次の天皇誕生日。 天皇誕生日

2月23日が祝日になる理由とは?天皇誕生日が変わる!

次の天皇誕生日

新天皇陛下は誰なのか? 次の天皇は浩宮さまになります。 新天皇は 『徳仁天皇 なるひと 』と『雅子皇后』 になると週刊現代が報じていました。 新天皇が即位されると 次の皇太子さまのことが気になりますね。 お二人には男子のお子様が いらっしゃいません。 愛子内親王殿下がいらっしゃいますが、 皇室典範には男系の男子が継承すると ありますので、 浩宮さまが即位されますと、 皇太子は空位になります。 秋篠宮さまは皇太子ではなく、 浩宮さまの弟なので 『皇太弟』ということになります。 そして、現皇太子が即位した時点で、 皇位第一継承者は弟宮の 『秋篠宮文仁親王』になります。 私は勉強不足でしたので、 「次の天皇は秋篠宮さまになるのかな?」 と思っていました。 しかし、次の天皇は浩宮さまが即位されます。 そうそう、皇太子が空位となると、 皇太子に関する事務を司っていた 『東宮職』がなくなります。 現在の東宮職は約50人ほど いらっしゃいますが、 全員が人事異動になるそうです。 スポンサードリンク 新天皇陛下の誕生日はいつ? 浩宮さまのお誕生日は 1960年2月23日 2017年12月6日の時点で57歳になられます。 2019年の5月1日に即位されますと、 おそらく次の2020年2月23日は 祝日になるのではないでしょうか。 ちょっと先の話ですが、 2020年2月のカレンダーを見てみると・・・。 うわ! いきなり日曜日! って言うことは、 振替休日になんじゃないですかね。 サラリーマンにとっては 土曜日じゃなくてよかったです。 スポンサードリンク 次の元号はどうなる? これは、はっきり言って分かりませんよ。 2018年の中頃に公表される予定ですが、 ネットなどに流れている情報とは 絶対に外してくるでしょう。 今、一番言われている元号が 『安久 あんきゅう 』 たといわれていますが、 これは絶対にはずして来るでしょう。 ただ、『安』はつくかもしれませんね。 『A』のアルファベットがつく元号は 最有力とされていますので。 祝日はどんどん増えていくの? 未来永劫、皇室が末永く続いていくと やがてカレンダーすべてが祝日になってしまうんじゃないか? なんて不安に覚えたこともありました。 しかし、大正天皇の誕生日は 8月31日ですが、 祝日として残りませんでした。 天皇誕生日による祝日は、 別の名前で使われたり、 消えてしまったりします。 今上天皇 明仁さまの誕生日は 12月23日ですが、 クリスマスにも近いので、 ぜひ違う形で残って欲しいですね。 スポンサードリンク 今後の継承はどうなるのか? 先程も述べましたが、 現皇太子が即位した時点で、 皇位第一継承者は弟宮の 『秋篠宮文仁親王』になります。 なので、『徳仁天皇』の次は『文仁天皇』となるのですが、 お二人は5歳しか離れていません。 なので、 ・・・・・。 どうなるんでしょうね。 継承権は秋篠宮さまですが、 あまり年齢が変わらないので、 多分、10年ぐらいの 短い元号かもしれないですね。 もしかしたら、いきなり悠仁親王殿下が 即位されるのかもしれませんね。 あとは愛子内親王が一代かぎりの 女性天皇になられるとか。 しかし、これは国論がわれますね。 私個人としては、 反対かなぁ・・・・。 愛子さまのことは好きなので、 本心を述べれば一代限りの女性天皇になって欲しいです。 ただ、そこから女系天皇を認める議論に 発展されると困りますね。 男性のY染色体を尊重しないと 途中から、訳がわからなくなりますから。 神武天皇と悠仁親王のY染色体が 同じという、悠久の時間を超えて 初代天皇から現在に至るまで、 その流れを科学的に証明できるのは Y染色体だけですからね。 とりあえず旧宮家には 皇室に戻っていただくしか 皇位継承の問題は なくならないんじゃないでしょうか。 まとめ まもなく平成が終わろうとしています。 なんだか寂しいですね。 平成生まれの人は 初めて元号が代わる気持ちを味わうわけですね。 新しい元号はいったい何になるのか。 今後の日本や世界はどうなっていくのか。 ただ、ひたすらに日本の弥栄 いやさか。 世界の安寧を願わずにはいられませんね。

次の

天皇の一覧

次の天皇誕生日

Contents• 天皇誕生日が変わると次の祝日はいつ? 天皇誕生日は国民の祝日の1つとなっています。 平成の天皇誕生日は12月23日ですよね。 何年も経験しているので日本人で天皇誕生日がいつか知らないという人もいないでしょう。 クリスマスイブの前日なので天皇誕生日も覚えやすいですしね。 天皇陛下が生前退位する意向というのはご存知のことと思います。 生前退位はほぼ間違いなく実施されるでしょう。 現時点での日付の最終決定はまだされていませんが天皇陛下の退位日は2019年4月30日になりそうです。 そして2019年5月1日に皇太子さまが天皇陛下に即位するという流れでしょう。 天皇陛下が変わると天皇誕生日も変わります。 天皇誕生日が変わると次の祝日はいつになるのか気になりますよね。 皇太子さまの誕生日は2月23日です。 つまり天皇誕生日が変わると次の天皇誕生日の祝日は2月23日になる予定になっています。 結構大きく天皇誕生日の日が変わるということですね。 天皇誕生日が2月23日に変わるのはいつからかというと2020年からです。 まだしばらく時間はありますがいまのうちから次の天皇誕生日はいつになるのか覚えておきましょう。 案外時間が経つのは早いですからね。 長期的な予定を立てている人も多いかもしれません。 そういう人も2020年から天皇誕生日の祝日が変わるということは覚えておいたほうがよさそうですね。 平日だと思っていたら祝日になっていたということにもなりかねませんからね。 カレンダー業界もかなり大変なことになるかもしれません。 さすがに2020年のカレンダーはまだ作っていないとは思いますけどね。 しかし私が見たカレンダーには3年分のものもありましたけどね。 すでに販売されているのでいまさら変更はできないでしょう。 ということで、天皇誕生日が変わると次の天皇誕生日の祝日は2月23日になります。 真冬に天皇誕生日がやってくるということですね。 2月23日が誕生日の人は2020年から天皇誕生日と同じ日ということになります。 スポンサーリンク 天皇誕生日が変わると祝日は増える? 天皇誕生日が変わると祝日は増えるのかも気になるところです。 カレンダー通りの休みの人が祝日が増えると嬉しいという人も多いでしょう。 逆に祝日が増えると忙しくなるなという人もいますよね。 天皇誕生日の祝日は国民の祝日に関する法律で定められています。 現在の天皇誕生日の祝日についてももちろん記載があります。 2020年に天皇誕生日が変わると国民の祝日に関する法律も変更となるでしょう。 天皇誕生日が変わると祝日は増えるのかというと現時点ではわかりません。 もしかすると祝日が増えるかもしれませんし増えない可能性もあります。 例えば明治天皇の誕生日である11月3日は現在も祝日となっています。 昭和天皇の誕生日である4月29日も祝日ですよね。 しかし明治と昭和の間の大正天皇の誕生日である8月31日は祝日になっていません。 明治天皇の誕生日である11月3日は崩御されてから15年後に明治節という祝日になっています。 明治時代に近代日本を築いた明治天皇を偲ぶ動きがあったんですよね。 明治天皇の誕生日を祝日にしようという運動があり明治節が制定されました。 現在は明治節から名称が変わり文化の日として明治天皇の誕生日が祝日になっています。 昭和天皇の誕生日である4月29日は崩御直後に祝日法が改正されてみどりの日の祝日になりました。 4月29日はGWに突入する日でもありますよね。 昭和天皇の誕生日を祝日ではなくしてしまうと国民生活に大きな影響が出るため祝日を残しました。 2007年に名称を変更し4月29日は昭和の日となっています。 これに伴いみどりの日は5月4日に移動になっています。 このように過去の天皇誕生日を見ると祝日として残っている場合はなにかしら理由があります。 逆に天皇誕生日が祝日として残らないこともあるということです。 現時点では平成の天皇誕生日が祝日として残るかは決まっていません。 つまり天皇誕生日が変わると祝日が増えるかはまだわからないということです。 基本的には天皇誕生日が変わると祝日ではなく平日になりますが明治天皇の誕生日のように何年後かに祝日になる可能性もありますね。 12月23日の現在の天皇誕生日は新しい天皇陛下に変わった後は平日にする意向のようです。 理由としては二重権威に映ることが懸念されるためとしています。 やはり12月23日の現在の天皇誕生日は平日になり祝日ではなくなりそうですね。 しかし過去の例から見ても数年後に祝日になることもあるのかなと思います。 とはいえしばらくは平日になりそうな感じですね。 2019年は天皇誕生日がない可能性が高い 天皇誕生日が変わるのは間違いありません。 2020年から天皇誕生日は2月23日に変わる予定となっています。 平成天皇の誕生日は12月23日です。 現時点では2019年4月30日に平成天皇は退位し皇太子さまが天皇になります。 ということは2019年は天皇になる前の皇太子さまの誕生日は過ぎていますし、平成天皇の誕生日には退位した後ということです。 つまり2019年は天皇誕生日がない可能性が高いということです。 2019年に天皇誕生日の祝日がないというのも異例ですね。 しかし5月1日が特別な休日になるのではないかなと思います。 実際に元号も変わることで国民生活にも大きな影響が出ますからね。 政府も2019年5月1日を休日にしてGWを10連休にしようという考えをしているようです。 2019年に天皇誕生日の祝日がない代わりに5月1日を休日にするという考え方もできますね。 ただ、5月1日が休日になったとしても2019年限定でしょう。 2019年のGWは10連休になる可能性が高いのでいまのうちから計画を立てておくのもいいかもしれません。 システムエンジニアとかはめちゃくちゃ大変なことになりそうですけどね。 10連休どころかGWの休みはほぼなくなったと思っておいたほうがいいかもしれません。 もちろんどんなシステムに携わっているかによっても違うとは思いますがトラブル対応とかありそうです。 カレンダー業界も大変だと思います。 現時点ではまだどうなるかは決まってはいませんからね。 早めに決めてもらわないとカレンダーの生産が間に合わないということも出てくる可能性があります。 サービス業もGWは関係ないでしょう。 むしろ普段よりも忙しくなるのかなと思います。 代わりに連休が取れればまだいいですがそういうわけにもいきませんもんね。 経済的にはかなり大きな影響がでるのではと思います。 旅行業界とか10連休ができたらすごいでしょうからね。 話を戻して2019年は天皇誕生日がない可能性が高いです。 あまりこういうことはありませんからね。 貴重な年を過ごすことができるかもしれません。 天皇誕生日が変わる影響で東京マラソンのの日程が変更 天皇誕生日が2020年から2月23日に変わるというのは上述した通りです。 天皇誕生日が変わることで東京マラソンの日程も変更になると発表がありました。 これまで東京マラソンは2月の最終日曜日に開催されていたんですよね。 しかし天皇誕生日が変わると2月23日が東京マラソンのの日程と重なる可能性も出てきます。 天皇誕生日には一般参賀が開催されますよね。 天皇誕生日と東京マラソンの開催日が重なるとかなりの人手になってしまいます。 警備なんかも難しくなるということです。 天皇誕生日が変わる影響で東京マラソンの日程が変更になりました。 2019年の大会から東京マラソンは3月の第1日曜日に変更になります。 東京マラソンに出場したいという人は日程が変わるので注意しておくのがいいでしょう。 まとめ 天皇誕生日が変わると次の祝日はいつになるのかでした。 天皇誕生日が変わると次の天皇誕生日の祝日は2月23日になります。 2月23日に天皇誕生日が変わるのは2020年からです。 天皇誕生日が変わると祝日が増えるかというと現時点ではわかりません。 過去の天皇誕生日は祝日として残っていることもありますが平日になっていることもあります。 現時点では平成天皇の天皇誕生日が祝日として残るかは決まっていません。 2019年の天皇誕生日の祝日はない可能性が高いです。 日程を考えると2019年は天皇誕生日がないんですよね。 しかし5月1日が特別に休日になり2019年のGWが10連休になる可能性があります。 天皇誕生日が変わる影響で東京マラソンの日程も変更になります。 これまで東京マラソンは2月の最終日曜日に開催されてきました。 しかし2019年からの東京マラソンは3月の第1日曜日に開催されます。 天皇誕生日の祝日については私達にも大きな影響がありますよね。 元号がどうなるのかも興味深いところです。 これまでの元号の最初のアルファベットの文字とは違うものが付けられるでしょう。 どんな元号になるのか楽しみですね。

次の

今年の天皇誕生日はいつ?歴代天皇の誕生日は祝日になるの?|@DIME アットダイム

次の天皇誕生日

新天皇陛下は誰なのか? 次の天皇は浩宮さまになります。 新天皇は 『徳仁天皇 なるひと 』と『雅子皇后』 になると週刊現代が報じていました。 新天皇が即位されると 次の皇太子さまのことが気になりますね。 お二人には男子のお子様が いらっしゃいません。 愛子内親王殿下がいらっしゃいますが、 皇室典範には男系の男子が継承すると ありますので、 浩宮さまが即位されますと、 皇太子は空位になります。 秋篠宮さまは皇太子ではなく、 浩宮さまの弟なので 『皇太弟』ということになります。 そして、現皇太子が即位した時点で、 皇位第一継承者は弟宮の 『秋篠宮文仁親王』になります。 私は勉強不足でしたので、 「次の天皇は秋篠宮さまになるのかな?」 と思っていました。 しかし、次の天皇は浩宮さまが即位されます。 そうそう、皇太子が空位となると、 皇太子に関する事務を司っていた 『東宮職』がなくなります。 現在の東宮職は約50人ほど いらっしゃいますが、 全員が人事異動になるそうです。 スポンサードリンク 新天皇陛下の誕生日はいつ? 浩宮さまのお誕生日は 1960年2月23日 2017年12月6日の時点で57歳になられます。 2019年の5月1日に即位されますと、 おそらく次の2020年2月23日は 祝日になるのではないでしょうか。 ちょっと先の話ですが、 2020年2月のカレンダーを見てみると・・・。 うわ! いきなり日曜日! って言うことは、 振替休日になんじゃないですかね。 サラリーマンにとっては 土曜日じゃなくてよかったです。 スポンサードリンク 次の元号はどうなる? これは、はっきり言って分かりませんよ。 2018年の中頃に公表される予定ですが、 ネットなどに流れている情報とは 絶対に外してくるでしょう。 今、一番言われている元号が 『安久 あんきゅう 』 たといわれていますが、 これは絶対にはずして来るでしょう。 ただ、『安』はつくかもしれませんね。 『A』のアルファベットがつく元号は 最有力とされていますので。 祝日はどんどん増えていくの? 未来永劫、皇室が末永く続いていくと やがてカレンダーすべてが祝日になってしまうんじゃないか? なんて不安に覚えたこともありました。 しかし、大正天皇の誕生日は 8月31日ですが、 祝日として残りませんでした。 天皇誕生日による祝日は、 別の名前で使われたり、 消えてしまったりします。 今上天皇 明仁さまの誕生日は 12月23日ですが、 クリスマスにも近いので、 ぜひ違う形で残って欲しいですね。 スポンサードリンク 今後の継承はどうなるのか? 先程も述べましたが、 現皇太子が即位した時点で、 皇位第一継承者は弟宮の 『秋篠宮文仁親王』になります。 なので、『徳仁天皇』の次は『文仁天皇』となるのですが、 お二人は5歳しか離れていません。 なので、 ・・・・・。 どうなるんでしょうね。 継承権は秋篠宮さまですが、 あまり年齢が変わらないので、 多分、10年ぐらいの 短い元号かもしれないですね。 もしかしたら、いきなり悠仁親王殿下が 即位されるのかもしれませんね。 あとは愛子内親王が一代かぎりの 女性天皇になられるとか。 しかし、これは国論がわれますね。 私個人としては、 反対かなぁ・・・・。 愛子さまのことは好きなので、 本心を述べれば一代限りの女性天皇になって欲しいです。 ただ、そこから女系天皇を認める議論に 発展されると困りますね。 男性のY染色体を尊重しないと 途中から、訳がわからなくなりますから。 神武天皇と悠仁親王のY染色体が 同じという、悠久の時間を超えて 初代天皇から現在に至るまで、 その流れを科学的に証明できるのは Y染色体だけですからね。 とりあえず旧宮家には 皇室に戻っていただくしか 皇位継承の問題は なくならないんじゃないでしょうか。 まとめ まもなく平成が終わろうとしています。 なんだか寂しいですね。 平成生まれの人は 初めて元号が代わる気持ちを味わうわけですね。 新しい元号はいったい何になるのか。 今後の日本や世界はどうなっていくのか。 ただ、ひたすらに日本の弥栄 いやさか。 世界の安寧を願わずにはいられませんね。

次の