岡山 コロナ 最新。 新型コロナウイルス感染対策に伴う支援としてオンライン個別商談会を開催します

県内の最新感染動向

岡山 コロナ 最新

岡山市の高校3年藤原出帆さん(17)らが、新型コロナウイルス感染症について、県内の最新状況を伝えるウェブサイトを運営している。 グラフや図表を多く使い、「視覚的に分かりやすい」と評判で、藤原さんは「閲覧者に危機意識を持ってもらい、外出自粛など感染拡大を防止する行動につながれば」としている。 サイト名は「岡山県新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)」。 県のサイトで公表されている情報を基に、陽性患者数やPCR検査の実施数、相談件数などについて日別や累計のグラフ、図表にまとめている。 感染の恐れがある際の相談窓口案内も載せた。 参考にしたのは、グラフをふんだんに使った東京都の対策サイト。 サイトの「設計図」となるソースコードが公開され、全国で都道府県ごとの地域版を作る動きが広がる中、プログラミングのイベントを通じて親しくなった丸亀市の男子中学生と制作を進め、3月15日に開設した。 「情報が豊富な岡山県の公式サイトの良さを生かしつつ、見やすさに配慮した」と藤原さん。 当初は自治体の会見などを見ながら手作業で情報を更新していたが、自分たちが発症した場合を想定し、今月上旬からは県の最新データを基に自動更新できるシステムにした。 開設当初から反響は大きく、メールなどで「危機意識が高まった」「毎日見ています」といった応援の声が次々に届いているという。 運営に携わるメンバーも社会人を含む約20人に増えた。 サイト()では改善要望も受け付けており、藤原さんは「情報をどのように伝えたらより分かりやすくなるのか、工夫を加えながら発信していきたい」と話している。

次の

コロナに負けるな!岡山テイクアウト情報2020年最新版まとめ。│まるごと岡山食べつくし日記

岡山 コロナ 最新

3月15日にスペインへ旅行から帰国• 3月16日 特に症状はなかったものの、ヨーロッパということもあり、不安から保健所に相談していた• 3月17日 症状確認される 発熱だった。 すぐに近くの病院に受診したものの、受診時は発熱していなかったのでPCR検査はしなかった• 3月21日まで症状が続く この時点での症状とは発熱と喉の痛みだった。 症状が続くため接触者・帰国者相談センターへ相談後、接触者・帰国者外来を受診し検査を実施。 陽性であった。 また岡山県の感染者は、現在喉の痛みを訴えている程度とのことだ。 現在は入院しておらず、3月23日に岡山県の病院へ入院予定。 現在は自宅療養しているとのことだ。 岡山県の60歳代女性の同居人と二次感染の可能性は? 岡山県の60歳代女性の濃厚接触者は3人いるとのこと。 1人は60歳代女性と同居していた家族。 濃厚接触者の長女さんは岡山市に住んでいるとのことだが、今回感染が確認された60歳代女性と共にスペイン旅行をしていた人物とのことだ。 長女さんは現在症状がみられないものの、明日3月22日にPCR検査をする予定とのことだ。 また一緒にスペインへ旅行に行った長女さんに至っては帰国後、一日だけ仕事に出勤もしたとのことだ。 60歳代女性の入院先の病院は? 第一種感染症医療機関• 岡山大学病院 第二種感染症医療機関• 岡山市立市民病院• 公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院• 津山中央病院• 岡山県健康づくり財団附属病院• 独立行政法人国立病院機構 南岡山医療センター• 医療法人 平病院 岡山県では、感染症医療機関として全部で7つの病院が指定されている。 この中で入院先として最も可能性が高い病院がやはり第一種感染症医療機関である岡山大学病院だ。 岡山県は今回初の新型コロナウイルスの感染者が出現したということもあり、第一種感染症医療機関に今後入院する可能性が高い。 新型コロナウイルスが確認出来ていない残りの県は? 岡山県で新型コロナウイルスが発覚したことにより、感染が確認されていない残りの県が7県となった。 現在新型コロナウイルスが確認されていない都道府県は以下の通りである。

次の

【最新25人目:5/11】岡山県岡山市コロナ50代男性の感染経路や行動歴は?病院は?

岡山 コロナ 最新

目次(クリックすると各項目へジャンプします) 1 ・ ・ ・ 2 3 4 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 5 6 7 8 ・ ・ 更新情報 (令和2年6月22日更新) 「」において、新型コロナウイルス接触確認アプリ(略称:COCOA)の案内を掲載しました。 (令和2年6月17日更新) 「」を掲載しました。 「」を掲載しました。 (令和2年6月16日更新) 「」を掲載しました。 (令和2年6月12日更新) 「」を掲載しました。 ライブ配信した動画は、同チャンネルでいつでもご覧いただけます。 県主催イベントの開催に係る考え方と、イベント・県有施設の状況 県主催イベントの開催に係る考え方や、県主催イベントの中止等及び県立施設の対応状況等については、次のとおりです。 設置要綱、概要はしてください。 詳しくはしてください。 支援策・相談窓口 個人向け、企業向けの支援策等をまとめました。 詳しくは次のページからご覧ください。 また、県広報紙「晴れの国おかやま 特別号」でも、各種支援、相談窓口などを幅広く紹介しています。 次の画像をクリックすると広報紙のページへジャンプします。 県民の皆様へ 支援策・相談窓口については 新型コロナウイルス接触確認アプリ(略称:COCOA)がリリースされました。 自分をまもり、大切な人をまもり、地域と社会をまもるために、接触確認アプリをインストールしましょう。 アプリについて、詳しくはをご確認ください。 これまでの中国地方知事会からのメッセージ等はしてください。 また、新型コロナウイルスに関するリーフレットを作成しました。 日本語、中国語、韓国語、英語で作成していますので、必要な言語のリーフレットをご覧ください。 人権への配慮について 感染した人やその家族、医療機関の関係者、特定の国の人に対する誹謗中傷や根拠のない差別的な書き込み等がSNS等で見られます。 県民の皆様には、国や地方公共団体等が発表する正しい情報に基づいた行動をお願いします。 医療機関の受診について 新型コロナウイルス受診相談センター 以下のいずれかに該当する場合には、すぐに「新型コロナウイルス受診相談センター」にご相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合• 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) センターでのご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「新型コロナウイルス外来 」をご紹介します。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえたオンライン診療について 当医師が電話や情報通信機器を用いた診療により診断や処方が医学的に可能と判断した範囲内で実施されます。 (詳しくはしてください。 ) まずはかかりつけ医やにご相談ください。 国民健康保険にご加入の方へ 新型コロナウイルス感染症の発症の疑いがある場合には、新型コロナウイルス受診相談センターに相談の上、新型コロナウイルス外来の受診を行うことになります。 国民健康保険の被保険者資格証明書の交付を受けられている被保険者が、新型コロナウイルス外来を設置している医療機関や当該外来において交付された処方せんに基づき療養の給付を行う保険薬局を受診する際には、当該月の療養について、被保険者資格証明書を被保険者証とみなして取り扱われます。 詳しくは、お住まいの市町村の国民健康保険の窓口へご相談ください。 LINE公式アカウント LINE公式アカウント「岡山県-新型コロナ対策パーソナルサポート」と友だちになり、あなたの状態を入力いただくことで、あなたの状態に合わせた、新型コロナウイルスに関する情報をお知らせします。 から「友だち追加」を行えます。 電話番号 086-226-7877 (電話による相談が出来ない方については、Faxでの相談も受付けていますので、によりご相談ください。 よくあるお問い合わせ よくあるお問い合わせとその回答をまとめました。 次のリンク先からご覧ください。 がん患者とそのご家族のみなさまへ がん治療等に関する情報は、こちらのサイトをご覧ください。 状況に応じた支援メニューがありますので、ご活用ください。 状況に応じた支援メニューがありますので、ご活用ください。 県内医療機関の皆様へ• 「おかやま助け合い寄付金」のお願い 感染が拡大する中、様々な方が影響を受け、大変厳しい状況となっており、多くの対策にしっかり取り組んでいく必要があります。 いただいた寄附金は、感染拡大防止策や医療提供体制の整備、地域経済の維持等のために有効に活用させていただきます。 みんなの力を合わせて、一日も早く新型コロナウイルスを乗り越えていきましょう。 皆さまの温かいご支援をお願いいたします。 その他 関連情報 日本赤十字社が動画を作成しています。 以下のページからご覧いただけます。 (厚生労働省)新型コロナウイルス感染症情報のLINE公式アカウントを開設しています。 次のQRコードから友達追加することで利用できます。

次の