オンライン 飲み 会 の やり方。 オンライン飲み会ってどうやるの?オンライン飲み会の簡単なやり方を解説!

LINEオンライン飲み会やり方。人数は、背景を変える、PCでも?簡単3ステップでスタート

オンライン 飲み 会 の やり方

この記事の目次• 【無料】オンライン飲み会におすすめのビデオ通話ツール6選 たくのむ・LINE・Zoomなど、オンライン飲み会におすすめのツールについて解説します。 たくのむ 出典元: 「たくのむ」は、2020年にスタートしたオンライン飲み会に特化したサービス。 アカウント登録不要で作成したルームのURLを参加者に送れば、すぐにオンライン飲み会ができて便利 です。 通常ですと7人以上は有料ですが、2020年4月現在は最大人数の12人まで無料のキャンペーンが行われています。 好きな画像や動画が設定できるバーチャル背景や、顔にエフェクトをかけられるSnap Cameraにも対応しているので、対面とは趣の違った飲み会も可能です。 たくのむを使ったオンライン飲み会のポイント• 簡単にオンライン飲み会ができる• アカウント作成が不要• 7人まで無料• 最大12人まで利用できる• 参加者にルームのURLを共有してすぐにオンライン飲み会ができる• チャット機能もある• バーチャル背景やカメラのエフェクトに対応• 出前機能が実装予定 この記事もオススメ LINE 出典元: 定番のコミュニケーションツール「LINE」。 LINEのビデオ通話もオンライン飲み会に使えます。 ビデオ通話はiOSが4人、Androidは6人、パソコンだと16人まで利用可能。 上記の人数を超えても200人まで参加できますが、アイコン表示のみになります。 LINEのオンライン飲み会のやり方はとても簡単で、LINEグループを作ってビデオ通話をすればOK。 LINEを使ったオンライン飲み会の魅力は手軽さです。 他のアプリやサービスを使わずに、普段使っているLINEのみでオンライン飲み会ができます。 LINEを使ったオンライン飲み会のポイント• オンライン飲み会の開催が簡単• 人数、時間に関わらず無料• iOS4人、Android6人、パソコン16人までビデオ通話可能• 参加者はLINEのアカウントが必要• 音声・映像の品質は高くない Zoom 出典元: Zoomは、世界的に人気の高いWebミーティングツール。 音声・映像が高品質でオンライン飲み会におすすめです。 バーチャル背景や顔のエフェクトも利用できます。 オンライン飲み会の主催者となるホストがアカウントを作成し、ルームのURLを共有してオンライン飲み会を開催します。 アプリのインストールを促されますが、インストールせずにWebブラウザからでも利用可能です。 無料プランは3人以上の利用は40分までの時間制限あり。 また、脆弱性などの問題が指摘されている点にも注意が必要です。 Zoomを使ったオンライン飲み会のポイント• 主催者(ホスト)はアカウント作成が必要• 参加者はURLをクリックするだけでOK• 3人以上は40分の時間制限あり• チャット機能もある• バーチャル背景やカメラのエフェクトに対応• 音声・映像が高品質 この記事もオススメ Skype 出典元: ビジネスコミュニケーションツールとして定番のSkypeもオンライン飲み会に使えます。 2020年3月から、ビデオ通話への参加可能人数が25人から50人に増えました。 通話可能な時間も無制限です。 オンライン飲み会でSkypeを選ぶメリットは、 時間や人数を気にせずに気軽に利用できること。 Skypeでのオンライン飲み会は、LINEのようにグループを作成して行います。 参加者にURLを共有して、グループに入ってもらうことも可能です。 Skypeを使ったオンライン飲み会のポイント• Skypeのアカウントが必要• 人数、時間に関わらず無料• オンライン飲み会の開催が簡単• 最大で50人まで参加できる• 音声・映像の品質は高くない Whereby 出典元: Webミーティングに便利なツール「Whereby」。 Wherebyはアカウントを作成して、URLを共有すれば簡単にオンライン飲み会ができます。 Googleアカウントを利用すると、サクッと始められて便利です。 ただし、Wherebyは4人を超えると有料になります。 4人までは無料で使えるので、少人数のオンライン飲み会に向いています。 無料プランでも固定のルームが作成可能。 定期的にオンライン飲み会を行う場合に、その都度ルームのURLを共有せずに済むので楽です。 面白いのは、YouTubeの画面を簡単に共有できる機能がある点です。 YouTubeの動画を一緒に見ながら、感想を言い合って飲み会をするのも楽しいでしょう。 Wherebyを使ったオンライン飲み会のポイント• 主催者のみアカウント作成が必要(Googleアカウント利用可)• オンライン飲み会の開催が簡単• 無料プランで参加できるのは4人まで• YouTubeを見ながら飲める• カメラのエフェクトに対応• 音声・映像の品質は高くない Houseparty 出典元: Housepartyは、海外で人気の無料グループビデオチャットアプリ。 最大8人とライブ動画配信感覚でビデオ通話が楽しめます。 オンライン飲み会にもぴったりです。 Housepartyは、2016年にローンチし、10代に人気を集めました。 利用者は減少傾向にありましたが、コロナウィルスの感染拡大により自宅にいる人が増えたことで2020年2月頃から利用者が急増。 Zoomに変わるビデオ通話アプリとして、世界的に注目されています。 Housepartyを使う時は、まずアプリをダウンロード。 Facebookなどと連携して友だちとつながります。 あとは、ビデオ通話をすればOK。 気軽に友だちが呼べるのもポイント。 すでに立ち上がっているルームに入室することもできます。 URLでの参加ではないので、ルームを見ると誰が話しているかわかるところがポイント。 「今日、誰か飲んでないかなー」という時にサクッと一緒に飲めるのです。 また、オンライン飲み会用のゲームが用意されているので、他のアプリなどがなくても友だちと一緒に遊べます。 2020年4月現在はmacOSアプリからのサインインができないので注意してください。 スマホアプリでアカウントを作成すると、Macからでもログインは可能です。 Housepartyのポイント — アカウントの作成とアプリのインストールが必要 — 人数、時間に関わらず無料 — オンライン飲み会の開催が簡単 — 好きなルームに気軽に参加できる — URLのシェアが不要 — ゲームが用意されている — macOS版はサインアップに不具合がある(2020年4月現在) ちょっと変わったオンライン飲み会におすすめのサービス・ツール ちょっと変わったオンライン飲み会をやりたい人におすすめのサービスやツールを紹介します。 ゆんたくやイエノミを使えば、誘う人がいなくてオンライン飲み会ができないという悩みも解消可能です。 ゆんたく 出典元: オンライン居酒屋サービス「ゆんたく」は、 友だちだけでなく知らない人ともオンライン飲み会が開催できるサービス。 友だちとオンライン飲み会を行う時は、貸切プランを利用。 知らない人との出会いを求める場合には、相席プランを利用します。 相席プランは90分1人1000円、貸切プランは90分1人500円です。 イエノミ 出典元: Zoomを使って、 いろいろな人とつながって家飲みができるプラットフォームが「イエノミ」です。 公式サイトから参加したいイベントに申し込み、スタートの日時になったら招待URLをクリックして参加します。 申し込みを行うと、開催日までにクラフトビールが家に届き、参加者みんなで同じお酒で乾杯ができるなどのユニークなイベントを行っています。 知らない人とつながってオンライン飲み会がしたい人におすすめのサービスです。 Netflix Party 出典元: Netflix Partyは、 オンラインで友だちとNetflixを見ながらチャットができるGoogle Chromeの拡張機能です。 ビデオ通話でオンライン飲み会はできません。 ただし、チャットは利用可能。 Netflix Partyを使うと、映画やアニメが好きな人が集まって、動画を見ながらチャットをするちょっと変わったオンライン飲み会ができます。 は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。 テックキャンプは、 オンラインでプログラミング学習が可能。 「 徹底したサポート」と「 やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。 転職成功率は 99. 学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率 キャリアに悩んだら、テックキャンプの を受けてみませんか? あなただけのキャリアプランが作れます。 は簡単なので、ぜひご利用ください。 オンライン飲み会で自宅での時間を楽しく過ごそう 自宅で過ごす時間はとても気楽。 とはいっても、ずっと自宅にいるとさみしくなったり、ストレスが溜まったりします。 Web会議ツールなどを使ってオンライン飲み会を行うことで、そのようなストレスを発散しましょう。 紹介したツールやサービスを活用して、自宅での時間をより楽しいものに変えてください。

次の

オンライン飲み会とは?やり方やLINE・ZOOMなどアプリの使用方法はこれ!

オンライン 飲み 会 の やり方

メンバーズエッジでは設立当時から複数拠点をつないでリモートチームで開発をしているため、社員同士の飲み会をリモートで開催するのは長年当たり前にやってきています。 先日も、福岡オフィスで中途入社メンバーの歓迎会がオンラインで開催されました。 筆者も参加したのですが、リアルに会うことができなくても、新しいメンバーへの歓迎の気持ちを伝えることができ、社員同士の交流もできたのでとても有意義に感じました。 オンラインでの歓迎会の様子。 11名でやりました! ただ、オンラインで、特に会社単位などで飲み会を開催する際には、参加者みんなが楽しめるように少し工夫がいります。 そこで今回は先日の歓迎会で幹事が実行していた、オンライン飲み会のコツをお伝えします。 プライベートで仲のいいメンバーと開催するというよりも、歓迎会や懇親会などある程度パブリックな飲み会を想定したノウハウになります。 チーム単位や社内での親睦を深めたい方はぜひ参考にオンライン飲み会を開催してみてください。 オンライン飲み会の基本的なやり方 まずはオンラインで飲み会をする際の基本的なやり方です。 ツールを選ぶ• 参加者を決める• 時間を決める• 飲み物や食べ物を各自が用意して参加 ツールを選ぶ TV通話ができるツールはZoomやSkypeなどさまざまありますが、メンバーズエッジは社内ではとを使っています。 今回はSlackを利用してオンライン飲みを開催することにしました。 チャンネル内に複数のトークルームを作成して別々に通話をしたり席替え(移動)が容易にできる 、画面共有してお絵かきができるなどの機能があり使い勝手がいいとの判断です。 おすすめのツールを参加者に募ってみるのもいいかもしれません。 こんなサービスも案に上がりました。 ・オンライン飲み会サービス「」 今後もオンラインでのコミュニケーション需要は増えそうですので、関連した新しいサービスが出てくるでしょう。 気になる新しいツールがあれば使ってみるのも面白いかもしれません。 参加者を決める リアルな飲み会であれば考慮しなくてもいいのですが、オンラインで飲み会をする場合は人数を考慮する必要があります。 あまり参加人数が多すぎると特定の人だけが喋っている状態になりがち。 筆者の体感だと全員としっかり話ができるのは4~5人くらいと感じます。 大人数で集まりたい場合は部屋を分けて会話ができるツールを選ぶといいと思います。 時間を決める 開催日時についてはみんなが参加できる日時、というのは当たり前のことですが、在宅勤務した日にそのままオンライン飲み、となるとスタートの時間も考慮するポイントです。 参加メンバーのライフスタイルによっては、「家族とごはんを食べる」「子供をお風呂に入れて、寝かしつける」などの時間を過ごしたあとで参加できるように、遅めの開始時間を設定すると、心置きなく楽しめるかもしれません。 また、自宅だと解散のタイミングがあやふやになってしまうので、終了時間をあらかじめて決めておくのも大切です。 飲み物や食べ物を各自が用意して参加 あとは、時間までに各自に食べ物、飲み物を用意してもらってTV会議に参加するだけです。 自分が好きなものだけ飲めて食べられて、お財布にもやさしいのがオンライン飲み会の利点ですね。 会社でオンライン飲みをするときのコツ ここからは、会社などパブリックな場面でオンライン飲み会をするときにやったほうがいいことです。 ファシリテートする人を決める 少人数の場合は不要ですが、10名以上になる場合は会を進行する人を決めてファシリテートをしてもらうといいでしょう。 歓迎会や懇親会などの目的がある場合は、自己紹介をしてもらったり、親睦を深められるような場づくりをする人が一人いるととてもスムーズです。 今回は、歓迎会ということもあり、オンライン飲み会になれていない人もいたため、幹事はアジェンダをつくっていました。 社内でのオンライン飲み会をはじめてやる場合は、こういったものがあると参加者も安心かもしれません。 乾杯の挨拶2. 自己紹介(5秒〜3分)3. 案件紹介(10秒〜5,10分程度)4. 気心知れた仲間と飲むならなんでもいいのですが、会社のメンバーと飲み会する場合は、切り上げたいのに言い出せなくなってしまう人が出ないようにしてあげましょう。 あらかじめ予定していた終了時間になったら、きちんと終わりを告げるとスマートです。 その後は続いて飲みたい人だけ集めて二次会をやりましょう! 人数が多い場合は部屋を分ける 前述しましたが、一度に参加する人数が6名を超えると全員が話題に参加しにくくなってしまうので、途中で部屋を分けるほうが楽しめます。 今回は歓迎会だったので、まずは全員で自己紹介からスタートし、ひと段落してから3グループに分けて3~4名ずつで会話しました。 話題が尽きたころに別の部屋に移動したり、ほかの人を呼んでくることもできます。 同じゲームを持っている人だけでひとつの部屋に集まってゲームをするなんてこともできます。 途中で何度かメンバーをシャッフルしても面白いかもしれません。 オンライン飲み会のメリット オンライン飲み会は、みんな自宅でリラックスした状態で参加するのでより心を開きやすいと感じました。 画面越しにお子さんが現れるとほっこりしますし、「それ何食べてるの?」なんてコミュニケーションも新鮮です。 コロナウイルスの影響でチームや社内の歓迎会を延期している方も多いと思いますが、親睦を深める手段としてぜひ取り入れてみてください。 リモートワークのノウハウをオンラインセミナーでも配信中! メンバーズグループでは、リモートワークに関する様々なオンラインセミナーも開催しています!無料で誰でもご参加いただけるので、ぜひどうぞ!•

次の

オンライン飲み会をLINEのビデオ通話でするやり方!実践者の声は?

オンライン 飲み 会 の やり方

この記事の目次• 【無料】オンライン飲み会におすすめのビデオ通話ツール6選 たくのむ・LINE・Zoomなど、オンライン飲み会におすすめのツールについて解説します。 たくのむ 出典元: 「たくのむ」は、2020年にスタートしたオンライン飲み会に特化したサービス。 アカウント登録不要で作成したルームのURLを参加者に送れば、すぐにオンライン飲み会ができて便利 です。 通常ですと7人以上は有料ですが、2020年4月現在は最大人数の12人まで無料のキャンペーンが行われています。 好きな画像や動画が設定できるバーチャル背景や、顔にエフェクトをかけられるSnap Cameraにも対応しているので、対面とは趣の違った飲み会も可能です。 たくのむを使ったオンライン飲み会のポイント• 簡単にオンライン飲み会ができる• アカウント作成が不要• 7人まで無料• 最大12人まで利用できる• 参加者にルームのURLを共有してすぐにオンライン飲み会ができる• チャット機能もある• バーチャル背景やカメラのエフェクトに対応• 出前機能が実装予定 この記事もオススメ LINE 出典元: 定番のコミュニケーションツール「LINE」。 LINEのビデオ通話もオンライン飲み会に使えます。 ビデオ通話はiOSが4人、Androidは6人、パソコンだと16人まで利用可能。 上記の人数を超えても200人まで参加できますが、アイコン表示のみになります。 LINEのオンライン飲み会のやり方はとても簡単で、LINEグループを作ってビデオ通話をすればOK。 LINEを使ったオンライン飲み会の魅力は手軽さです。 他のアプリやサービスを使わずに、普段使っているLINEのみでオンライン飲み会ができます。 LINEを使ったオンライン飲み会のポイント• オンライン飲み会の開催が簡単• 人数、時間に関わらず無料• iOS4人、Android6人、パソコン16人までビデオ通話可能• 参加者はLINEのアカウントが必要• 音声・映像の品質は高くない Zoom 出典元: Zoomは、世界的に人気の高いWebミーティングツール。 音声・映像が高品質でオンライン飲み会におすすめです。 バーチャル背景や顔のエフェクトも利用できます。 オンライン飲み会の主催者となるホストがアカウントを作成し、ルームのURLを共有してオンライン飲み会を開催します。 アプリのインストールを促されますが、インストールせずにWebブラウザからでも利用可能です。 無料プランは3人以上の利用は40分までの時間制限あり。 また、脆弱性などの問題が指摘されている点にも注意が必要です。 Zoomを使ったオンライン飲み会のポイント• 主催者(ホスト)はアカウント作成が必要• 参加者はURLをクリックするだけでOK• 3人以上は40分の時間制限あり• チャット機能もある• バーチャル背景やカメラのエフェクトに対応• 音声・映像が高品質 この記事もオススメ Skype 出典元: ビジネスコミュニケーションツールとして定番のSkypeもオンライン飲み会に使えます。 2020年3月から、ビデオ通話への参加可能人数が25人から50人に増えました。 通話可能な時間も無制限です。 オンライン飲み会でSkypeを選ぶメリットは、 時間や人数を気にせずに気軽に利用できること。 Skypeでのオンライン飲み会は、LINEのようにグループを作成して行います。 参加者にURLを共有して、グループに入ってもらうことも可能です。 Skypeを使ったオンライン飲み会のポイント• Skypeのアカウントが必要• 人数、時間に関わらず無料• オンライン飲み会の開催が簡単• 最大で50人まで参加できる• 音声・映像の品質は高くない Whereby 出典元: Webミーティングに便利なツール「Whereby」。 Wherebyはアカウントを作成して、URLを共有すれば簡単にオンライン飲み会ができます。 Googleアカウントを利用すると、サクッと始められて便利です。 ただし、Wherebyは4人を超えると有料になります。 4人までは無料で使えるので、少人数のオンライン飲み会に向いています。 無料プランでも固定のルームが作成可能。 定期的にオンライン飲み会を行う場合に、その都度ルームのURLを共有せずに済むので楽です。 面白いのは、YouTubeの画面を簡単に共有できる機能がある点です。 YouTubeの動画を一緒に見ながら、感想を言い合って飲み会をするのも楽しいでしょう。 Wherebyを使ったオンライン飲み会のポイント• 主催者のみアカウント作成が必要(Googleアカウント利用可)• オンライン飲み会の開催が簡単• 無料プランで参加できるのは4人まで• YouTubeを見ながら飲める• カメラのエフェクトに対応• 音声・映像の品質は高くない Houseparty 出典元: Housepartyは、海外で人気の無料グループビデオチャットアプリ。 最大8人とライブ動画配信感覚でビデオ通話が楽しめます。 オンライン飲み会にもぴったりです。 Housepartyは、2016年にローンチし、10代に人気を集めました。 利用者は減少傾向にありましたが、コロナウィルスの感染拡大により自宅にいる人が増えたことで2020年2月頃から利用者が急増。 Zoomに変わるビデオ通話アプリとして、世界的に注目されています。 Housepartyを使う時は、まずアプリをダウンロード。 Facebookなどと連携して友だちとつながります。 あとは、ビデオ通話をすればOK。 気軽に友だちが呼べるのもポイント。 すでに立ち上がっているルームに入室することもできます。 URLでの参加ではないので、ルームを見ると誰が話しているかわかるところがポイント。 「今日、誰か飲んでないかなー」という時にサクッと一緒に飲めるのです。 また、オンライン飲み会用のゲームが用意されているので、他のアプリなどがなくても友だちと一緒に遊べます。 2020年4月現在はmacOSアプリからのサインインができないので注意してください。 スマホアプリでアカウントを作成すると、Macからでもログインは可能です。 Housepartyのポイント — アカウントの作成とアプリのインストールが必要 — 人数、時間に関わらず無料 — オンライン飲み会の開催が簡単 — 好きなルームに気軽に参加できる — URLのシェアが不要 — ゲームが用意されている — macOS版はサインアップに不具合がある(2020年4月現在) ちょっと変わったオンライン飲み会におすすめのサービス・ツール ちょっと変わったオンライン飲み会をやりたい人におすすめのサービスやツールを紹介します。 ゆんたくやイエノミを使えば、誘う人がいなくてオンライン飲み会ができないという悩みも解消可能です。 ゆんたく 出典元: オンライン居酒屋サービス「ゆんたく」は、 友だちだけでなく知らない人ともオンライン飲み会が開催できるサービス。 友だちとオンライン飲み会を行う時は、貸切プランを利用。 知らない人との出会いを求める場合には、相席プランを利用します。 相席プランは90分1人1000円、貸切プランは90分1人500円です。 イエノミ 出典元: Zoomを使って、 いろいろな人とつながって家飲みができるプラットフォームが「イエノミ」です。 公式サイトから参加したいイベントに申し込み、スタートの日時になったら招待URLをクリックして参加します。 申し込みを行うと、開催日までにクラフトビールが家に届き、参加者みんなで同じお酒で乾杯ができるなどのユニークなイベントを行っています。 知らない人とつながってオンライン飲み会がしたい人におすすめのサービスです。 Netflix Party 出典元: Netflix Partyは、 オンラインで友だちとNetflixを見ながらチャットができるGoogle Chromeの拡張機能です。 ビデオ通話でオンライン飲み会はできません。 ただし、チャットは利用可能。 Netflix Partyを使うと、映画やアニメが好きな人が集まって、動画を見ながらチャットをするちょっと変わったオンライン飲み会ができます。 は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。 テックキャンプは、 オンラインでプログラミング学習が可能。 「 徹底したサポート」と「 やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。 転職成功率は 99. 学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率 キャリアに悩んだら、テックキャンプの を受けてみませんか? あなただけのキャリアプランが作れます。 は簡単なので、ぜひご利用ください。 オンライン飲み会で自宅での時間を楽しく過ごそう 自宅で過ごす時間はとても気楽。 とはいっても、ずっと自宅にいるとさみしくなったり、ストレスが溜まったりします。 Web会議ツールなどを使ってオンライン飲み会を行うことで、そのようなストレスを発散しましょう。 紹介したツールやサービスを活用して、自宅での時間をより楽しいものに変えてください。

次の