ビートルズ ミッシェル。 ビートルズ、映画『ゲット・バック』が9月に全米で公開されることが決定

ビートルズ『ミッシェル』は和訳で歌うとよく分かる Michelle / The Beatles Cover

ビートルズ ミッシェル

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として• ジョン・レノン(リズムギター)• ポール・マッカートニー(ベース)• ジョージ・ハリソン(リードギター)• リンゴ・スター(ドラムス) という4人で活動を行った。 オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。 リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、がある。 全213曲中144曲(全体の約68%)は「」共同クレジット曲。 共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。 Michelle(ミッシェル)という曲 Michelle(ミッシェル)は、1965年12月に発売された6作目のアルバム『ラバー・ソウル』のA面に収録されている。 レノン=マッカートニー名義だが、主にポール・マッカートニーが書いた作品で、リード・ボーカルも彼が務める。 ミドルエイトのみジョン・レノンが書いている。 ビートルズの中で、フランス語が使用されている唯一の曲である。 本作は1967年度グラミー賞最優秀楽曲賞を獲得、米国ではアルバム『ラバー・ソウル』の中で最もラジオに流れた人気の楽曲となった。 まず Michelle, ma belle ミシェル 僕の可愛い人 These are words that go together well ピッタリな言葉だよ My Michelle 僕のミシュル 単語は• go together well「よく合う」 「Mich elle」と「ma b elle」は韻を踏んでいて、響きが合うという意。 ちなみに「ma belle」はフランス語で• My beauty(僕の美しい人) という意味である。 続くフレーズもフランス語で Michelle, ma belle ミシェル 僕の可愛い人 Sont les mots qui vont tres bien ensemble ピッタリな言葉だよ Tres bien ensemble とてもよく合うね 英語にそのまま置き換えると Are words that go very well together very well together である。 また、この曲の制作におけるフランス語の監修は、ジョン・レノンにポール・マッカートニーを紹介したアイヴァン・ヴォーンの妻・ジャン=ヴォーンが行った。 make 人 V「人にVさせる」• hope「期待する、望む」• until「~まで」 である。 by now「そろそろ」• get to「なびかせる」• somehow「何とかして」 である。 和訳した感想 ということで今回はBeatles(ビートルズ)の• Michelle(ミッシェル) の歌詞を和訳しました。 ちなみにこの曲は誰か特定の女性を歌ってるのではないそうです。 ポール・マッカートニーの好きな「Michelle」という響きに合う単語をフランス語の監修を務めたジャン=ヴォーンに尋ねたところ• ma belle(my beauty) という答えが返ってきて、ラブソングにぴったりだとそのまま曲作りに流れていったのだとか。

次の

ビートルズの「ミッシェル」に出てくるフランス語

ビートルズ ミッシェル

Photo: THE BEATLES: GET BACK 映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの監督で知られるピーター・ジャクソンが手掛けたザ・ビートルズのドキュメンタリーがディズニーより公開される。 『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』と題された本作はザ・ビートルズにとって最後から2番目となるアルバム『レット・イット・ビー』の制作を追ったもので、ロンドンのサヴィル・ロウで行われた最後のライヴが全編収録されたものとなっている。 映画は1969年にマイケル・リンゼイ・ホッグが撮影した55時間の未発表映像と140時間のほぼ未発表の音源を使用したものとなっている。 ポール・マッカートニーはこのプロジェクトを支持することを表明している。 「ザ・ビートルズのレコーディングの真実を示す映画を作るためにピーター・ジャクソンが僕らのアーカイヴスを掘り下げてくれたことが嬉しいよ」 「僕らの間には友情と愛があって、ものすごく素晴らしい時間を過ごしたことを思い出させてくれるんだ」 『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』はバンドの解散後の1970年に公開されたマイケル・リンゼイ・ホッグ監督の映画『レット・イット・ビー』を再解釈したものとなる。 リンゴ・スターは映画について次のように述べている。 「ピーターは素晴らしくて、映像全体がクールな装いなんだ。 既に出ているバージョンとはまったく違って、笑いながら演奏した時間がたくさんあったんだよ」 「楽しさというのがたくさんあって、ピーターはそれを見せてくれるんだと思う。 今回のバージョンは僕らが実際そうだったように、穏やかで愛らしいものになると思うよ」 ピーター・ジャクソンは第一次世界大戦の映像を修復してカラー化したドキュメンタリー『彼らは生きていた』が公開されている。 ピーター・ジャクソンは『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』について次のように述べている。 「このプロジェクトに取り組むことは喜びに満ちた発見でした。 史上最高のバンドが傑作を制作するのを間近で目撃することができたのです」 『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』はアメリカとカナダで9月に公開される予定となっている。

次の

ポール来日記念!ビートルズの「ミッシェル」を弾き語る : Kamakura Guitar

ビートルズ ミッシェル

1,803• 138• 105• 137• 102• 207• 126• 110• 1,781• 128• 350• 167• 103• 121• 112• 169• 102• 172• 102• 4 最近の公開• 最近のコメント• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 夏樹 より• に eikashi より• に eikashi より• に 夏樹 より• に eikashi より• に eikashi より• に 匿名 より.

次の