オンライン ビジネス セイル。 【オンライン公開研修】新入社員 ビジネスマナー研修【オンライン1日コース】

無料WEBセミナーで比較! ビジネスのオンライン学習

オンライン ビジネス セイル

僕もこんな事、いままで生きてきて経験したことがなく、ほんまに生きているだけでも感謝しないと、と毎日思っています。 これを書いている2020年4月6日の今日時点でも、まだまだコロナウィルスの影響が落ち着く様子はありません。 外出自粛が叫ばれる中、経営ができず大変な思いをしている事業主の方はとても多いと思います。 こんな中、 『デジタルマーケッターとして、僕が何ができるんだろうか?』 と考えた時に、とにかく今は 事業主の方に役立つ情報をお届けすることが、僕がこの日本に貢献できる数少ないことの1つかなと思います。 そこで今回は、これまで6年以上オンラインを中心に活動をしている僕が、どんな事業主の方でも「オンラインを使ったビジネス」ができるように、 オンラインビジネスのアイディアをお伝えできたらと思います。 この記事のもくじ• 1.まずはじめに!オンラインビジネスのメリット&デメリット オンラインを使ってビジネスをすることが初めての方も多いと思います。 そんな方に、まずはオンラインビジネスのメリットとデメリットをお伝えします。 1-1. メリット• ターゲットが周りの地域だけじゃなく、インターネットが利用できる 日本中、世界中に広げることが出来る• 初期費用や設備投資がほとんどかからない 手軽に始められる上に、うまくいけばほんまに多くの人を顧客にできる可能性があるんです! 1-2. デメリット• PCやスマホなどで色んなツールを使うことになるので、使い方を覚える必要がある• オンライン上には競合が沢山いる可能性があるので、より一層 「選ばれるための工夫」をする必要がある• すぐに結果につながらない場合が多い 2.何が必要?オンラインビジネスを始める上で用意しておくと便利なもの オンラインビジネスをする上で、絶対ないとダメなものと、あったほうがいいものを僕なりに考えてみました。 2-1. まずは必須!これないと始まらないもの• インターネット接続環境• インターネットに接続できるPCまたはスマートフォン、タブレット(最低限どれか一つ) 正直、最低この2つがあれば何だってできます。 あと続いては、こんなツールやアプリなどがあったらいいよっていうものをお伝えしますね。 2-2. これがあるとより便利なもの• カメラ(PCカメラやスマホカメラで十分OK)• オンライン決済システム(PaypalやStripeなど) 2-3. は企業内での作業には便利。 YouTubeチャンネル• ホームページやブログ 2-4. こんなスキルが有ると最高!オンラインビジネスに活かせるスキル• 以上、ザーッと思いつく限り挙げましたがまずはじめから、全部が全部やろうと思わなくていいです。 最低、オンラインにつながる環境と端末があれば誰だって始められます。 野菜好きの男女を集めて、八百屋さんが司会進行をして、野菜に関するクイズや野菜を使ったゲームを通じて、マッチングにつなげていく。 (これ面白そう!と自画自賛) アイディア6)広告収入ビジネス 広告収入ビジネスといっても色々あるんですが、今回紹介するのは2つ。 ホームページやブログを通じたアフィリエイトを得る• YouTubeでの情報発信を続けて広告収入 ホームページやブログ、YouTubeで情報を発信しつづけて、メディアが大きくなればそこで紹介する商品サービスが売れて紹介手数料がもらえます。 また広告をクリックされたり広告を見られさえすれば広告収入が入ったりします。 4.頭を柔らかく!諦めないで!オンラインでも出来ることはいっぱいある! ということで、オンラインを使ったビジネスのアイディアをいくつか紹介しましたが、まだまだ僕の頭の中にはないいいアイディアは色々あるはずです。 オンラインビジネスで出来ないのは、• 直接モノを渡したり運ぶことが出来ない• 直接モノを触ることが出来ない• 直接モノを作ることができない これくらいだと思います。 逆を考えると、こういうこと以外だったら結構出来ることはいぱいあるんじゃないかなと! 大事なことは、頭を柔らかくすること。 今やっていること「だけ」にとらわれないこと。 今までそのビジネスで培った知識や経験全てを細かく洗い出してみてください。 きっと、オンラインビジネスに繋げられるはずです。 講師・講演実績 ブログに関するセミナーは自主開催50回以上、 累計1,000名以上が来場。 TIMES様主宰セミナー講師 ・2018年 デジタルマーケッター育成講座 ブロガーが生き残るには?セミナー(東京71名) ブロガーが生き残るには?セミナー(大阪64名) などなど。 ・2019年 デジタルマーケッター育成講座 ECC様「0から始めるWeb集客」教材監修 インテリアコーディネーター協会関西様セミナー講師.

次の

【無料】オンラインセミナー「オンラインビジネスの創り方」

オンライン ビジネス セイル

ネットビジネスって、やっぱり怪しい〜!!• ほとんどが詐欺なんじゃないの??• せめて、ネットビジネスを信じる根拠がほしい!! ネットビジネスに興味はあるものの、 不信感はなかなか拭えるものではありません。 私も、その気持ちとてもよくわかります...。 中には、本当に詐欺を目的とした ビジネスもありますので一層不安になりますね。 実際に 詐欺まがいのネットビジネスは、 コチラの動画でも紹介されています。 このような怪しい情報が出回るおかげで、 ネットビジネスは "すべてが怪しい"と思われがちです。 ところが、 決してそんなことはありません。 中には、正しく情報を発信しようとしている人も たくさんいます。 情報について詳しく調べること、 単純に「 どうしてそうなるのか」を考えるだけでも、 詐欺を防ぐことはできます。 不幸にもネットビジネスで詐欺に遭う場合は、 情報を見抜く力がないだけです。 そこを理解していれば、 ネットビジネスで詐欺に合う確率は グッと下がると言えるでしょう。 なお、今回の記事は動画でもお話しています。 動画の方がいいな!という方はコチラからご覧ください。 ネットビジネスに限らず、 " 確実に... とくに、お金の問題を抱えていると なおさら、ひとかけらの望みをかけて クリックしてしまうものです。 でも、本当にあなたを思うなら、 本来、 リスクを一番に教えてくれるはず。 美味しい話ばかりする人は、 自分のことしか考えていない証拠です。 あなたが気持ちよくなる言葉ばかり並べる人は、ネットビジネスに限らずほぼ詐欺でしょう。 」 これは誰でも持っています。 そこにつけこんでくるのも、 ネットビジネス詐欺の常套手段 と言えます。 とうわけです。 もちろん、稼げる可能性もありますが、 1ヶ月に頑張って、せいぜい1万円稼げる 程度で 時間対効果が低いことが多いです。 また、クレームを入れたところで、 あなた自身に問題があると 相手にされないことが多いです。 もちろん、経験として考えるなら、 やってみてもいいでしょう。 ネットビジネスの世界は、 そんなに甘い世界です。 でも、これは、 ネットビジネスの詐欺に限らず、 モノを買わせる手法の1つです。 さらに、• まずは高額な価格を見せる• 購入すれば今回限り値下げになると提示• 更に、値下げプラス特別特典が付く という手順で、高額な商材を、 あ、安い!と思わせるわけです。 そのネットビジネスが、 詐欺かどうかを見分けるには、 限定に根拠はあるか? で判断することが大事です。 限定なのに、いつまで経っても限定のままなら詐欺の可能性があります。 もし、ネットビジネスで詐欺をするなら、 やはり顔や名前は隠しておきたい... と思うのが犯罪者の心理と 考えるのは自然です。 ただし、やたら成功アピールをしてみたり、 ブログで名前や顔を出しすぎるあまり、 逆効果になっているケースがあります。 これは、売っている本人が、 「この商品いいよ!」と言うよりも、 第3者が「この商品よかったよ!」 と言った方が、 より説得力が増す傾向があるため。 なのに、ネットビジネス業界は、 ここで失敗して詐欺と 言われることが多いです。 本来なら、本当にお客さんに 書いてもらうべきなのですが、 架空のお客の声を載せてしまう ケースがあります。 また、お客さんの声と言うのは、 良いところだけでなく、 率直な声を載せることが一番。 なのに、 マイナス部分は伝えたくない といった心理が働くからか、 ついつい良いところばかり 自分で書いてしまうわけです。 でも、今の消費者は敏感なので、 「なんか怪しいなぁ... 詐欺っぽいなぁ... 」 と逆効果になっています。 ここで、このネットビジネスは詐欺だ! となるのは、気が早い気がしますが、 やはり、対応すると書いておいて、 サポートがなかったり、遅かったら、 不安になるのも仕方ないでしょう。 本来なら、顔が見えない分、 気持ちや感情が伝わりくいので、 対面以上に気を使うべきですが、 そこに気付けていない... お客さんからすれば、 支払った分の対価が得られない わけですがから、ネットビジネスが 詐欺と感じるは仕方がないです。 その4:特商法の住所がダミー住所のぼろアパートを使っている 特商法とは、事業者による 違法・悪質な勧誘行為等から 消費者の利益を守るための法律です。 ネットビジネスをする上でも、 詐欺やトラブルを防ぐために、 いろいろ記載が義務付けされています。 もちろん、商品だけでなく、 事業者の住所や氏名など いろいろ記載が必要ですが、 ネットでビジネスをする人は、 自宅のアパートの住所で 済ませていることが多いです。 確かに、オフィスは家賃が高いし、 なかなか、借りるのは難しいですが、 住所が〇〇アパート〇〇号室では、 何だか怪しいな... と思われても 仕方がないかなと思います。 自身で稼げていない証拠なので、 そのネットビジネスは 詐欺か ほとんど稼げない可能性はあります。 ネット集客の前投資案件ビジネスで、お金を回収している 投資案件ビジネスにお金が集まるのか? と思われるかもしれませんが... 実際に集めようと思えば可能でして、 さらに短期間で、 多額の資金を集めることができますし、 それに関連するニュースは絶えません。 例えば、2017年の4月に、 60代の女性が出資法違反で逮捕された事件。 一見するとただの60代おばさんですが、 50人から7億円を集めたというから びっくりです。 被害にあった人は、 会社の役員や経営者ばかりで、 それなりに、 知識や人生経験もある 人達ばかり被害にあっていたようです。 もし、ネットビジネスを紹介する人が 以前、投資案件ビジネスのブローカー をしていたらご注意ください。 怪しい!は勝手な感情だけど、ネットビジネスの詐欺はどのように見抜くか? ネットビジネスで、名前が本名で、顔出しは前提 もちろん、名前や顔を出して、 ネットビジネスでも、リアルでも 堂々と詐欺をする人もいるので、 これだけでの判断はおススメしません。 でも、その名前と顔は本物なのか? 例えば、Fecebookは本名が基本なので、 そこで その名前で自然に呼ばれていれば、 本名の可能性が高いですし、 顔写真が掲載されていたり、 ブログの記事で顔を出していれば、 本人の可能性が高いです。 法人であるか もちろん、そのネットビジネスが、 法人でも100%詐欺ではない... とは言い切れません。 そこを逆手にとって 詐欺を働くこともあるでしょう。 ただし、法人の登記は面倒だし、 以下のように 25万円程度の費用が必要です。 収入印紙代 4万円• 公証人手数料 5万円• 定款の謄本手数料 2千円~• 登録免許税 15万円 はじめから、ネットビジネスで 詐欺をするつもりなら、 こんな面倒はしないし、 恐らく、ぱぱっと稼いで逃げるので、 そんな足が付くことはしないはずです。 サイトに特商法の住所を入念にチェックし、住所を確りおさえる 特商法の記載なしは、問題外ですが、 記載があるから安心してはダメです。 また、調べてみたら、 築年数がかなり古いアパートだった... これも、本人が稼げていないか、 逃げるつもりなので要注意です。 ネットビジネスに限らず、 詐欺に遭う確率が高くなります。 また、特商法で調べると、 今まで違反をした企業が 以下のように公開されてます。 参考にしてみても良いかと思います。 そのネットビジネスの実績者が実名で存在するか 名前をころころ変えていたら、 ネットビジネスで、 詐欺をする 可能性があるので、 少し怪しいと思ってよいでしょう。 もし、稼いでいれば、 昔からブログやSNSで同じ名前で ネットビジネスをしていらだろうし、 参入して年数が少ないが、 真面目に結果を出した人なら、 Fecebookで調べて、 投稿の内容や顧客と交流しているかを 参考にしてみると良いです。 SNSやブログをネットで調べて、 まったく名前が出てこないなら、 ネットビジネスで詐欺の 可能性があると思います。 まとめ「ネットビジネス詐欺でヤバいと思ったら弁護士に相談しよう」 ネットビジネスにもいろいろあり、 明らかに詐欺になるものから、 線引きが難しい場合もあるでしょう。 自らネットで調べても、 個人の価値観や感情や、 ライバルがそう仕向けているなど、 正しい判断ができないことが多いです。 また、すでにネットビジネスで 詐欺に遭ったと思ったら、 泣き寝入りはやめて 弁護士に相談しましょう。 そして、今日お伝えした ネットビジネス詐欺の見分け方も ぜひ参考にしてもらえればと思います。

次の

【オンライン公開研修】新入社員 ビジネスマナー研修【オンライン1日コース】

オンライン ビジネス セイル

中途入社の方にビジネスマナーを学ばせたい場合には、「」にお申込み頂くようお願い致します。 予めご了承ください。 研修の目的 仕事やマナーの「意味」を自ら考える機会を与えます。 自分中心の考え方から、相手(顧客)中心の考え方へ。 「なぜマナーが重要か」「どうして報告が重要か」など参加者自身が自分で気づくことを促します。 また、目上の人への敬意、態度がビジネスや自分自身の成長にどれだけ影響を及ぼすのかを理解します。 研修のねらいと特徴 あいさつ、身だしなみ、言葉遣い、名刺交換、電話応対など、ビジネスシーンに必要なマナーの基本を、オンラインで学べる1日コースです。 受講生はバーチャルなクラスルームの中で、「講師と受講生」や「受講生同士」で双方向にコミュニケーションを取り、ビジネスマナーをeラーニング(動画)で学んだり、課題を提出していただくことで習得状況を確認したり、講師からフィードバックを受けたりといった内容で構成されています。 また、本研修で使用したeラーニング(動画)は、6カ月間視聴出来るので、確認したい内容は何度でも学び直すことが出来ます。 研修のゴール ・学生から社会人への意識変革を図る。 ・社会人として身につけるべきビジネスマナーの基本を習得する。 講師 國弘 真治 (くにひろ しんじ) 大学卒業後、金融系印刷会社(東証1部上場企業)に入社。 法人営業・生産管理・広告など複数の部門において、商品開発や事業企画、業務改善などのプロジェクトを主導。 その後、トーマツグループにて人材育成コンサルタントとして企業の社員教育の体系構築や基礎力診断テスト開発のほか、研修講師や講演会を年間80回近く実施。 研修では、思考力などのビジネスベーシックスキルから管理職向けリーダーシップ研修や考課者研修まで、幅広いテーマを取り扱う。 2019年より現職。 人材育成の仕組化・効率化を実現するためのLMS ラーニングマネジメントシステム)の導入支援を行っている。 研修プログラム 時間 内容 09:00-10:00 バーチャルクラスルーム「朝礼・新入社員研修を行うにあたって」 ・今朝のコンディションチェック ・今回の新入社員研修の流れの説明 ・チームの割り振りと、役割の決定 ・学生と社会人の違いとは何か ・社会人に必要な要素は何か 10:00-12:00 e-learning学習を活用した自己学習 ・ビジネスマナーの基本 ・信頼される言葉遣い ・仕事の進め方 ・時間管理 ・[課題提出] 立位でのあいさつと自己紹介(動画) ・[課題提出] ビジネス応対用語 練習問題(Word) 13:00-14:00 バーチャルクラスルーム「午前ワークの共有とディスカッション+午後の動機づけ」 ・提出された動画のお互いの確認とフィードバック ・ビジネス応対用語、練習問題の答え合わせ ・練習問題の点数などを踏まえた上での感想共有 ・午後の学習要素に対する必要性の共有 14:00-16:00 e-learning学習を活用した自己学習 ・電話応対の基本 ・職場でのコミュニケーション ・応対・訪問の基本 ・ビジネス文書の基本 ・ビジネスメールの基本マナー ・[課題提出]電話応対のデモンストレーション(動画) ・[課題提出]名刺交換のデモンストレーション(動画) ・[課題提出]ビジネス文書デモンストレーション(Word) 16:00-17:00 バーチャルクラスルーム「午後ワークの共有とディスカッション+総括・終礼」 ・提出された動画のお互いの確認とフィードバック ・ビジネス文書練習問題の回答解説 ・3つのワークを踏まえた上での感想共有 ・総括.

次の