ワン チーム イラスト。 ワンチームの意味を説く トンプソン「意味ある言葉、改めて思う」|【西日本スポーツ】

チームイラストとストックアート。619,278 チームイラストとベクターEPSクリップアートグラフィックは数千ものロイヤリティーフリーストッククリップアートのデザイナーから検索することが可能です。

ワン チーム イラスト

5日に豊田スタジアム(愛知県)で行われたラグビー・ワールドカップ(W杯)で、日本代表は追いすがるサモア代表を突き放し、開幕3連勝を飾った。 「ONE TEAM(ワンチーム)」のスローガン通り、一丸となって初の決勝トーナメント進出を大きく引き寄せた。 点の奪い合いになった試合は後半、日本代表がゴール前で一体となってサモア代表を押し込むと、観客は「押せ、押せ」の大歓声。 姫野和樹選手(25)がトライを奪うと、スタンドを埋めた約3万9000人は総立ちとなった。 さらに、福岡堅樹(けんき)選手(27)が勝利を決定づけるトライを決めると、興奮の渦に包まれた。 新潟市から応援に訪れた稲垣啓太選手(29)の父・工(たくみ)さん(60)と母の紀子さん(59)もスタンドから声援を送った。 工さんは「息子はいつも命をかけてラグビーをしていると言っている。 今日の試合も同じ気持ちで戦っているはずで、親としてはヒヤヒヤとドキドキが止まらない」と話した。 田村優選手(30)の正確なキックも、優位な試合展開を作り出した。 友人で、高校時代のジャージーを持って応援していた愛知県豊田市の鈴木雄登さん(30)は「昔からキックがうまかったが、大舞台でも安定して蹴るのは本当にすごい」と感心した。 終了間際には、松島幸太朗選手(26)がボーナス点が得られる4トライ目を決めた。 横浜市の岡本啓さん(53)は「貪欲にトライを奪う日本代表の姿に涙が出た」と興奮した様子。 大阪府豊中市の小野貴弘さん(33)は、「3連勝は日本の実力だ。 次の試合にも勝ち、決勝トーナメント行きを決めてほしい」と期待した。 リーチ突進 攻撃の起点 「彼を止められれば、試合をうまく運べる」。 試合前、サモアの主力選手から最も警戒されたのが、日本代表主将のリーチマイケル選手(30)。 しかし、低いタックルと力強い突進はこの日も健在で、相手からボールを奪い取って初トライの起点になった。 15歳の時、ニュージーランドから札幌山の手高校に留学。 身長1メートル78、体重75キロで、ラガーマンとしては細身だったが「ラグビーで成功し、親に楽をさせたい」との思いで海を渡った。 故郷の芝とは違う土のグラウンドで、膝はいつも傷だらけ。 だが、泣き言は決して漏らさなかった。 「あの留学生、大したことない」。 対戦相手の心ない言葉に発奮し、佐藤幹夫監督(58)が止めるまでタイヤを引き、タックルを繰り返した。 グラウンド整備や部室の掃除、先輩のジャージーの洗濯も率先して行った。 すぐに周囲から愛され、実家が火災に遭った際は、部員や同級生が募金活動をしてくれた。 多くの夢をもって進学した東海大2年の時、その鋭いタックルを買われ、日本代表に選ばれた。 今や身長1メートル90、体重110キロの堂々たる体格となり、前回大会に続いてチームを率いる。 常々、周囲に「俺は日本で多くの人にお世話になった。 だから恩返しがしたい」と語る。 W杯直前、大学時代のチームメート、木津武士選手(31)(日野)に決意を語った。 「4連勝で決勝トーナメントに進む」。 あと1勝で、その言葉は現実になる。

次の

【擬人化】猫だけでラグビーチームを作ってみた【ノーサイド】【ワンチーム】

ワン チーム イラスト

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表の8強入りに貢献したトゥポウ(コカ・コーラ)とトンプソン(近鉄)のトークショーが21日、福岡市のレベルファイブスタジアムで、両チームのトップチャレンジリーグ(TCL)の公式戦後に行われた。 試合の観衆は福岡開催のTCLでは異例の4639人。 状態が万全でないトゥポウはメンバー外だったが、先発したトンプソンは後半34分にベンチに退くまでW杯同様に体を張り、盛況のスタンドを沸かせた。 試合はホームのコカ・コーラが26-43で敗れた。 疲れも見せずにトークショーに参加したトンプソンについて、トゥポウは「ニックネームが『レジェンド』と呼ばれるぐらいレジェンド。 (2人でのトークショーは)すごくうれしく、光栄です」と打ち明けた。 トンプソンはW杯で代表チームが掲げた「ワンチーム」について「ワンチームは大きなすごい意味のある言葉。 改めて思う。 違うバックグラウンドを持つみんなが違いを持ちながら、同じ方向を向く」と説いた。 W杯でのファンの応援に、何度も感謝の言葉を口にした2人。 トゥポウは「みんなのサポートがないと強くなれない」と継続的な応援を呼びかけた。 トンプソンは来年1月12日に開幕するトップリーグの注目チームに宗像サニックスを挙げ、ファンが観戦に訪れることを期待した。 この日は同スタジアムで九州電力と清水建設のTCL公式戦もあり、九州電力が23-20で勝利した。 (大窪正一).

次の

チームイラストとストックアート。619,278 チームイラストとベクターEPSクリップアートグラフィックは数千ものロイヤリティーフリーストッククリップアートのデザイナーから検索することが可能です。

ワン チーム イラスト

こんばんは。 イラスト屋のです。 ラグビーワールカップにあやかって、猫だけでラグビーチームを作りました。 から10種類の猫を選び出し、それぞれの品種の特性を踏まえた上で、各ポジションに配置しました。 平均体重は4~9kgで、個体によっては10kgを超えるものも見られる大型の猫です。 シベリアの厳しい寒さを生き抜いてきたとあって、辛抱強い性格の持ち主。 チームの土台を担うプロップとして、力強いスクラムに期待。 平均体重は4. 5~7kgと、サイベリアン同様に大型の品種です。 骨格はたくましく、前足よりも後ろ足が長い腰高な体格が特徴。 スクラムの際には後ろ足を活かした、正確なフッキングを披露。 平均体重は6~9kg。 体長1m以上の個体も散見されており、世界最長の猫としてギネス記録にも認定されている品種。 持ち前の身体の大きさを活かすべく、今回のチームではラインアウト時のボールキャッチャーを担当。 平均体重は4~7kg。 従来より、穀物を荒らすネズミ駆除を目的に飼われていたワーキングキャット。 ハンターとしての資質は抜群であり、力強いタックルが求められる、ボール奪取の要にラインナップ。 8】ベンガル #8 出典: 3列目中央に位置する、ナンバーエイトはベンガルで決まり。 平均体重は5~8kg。 野生のベンガル猫の血が入っているとあって、筋肉質でがっちりとした体格の持ち主。 運動量も群を抜いており、攻守の要として、力強いブレイクダウンやペネトレイト等に期待。 平均体重は3~4kgと、今回選んだ猫の中では最も小さな品種です。 10cm前後の短い脚でちょこまかと走り回る様は、まさにスクラムハーフのそれ。 「猫のスポーツカー」とも言われる細やかな動きを活かして、マイボール時のプレーに積極的に関与。 平均体重は2. 5~5kg。 コミュニケーション能力や学習能力が非常に高く、猫の中でも最も賢いといわれている品種。 正確な判断力が求められるゲームメイカーとして、攻撃の起点としての役割を担当。 平均体重は3~7kg。 好奇心や冒険心の非常に強い品種とあって、相手守備陣を切り裂く突破役に任命。 がっちりとした体格も備えており、相手に食らいつくようなタックルをも希望。 平均体重は2. 5~6kg。 活発で好奇心旺盛や性格であり、最大時速50kmを誇る優秀なアスリート。 他の品種を寄せ付けない圧倒的な加速力をふまえ、今回のチームでは、トライゲッターとしての役割が求められる両翼に配置。 平均体重は3~6kg。 シルクの集まりと言われる美しい被毛の持ち主で、相手の気持ちを読み取ることに長けた賢い品種。 キック処理等のディフェンス面での活躍はもちろんのこと、類まれなる洞察力を活かした、臨機応変な攻め上がりにも期待。 【PR】サイベリアン #1, #3 【HO】ノルウェージャンフォレストキャット #2 【LO】メインクーン #4, #5 【FL】アメリカンショートヘアー #6, #7 【No. 8】ベンガル #8 【SH】マンチカン #9 【SO】シャム #10 【CTB】アメリカンボブテイル #12, #13 【WTB】エジプシャンマウ #11, #14 【FB】アメリカンバーミーズ #15 以上が、猫の各品種の中から選んだベストフィフティーンとなります。 この記事さえ読めば、残り試合の少なくなったラグビーW杯の楽しみが倍増するはずです。

次の