アコースティック ギター 初心者 おすすめ。 アコギ好きが選んだ、初心者におすすめしたいミニアコースティックギターランキング、トップ10!!【ミニギター時代の到来】

アコースティックギターのおすすめ20選。初心者向けのモデルもご紹介

アコースティック ギター 初心者 おすすめ

6000ぐらいのギターもあるのですが、このへんになるともうヤバイです。 予算は最低13000程度は要るでしょう。 楽器よりも、楽器屋(店員)を見たほうがいいです。 いろんな楽器屋(店員)を知ってますが、悪いところはほんとにテキトーに売りつけようとします。 ほんとに差が大きいので、よく選んでください。 楽器の保管状況は悪かった) ヤマハ楽器40点 玉光堂90点 KEY楽器(某狸小路店)100点(楽器のクォリティは突出。 すばらしい店員さんも多い) てとこですか。 まぁ店によるんでしょうけど。 13000くらいならFender社の物がお勧め。 アコギでは実績ないが、超大物会社。 物も良し。 マーチン社(アコギの元祖。 スーパ大御所)のD-X(だったっけ?)を、「マーチンが6万ですよ!こんないい買い物はない!」と勧める店員もいますが、俺は買ったら後悔すると思う。 なんか木じゃないらしいし。 音叉(おんさ)よりも、チューナーの方がいいかもしれないですね。 どんなものかと言うと、弦が六本ありますが、それらの音の高さを確かめる機械です。 フツー、一番上の太い弦から、E(ミ)、A(ラ)、D(レ)、G(ソ)、B(シ)、E(ミ)、で、「チュ-ニング」します。 音感に自信あるんでしたら、音叉でいいと思います。 音叉は金属の棒で、どこかで叩いて耳にあてると、Aが出るのが普通です。 ケータイでもAの音が聞けたはずです。 最初にいるものは、 ・アコギ本体 ・弦(ライトゲージの弦。 ライトより軽い(エキストラライトとかだと音がちいさくなるし、ライトより強い弦、ミドルとかへヴィーだと、指痛いです。 ギターにかかる負担も大きいです。 音はパワフルになります。 ) オススメの弦は、「ダダリオのフォソファーブロンズ、ライト」です。 600円くらいだし、ちょうどいいと思います。 ベーシックですね。 僕も基本的にこれをずっと使ってます。 ・チューナー ・引きたい曲のタブ譜(ギターの簡単な譜面。 本屋にフツーにあります。 ) ・ピックでやりたいならピック。 ・カポタストが必要な楽曲ならカポタスト。 ・クロス(楽器は大切にしましょう。 汚れがついたらからぶきしてください。 からぶきですよ。 楽器専用のみがきざいとかスプレーはありますが、必要ないです。 ) ・ストラップ。 ギターを肩にかけるやつ。 あれば何かと便利、立ってプレイするのは楽しい。 ・ケースか、カバー。 持ち運ぶ時、あれば便利。 ギターを裸で持ってきて、川で友達と遊んでて、夕立が降ったことがありますが、サイアクです。 そのときは新品のギターでよかった(塗装が頑丈)。 大きいポリ袋ふたつ、あれば良いですね。 雨はとりあえず防げます。 なんでも遠慮せず、一つの疑問でも、何人にもに聞くことがいいと思います。 楽器は人によって、言う事違います。 好みあるし。 gooでもお店でも(笑 ギターに、長時間の直射日光は、負担になります。 値段に関係なく、楽器は大切にしてくださいね(笑。 オススメの知識をにさんどうぞ。 じつは、大きいギターと(ラージボディ)、小さいギター(スモールボディ)があります。 知ってました? 5. 6万程度あれば、ビンテージのギターを買えるかもしれません。 僕のともだちは6万の64年製、アメリカンギターのボロを持ってました。 それが彼の初ギターです。 初心者でもビンテージでいける実例を、僕は見ています。 新品の2. 3万のギターは、音がすぐ狂ったり、ぶよぶよの音がしたり、ぎらぎらしたり、はっきりいってだめじゃないけど、ビンテージとは比べれません。 ビンテージの良い所は、楽器が安定してます。 音は、新品よりもだいぶ良い(人にもモノにもよります)です。 そして、6万で買えば、ギターに怪我させない限り6万でもう一度売れます。 ビンテージだから。 参考の店は信頼できますので(一本ビンテージを買ったことあります)、不良品のギターなどは置いていません。 メールで聞いてみれば、逐一応えてくれます。 ちがいわかります? あと、大型チェーン店は信頼できません。 バイトの知識も少ないし。 いいかげんだし、ぼったくります。 弦とか、ピックとかを買うぐらいはいいでしょうが、楽器は買いたくないですね。 おじさんがやってるような、個人店の方が親身になってくれます。 細かい注文も聞いてくれますし、素人にも親切な場合が、「多い」(笑。 僕のアドバイスは、すしで言う所の「わさび」かな。 けっこうおいしいです(笑。 ギター屋の参考URLがもっと欲しければ、補足でゆってください。 もっと教えます。 とりあえず、どうぞ。 初心者にも、ビンテージが、いいですよ。 参考URL: まずギターそのものの大きさですが、こだわる必要はありません。 ギターの大きさと握力は関係ありません。 また、小さな体で大きなギターを弾く女性は、チャーミングでもあります。 必要な事は握力ではなく、弦を押さえるコツです。 ただ、良いギターほど、押さえる力が少なくて済むのは間違いありません。 精密に出来ている証拠です。 ですが、初心者の方でそれを選ぶことは難しいと思います。 弦を押さえるという感覚がわかってから、2台目のギターの時に選ぶポイントにすれば良いとおもいます。 相場は、初心者なら15000~30000円です。 余計な装飾のない極普通のギターが良いと思います。 最低限必要なものは、コードブックです。 これは、左手で弦を押さえる形を知ることが出来ます。 それから右手で弦を弾くピックと、音調を変えるカポタスト、音程を決めるオンサーだけです。 ピックは、最初はソフトを使う方がなめらかに弾けて良いと思います。 カポタストは、ねじ締め式が長持ちします。 オンサーは、一番安いものでokです。 こんばんは。 アコギですか。 有名どころだとGIBSONやMARTINということになるんでしょうけど、 そんなのはかなり上達してギターで食べていくんだ!くらいの気合いが 出てきてから買っても遅くはありません。 というかあまりに高いしね。 名品だと何十万何百万というのも珍しくない世界です。 初心者には国産で充分。 入門セット15800円とか普通にありますし、 取りあえずはそれで構いません。 選ぶとき注意すべきなのは、 信頼できるお店の新品ならそれほど無いですが、 使いやすさ、という点でネックが細いモノを選ぶと良いでしょう。 楽器店では持つくらいは自由ですし、 頼めば弾かせてもらえます。 素直に店員に初心者で知識が無く、 手が小さいということを伝えれば色々アドバイスしてくれます。 気に入ったのがあったらちょっと抱えてみましょう。 で、バレーコード(Fとかね)を握ってみて出来そうなら大丈夫。 あとは救いを求める眼で店員を見つめれば完璧。 きっと聞いてないのにいろいろ教えてくれます。 Q ギターに詳しい方、ギターを弾かれる方に質問です。 アコースティックギターで弾き語りをしたいと思い、ギターを購入することにしました。 ピアノは弾けますし、コードなどの音楽の知識も多少ありますが、ギターに関しては全くの初心者です。 予算もそんなにないので、楽器店などが販売している初心者用のセットを購入しようと思っています。 例えばこのようなセットです。 shimamura. これは、どちらを買うかによって、大きな違いを生むのでしょうか?例えば、スモールサイズで始めてしまうと、将来的に普通サイズのギターを弾くのに苦労する、とか・・あるいはなにか変な癖がついてしまう、とか? 当方、身長160cm、中肉中背で、手や指の長さも普通(か少し短め)の女性です。 今のところ、素人考えで、小さく軽いほうが身体への負担がなく弾きやすいのではないかと思い、スモールサイズの購入を考えているのですが、ギターに詳しい方のご意見を参考にして決めたいと思い、質問させていただきました。 よろしくお願いいたします。 アコースティックギターで弾き語りをしたいと思い、ギターを購入することにしました。 ピアノは弾けますし、コードなどの音楽の知識も多少ありますが、ギターに関しては全くの初心者です。 予算もそんなにないので、楽器店などが販売している初心者用のセットを購入しようと思っています。 例えばこのようなセットです。 shimamura. まず、竿の長さが短い、ジュニア向けは本当に1mくらいのお子様向けなのでパスして下さい。 次に、ボディー部分が薄めだったり、小さめ、というタイプは、音の響きに重厚感が少なく、薄っぺらいサウンド傾向なので、出来たら避けた方が良いと思います。 かなり上級者の場合、楽曲や他の目的で、薄くて軽妙な音を求める、というケースはあります。 もっとも、こういう場合は楽器自体がもう一桁、高価なモノの中から試奏を行なった上で気に入った固体を選ぶ、という話です。 また、ご予算的にリンク先くらいが限度であれば、やむを得ませんが、できれば2万以上の本体を購入された方が、無難です。 音程が狂ったピアノで練習するのは好ましく無い事ですよねぇ、ギターの場合、1本の弦で開放音でチューニングしても、抑えるフレットに依って微妙に音程がズレてしまう、という品質が良く無い製品が有ります。 一般的には造ったときはそれなりに合っているのですが、何年か使っていると竿(ネック)が歪んでしまって音程のズレが大きく成ったり、弦を抑えにくく成ったり、という問題が出て来やすいのです。 私が中学の頃に、父が買ってくれたギター、たしか2万チョイでしたが、数十年経過した現在、弱冠、反りが出ていますが許容範囲。 当時、私も「単なる興味本意の遊びだから」と思ってたけど、父が試し弾きして、最低限このギターだ、と言う事で少し上のギターを買いました。 (実は、結婚する前まで、父自身がギターを楽しんでいたため、自分でまた弾いてみたかった、、、というのが真相だった、、笑) 今では近所の集会所に当時のギターを置きっぱなしですが、毎月の集まり(呑み会?)で、過去にポプコンでギターを弾いていた、という呑み友達が時々演奏してくれています。 ギター本体だけ、ピックも無い。 別にかまわないのですよ、人の手には爪があるのですから(笑) 音程合わせのチューナー、音感が有る程度有ればそんなもん要らない、そもそもピアノを演奏されている御質問者様なら、最初から無くても問題なしでしょう。 弦は1年くらいで張り替えた方が良いのですが、数十年と張りっぱなしの弦でも、ちゃんと音が出ました。 (まぁ、さすがに錆びてたので抑える指がチョイ痛いから、集会所に持って行って半年後(すでに2年経過、、)に張り替えましたけれどね。 ) ホコリが被らないようにケースがあればベターですが、無くてもかまわない、まぁ持ち歩くときはケースに入れて、というのが良いのでしょうけれど。 綺麗な乾いたタオルで拭いてあげれば、問題有りませんよ。 ただ、基本の基本、基礎部分は、やはり教則本等は、最初は必用でしょう。 ただ、セットというか、オマケのようなモノよりはちゃんとしたモノを書店や楽器店で求めた方が良いと思います。 楽器演奏の経験がある人であれば、ギターと言う楽器本体と、ギターに関する基礎知識を網羅した教則本が有れば、それだけで充分だと思います。 ピックなしの指弾きが出来れば、ピックを持っても同じように演奏出来ます、逆にピック演奏が出来る人で指弾きが出来ない、という人も居ません。 よりハードで大きな音を長時間出したい場合はピックがないと辛いのですが、、、、(まぁ、欲しく成ったら数十円からのモノなので、楽器店で実物を眺めて触れて、気に入ったモノを買えば良いでしょう。 昔のフォークシンガー等ではコンサート中にファンサービスとして演奏中のピックを客席に飛ばす、1ステージで20枚とか使った人も居るそうですよぉ。 ) カポスタットは、ギターの6弦、全体の移調としても活用しますので、テクニックでカバー出来にくい初期は、ぜひとも持っていた方が良いと思います。 (数百円ですけれどね。 安い物なら100円チョイかなぁ、、、) 追伸:アコースティックギターと言っても、フォークギターと呼ばれる演奏しやすい今回の方向と、クラシックギターとかガットギター等と呼ばれる古典的なギターではモノも違いますし演奏法も微妙に違い、熟練度は古典楽器タイプの方がより高く要求されます。 まず、竿の長さが短い、ジュニア向けは本当に1mくらいのお子様向けなのでパスして下さい。 次に、ボディー部分が薄めだったり、小さめ、というタイプは、音の響きに重厚感が少なく、薄っぺらいサウンド傾向なので、出来たら避けた方が良いと思います。 かなり上級者の場合、楽曲や他の目的で、薄くて軽妙な音を求める、というケースはあります。 もっとも、こういう場合は楽器自体がもう一桁、高... A ベストアンサー 私はギタリストではなく、アコースティックギターの音を相手にPAをしたり録音をしたり(プロではないですアマチュアです)という方の立場ですが… YAMAHAのアコギは、そういう音響素材的に扱う立場の人間から見れば(聞けば?)、おしなべて本当に『無難な音』がします。 もちろん、高級ラインナップでも普及品の安物でも同じ音がするという意味ではありませんよ。 やっぱり価格帯なりラインナップなりの音の良し悪しはあります。 でも、どのモデルでも何かしら「YAMAHAで~す」というエッセンスがある音がするというのは、私と同業の大抵の人間が、ほぼ同意見ですね。 また、これは一つの極論としてですが、「上手い人は当然良い音がするが、下手な人でもそれなりの音がする」という面もありますね。 これは、ギターテクニックとしての側面ではなく、マイクを通せばそういう音になる…という、私らエンジニア側の感覚論なんですが、マーチンやギブソンなどは、いくら高級モデルでも下手な演奏だと「これがマーチンやギブソンとは思えない」くらいひどい音になる事もザラですが、YAMAHAは下手な人でも『何とか崩れきらずに踏みとどまった音』に収まってくれますね。 ただ、そういう特性が、初心者ギタリストの成長を阻害するモノかどうかは、私にはわかりませんけど。 また、これはいつも私が「YAMAHAというメーカーは恐ろしいなぁ…」と感心している事なんですが、同系列の全く同じモデルのギターが何台か有ったら、どのギターもほとんど同じ音がします。 少なくともマイク通すと、一台一台の音の差が非常に小さい。 こういうことは、他のメーカーではまずお目にかかった事がありません。 あと、これは知り合いのギタリストの受け売りですが、彼曰く 「YAMAHAのギターは、当たり外れがまず無いし、だいたいは良い音するんだけど、何か『音でこういう主張をしたいっ』と思って弾いた時に、楽器に後ろ髪引かれるような感じがして、今ひとつハジケられない」 なんてことを言っていました。 なので、ギタリストの立場では、そういう「優等生的で音の主張が少ない」なんていう意味で『YAMAHAは個性が無い』という意味での『特徴がない』という評価は有り得るかなぁと、私の立場でも思えない事はないですね。 YAIRIを持ってるギタリストは、知り合いにあまり居ないので詳しくないですが、Takamineなんかは、当たり外れという意味ではないですけど、私にとっては結構1台1台の音の個体差は大きい感じがしますね。 まぁ、Takamineはエレアコを扱う場合の方が多いので、余計そう感じるだけかもしれませんが… ただ、こと他の楽器とのアンサンブルに限っては、下手なマーチンやギブソン弾きだと、PA屋がいくらがんばっても音がメチャクチャになる事が(アマチュアだと)非常に多いので、アンサンブル用ギターとしては、私の中ではYAMAHAが世界のナンバー1です。 私はギタリストではなく、アコースティックギターの音を相手にPAをしたり録音をしたり(プロではないですアマチュアです)という方の立場ですが… YAMAHAのアコギは、そういう音響素材的に扱う立場の人間から見れば(聞けば?)、おしなべて本当に『無難な音』がします。 もちろん、高級ラインナップでも普... Q 初心者で一本目のギター探しています。 2万円前後で探しています。 3軒の楽器屋であったのが、 ・Sヤイリ【YFー28】約1万9千円 ・ヤマハ【FS-720S】2万9千円 ・モーリスギター【F01】約2万円 見に行ったら、ここらへんがありました。 ヤイリを勧めてる店では、モーリスやヤマハは、木が合板??だから、ヤイリの方がいいといってました。 ヤマハとモーリスが置いてるお店では、 Sヤイリは韓国製だから・・と言っていて、 どっちがいいとも言ってませんでしたが、 実際どのような違いがあって、 質的にはどれがおすすめでしょうか? ちなみに、ヤマハだといい音なんですが、 ギターの厚さが厚いので体が小さい私には、ちょっと難しいかな~っと思ってます。 わたしはやや、ヤイリが優勢ですが、だれか、違いを教えてください。 なんか、いいギターあればまた教えてください。 A ベストアンサー はじめまして。 正直2万円前後のギターに関しては、それほど大差はないと思います。 スタイル、カラー等、質問者様の好みで選んで問題ないと思います。 ただ、合板、単板について言及しますと、 初心者の方は合板の方が良いと私自身は思います。 なぜなら、合板の方が単板に比べ丈夫にできており、 取り扱いも単板よりも気を使わなくて済むからです。 実際、私も最初の一本は合板ギターでしたし、問題を感じたことはありませんでした。 なお、単板のメリットは何か、と言いますと 弾きこむと音が良くなる、とのことです。 この根拠は明確なものではありませんが、多くのギタリスト等が言っていることからも、 多かれ少なかれそういう面はあるかと思います。 しかしながら、最初に初心者用と思って購入したギターが単板であったとしても、 色々な曲を弾いたり、聴くようになると、自分の中での音の好みというのができてくると思います。 そうなると、改めて自分の好みの音に近いギターを求めていくようになるのではないでしょうか。 そうなってからでも単板ギターを手にするのは遅くないと思います。 (あくまでも、合板、単板どちらが良いのか、という観点からではです。 ) ちなみにFS-720Sの表板は単板です。 楽器屋でFSやFGを試奏したことがありますが、 初心者用の価格設定の割りに、物がしっかりしていると感じます。 私が人に勧めるならYAMAHAです。 モーリスは私が初めて手にしたギターでした。 1972年製のオンボロギターでしたが、十分使用に耐えるものでした。 最近のモデルについては知りませんが、私が使用したモーリスギターについて言えば、よく鳴ってくれました。 Sヤイリについては使用したことも、試奏したこともないのでわかりません。 最初の一本は、おもちゃのように作りがおかしいものでは困りますが、 そうでなければ、 練習したいと思えるスタイルや、第一印象、閃きとかで選んで問題ないと思います。 ギターの厚さについては、そのギターが好きで練習したいと思えるものであれば、 弾いているうちに絶対に慣れますので問題ありません。 他にコストバリューが良いギターとしては、 カナダのメーカーである、シーガル(Seagull)が良いとの話をききます。 多少値段が上がってしまいますが。。 一応英語かフランス語のサイトですがオフィシャルサイトを張っておきます。 seagullguitars. 正直2万円前後のギターに関しては、それほど大差はないと思います。 スタイル、カラー等、質問者様の好みで選んで問題ないと思います。 ただ、合板、単板について言及しますと、 初心者の方は合板の方が良いと私自身は思います。 なぜなら、合板の方が単板に比べ丈夫にできており、 取り扱いも単板よりも気を使わなくて済むからです。 実際、私も最初の一本は合板ギターでしたし、問題を感じたことはありませんでした。 なお、単板のメリットは何か、と言いますと 弾きこむと音が... A ベストアンサー エレアコの範囲が明確でないのでわかりませんが、 アンプで増幅するのを前提に作られている場合は ハウリング対策などがとられている ボディー構造だったりします。 生音の鳴りがや その周波数帯が調整されています。 アンプで増幅しない前提なら、そういう鳴りの構造です。 1,4さんが 言われているように 「違う音」なのです。 実際に 楽器屋や友達のを弾き較べて 音の違いがわかりませんか? 違いがわからなければ 「どうせ アンプにつなげられるエレアコ」でしょう。 でも エレキ用のアンプと エレアコ用のアンプも 全然音違いますよ。 (って言っちゃうと アンプも ギターも 全部 違う音がするんですが・・。 マッチレスの音って言っても 同じ型で ロットによって 音が違うし・・。 ) A ベストアンサー アコースティックギターの種類ですが、エレキギターとは違ってギターそのものだけで演奏に十分な音量を出すことができるギターの総称が、アコースティックギターになります。 アコースティックギターに含まれるギターの中に、ナイロン弦 ガット弦 を使うギター クラシックギター・フラメンコギターなど と、金属弦を使うギター フォークギターなど とがあります。 アコースティックギターとフォークギターの違いとなると、ちょっと表現が曖昧ですね。 もしアコースティックギターと言うのがクラシックギターを意識したものであれば、フォークギターなどとクラシックギターとを分ける一番の特徴は、上記の通り弦の材質になります。 他にも、ギターの作りが異なりますので、見た目で見分けることも難しくはないでしょう。 なお、一般的な通称として、金属弦を使うアコースティックギターのことを、フォークギターないしアコースティックギターと称することも多いようです 逆にクラシックギターは、特にクラシックギターと称されることの方が多くあると思います。 何をポイントにして買えばいいのかについては、自分の気に入った特徴を持つものを選ぶのが良いと思います。 ただ、何もわからないうちからネット通販で買うのは、ちょっと不利が大きいようにも感じます。 買い急がずに、ギターのことについて少し知識を付けてから、具体的な購入計画を立てる方が良いと思いますよ。 楽器店が身近にあるのであれば、そこに出向いて店員と相談したり、色々な現物を眺めてきたりするのが良いと思います。 それが難しい場合は、ギターの教則本やギター雑誌などに目を通して、そこから色々と情報を仕入れてみるのが良いでしょう。 それさえおぼつかないのであれば、ネット上で色々な情報を探してみるのも良いかもしれません。 とにかく、知識を付けてから購入の計画を立てることを強くお勧めします。 なお、個人的な意見を付け加えるなら、初めの一本は楽器店で購入した方が何かと便利だと思いますよ。 普通の店であれば購入時の相談にも乗ってくれますし、購入後もアフターケアなどで相談できる相手がある方が、安心して取り組めるでしょう。 また、ギターには弦などの消耗品などもありますから、安心して入れる楽器店があった方が、不便を囲わずにすむと思います。 あと、ギターは自分で調律をしないといけない楽器ですので、その基準を取れるアクセサリは必須です。 チューナーや音叉、ピッチパイプなどが、調弦する時に基準を取るためのアクセサリになりますが、できればチューナーを購入するのが良いと思います。 そのあたりの費用も、予算に織り込んでおくと良いでしょう。 とりあえず、参考まで。 アコースティックギターの種類ですが、エレキギターとは違ってギターそのものだけで演奏に十分な音量を出すことができるギターの総称が、アコースティックギターになります。 アコースティックギターに含まれるギターの中に、ナイロン弦 ガット弦 を使うギター クラシックギター・フラメンコギターなど と、金属弦を使うギター フォークギターなど とがあります。 アコースティックギターとフォークギターの違いとなると、ちょっと表現が曖昧ですね。 もしアコースティックギターと言うのがクラシックギターを意... Q 40代半ば過ぎのオヤジです。 中一の娘から、クリスマスにギターが欲しい、とねだられております。 私自身中学でギターを始め、高校時代はロックバンドで弾いていました。 当時はフェンダーのストラトキャスターが憧れでしたが当然買えるはずもなく・・・ 母が内職のお金で無ブランドのストラトもどきを買ってくれました。 ですが、私はもう20年以上楽器屋に行ったこともなく、ネットを見てもピンときません。 娘の希望はアコースティック(フォーク)で、よく聞いているのは「ゆず」だそうです。 ギターの程度は、まだコードを覚え始めたばかり。 私の頃はフォークギターと言えばモーリスかトーカイ、ちょっと高級なところでヤマハかな?という認識でしたが、 最近のは全然わかりません。 「オッサン、中学生ならこれがいいゼ!」という若い方のご意見が聞けたら嬉しいです。 もちろん、年配の方のご意見もお待ちしております。 40代半ば過ぎのオヤジです。 中一の娘から、クリスマスにギターが欲しい、とねだられております。 私自身中学でギターを始め、高校時代はロックバンドで弾いていました。 当時はフェンダーのストラトキャスターが憧れでしたが当然買えるはずもなく・・・ 母が内職のお金で無ブランドのストラトもどきを買ってくれました。 ですが、私はもう2... A ベストアンサー 3~4万円のYAMAHAギターが良いのでは? 値段やスペックは上を見るとキリがないのですが、 「高級品でなくある程度しっかりした物」なら 有名メーカーのこれぐらいの価格帯からだと考えます。 値段に関してはさまざまな人がいるので意見が割れるでしょうが、 中学生で有名メーカの3~4万のギターが持てる、というのは 私の時代から考えると羨ましい状況です。 作る技術は向上してますし、競争に勝つため品質も良くなってます。 ただ、プレゼントということですが、好みの形や色があるでしょうから 一緒に選んだほうが良いかもしれません。 サプライズにはなりませんが。 一緒に添い寝したくなるようなかっこいいギターが みつかると良いですね。 A ベストアンサー 趣味で30年近くギターを弾いています。 電気なのかアコースティックなのかクラッシクなのか判断できませんが、必ずしも指先を弦に直角にあてフィンガーリングする必要はないと思います。 練習あるのみです。 爪は皮膚が変化したものなので練習次第で退化していきます。 いずれ指先が平らになると思いますよ。 またコードワークも不思議なもので指の関節が柔らかくなってくると、例えばコードCを押さえるとき、初めは3フレットを人差し指でバレーして、5フレットで2弦3弦4弦をそれぞれ小指、薬指、中指で押さえていましたが、薬指の第一関節が外側(手の甲側)に曲がるようになり、薬指一本だけで5フレットの2弦3弦4弦を押さえられるようになりました。 私は手自体が小さく、ロックンロールでいうリフも苦労して弾いていましたが人差し指と小指が段々と大きく開くようになり今では問題なくなりました。 指が太すぎて苦労している人よりは早く上達するのではないでしょうか。 自信を持って練習に励んで下さい。 A ベストアンサー アコースティックギターという名称は基本的に、電気的に音を増幅する機構を使用しないで音を出すギターの総称になります。 この中には、フォークギターも含まれますし、フォークギター以外にはクラシックギターやフラメンコギターなどのガットギターなども含んでしまいます。 ですので、アコースティックギターとフォークギターの間に違いがあるかどうかは、ちょっと比較する次元が違ってしまいます。 フォークギターと呼ばれるギターは、金属の弦を張っているアコースティックギターです。 基本的に、金属質の固めの音になることが多いと思います。 取り回しについては、スケール長も長めで、その分音域が広いものが多いでしょう。 ネックの幅もガットギターと比べると少し狭いと思います。 ガットギターは、ナイロンの弦を張ってあるアコースティックギターです。 音はフォークギターと比べるとマイルドな音になることが多いと思います。 取り回しについてですが、スケール長はフォークギターよりも短いことが多いので、その分音域は狭いものが多いでしょう。 ネックはフラットで、弦間隔もネック幅も広めのものが主だと思います。 仮にこの両者を比較しているとしたら、どちらが目的にかなうものなのかを見極めるのが良いでしょう。 音的な特徴や、演奏性、音量などを試奏などで体験してみて、自分のやってみたい音楽で使っているものに近いものを選ぶのが良いと思います。 蛇足ですが、エレキギターの一種で、構造的にアコースティックギターと同じようなボディが中空のものに、コイルのピックアップを載せたものを、フルアコースティック もしくはフルホロウ などということもあります。 こちらもアコースティックという言葉がつきますが、もしこちらのものとフォークギターとを比べているとしたら、音的にも取り回し的にも、まったく性格の異なるものになるでしょう。 また、アコースティックギターとして使えるギターの中には、アンプに対して出力できるような電気的機構を付け加えたエレクトリック・アコースティックギター エレアコ というものもあります。 先の説明を覆してしまうようなものになりますが、このエレアコについてはアコースティックギターの音をアンプで大きくするものと捉えるのが良いと思います。 こちらは、基本的にエレキギターとは異質の音になるでしょう。 いずれにせよ、楽器店に出向いて、それぞれのギターの音を聞き比べ、自分の好みや目的に合うものを選ぶのが良いと思います。 もし試奏することがためらわれるのであれば、店員さんに音出しをお願いすれば、代わりに音を出して聞かせてくれると思いますので、お願いしてみるのも手だと思います。 ただ、その場合でも、音は出さないまでも、抱えてみてボディのサイズを確かめたり、ネックの握り心地を確かめてみるのがよりよいでしょう 参考になれば。 乱文失礼しました。 アコースティックギターという名称は基本的に、電気的に音を増幅する機構を使用しないで音を出すギターの総称になります。 この中には、フォークギターも含まれますし、フォークギター以外にはクラシックギターやフラメンコギターなどのガットギターなども含んでしまいます。 ですので、アコースティックギターとフォークギターの間に違いがあるかどうかは、ちょっと比較する次元が違ってしまいます。 フォークギターと呼ばれるギターは、金属の弦を張っているアコースティックギターです。 基本的に、金属質... Q マーティン(マーチン)、モーリス、タカミネの特徴を教えて下さい。 マーティン(マーチン)、モーリス、タカミネの特徴を教えて下さい。 斉藤和義さんのアコギの音に感動しました。 もちろんギブソンを使ってると思うのですが、予算が…3万円位です。 ヤフーオークションで中古を購入しようと思ってるのですが、 家の近くの楽器屋が無い為、音を鳴らしてみることができません。 また、指が短いのでタカミネがいいかな?と思うのですが、 BODYが小さいようなので音が響かないのでは?などと勝手に想像しています。 いつかはギブソンを弾きたいと思っているので、はじめから大きいタイプの方がいいでしょうか? また、マーティン、モーリス、タカミネの音や弾き心地の特徴などありましたら教えてください。 (あと、YAMAHAはどうでしょうか?) A ベストアンサー 楽器ですので基本的には音が気に入るかどうかが一番大きなポイントです。 音楽のジャンルにご自分がどのような志向を持っていらっしゃるのかにもよりますが、ながくつきあうのなら演奏のしやすさよりも音にこだわるのがよいと思います。 同じような志向を持つご友人でギターの弾ける方がいらっしゃるなら一緒に楽器店に出向いて選ばれるのもよいかと思います。 通信販売はやめた方がよいでしょう。 みなさんがおっしゃるようにヤマハなどビッグネームのメーカー品ならある程度は信頼してよいでしょう。 店頭でアコースティックギターを選ぶポイントですが、まず作りがしっかりしていることです。 php3? ただ客がアドジャスティングロッドなどいたずらでいじって、ネックが本来の状態でなくなっているいる場合も全く考えられないことではありませんので気をつけてください。 常に人が見渡せるところに楽器を置いているなど、楽器を大事に扱っていると判断される楽器店での購入をお勧めします。 ギターを店頭で選ぶ際一番苦労するのが弦の状況です。 弦は賞味期限が限られているのに、細い弦は張ったそばから音が下がり落ち着くまでフレット音痴を疑うほど時間がかかります。 またハードストロークでも音は狂います。 そのあたりはギターのせいではないことを知っておいてください。 ピックでストロークをする場合は決してサウンドホールを傷つけないようくれぐれも気をつけてください。 楽器を乱暴に扱えば試弾させてもらえなくなります。 背中の丸いオーべーションのギターは、ヘリコプターのローターの材料を作っていたカーマン社の材料技術が基本になっており、廉価版のブランドもあります。 基本的にはシャローホールとディープホールがあり、アコースティックにこだわるならディープホールを中心にお試しになるとよいと思います。 ただ、この手のギターは音が個性的なので好きになれない方もいます。 演奏のしやすさは最初はわかりません。 ネックが細いから弾きやすいとは限りません。 ネックが細いと弦の間隔が狭くなりコードを押さえるのがたいへんにもなりますので。 あくまで練習用で短期間の保有を念頭に置くならフレットの幅が小さい比較的小型のものを選ぶという考え方もあります。 店員さんに弾いてもらう場合はそのテクニックに耳を奪われて肝心の楽器を選ぶという目的を失ってしまうことがあります。 なるべく音符の数の少ない同じ曲で弾いてもらうとよいと思います。 曲もストローク基調、フィンガリング基調などの場合分けをするとよいかもしれません。 できれば試弾室などバックグラウンドノイズの少ないところでお願いしてみることです。 安いギターの場合は適当にあしらわれるかもしれませんが、お店が暇な時間帯を見計らっていくのも一つの手です。 楽器を店頭で選ぶときほど楽しい時間はありません。 なるべく時間をかけてえらぶとよいでしょう。 (私は半年くらいかかります) ギターをはじめて購入する場合は他にもストラップやケース、カポタスト、弦、ピック、チューナ、クロス、フィンガーイーズ、(換えのエンドピン、換えの骨棒、)教則本(なるべくCD付きがよいかと)などが必要になるかと思います。 セットでの金額の交渉がお勧めです。 自分で弦をセットする場合はチューニングのときにエンドピンをとばしてしまうことがあります。 弦の先端の「止め」の手前を少し曲げておくとエンドピンの先端に止めが引っかかることはなく飛ぶこともありません。 高いギターは特にですが、傷をつけたりすることがあり、ものすごく後悔することがあります。 大事に扱うためにも買ったらすぐ弦を張る前に各部をデジカメで撮影するなどして新品の状況を記録しておくと、あとで「あ、こんなところに傷があったっけ」と悩むことがなくなります。 ネックのアドジャスティング機能がついているギターの場合、弦高が自分に合わないと感じたとき自分で回したくなる衝動に駆られることがあります。 そのときはさわらず必ず買ったところに相談してください。 余った弦で目をつつかないよう巻いたらすぐ余った部分は切るようにしたほうがよいかと思います。 ニッパーではきついのでラジオペンチが必要かと。 これは100円ショップのもので十分です。 高い弦を少数回つかうよりも、安い弦を何度も張り替えた方がいいと思います。 弦はネット上でセットで買うと店頭で買うより遙かに安く手にはいることがあります。 アコースティックギターにはいわゆるガットギターとスティール弦を張るギターがあり、勝手にスティール弦を張るタイプと判断して書きましたが、ガットギターをお考えの場合は補足してください。 下記のサイトも参考になるかと思います。 highway. auranet. htm 楽器ですので基本的には音が気に入るかどうかが一番大きなポイントです。 音楽のジャンルにご自分がどのような志向を持っていらっしゃるのかにもよりますが、ながくつきあうのなら演奏のしやすさよりも音にこだわるのがよいと思います。 同じような志向を持つご友人でギターの弾ける方がいらっしゃるなら一緒に楽器店に出向いて選ばれるのもよいかと思います。 通信販売はやめた方がよいでしょう。 みなさんがおっしゃるようにヤマハなどビッグネームのメーカー品ならある程度は信頼してよいでしょう。 店頭で...

次の

おすすめのアコースティックギター! アコギ初心者が意識したいポイントと選び方

アコースティック ギター 初心者 おすすめ

お届けまでの流れ• お客様お買いもの 買い物カゴから商品をご購入。 自動配信メール ご注文が完了しましたら、自動受付メールが送信されます。 ご注文承りましたメール 当店より、2営業日以内に送信します。 正式な金額・詳細をご確認ください。 発送しましたメール 商品を発送しましたら、配送業者のお荷物伝票番号をお知らせいたします。 商品到着 お客様のミュージックライフが豊かになりますようスタッフ一同願っています。 商品の発送・納期 「在庫あり」表記の商品は即日~4営業日に発送し、最短で翌日のお届けとなります。 (地域・商品により異なります。 ) 「お取り寄せ」表記の商品は、ご注文受付後に詳しいお届け日をご案内します。 返品・交換 ご注文確認メール送信後のご注文内容変更、および返品・交換は承っておりません。 (商品初期不良の場合を除きます。 その際はメールにて商品到着後7日以内にご連絡ください。 別途手順をご案内いたします。 ) 領収書 「クレジットカード」「AmazonPay」「楽天ペイ」の場合は当店にて発行します。 その他のお支払方法の場合は各機関発行のものをご利用ください。 ラッピング 当店ではラッピングを承っておりません。 商品の保証・修理 メーカーが保証規定を定めている商品についての保証・修理に関しましては、付属の保証書、並びに当店の商品購入証明が必要となります。 保証規定内の修理は無料です。

次の

アコギ好きが選んだ、初心者におすすめしたいミニアコースティックギターランキング、トップ10!!【ミニギター時代の到来】

アコースティック ギター 初心者 おすすめ

価格:20,800円(税込、送料込) Epiphone(エピフォン)は ギブソン社傘下のブランドです。 長くから ギター製作に携わってきた会社なので ギター初心者の方でも、 楽器屋さんで目にしたことはあるのでは? ギブソン社に買収される以前は ギブソン社の存在を脅かすほど、 競争をしてきた、 実力のある会社なのです。 そのエピフォンの アコースティックギターで 一番、エントリー向けの商品が このPRO-1です。 特徴的なところは ・ネック厚がうすめ ・ボディ材がマホガニー ・ヤマハのXブレイジング的な構造を持っている というところです。 ネックの厚みが薄いと、 手の小さい方や、 指があまり開かない初心者の方でも、 コードを押さえやすいのです。 ボディ材のマホガニーは エレキギターの レスポールタイプに よく採用されている材料で 温かみのあるマイルドな音色に一役かっています。 Custom PRO-Prietary ブレイシング という サウンドホール内部の 骨組みの構造を採用していて、 ヤマハのギターのところでお話しした Xブレイジング機能のようなものを採用しています。 エピフォンの技術を継承しながらも 「初心者が弾きやすいように」 を追求したギターです。 ・MORRIS(モーリス) 価格:22,600円(税込、送料別) MORRIS(モーリス)は 長野県に本社がある日本の楽器メーカーです。 アコースティックギター製造で 日本のメーカーの中では、 一番歴史のある会社ではないでしょうか。 オーダーメイドや ハンドメイドを請け負っており 職人たちによる、 日本製高品質ギターを作る技術を 持っている会社です。 コストパフォーマンスモデルは 海外工場での製造かと思われますが、 海外工場製のギターも、 かならず日本の松本工場で 検品とシーズニング(気候の変動に慣らすこと) を行っているそうです。 名実ともに信頼のできるメーカー。 それは入門向けのラインナップでも変わりません。 ・予算 3万円台〜 ・YAMAHA 価格:30,240円(税込、送料込) ヤマハのアコースティックギターの定番シリーズが この「FGシリーズ」です。 F-370DWのサペリという木材も マホガニーの代替材として使用されるものですが、 どちらが良い悪いとかはなくて、 音色の違いとか、 わずかながら、 どちらがより軽いか、 より頑丈か、 くらいのものと考えてよいと思います。 この種類だと タイトな感じ、 立ち上がりから鳴りがよく感じる パワフルな感じ になります。 よく鳴るなって感じるわけです。 白蝶貝は高級ギターの ロゴや、 ポジションマークなどによく使用されます。 といったものです。 あとからピックガードを付けなおすのは大変でコストがかかります。 この位の仕様が 中級者になってからも満足が続くレベルかなと思います。 ヤマハのギターがよくて、 3万円台の予算があるのであれば FG720Sがいいでしょう。

次の