麺処くるり メニュー。 二代目 麺処 くるり

ヒカキンの下積み時代から行きつけのラーメン屋 『大塚屋(旧 麺処くるり)』に行ってきた

麺処くるり メニュー

【大塚屋(旧 麺処くるり)市ヶ谷】ドロリとした濃厚スープと極太縮れ麺の辛味噌ラーメンを食らう! 市ヶ谷駅徒歩10分くらいの場所にある大塚屋(旧 麺処くるり)さん JR市ヶ谷駅からは徒歩10分くらい。 神田川沿いに飯田橋方面へと進む途中にある小さなラーメン屋さんです。 看板もなくて、一見ラーメン屋さんとはわからない雰囲気。 平日19時頃、満席でした 市ヶ谷の学生さん、サラリーマンにとっても人気のあるお店なのに、 カウンター7席しかないので、大抵いつも並んでいます。 この日は満席でしたが、誰も待っていなかったので数分で席に着くことができました。 ラッキーです! 辛味噌ラーメン750円を注文 食券を購入します。 平日15時以降は辛味噌ラーメンしかやっていませんので、とてもシンプルな食券機です。 ショウガ、ニンニクのトッピングは無料で、食券を渡す際に言います。 麺少なめだと味玉半分サービスなど、女性にも嬉しいですね。 辛味噌ラーメンの食券です。 店員さんに渡して、ワクワクしながらラーメンの完成を待ちます。 店内は狭いです。 カウンター7席。 座る時に椅子を引こうとすると、隣の席の人にちょっと邪魔になる感じです。 コートをかけたりするスペースもないです。 濃厚辛味噌ラーメンを食べる! 10分足らずできました! こちらが 大塚屋(旧 麺処くるり)さんの 辛味噌ラーメン750円です!(トッピングなどはなし) 見るからに濃厚な赤いスープと、対照的な白ネギのコントラストが食欲をそそります。 スープは真っ赤ですが、あまり辛くありません。 蒙古タンメン中本は辛くて味噌タンメンしか食べられない私ですが、 大塚屋さんのこの辛味噌ラーメンは美味しく完食できます! 辛さよりも、ニンニクや脂の刺激の方が強いです。 強めの味噌スープの上にしっかりニンニクと脂のインパクトがきて、かなりジャンクな味わい。 これがたま〜〜にどうしようもなく食べたくなる味です! 麺はこの通り、極太の平打ち縮れ麺。 持ち上げるのもちょっと苦労する太さ笑 (麺が太いので、すする時に結構服に飛びます!注意!紙エプロンもあるので、絶対使いましょう!) 写真の通り、太い麺にドロドロの濃厚スープが絡みついてきます。 噛むともちもちの食べ応えのある麺が、スープと合わさってよりパンチが効いてきます。 チャーシューもメンマも大きい! チャーシューはブロック角煮タイプ。 こちらも食べ応えがすごい。 噛むと中は少しパサついていましたが、麺や他具材が強すぎるので問題なく美味しくいただけます。 メンマも極太でしたが、噛むとくったりしていてジューシーで美味しかったです。 一杯食べるともうお腹パンパンです! 【大塚屋(旧 麺処くるり)辛味噌ラーメン】感想 とっても美味しくて、満足感ある一杯でした! またお腹をすかして来たい。 最後に注意なのが、食後はめっちゃニンニク臭くなります! 本当に!!なので食べるタイミングに注意です! 住所:東京都新宿区市谷田町3-2 TOUビル 1F カテゴリー• 110• 242• 125• 3 Sponsered Link.

次の

麺処 ゆきち

麺処くるり メニュー

店内はラーメン写真以外撮影禁止のため文字にしました。 岡山市でラーメン店の新店ラッシュが続いた頃でした。 さらに新型コロナ…と、とにかく縁がなかったのです。 そこで…意を決して岡山駅からバスに乗り、本日、初訪問して来ました。 11:30で外待ちは16人、店内には8人ほど待ちがありました。 『みそらぁめん』と『チャーシュー丼』を券売機で購入。 並び初めから、着丼までかかった時間は50分。 まず到着した『みそらぁめん』。 東京・市ヶ谷で2003年から2015年まで大人気だった濃厚味噌専門のお店「麺処くるり」。 そこに通い続けた常連さんが、その初期の味・レシピを店主から継承。 屋号も継承し、「二代目」として岡山でオープンしたという経緯があります。 たっぷりの白髪ネギ、もやし、ニラに炙りと黒胡椒が散りばめられた肉厚チャーシューが2枚。 スポンサーリンク スープは濃厚で深みと甘味のある味噌スープ。 豚骨、鶏ガラ、もみじを8時間以上かけて煮込んだ動物系ベースに信州の白みそ、山吹味噌が融合したスープは、鶏豚スープのとろみと味噌の旨味、甘みが双方に主張。 濃厚なのにどんどん進む丸みある口あたりが印象的です。 麺は東京・菅野製麺所の平打ち太麺を使用。 やや縮れが入った麺は少し柔らかめに仕上げられ、濃厚味噌スープをよく持ち上げてくれます。 麺量は定かではありませんが、東京らしくノーマルでかなりのボリュームを感じました。 チャーシュー丼は、炙りを加えたものが半分とノーマルで半分の彩りチャーシューが主役。 ご飯の量に対してこんなに?というほどの肉量です。 少し濃い味に仕上げられたチャーシューとごはんの間違いない一品。 麺だけでかなりのボリュームがあったので、腹パンでの完食となりました。 話題性に富んだお店は、それだけではなく確かな味の実力店。 通い続けたお客さんが、強い想いでその味を継承したというラーメン愛も感じるお店でした。 それでは!!.

次の

麺処 くるり

麺処くるり メニュー

このヒカキンさんの一日に密着する動画の後半あたりで、ヒカキンさんは下積み時代から行きつけているラーメン屋に行きます。 その名も大塚屋(旧 麺処くるり)。 市ヶ谷にある辛味噌専門のラーメン屋です。 動画には自慢の辛味噌ラーメンが写っているのですが、とにかく美味しそう!! ヒカキンさんもあまりの美味さに、「美味すぎて泣きそうになる」とテロップでコメントしておられます。 あのヒカキンさんの行きつけのラーメン屋、どんなものか気になりますよね笑 そこで、東京に来たついでに大塚屋に行ってきました! 大塚屋行ってみた では、さっそく紹介して行きます! お店の外観 なんとも質素な外観。 そしてラーメン屋って感じがしないオシャレな雰囲気。 大きい看板が見当たらないので、来た時は本当にここが大塚屋かな?と、少し迷いました。 しかし、平日の14時くらいにも関わらず人が並んでいたので、見つけることができました!笑 メニュー お店のメニューは、 辛味噌ラーメンだけ、、、すごい、、、オーラが出ている、、、 そして、自販機の前で5分は迷うくらい優柔不断な僕には、優しすぎるメニューでした笑 僕は、辛味噌ラーメンに味玉をトッピングしました!!(後で、小ライス頼んどけばよかったと後悔しました、、詳しくは後ほど!) 辛味噌ラーメン 一緒に来た人と、ここすごいね〜、けど、ヒカキンさんのサイン無かった、、うう、、 とか、なんとか、おしゃべりしているうちに到着したのがこちら! めっちゃうまそーーー!!((語彙力皆無) 見ているだけでヨダレが出てきそうになります笑 写真ではわかりづらいですが、実際に見てみると、結構赤みがかったスープです。 そのスープの上には、もやし、ネギ、コロチャー(サイコロ状のチャーシューみたいなやつ)、味玉がトッピングされています。 もうネギがめっちゃうまいラーメン屋のネギをしている! これわかる人います?笑 スープ 気になるスープは、 ドッロドロ!! すっごく濃厚なスープです。 そして、めっちゃうまい!! 結構赤みがかっているんで、想像以上に辛いのかなと思いきや、、 想定外のまろやかさ!! なんていうんだろう、、ほのかにチーズの風味がするっていうのかな、、とにかくすごくまろやかな味でした! しかし、食べ進めると、ほんのり喉の奥や唇があったかくなってくる。 熱くなるのでもなく、痛くなるのではなく、 暖かくなります!! いい感じに唐辛子の辛味が効いてきます!! 麺 麺は、 モッチモチ!!まじで餅食ってるみたい!(言い過ぎました笑) モチモチでしっかりとコシがあり、スープとも絡み合って、もう、 最高でした!! 〆はご飯で! 先ほど、メニューを紹介するところで、小ライス頼んどけばよかったと後悔した理由はこれです。 このドッロドロで超濃厚なスープに小ライスをブチ込むと、、、う、うm、、 あとは皆さんの想像にお任せします。 僕も想像して楽しみたいと思います、、。 完食 ごちそうさまでした!! しっかりとスープまで頂きました! いやー、ヒカキンさんが通い詰める理由が、よくわかりました。 まじで、うまかった! 大塚屋の情報 最後に大塚屋の情報を載せておきます! アクセス JR市ヶ谷駅から徒歩5分程度で行くことができます。 TEL 03-3268-0801 住所 東京都新宿区市谷田町3-2 TOUビル 1F 営業時間 【火〜土】 11:00~16:00 18:00〜21:00 【日】 11:00〜16:00 定休日:月曜日 まとめ 今回は、ヒカキンさん行きつけのラーメン屋である「大塚屋」に行ってきました。 ほんと美味しかった!こりゃ平日の14時でも行列できるわ〜 東京に来た時はまた絶対に大塚屋のラーメン食べに来ようと思いました! みなさんも、ぜひ行ってみてください!美味すぎて、馬になっちゃいますよっ!(ヒカキンさんのサインは無かった、、) お〜わ〜り〜ですっ!.

次の