにカードを提示するだけで支払いが完了する。 当社の系列店舗やの店舗に限り、月間のプリペイド利用金額の0. また、ココカラファインのグループ店舗のみならず、国内・海外のVisa加盟店でもプリペイド機能が利用できる(この場合、売上票には「クレジット売上票」と表記される)。 2014年9月からはの(・)でのクレジットチャージに対応している。 「ココカラクラブカード」は2017年10月1日付でカード券面のデザインが変更され、コーポレートカラーであるコーラルピンク基調となり、ココカラファインのである「ココシエル」が新たに描かれた。 この日以降に新規入会や前述の旧法人名義カードからの切替の場合は新デザインカードでの発行となるほか、既に「ココカラクラブカード」を保有している場合でも、プリペイド機能の有効期限が2018年内となっている場合はカード切替により新デザインカードの入手が可能である(前述したプリペイド機能には有効期限が設けられているため、有効期限が到来する前に新カードへの切替が必要となる。 プリペイド残高とポイントは新カード切替時に全て移行される)。 この新デザインカードは、2018年4月19日よりのに対応し、ATMからのチャージ及び残高照会の取扱が可能となった。 なお、統合後も引き続き利用が可能だった旧法人名義カード(旧くすりのえびな発行のポイントカードを含む)は今後利用不可となることが2018年2月26日に発表された。 旧法人名義カードを保有している場合は、同年9月30日までに「ココカラクラブカード」への切替が必要となる。 旧法人名義カードの廃止により、当社のポイントカードは「ココカラクラブカード」に完全統合される見込みとなる。 2018年7月に制度が一部変更され、ポイント付与の単位が 税抜100円毎に1ポイント付与となり、店頭での「お買物値引券」の発券を廃止して500ポイント単位で500円分の値引きに変更された(500ポイントに達した次の会計時からポイント利用による値引きが可能となった)。 関連項目 [ ]• - セガミメディクス時代から昼間の天気予報でのメインスポンサー。 長年関西ローカルでを展開。 出典 [ ]• - 株式会社ココカラファイン ニュースリリース 2012年9月5日(2013年2月4日閲覧)• PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2016年2月26日 , 2017年8月17日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2016年7月11日 , 2017年8月17日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2017年7月31日 , 2017年11月23日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2017年10月11日 , 2019年2月11日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2018年1月29日 , 2020年2月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2018年8月7日 , 2020年2月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2018年1月29日 , 2020年2月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2019年9月12日 , 2020年2月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2019年10月30日 , 2020年2月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ココカラファイン, 2019年12月3日 , 2020年2月3日閲覧。 2017年11月23日閲覧。 PDF プレスリリース , 2018年4月11日 , 2018年5月28日閲覧。 2018年3月7日閲覧。 外部リンク [ ]• 公式アカウント• (富士薬品子会社モリキに吸収)• ・(ツルハに吸収)• (富士薬品子会社の後、東北セイムスに統合)• (富士薬品の子会社になった後、関東セイムス(ジャストドラッグの旧ライズ店舗はモリキに移譲)に統合、屋号は継続)• (富士薬品に事業譲渡)• (bigドラッグを経営していたがセイジョーに吸収合併)• (セイジョーに事業譲渡)• (住商ドラッグストアーズと経営統合)• (破産)• (ツルハにドラッグ事業譲渡した後破産)• (住商ドラッグストアーズに事業統合)• (アイロムロハスに店舗譲渡)• (店舗をリバースに譲渡)• ・(ドラッグマックスに吸収、現マツモトキヨシ甲信越販売)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (ウエルシア関東に経営統合)• (ウエルシア関東に吸収)• (ウエルシア関東に吸収)• (富士薬品、後にモリキに事業統合)• (ツルハに店舗譲渡)• ・・(合併して。 屋号は存続)• (東海セイムスに経営統合、屋号は継続)• (松ノ木薬品と合併)• ・・(ライフォートに吸収)• (共栄ファーマシーズに店舗譲渡)• (セガミメディクスに吸収合併)• (西日本セイムスに経営統合、屋号は継続)• (レデイ薬局と合併。 屋号は存続)• (破産)• (破産)• (スギ薬局に吸収)• (キリン堂に吸収)• 寺島薬局(ドラッグストア事業をウエルシア関東に事業譲渡、介護事業に特化してとなる)• ・・・(セガミメディクスに吸収、現ココカラファインヘルスケア、各社の屋号は存続)• (ツルハに吸収)• (ドラッグストア事業をモリスリテールに分社化した後、マツモトキヨシHDの子会社を経てマツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ココカラファインヘルスケアに吸収、屋号は存続)• (破産)• (富士薬品に吸収、屋号は存続)• (カワチ薬局に吸収、屋号は存続)• ・(ウエルシア薬局に吸収)• (富士薬品に吸収)• (マツモトキヨシ東日本販売に吸収)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収)• (マツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (マツモトキヨシに吸収)• (マツモトキヨシへ会社分割により承継、法人はマツモトキヨシファーマシーズに吸収)• (ツルハに吸収)• (ツルハに事業譲渡した後清算)• (ツルハに吸収)• (東北セイムスに吸収)• (九州セイムスに吸収、屋号は存続)• (スマイルドラッグに吸収)• (クリエイトエス・ディーに吸収• (親会社に事業譲渡の上ザグザグのフランチャイズ化)• (マツモトキヨシに吸収)• サンメディックに吸収• (ドラッグストア事業をサクラドラッグとして分社化しツルハに譲渡)• (モリキに吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に事業譲渡)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (富士薬品に吸収) この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の