バタフライ ハグ。 PTSD・トラウマ・恐怖症を解消する「バタフライハグ」のやり方

スキンシップが幸福度を上げる! 独りのときは「バタフライハグ」|目からウロコ

バタフライ ハグ

厚生労働省は2011年、がん・脳卒中・急性心筋梗塞・糖尿病のなかにうつ病を含む精神疾患を加え、5大疾病としました。 それほど、うつ病の患者数が増加しているのです。 うつ病は、今は健康でも他人事ではないのです。 うつ病を引き起こす大きな原因として、多くの専門家から「ストレス」が挙げられています。 そのため、うつ病にならないためには、ストレスケアに気をつけることが大切です。 ここでは、手軽に行えるストレスケアの一つ、「バタフライハグ」についてご紹介します。 バタフライハグで 抑うつ気分やストレス を 解消 バタフライハグとは、両腕を交差させて自分を抱く行為のことです。 交差させた両腕が蝶のようにみえることからバタフライハグ、またはバタフライタッチと呼ばれています。 このバタフライハグが、ストレスを軽減させるケアとして注目されているのです。 具体的な方法をご紹介します。 まず、両腕を交差させ、肩から胸の上部にかけての部分に手を置きます。 そして目を閉じ、トントンと軽く叩きます。 長さとしては、2分が目安です。 あるいは、両方の親指を中心に手を交差させて胸の中心をトントンと叩く方法もあります。 このバタフライハグが、ストレス軽減効果を持つと証明した実験があります。 この実験では、大学生のグループにストレス刺激が強いと確認された画像を25枚見せ、バタフライハグをさせた後にもう一度同じ画像を見せました。 すると、バタフライハグをした後はその前と比べ、抑うつ気分や不安、倦怠感が軽減したとのデータが出ました。 バタフライハグなしで二度同じ画像を見た別のグループも、慣れにより抑うつ気分などは軽減しましたが、バタフライハグをしたグループとは大きな差が出ました。 このような結果から、バタフライハグにはストレスを軽減させる効果があり、うつ病予防に有効であるということができます。 また、1人でできるストレスケアという特性から、大規模災害の現場で活躍する方法でもあります。 バタフライハグが実施されたのは、多くの死傷者を出したスマトラ島沖地震。 被災者の数とセラピストの数が吊り合わない状況で、バタフライハグがストレスケアに大いに役立ったと報告されています。 EMDRから派生したストレスケア バタフライハグには、元となるストレスケアがあります。 それが、EMDR(眼球運動による脱感作および再処理法)と呼ばれるものです。 EMDRは主にPTSD(心的外傷後ストレス障害)の患者に用いられている治療法です。 EMDRでは、PTSDの患者の前にセラピストが座り、指を左右に振って、それを目で追ってもらいます。 患者はその動作を行いながら、過去の辛い記憶を思い出すようにします。 PTSDは、過去の辛い経験が原因で強い不安感などを覚える精神疾患です。 EMDRを行うことにより、患者は少しずつ過去の記憶から解放され、ポジティブな気持ちに向かうとされています。 よく知られているのは上述した過程ですが、本来はアセスメント(PTSDの原因の調査)から始まる8つの段階があります。 そのため、EMDRは専門家と1対1で行うものとなっています。 このEMDRと近い効果を手軽に得られる方法として開発されたものが、バタフライハグです。 そのため、バタフライハグも過去の辛い経験を思い出しながら行う、PTSDの治療としての側面が強いものでした。 しかし、バタフライハグはうつ病や不安障害、パニック障害などPTSD以外の精神疾患にも効果があるとされ、治療の現場で実践されています。 また、上記の実験のように単純なストレス緩和効果も見込めるため、予防としての効果も高いといえます。 まとめ バタフライハグは確かな効果が得られるメンタルケアとして、多くのセラピストから推奨されています。 バタフライハグの良いところは、1人でいつでも行えることです。 辛いことがあったときや気分が沈んでしまっているときに、ぜひバタフライハグを行ってみましょう。 うつ病ライブラリー うつ病の症状・原因や治療の流れなどうつ病の基礎知識をわかりやすく解説します 精神症状・身体症状という二つの面からうつ病の症状について解説します。 注目記事• 原因や症状の出方などによって異なる、うつ病の代表的な種類についてご紹介します。 注目記事• うつ病で受診をする前に、治療について知っておきたいことや心構えをお伝えします。 注目記事• 遺伝的要因や性格など、うつ病になってしまう様々な原因についてご紹介します。 注目記事• うつ病の正しい知識を持ち、患者に寄り添っていくためにその心構えをご提案します。 注目記事• うつ病ライブラリー•

次の

スキンシップが幸福度を上げる! 独りのときは「バタフライハグ」|目からウロコ

バタフライ ハグ

EMDRは、アメリカのシャピロ博士により1980年代に開発された心理療法の1つ。 この療法が提唱されてからの研究により、心因性のトラウマ(PTSD・・・Posttraumatic stress disorder)• 児童虐待• 性的虐待• 交通事故• 自然災害• 労働災害 等に有効であることが示されている。 実際、米国ではコロラド州における高校の銃乱射事件、オクラホマ市の爆弾事件、さらには、9.11テロの際はEMDRのセラピストがニューヨークに出動した。 一方、様々な不安症や恐怖症(フォビア・・・例:蜘蛛嫌い・飛行機恐怖症等)の、症状の原因となる出来事がクライアントにとってもはっきりと掴めない症状に対して、有効かどうかは意見が分かれている。 (治験の例が少なく科学的判断ができない) EMDRは、大人に限らず、対象が子供でもあっても効果を発揮する。 PTSDは、クライアントが予想もつかないような衝撃的な出来事に遭遇した際、脳内の情報処理系がパンク&フリーズしていまい、その出来事を単なる記憶の1つとして、処理することが出来ず、体験した時の状況を五感(見えるもの、聞こえるもの、匂うもの、感じるもの)全てを伴って記憶領域に留めてしまうため、クライアントは、その出来事を思い起こす度に、まさに、その出来事を、再「体験」していまう。 この時、EMDRを行う際の、目の動き、音、あるいは、タッピングにより、言うなれば、1つの塊となった、出来事自体の記憶と、その時の五感の記憶を、解きほぐすことにより、対象となる出来事を通常の脳の処理に任せることができる。 これは、人間が眠っている最中に記憶の処理を行うといわれている、REM睡眠、一般的には「夢」とされている脳の活動に関係していると考えられている。 (REM・・・Rapid Eye Moving) このことから、EMDRは、原因となった出来事を「忘れる」のではなく、思い出しても、他の思い出と同じように、心理的な変化を伴わない、といった状態にすることが最終的なゴールとなる。 EMDRは、単なる眼球の動作だけだと考えられがちだが、実際のセラピーには、いくつかの治療ステップに分けられた、1つのステップにすぎない。 また、この治療のステップ(protocols)は予め定められている。 セラピストは、左右の眼球運動を指示しながら、クライアントに原因となった出来事を思い出してもらう。 眼球運動の他に、音を使ったり、タッピングを使ったりするセラピストもいるらしい。 恐らく、代表的なEMDRセラピーのプロセスと考えられる動画 「Integral Eye Movement Technique」 セラピストは、「全く不安のない状態を0(ゼロ)、とても不安な状態を10としたら、今の状態は数字にしたらいくつですか?」とクライアントに尋ねている。 (開始後10秒あたり) 何回かの眼球運動の後、クライアントである少女は「7」と答え、それに対してセラピストは「いいですね。 レベルが1つ下がっていますね」とフィードバックしている。 (開始後2分30秒あたり) セラピストの英語は聞き取れますが、クライアントである少女の英語は早すぎて、殆ど聞き取れません。。。 (汗) 【BGMに使える曲・今週の一曲】 ウイスキーがお好きでしょ/石川さゆり(ピアノ solo).

次の

[まとめ] セルフケアのポイント

バタフライ ハグ

うつ病とは? 心の健康を保つためのエネルギーが不足してしまうとこの病気になってしまいます。 普段通りならば、落ち込んでも簡単に立ち直れるのに、この病気になると上手く立ち直ることが出来ず、ずっと落ち込んだまま、塞ぎこんでしまいやすくなります。 人の感情や心理を司っている脳の働きが、何らかの原因で弱まり、心のバランスが崩れてしまうことが直接の原因となります。 また、「病は気から」という言葉があるよう、身体の調子と心の調子は深い部分で繋がっており、憂うつな気分が長く続くと、食欲・睡眠欲・性欲といった基本的な欲求が減少し、身体の怠さ、頭痛や発熱などの症状として現れることもあります。 しかし、こういった症状を「甘え」「心の弱さ」と誤解されることが多く、無理に体を動かしたり、頑張ってしまうことで、余計に悪化させてしまうことがあります。 この病気は物事のとらえ方や、考え方次第で症状がよくなるわけではありません。 正しい知識と、周囲への理解が大切となってきます。 原因 まだはっきりと解明はされていませんが、脳の働きが鈍くなり、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が上手く分泌されなくなる為だという説や、副腎皮質からコルチゾールが過剰に分泌されてしまう為という説があります。 しかし、厳密な定義はまだされていません。 どうしてそのような状況に陥ってしまうのかについても、完全に解明されておりませんが、一般的には、ストレスや環境の変化、病気など、様々な要因が複雑に絡み合い発症すると考えられています。 その要因は2つに分けられており、ひとつは「環境要因」、もう一つは「身体的要因」とされております。 これらは原因を特定する際の指標ともなっています。 病気になってしまった原因は何かのか、疑わしい原因を特定することは、治療においてとても大切なことです。 症状を緩和して改善に向かわせるために、原因となるものを遠ざけることや、回避することが重要となります。 そして、原因を特定すれば解決方法も明確になりますので、治療へのモチベーションにつなげることが出来ます。 治療 治療の方法に関しては、大きく3つに分かれており、「休養」「投薬治療」「カウンセリング」を経過観察しながら組み合わせて行います。 他の病気とはやや事情が異なり特殊なものと考えられがちですが、症状に合わせて適切な治療を行えば改善ができます。 腕に傷を負ってしまったら、休養して傷を癒やすように、心のエネルギー不足を補うためには、十分な休養を取り、生活リズムを整えることが大切です。 生活環境がストレスの原因である場合には、環境を変えてみたり、ストレスの原因を生活から遠ざける方法もあります。 また、風邪を治す際に、風邪薬を飲むのと同じで、投薬治療で身体の治癒能力を高めることも効果的です。 弱まっている脳の働きを回復させ、神経伝達物質の分泌を正常化させる抗うつ剤も、うつ病を克服する際に強い味方になってくれます。 脳の不調により、感情や心理をコントロールできにくくなっている時には、どうしても物事を主観的に考えてしまいがちです。 そういった場合は、自分を客観的に見つめられるように、カウンセリングを受けるなどして思考パターンの改善をする必要があります。 心と身体に向けたバランのとれた丁寧な治療が必要となってきますので、まずは、できるかぎり早期に治療を開始することが望まれており、そのためには心や身体が発するサインを逃さず気づくことが大切です。 うつ病の判断を素人が行うのは非常に難しいことですが、病院ではうつ病だと診断するための9つの基準があります。 これらの項目は、一時的には健康な方にも見られるものですが、うつ病にかかっている人はほぼ毎日下記のような症状が現れます。 症状が出るのは主に朝方で、夕方になると回復している事も多いようです。 このような変化を「日内変動」と呼び、うつ病に見られる特徴のひとつです。 興味や喜びを喪失してしまう これまで好きだったことや趣味にも興味を持てなくなり、「楽しい」、「面白い」などの喜びを感じなくなり、これまで楽しむことができた、趣味や娯楽をする気力もなくしてしまいます。 また、身だしなみや周囲の目にも無関心になり、身だしなみに気を配ることがなく、周囲の人が見ても驚くほど変化してしまうこともあります。 食生活の乱れや体重の減退・増加 うつになると、食欲が増加したり減少したりしますが、減少するケースが多く、体重も低下していきます。 その理由は、食事をしても「美味しい」と感じない、お腹が減らない、などが挙げられます。 逆に、「食事を摂らなければならない」というプレッシャーから、過食症状があらわれる方もいます。 多少の食欲の増減は、一般的にもありえることですが、体重が大きく変動する程の増減は、「拒食症」や「過食症」を引き起こすこともありますので、食生活の乱れについては早い段階で、専門医に相談するべきでしょう。 ・寝付きが悪い(入眠障害) ・すぐに目が覚める(中途覚醒) ・朝早くに目が覚める(早朝覚醒) 上記の中でも、中途覚醒と早期覚醒が多いとされていますが、中には一度寝ると中々目が覚めない(加眠)になるケースもあるようです。 睡眠障害は体調にも大きく影響を与えますので、食事と同様に、早い段階で専門医に相談すると良いでしょう。 精神運動に障害がでる うつ病になると誰が見てもわかるくらい動きが鈍くなったり、声が出なくなったりします。 逆に、落ち着きがなくなったり、歩き回ったりすることもあり、本人は強い焦燥感 イライラ を感じています。 特に、落ち着きがない方については、元気に動き回っているようにも見えるので、うつ病だと気づきにくいこともありますので、注意が必要です。 疲労感・倦怠感が取れない事による無気力症状 激しい運動や、特別な労働をしていないにも関わらずひどい疲れや、身体が重く感じる事があります。 運動や労働による疲労であれば、急用や睡眠よって回復しますが、うつ病の場合、いつまでも症状が改善されません。 それにより、気力が沸かなくなり日常生活にも影響が出てしまい、ひどい時には、何もやる気が起きず寝たきりになってしまうこともあるようです。 自分は無価値だと感じる・異常な罪責感を持つ うつ病患者に多く見られる症状で、理由もなく自分のことを責めたり、些細な出来事に対して悩みこんでしまったりします。 症状がひどくなると、「自分には価値がない」と感じたり、他人のミスも自分の責任だと感じたりします。 ミスをした時には、些細なミスであっても取り返しのつかないことに感じてしまうこともあります。 また、成功した時にも自分を褒めることはなく、「誰にでもできる事」と感じてしまいます。 思考力・集中力が低下する 物事に注意が払えなくなるので、家事・仕事・学業などの日常生活において失敗が増える、うまくこなせない事柄が増えるなどの症状が現れます。 失敗が積み重なることで、自分が無価値な人間だと感じたり、罪責感を持ったりすることもあります。 また、決断力が低下することで、簡単なことがいつまでたっても決められなくなります。 そのため、うつ病の時には、人生を左右するような決断(結婚・転職)などは控えたようが良いとされています。 自殺念慮 うつ病を患っているほとんど人は、「自殺」について一度は考えるそうです。 原因は、気持ちが沈んでいる時の辛さに耐えることができる、死んだほうが楽になると考えてしまうことにあります。 このような思考を持っている時には自殺に気をつけなければなりませんが、危険なのは、症状が少し緩和された状態のときです。 症状が重い時には、「死にたい」と思っても死ぬ気力も生まれないからです。 自殺念慮が見られた時には、元気になったように見えるときほど注意深く見守る必要があります。

次の