小室 破談 理由。 小室圭「破談発表」状況……さらなる「延期」の裏にある永遠に解決しない問題

小室圭さん破断の可能性!理由と慰謝料がスゴイ!すでにイメージ悪すぎ!?

小室 破談 理由

引用元; 婚約会見の前にこの問題が明るみになっていれば会見も先送りになっていたかもしれませんが運が悪いことにこの問題は会見後に発覚してしまいます。 実は小室佳代さんの元婚約者で、外資系商社に勤めるAさんが小室佳代さんに 400万をかしているというのです。 まあ、もともとは結婚しようと思っていた仲ですからそれはよいのですが、婚約破棄後、このAさんと小室佳代さんの認識にずれがあるようで、Aさんは返してもらうつもりで、佳代さんはもらったという認識だそうです。 このAさんは婚約解消後、お金をかえしてほしいといったところ、以下のような超適当なお手紙が届いたそうですよ。 〈409万3000円は小室佳代が貴殿から贈与を受けたものであって貸し付けを受けたものではありません〉として、〈一方的(婚約)破棄により精神的に傷を負っております。 それに対し謝罪もそれに対する保証も無い〉 誤字脱字が多いとAさんからのダメ出しも。。。 とにかく、返せというならかえさないといけないようですね。 結婚したのなら話は別ですが。。。 眞子様と小室圭は破談する?その理由!小室佳代の借金問題に対する態度 この問題が公になってから小室佳代さん一体なにをしていたのでしょうか? あっやっべ。 さっさとかえしとこ! ってならなかったのでしょうね。 問題が発覚してからも、小室佳代さんはこの借金を返す様子もなく放置状態。 小室圭さんの結婚に支障がでるとは思わなかったのでしょうか? 小室佳代さんは記者からの借金を返済するつもりはあるのかという問いに無言だったそうです。 すぐにでも借金を返せば問題は解決するように思えるのですが時すでにお寿司。 ここまで小室家の評判を奈落の底に突き落としてしまったのですからもう、挽回するのは無理でしょう。 元婚約者のAさんは借用書を書いてもらってないということなので裁判になっても勝てる確率は低いそうです。 しかも婚約していましたからね。。。。 眞子様と小室圭は破談する?その理由!小室圭のお仕事問題 言い方を変えれば、小室圭さんの仕事は法律系の事務所でパートでした。 婚約者となった以上、嫁ぐ先がそれじゃあ国民に示しがつかきません。 とりあえず、宮内庁の意向なのか小室圭さんは2018年の8月にアメリカに留学しています。 超頭がいい人が通う、スパルタ弁護士育成大学、、、 フォーダム大学へ通われています。 もうすでに法学修士は終了し、次のステップに進んでいる段階ですね。 卒業は2021年だそうです。 ここを卒業すると晴れて、弁護士。 しかし、アメリカでは州ごとに弁護士資格があるためおそらく小室圭さんはフォーダム大学があるニューヨーク州の弁護士資格を取得するのではないかと思われます。 ということでなんだかうまく卒業すれば、眞子様の結婚も現実的なような気がしますがそれ以外にも問題は山積していますからね。 眞子様と小室圭は破談する?その理由まとめ! ということで2018年の2月に婚約会見を開いて以来、その後小室家の評価は急降下。 なんだか運が悪いというか、なんというか。 眞子様の結婚したいという意思を尊重したい気持ちもありますが、一般の人でないので一筋縄ではいかないですよね。 華やかな世界に見える皇室ですが、眞子様も私たちが想像できないような不憫な思いもしているのでしょうね。

次の

小室圭さん側が返金しない理由 経済的余裕なく留学中止危機も

小室 破談 理由

また、なかなか破談しない理由として 「破談となった場合、小室さんだけが知る眞子さまとのやりとりや 写真などを公開されることが大きな不安材料です。 小室圭さんは、眞子さまの秘密や 極秘写真を持っているようですね。 眞子さまが、困ってしまう秘密とは・・・ 小室圭さんのやり方が、ヤバイですよね ネット上では、いろいろな憶測が飛び交って居ます。 だとしたら両殿下に言えず相当悩むだろうが、しっかり食べているように見えるしやはりまだ夢見る夢子のままか。 こんなに大問題になるまでほっといて。 小室母子は、重要な事をずっと隠して婚約内定まで持ち込んだのだから、破談になる材料はいっぱいある。 慰謝料払う必要はないと思う。 皇室を貶めたということで小室側が払うべき。 眞子さまの気持ち次第なんだろうけど、もう小室とは別れた方がいいと思う。。 写真はあったとしても、犯罪行為にあたり出せないでしょうから、むしろ心配ないでしょう。 こっちは、本来秋篠宮家が国民に公表すべきなのに、していない内情を知っている可能性がありますよね。 つまり、公権力で止められません。 国民にとっては、小室氏が望まない終わり方をしてもらった方が利がありそうですね。 もし、『秘密』という部分が有り皇室において暗い部分が残ろうと 『未来』にむける方が国民も納得します。 一生お金をたかりそうですが、写真やメールを暴露されても仕方ないからあの親子には余計なお金を使わないでください。 やはり、眞子さまには、 公開できない秘密があるのでしょうか・・・ ですが、宮内庁は、黙っていません。 「しかし、もし眞子さまが決断されれば、小室さんは皇室とは無関係の立場に戻ります。 もし皇室に対して、反撃するような動きがあれば、宮内庁は皇室や眞子さまを守るために、あらゆる手を尽くすでしょう」(前出・皇室関係者) 12月10日、宮内庁の西村泰彦次長が、次の宮内庁長官に就任することが決まった。 西村新長官は警察庁出身で、元警視総監だ。 「宮内庁中枢には西村長官を筆頭に、警察出身者が数多くいます。 また、外務省出身者も多いので、米国留学に関する動きを把握するのも容易です。 もし訴訟や暴露から皇室を守るとなれば、これ以上ないほどの強い味方です。 いざ破談となった時の備えとしても、宮内庁サイドは準備万端と言えるでしょう。 小室圭さんと破談になったとしても 宮内庁が眞子さまを守ってくれることでしょう・・・.

次の

小室圭に破談の可能性とその理由とは?慰謝料の額がヤバイ!|イヌノツドイ

小室 破談 理由

去る2月6日、明らかとなった眞子さま(26)と小室圭さん(26)の「結婚延期」。 空前にして絶後と思われるこの発表は世間を驚かせた以上に、秋篠宮家のみならず皇室の深いトラウマとなりそうだ。 圭さんの父と祖父が相次いで不幸な亡くなり方をしていたこと、母・佳代さん(51)と元婚約者との間に430万円を超す金銭トラブルがあること、佳代さんがある時期に霊媒師に心酔していたという事実、祖母・角田八十子(かくたやそこ)さん(故人)と新興宗教の関係……。 お二人が婚約内定の記者会見をされた昨年9月からこちら、そういった内情が報じられてきたのはご存じの通りである。 一連の報道が宮内庁に「延期」を促し、と同時に、延期とは名ばかりの穏やかな破談に向けて台本が綴られ始めたのが、2月6日ということになる。 皇室ジャーナリストの山下晋司氏は宮家の苦悩を慮るようにして、こう話す。 「皇室経済法第6条にある通り、たとえご結婚で皇籍を離れるとしても、皇族であった方々には品位の保持に努めていただくという趣旨から、一時金(今回は約1億5000万円)が支給されることになっています。 難しいのは、この『品位』とは何だろうかということ。 究極的には、多くの国民の目から見て、皇族の地位にあった方にふさわしい振舞をされていると判断できるか否かなのだと思います」 宮内庁の関係者によると、 「借金と、その『ふさわしい振舞』は両立しないということになる。 だから破談に向けて進み始めたわけです。 あと、カネの問題と同じか、ひょっとしたらそれ以上に、新興宗教や霊媒師の存在を宮内庁は恐れたんでしょう」 この点、前出・山下氏は、 「信仰の自由は憲法が保障するところです。 結婚相手やその家族が宗教に関わっていたからと言って、一概に悪いと決めつけることはできません。 ただ、その宗教の性質、その宗教との関わり方が、多くの国民が眉をひそめるような類であれば、問題がないとは言えないのだろうというふうに思います」 とし、結局は品位の問題に行き当たると指摘するのだ。 yahoo. 眞子様も宮中で純粋培養で育った方だから、世間の事、裏社会の事、 実生活のことなど全く存じてないでしょう。 いとも容易く「海の王子」 の張り巡らした毒蜘蛛の巣に絡め取られてしまった。 最初に結婚の意思 を伝えられた秋篠宮殿下も雲上人だから、「本人の気持ちを尊重」など とのんびり構えて、事前に十分な調査を宮内庁に指示せずに、婚約発表 を許可してしまった。 様々なスキャンダル以前に、元皇族出にふさわしい生活スタイルなど経済的にできる訳ないことぐらいも分かってなかった。 ということは、小室親子は、最初から皇室から支出される1億5千 万の金で、借金の清算、帝国ホテルの結婚費用、新居の購入、生活費の 当面の費用を賄おうと目論んでいることも見抜けないほどに人柄が 純朴過ぎた。 宮内庁もこれは、秋篠宮家に一任しておけないと婚約延期 に出たのだ。 よくもまぁこれだけ、次から次へと生臭い話が出ますね。 どんだけ反感かっているのでしょう? 考えてみれば、こういった話が出る以前、まだ御祝いムードだった時点でも、あまり良い話題は少なかったですよね。 せいぜい、バイト仲間が「さわやかな人です」とか、勤めてる職場の上司が「頑張ってますよ」とか、当たりさわりの無い事ぐらい、『海の王子』なんてむしろ、黙っておけばイイのに、と思いました。 要するに、それぐらいしか言える事が無かったんでしょうね。 早急に撤収して欲しいですね。 そして、この母親は間違っても暴露本だの出さないように。 この国に住んでいたいならね。 あまり世の中をナメないでいただきたい、親子共々ね。

次の