ネギ 豆腐 レシピ。 麻婆豆腐のレシピ/最小限の材料で美味しく!:白ごはん.com

「麻婆豆腐の作り方」を四川料理のスゴイ人に教わったら、目からウロコが3回落ちた

ネギ 豆腐 レシピ

あとは豚ひき肉、生姜、にんにく、好みで唐辛子を準備します(調味料も特別なものは使わず、醤油、みりん、味噌、塩、こしょうのみです)。 生姜は皮をむいてみじん切りにします。 みじん切りにした状態で大さじ2ほど準備します。 にんにくは縦半分に切って芽が大きくなっていれば取り出し、同じくみじん切りにします。 小さじ1ほどあればよいです。 それから、好みで加える唐辛子は竹串などを使って種だけを取りのぞいておきます(輪切り唐辛子でもOKです)。 麻婆豆腐の豆腐の下ごしらえ 麻婆豆腐は煮込むときの水分量も少ないので、 豆腐を事前にきちんと下ごしらえすることが大切です。 そうすることで、水っぽくなった、豆腐の芯が温まってない、といった失敗を防ぐことができると思います。 どうやって下ごしらえをするかというと さっと下ゆでするのです。 手順としては、豆腐パックの水を鍋に入れ、豆腐はまな板に取り出して1. 5~2㎝角に切ります。 切った豆腐は鍋に移します。 鍋に豆腐がかぶるくらいの水を足し入れて、鍋を中火にかけ、 一度沸騰するまで待ち、沸いたらそっとざる上げしておきます。 ざる上げのときに多少崩れるかもしれませんが、そこは致し方なしということで…。 油が熱くなって沸々としはじめたら1分ほどそのまま香りを引き出し、そのあとで豚ひき肉を加えます。 火加減を中火にして、ヘラや箸でひき肉をほぐしながら、時おりフライパンを振ってひき肉を炒めます。 ひき肉の色に赤い部分がなくなり、しっかり火が通れば 塩ひとつまみ、こしょう少々(分量外)で下味をつけてから混ぜ、そこにAを順に加えます。 味噌だけは溶けにくいので、フライパンの中でダマがなくなるようによく混ぜるとよいです。 Aの調味料が混ざれば、下ゆでしてざる上げしておいた豆腐を加えます(煮汁が沸いてきたら火は弱めておきます)。 豆腐にもある程度の熱が残っていますが、ここで 2分ほどコトコトと豆腐を温めます。 豆腐を温めている間に、Bの水溶き片栗粉を用意します。 入れる直前に必ず底にたまった片栗粉を混ぜてしっかり溶きます。 フライパンの中を混ぜながら、少しずつ水溶き片栗粉を入れて、全体にとろみをつけます。 とろみがついてから、1分ほどぐつぐつと麻婆豆腐を沸騰させます(とろみを安定させるため)。 最後に 香り付けのごま油を大さじ1~2ほどまわしかけます。 さっと全体を混ぜたら完成です。 シンプルでやさしい味わいなので、仕上げに山椒の粉などは特に必要ないと思います(お好みですが)。 Twitterアンケートでは、唐辛子や香辛野菜(生姜,にんにく)を控えめにしたら幼児が喜んで食べてくれるという声も多かったので、キーワードタグをつけています。 ねぎ、豆板醤、紹興酒、豆鼓、オイスターソースなど、うま味や香り付けのものをさらにプラスした際には、山椒の粉もぴったりだと思います。 炒め物などパパっと作る料理では、Aの調味料を事前に混ぜておいたりしますが、麻婆豆腐は汁気の中で味噌もちゃんと溶けるので、順々に入れればOKです。

次の

じゃこネギ豆腐、熱々ネギ油掛け

ネギ 豆腐 レシピ

「肉豆腐」とは名前の通り、お肉と豆腐をだし汁としょうゆ、みりんなどの調味料で煮込んだ料理です。 お肉と豆腐の他にネギや水菜などの野菜やきのこ類も一緒に入れて煮込むこともあります。 甘辛い味付けなのでごはんとの相性もバツグンです。 地域によって牛肉、豚肉の違いや、家庭によって入れる野菜も違うので色々とアレンジができる料理です。 この記事では、肉豆腐の基礎知識に加え、 定番の肉豆腐レシピ、 レンジで作れるお手軽肉豆腐レシピ、ピリ辛肉豆腐レシピ、カレー味の肉豆腐レシピ、そのほかの肉豆腐レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 肉豆腐とすき焼きの違いにについて 肉豆腐とすき焼きは入っている具材もほとんど同じで、味付けもほとんど同じです。 違いはどこにあるのでしょうか? 一番大きな違いは、肉豆腐は出来上がった料理を取り分けて食べる皿料理に対して、すき焼きは鉄鍋で調理して食べる鍋料理です。 またすき焼きは溶いた生卵に絡めて食べますが、肉豆腐は、卵は使わずそのまま食べます。 ですので、味付けも若干肉豆腐の方が味は薄いようです。 具材も肉豆腐は豆腐が多めで、牛肉、豚肉どちらも使いますが、すき焼きは肉が多めで、牛肉を使うのが定番です。 さらに肉豆腐の具材はシンプルですが、すき焼きはしらたき、麩、白菜、ごぼうなど入れる具材は多くなってきます。 そういったことから、肉豆腐は豆腐がメインで食べられるおかず、すき焼きはお肉や野菜がたくさんのご馳走料理といったイメージを持たれています。 肉豆腐のお肉の種類について 肉豆腐に使う肉は牛肉、豚肉、鶏肉、家庭によって様々です。 関東圏は豚肉、関西圏は牛肉の馴染みがあるようです。 牛肉は牛バラ、切り落とし 牛すじ、豚肉は豚バラ、豚コマ、鶏肉は鶏モモ、鶏ミンチ 肉だんご など、どんな肉でも肉豆腐は作ることができます。 豆腐は家計にも優しいので、豚肉、鶏肉でお手軽に作るのもよし、少し奮発してすき焼き感覚で牛肉を使うのもよしです。 またミンチ肉を使ってトロトロのあんにすることで肉豆腐が冷めにくく、ほっこりと温まるおかずになります。 使う肉の種類や具材の組み合わせによって、何通りもの肉豆腐ができます。 ぜひ色んな肉で作ってお好みの肉豆腐を見つけて下さい。 家庭ごとに全然違う肉豆腐が出来上がるのが面白いですね。 簡単!具材を入れて蓋をするだけでできるお手軽肉豆腐のレシピ。 豆腐は6等分、えのきはほぐします。 ボウルに醤油、みりんなどの調味料を入れ、混ぜ合わせます。 フライパンに豚こま切れ肉と豆腐、えのき、調味料を入れて蓋をして火にかけます。 豚肉に火が通ったら完成です。 作り方のコツは時々蓋を開けて豚肉や豆腐を返して味を全体に染み込ませることです。 具だくさんで人気の簡単あつあつ肉豆腐のレシピ。 にんじん、玉ねぎ、豆腐を切り、しめじもほぐします。 フライパンで豆腐を焼き、両面に焼き色がついたら、牛肉、野菜、しめじを炒めます。 野菜がしんなりしたら水を入れて煮ます。 沸騰したら調味料を加えさらに煮込み、器に盛って三つ葉を飾れば完成。 絹ごし豆腐を使う場合は崩れやすいので優しく扱って下さいね。

次の

お肉と豆腐の絶妙ハーモニー!肉豆腐のレシピおすすめ20選

ネギ 豆腐 レシピ

作り方• ポーチドエッグを作る。 まずラップを広げ、中心に少量の油を塗る。 汁椀などにラップを置き、その上に生卵を割り入れる。 生卵をラップで茶巾絞りのように包んで輪ゴムで止める。 小鍋に水を入れて沸騰させ、3を入れて中火で5分茹でる。 ラップを外してポーチドエッグの完成。 次に、食べやすく切ったサラダほうれん草、くずした豆腐をお皿に盛り付ける。 ポーチドエッグをのせ、ドレッシングをかけてサラダの完成。 豆腐を低糖質ダイエットに活かそう! 日本人が昔から食べてきた豆腐は、糖質制限をしている方にも人気の食材です。 豆腐はカロリーが低くダイエット向きというイメージが強いですが、豆腐にはタンパク質やカルシウムなど、様々な栄養素も含まれています。 そこで今回は、豆腐に含まれる栄養や、豆腐を使った糖質制限レシピについて紹介します。 定番の味噌汁や冷奴もおいしいですが、豆腐を使ったボリュームおかずや、夜食や朝食に使えるアレンジメニューなども加えると、毎日の食事がもっと楽しいものになります。 豆腐は低糖質&高タンパク質 大豆からできた豆腐は、低糖質でタンパク質を豊富に含んでいます。 6gのタンパク質を補うことができます。 糖質制限中にもしっかり摂りたいタンパク質が手軽に補えるのは嬉しいですね。 豆腐は栄養が豊富! 豆腐にはタンパク質だけでなく、ビタミンB群や、カルシウム、鉄分、マグネシウム、大豆イソフラボンなども含まれています。 豆腐は、ダイエット中に不足しやすい栄養素や、美容を意識する女性が注目している栄養素を補うのにも役立ちます。 豆腐はアレンジがしやすい! もうひとつの豆腐の魅力は、調理が簡単でアレンジがしやすい点です。 豆腐は味噌汁などの定番料理以外にも、ご飯の代わりに豆腐ライスとして使ったり、揚げ物やサラダ、グラタンなどに使ったりもできます。 メニューがワンパターンになりやすい糖質制限中でも、豆腐を使って色々な料理を楽しむことができます。 木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いや栄養は? なめらかな絹ごし豆腐と、少し硬めの木綿豆腐は、食感以外にどんな違いがあるのでしょうか?それぞれの製造方法や栄養素についてまとめました。 2つの種類の製造方法の違いは? 木綿豆腐は、豆乳に「にがり」などの凝固剤を加えて固めたものを崩し、水分を絞ってもう一度固めて作ったものです。 絹ごし豆腐は、濃い豆乳に凝固剤を加えてそのまま固めて作ったものです。 木綿豆腐の成分・カロリーは? 木綿豆腐のカロリー・成分は以下の通りです。 2g ・タンパク質 6. 6g ・脂質 4. 2g 絹ごし豆腐の成分・カロリーは? 絹ごし豆腐のカロリーなどの成分は以下の通りです。 7g ・タンパク質 4. 9g ・脂質 3. ) メニューや好みで使い分けよう! 炒め物や煮物などの調理に使いやすいのは硬めの木綿豆腐で、なめらかな食感をそのまま楽しみたい時は絹ごし豆腐がおすすめです。 成分では、木綿豆腐の方が絹ごし豆腐よりもタンパク質を多く含んでいます。 豆腐を選ぶ時は調理のしやすさや好みなどに合わせて使い分けをしましょう。 肉や魚も食事に取り入れよう! 豆腐が色々な料理に使えるとはいえ、豆腐ばかりに偏る食事をしていては、やはり栄養も偏ってしまいます。 豆腐の他に低糖質・高タンパクな食材としては、肉や魚、卵、チーズなどがあります。 また、野菜やきのこ、雑穀類などを取り入れると食物繊維も摂ることができます。 色々な食材を取り入れて、栄養バランスを整えるようにしましょう。 肉を使った低糖質レシピについては、こちらで紹介しています。 豆腐がメイン料理の宅配弁当 豆腐を使った料理を作る手間を省きたい場合は、電子レンジで温めるだけですぐに食べられる冷凍弁当を利用するのがおすすめ! 豆腐がメインの冷凍宅配弁当はナッシュやベルーナグルメなどが充実しているので各メニューのレビューを参考にしてみてください! まとめ 豆腐の基礎知識や、豆腐を使った低糖質レシピについてご紹介しました。 豆腐は低糖質で栄養価が高いだけでなく、リーズナブルで調理も簡単なため、食卓に取り入れやすい食材です。 豆腐を色々な食材と組み合わせたり、食感を変えたりすれば、マンネリになりがちな糖質制限中の食事メニューを飽きずに楽しむことができそうですね。 糖質制限中の食事をより手軽に楽しむには、低糖質専門の宅配サービス「ナッシュ」もおすすめです。 肉や魚、たっぷりの野菜を使ったおかずメニューも豊富に揃っています。 noshのメニューや価格はこちらのページで特集しているので参考にしてみてください!.

次の