ジープ ラングラー サハラ。 【限定車】ジープラングラーサハラ「スカイワンタッチパワートップ」登場!

ジープ・ラングラーが売れる理由がちょっとわかった 大ヒット中の現行JL型を選ぶ理由は、燃費か価格か|SUV・クロカン|MotorFan[モーターファン]

ジープ ラングラー サハラ

5L AMC 150 直6 4L AMC 242 直6 4. の操業停止まで、 で生産され、それ以降は 工場で生産。 CJに比べホイールベースが延長され、グランドクリアランスは低下した。 また、フロントガラスは大型化された。 また、の形状は四角くなっている。 デザインは大幅に変更されているが、CJから流用された部分も多く、部品を共有することもできる。 エンジンは、まではの 2. 5L 150エンジンと、オプションの 4. 2L AMC 258エンジンが搭載され、1991年からは、直6エンジンが、4L AMC 242エンジンに変更された。 、の大型化。 翌年、をオプションとして追加。 、直4エンジン搭載車に3速を組み合わせたモデルを発売。 なお、直6エンジン搭載車にはオートマチックトランスミッションは組み合わせられなかった。 同年、センターを装備。 日本仕様は、上の車名がAMCのものとクライスラーのものが存在し、乗用車(幌型)登録の車両と貨物車(ピックアップ)登録の車両がそれぞれ存在する。 5L AMC 150 直4 2. 4L パワーテック 直6 4. また、日本仕様ではこのモデルから右ハンドルとなり、同時にオーストラリアやイギリスなどへも輸出が開始された。 エンジンは、やにも搭載される直列6気筒 4. 0L AMC 242エンジンを搭載し、までは、直列4気筒 2. 5L AMC 150エンジンが搭載され、2003年からはの直列4気筒 2. 4L ネオンエンジンが搭載された。 モデル以降はイモビライザーキーとなる。 に燃料タンクの容量を増加し、には音響システムを改善。 には、との変更が行われた。 また、モデルでは、新ボディカラーを追加し、のデザインも変更された。 、「ラングラー・ルビコン」 Rubicon を追加。 ルビコンモデルは、その他のモデルが2. 72:1のローレンジ減速比トランスファーなのに対して4. 0:1のローレンジ減速比を採用。 スポーツ、サハラモデルは前輪がDana30、後輪はDana44アクスルなのに対してルビコンモデルは前後輪共にDana44アクスルを採用し、デフロック機構も標準装備。 また後輪もディスクブレーキとなる。 前後共にダブルカルダン等速プロペラシャフト。 、ホイールベースを254mm延長したロングホイールベース車「ラングラー・アンリミテッド」 Unlimited を発売。 また、には「ルビコン・アンリミテッド」も追加された。 以前のモデルよりも大幅に大型化され、新たに4ドアモデルが追加されるなど、化が進んだ。 4ドアモデルは、2ドアモデル(導入国によっては「ルビコン」となる)よりもが延長されており、先代同様、「アンリミテッド(導入国によっては「サハラ」となる)」として販売される。 エンジンは、クライスラーの 3. 8 L EGHエンジンが搭載される。 また、アメリカ国外(主に欧州)では、アメリカ国内のに適合しない、VMモトーリ()製の 2. 8 Lターボディーゼルエンジンが搭載される。 なお、このエンジンはにも搭載される。 トランスミッションは、6速マニュアルトランスミッションが標準で、5速オートマチックトランスミッションがオプションで用意される。 トランスミッションは前期モデル(2007年 - 2011年)が4速AT、後期モデル(2011年 - 2017年)は5速ATのみがラインナップされる。 日本では2007年(平成19年)に販売が開始された。 また、9月には、ラングラーのも公開された。 ラングラー アンリミテッド 2017年11月のLAオートショーで発表され、2018年モデルとして発売された。 シリーズ初のハイブリッド車も登場する。 日本での販売 [ ] 2018年10月25日、日本市場で発表された。 2ドアの「スポーツ」、4ドアの「アンリミテッド スポーツ」と「アンリミテッド サハラ ローンチエディション」の3モデルが導入された。 エンジンは改良された3. 8kgm が搭載される。 2019年3月1日、「アンリミテッド サハラ」が導入された。 2019年3月20日、「アンリミテッド サハラ2. 0L」が導入された。 2019年4月4日、「アンリミテッド ルビコン」が導入された。 2019年6月13日、特別仕様車「アンリミテッド ルビコン スカイワンタッチパワートップ」が導入された。 「アンリミテッド ルビコン」に電動開閉式ルーフ「スカイワンタッチパワートップ」が装備された。 限定257台。 2019年7月16日、特別仕様車「ビキニエディション」が導入された。 限定80台。 2020年1月14日、「ルビコン」が100台限定で導入された。 同時に限定車「ウィリス」が導入された。 「アンリミテッド スポーツ3. 6リッター」をベースに、エンジンフードの「WILLYS」デカールなどの特別装備が採用された。 限定300台。 グレード一覧 グレード 販売期間 排気量 エンジン 最高出力・最大トルク 変速機 駆動方式 スポーツ 2018年10月 - 3. 4kgm 8AT 4WD アンリミテッド スポーツ 2018年10月 - アンリミテッド サハラ 2018年3月 - アンリミテッド ルビコン 2019年4月- アンリミテッド サハラ 2019年3月 - 2. 8kgm 関連項目 [ ]• ( ジープ・ラングラーをベースに開発された) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 脚注・出典 [ ]• webCG. 2019年6月14日閲覧。 webCG. 2019年6月14日閲覧。 webCG. 2019年6月14日閲覧。 webCG. 2019年6月14日閲覧。 webCG. 2019年6月14日閲覧。 webCG. 2019年6月14日閲覧。 webCG. 2019年7月18日閲覧。 webCG. 2020年1月18日閲覧。 webCG. 2020年1月18日閲覧。

次の

ジープ・ラングラー サハラ(クライスラー・ジープ)の中古車(61~90件目)

ジープ ラングラー サハラ

FCAのオールラインアップ試乗会 どうやら日本人は「ジープ」が好きらしい。 9月30日にGKNドライブラインのプル—ビンググランドで開催されたFCAジャパンのフルライン試乗会の冒頭、FCJのポンタス・ヘグスロトム社長は、FCAジャパンの業績が好調であること。 特にジープ・ブランドがそれを牽引してしること。 そしてジープ・ラングラーは2019年9月単体で800台を超えるセールスを記録し、今年は年間で5000台を超える見込みだという。 なんと、日本は北米以外でもっともジープ・ラングラーが売れるマーケットだというのだ。 どうりで都内でもジープ・ラングラーをよく見かけるはずだ。 個人的に、どうもジープに縁がなくて歴代、どのジープもちゃんと運転したことがなかった。 かねてより興味があったので、今回は数ある試乗車のなかから特にジープ・ラングラーを選んでドライブさせてもらった。 試乗コースが一般公道でないことは最初にお断りしておく。 かねてより興味があった理由は、「おそらくほとんど荒れ地へ行かないのに、どうして都内にはこんなにジープラ・ラングラー(とメルセデス・ベンツGクラス)が多いのか?という疑問があったからだ。 ご縁がなかったこともあって、ジープ・ラングラーについてはほとんど知識がなかった。 なので、少し調べてみた。 北米でのジープ・ラングラーの販売台数の推移 現行ジープ・ラングラーは2917年のLAショーで発表されたJL型だ。 ここ四半世紀というところで見てみると 2代目TJ型が1996-2006年 3代目JK型が2007ー2017年 現行4代目JL型が2018年ー ということになる。 北米でのセールスデータを調べてみた。 現行JL型は北米でも大ヒットを記録している。 2018年には24万台!も売れた。 2019年も9月までで17. 6万台が売れている。 その北米の次のマーケットが日本(で5000台)というのは、いろんな意味で驚きだ。 オフロードを走るクルマのことを「ジープ型」と言うように、ジープは日本人の心の奥底にしっかりポジションを築いている。 だから売れ続ける。 しかも現行のJL型は評判がいいときている。 全高以外はとくにばかでかいというわけではない。 筆者のガレージ(都内の狭小住宅)には高さの問題で入らないが、想像していたよりは大きくない。 きっと燃費が恐ろしく悪いのだろうと思ってエンジンスペックを見ると 2. 訊くと、2. まぁ許容範囲(!)だ。 トランミッションは、現在最高(と個人的に思っている)ZF製8速ATの8HPだ。 記憶が確かなら、ZFからライセンスを受けてクライスラーの工場で製造しているもののはずだ。

次の

Jeepラングラー JL アンリミテッドサハラ2.0L注文!

ジープ ラングラー サハラ

ジープラングラー「6つの良い点」 私の大好きなジープラングラーの「良い点」を6つ、順番にあげていきます。 【良い点1】飽きのこない美しいデザイン 見てすぐに「ジープだ!」とわかる その洗練されたかつ無骨なデザインが、僕は大好きです。 現在あるすべての四輪駆動車の元祖とも言えるジープ。 初代ジープが登場したのは1940年。 それからジープの基本デザインはあまり変わっていません。 デザインの良いものは、時が経っても良さは変わらないんですね。 私の乗っているモデル(JKシリーズ)も2007年に発売されて、そのまま10年以上もデザインが変わっていません。 長い間ずっとデザインが変わることなく、デザインに飽きる事なく、乗り続けていられるって、最高ですよね! 【良い点2】キャンプと相性がバツグン! 僕は、ジープと同じくらいキャンプが大好きです! キャンプの風景には、ジープラングラーがよく似合います。 キャンプ場にジープでいくだけで、なぜかテンションが上がります! ついついキャンプの写真は、撮るアングルにジープを入れちゃいます(笑) 【良い点3】子どもたちのウケが良い! ジープラングラーに乗る前は、セダンタイプの車に乗っていました。 ジープに買い換えてからは、車に乗る時、子どもたちのテンションが違います! お掃除だって、お手伝いしてくれちゃいます! 子どもたちも(親もw)ジープが大好きなので、ジープ関連のオモチャが増えました(笑) まずは、ジープのトミカ。 お財布に優しいです。 【良い点5】オープンカーになる! ジープラングラーは、ルーフ(天井)が標準仕様でハードトップ(天井部分が柔らかい幌でなくて固いパーツの仕様)になっています。 その天井部分が3つのパーツ(運転席・助手席・後部座席)にわかれており、一つずつのパーツを手動で外すことができます。 さすがに、後部座席の天井パーツを外すとなると大変ですが(20kg以上あるパーツを持ち上げなければならない。。 )、運転席と助手席の天井パーツなら10分くらいで一人で簡単に外せます。 運転席と助手席の天井を外すだけで、オープンカー気分を満喫できます! 後部座席から見た(前席のみ外した)オープンの景色はこんな感じです。 このように後部座席の天井パーツが外さなくても、後部座席からもオープンな風景を楽しめます! 【良い点6】高速道路での直進安定性がハンパない ラングラーは前輪と後輪の幅が長いことが一つの特徴です。

次の