かぎ針 帽子 編み 方 初心者。 編み物で手編み帽子を作ろう!初心者でも簡単ニット帽の編み方5選

かぎ針編みで初心者用モチーフは?編み方や小物や簡単な写真画像付き手順☆|ハンドメイドでもの作り

かぎ針 帽子 編み 方 初心者

かぎ針は、金属製、プラスチック製、竹製などいろいろな材質のものがあります。 最近は持ちやすいように、グリップ付きのものもあります。 一口にどれがいいとはいえません。 とにかく使ってみて、自分に合って編み易いものを選ばれたら良いと思います。 数値が大きくなるほど大きくなります。 これは、使用する毛糸の太さに合わせて決めます。 毛糸は太い方から、超極太、極太、並太、合太、中細、合細、中細、極細の7種類があります。 材質も一般的なウールからアクリルの混紡など様々です。 初心者の方はアクリルの毛糸が安いのでおススメです。 最近は100均でも様々な毛糸が売られていますし、かぎ針やとじ針までも揃っています。 初心者でも編める簡単なベレー帽の編み方 ベレー帽は、中央から丸く編んで行きます。 基本となる編み方は、くさり編み、細編み、長編みの三種類です。 これを組み合わせて、様々な模様が編めます。 まずは、一番簡単な細編みという編み方で編んで見ましょう。 編み図ではXと表記します。 増し目の記号はvで表します。 減らし目はこれを逆した形になります。 それから、立ち上がり目などで使うくさり編みはOで表します。 横に連ねて行く場合は横にねた形で表します。 まずは、動画を見ながら、基本の円編みを練習して見ましょう。 最初は目の不揃いなどが目に付くかもしれませんが、コツをつかめばすぐにキレイに編めるようになります。 目の増やし方と減らし方さえ分かれば編める簡単な編み方です。 動画は糸を二本で編んでいるので仕上がりが柔らかくふっくらした感じになります。 頭の形にぴったりはまる折り返しのないデザインでとっても可愛いです。 糸を切る前に必ず被って大きさの確認をしてください。 必要な物• 毛糸 約76g 折り返しナシベレー帽の編み方• 1毛糸を二重の輪にして、輪にかぎ針をいれて引き出し、立ち上がり目を一目編みます。 2輪の中に細編みを6個編んでから、一度かぎ針を外して糸を引き締めます。 これで一段です。 3二段目は全ての一目にふたつずつ細編みをいれて12個編みます。 4三段目は一目ずつ飛ばして増し目をします。 全部で細編み18個を編みます。 5四段目は最初の細編みの頭に2つ細編みをいれて次に細編みをひとつずつ二回入れます。 これを6回くりかえして24目編みます。 6ご段目は最初に細編みをひとつずつを3つ編んでから、増し目1回を編みます。 これを6回くりかえして30目にします。 7六段目は最初に細編みひとつ編んでから増し目をし、ひとつずつを4つ編みます。 これを6回繰り返します。 8このように一段につき6目ずつ、編み表のとおりに20段編みます。 921段、22段目は増やし目なしで編みます。 1023段目は19目ごとに一目増やし目をして、126目にします。 1124段から27段は増し目なしで編みます。 1228段目から19目ごとに減らし目ひとつを6回繰り返して120目にします。 1333段目まで各段で6目ずつ減らして、90目にします。 1434段から37段まで4段減らし目なしで編みます。 15最後に被ってみて大きさの確信をします。 大丈夫なようなら糸を切って、編み終わりと編み始めの糸始末をして完成です。 16折り返して被りたい場合は、最後の細編みの段数を増やして、必要な高さまで編んでください。 これは、長編みと細編みで簡単に編めます。 動画は1歳から2歳の子供用の大きさです。 途中での毛糸の継ぎ方、糸の始末の仕方など、編み物の基礎も丁寧に説明しています。 他の物を編む時にも役立ててください。 必要な物• 毛糸 どんぐり帽子の編み方• 1輪の作り目の中にくさり編み1目で立ち上がり、細編みを4回編みます。 2かぎ針を一度外して、糸を引っ張って中心を絞ります。 32段目段目、増し目なしで細編みを4回編みます。 43段目、細編み一つ、増し目、細編み一つ、増し目とあんで、全体で6目になります。 54段目、増し目なしで細編みを編みます。 65段目、細編み一つを2回、増し目を1回、これを繰り返します。 76段目、増し目なしで細編みを編みます。 87段目、くさり編み3回で立ち上がり、中編みを1回編みます。 次から全ての目に長編みを二つ入れます。 98段目、くさり編み3回で立ち上がり、長編みの増し目を1回、次は一つを1回、これを繰り返します。 109段目、長編みを一回、増し目を1回、次の目から長編み一つを2回、増し目を1回を繰り返します。 1110段目、長編み一つを2回、増し目を1回、次から長編み一つを3回、増し目を1回を最後まで繰り返します。 1211段目、長編み一つを3回、増し目を1回、次から長編み一つを4回、増し目を1回を最後まで繰り返します。 1312段目、長編み一つを4回、増し目を1回、次から長編み一つを5回、増し目を19回を最後まで繰り返します。 全体で56目になります。 1413段目、長編み一つを5回、増し目を1回、次から長編み一つを6回、増し目を1回を最後まで繰り返します。 1514段目から16段目まで増し目なしで長編みを編みます。 1617段目、くさり編み1回で立ち上がり、増し目なしで細編みを編みます。 1719段目まで同じく増し目なしで細編みを編みます。 18糸を切る前に大きさを確認して、長さが短いようなら細編みの段数を増やします。 長編みで作る玉編みという編み方があります。 長編みをいくつ入れるかで大きさが変わります。 この編み方でベレー帽を作ると、軽くてふんわりと仕上がる上、とっても温かいです。 玉編みはリズミカルに編めて、編み進みが早いのが特徴です。 動画を参考に楽しく編んで見てください。 必要な物• かぎ針、ハサミ、とじ針• 毛糸 玉編みのベレー帽の編み方• 1毛糸を輪にして、一段目、長編み3つの玉編みを6個つくります。 玉編みの間にはくさり編み1目をいれます。 22段目から9段目まで一段につき、玉編みを6個ずつ増やします。 310段目から12段目まで一段につき、玉編みを6個ずつ減らします。 413段目から減らし目なしの細編みで5段編みます。 5最後の段を編み終わったら、毛糸を切り、とじ針で糸の始末をして出来上がりです。 模様を編む中で表引き上げの長々編みと逆細編みが出てきます。 特に逆細編みは最後の仕上げによく使う編み方です。 動画の中で編み方を詳しく説明していますので、参考にしてください。 必要な物• 毛糸 100g 編み方• 1作り目からくさり編み4個でたちあがります。 2最初のくさり目に長編みを8つ入れます。 32段目、くさり目3つで立ち上がり、長編み1つ、くさり目1、長編み1のv編みを長編みの家に一つずつ8回編みます。 43段目、くさり目3つで立ち上がり、表引き上げの長々編みを1、くさり1目に長編み1、くさり目1、長編み1のv編み、表引き上げの長々編み、これを8回繰り返します。 54段目、3段目の表引き上げの長々編みには表引き上げの長々編みをいれ、下の長編みには長編みを、くさり目にはv編みを入れます。 これを8回繰り返します。 65段目、4段目同様、長々編みには長々編みを、長編みには長編みを、くさり編みにv編みを入れます。 これを8回繰り返します。 こうすることで長々編みの部分が連結されて、ケーブルのようになります。 76段目、表引き上げの長々編み、長編み、3個、v編み、長編み3個、表引き上げの長々編みを8回繰り返します。 87段目、表引き上げの長々編み、長編み2目一度を1回、長編みを2回、くさり編み1個、長編みを2回、長編み二目一度、表引き上げの長々編み、これを8回繰り返します。 98段目、表引き上げの長々編みの後、7段目で編んだ長編み2目一度と隣の長編みで長編み2目一度を編みます。 長編みを1回、くさり編みを1回、長編みを1回、長編み2目一度を1回、表引き上げの長々編みを1回これを8回繰り返します。 109段目、表引き上げの長々編みの後、長編み2目一度、長編み1回、くさり編み1回、長編み1回、長編み2目一度を1回、表引き上げの長々編み1回を編みます。 これを8回繰り返します。 11ここでサイズの確認をします。 1312段目、逆細編みを編んで仕上げます。

次の

帽子の編み方5選!初心者でも簡単に手編みができる!

かぎ針 帽子 編み 方 初心者

どんぐり帽子の簡単で可愛い編み方の種類・作り方初級編の1つ目は、細編みだけで作る小人帽子です。 細編みで作るどんぐり帽子はとても強度があり、しっかりかぶることができる帽子に仕上がります。 細編みで作ると進みがゆっくりになるため少し完成までに時間はかかりますが、基本をしっかり覚えることができるでしょう。 細編みのどんぐり帽子|準備するもの• 9号かぎ針• 9号かぎ針に合うサイズの好みの毛糸 細編みのどんぐり帽子|製作時間• 約2時間 細編みのどんぐり帽子|編み方・作り方の手順• 輪の作り目6目の細編みでスタートします。 2段目、3段目も増し目をせずに、6目ずつ編みます。 4段目は1目に2目を編み入れる増し目で12目編み、5段目は増し目せず12目編みます。 6段目はさらに6目増し目し、7段目は増し目なしで18目編みます。 8段目もまた6目増し目し、9段目は増し目なしで24目編みます。 10段目から20段目までは1段で6目ずつ増し目し、最終的に20段目で90目まで増やします。 最後に、21段目から29段目までの9段は増し目なしで90目の細編みを編みます。 長編みは、かぎ針に糸をかけて編む方法のため、細編みよりは進みが早くまたやわらかめに仕上げることができます。 また、長編みで作るどんぐり帽子であっても、かぶり口に数段の細編みを設けることで、強度を高められます。 また、ご紹介している編み図のリンク先では、Sサイズ以外のものの編み図も紹介されています。 ぜひ編み図を参考に、家族におそろいのどんぐり帽子をプレゼントされてみてはいかがでしょうか。 長編みのどんぐり帽子|準備するもの• 7号かぎ針• 7号かぎ針に合うサイズの好みの毛糸 長編みのどんぐり帽子|製作時間• 約2時間 長編みのどんぐり帽子|編み方・作り方の手順• 輪の作り目4目の細編みで始めます。 2段目は増し目なしで同じく細編み4目を編みます。 3段目は2目増し目し、4段目は増し目なしで6目仕上げます。 5段目もさらに2目増し目し、6段目は増し目なしで8目仕上げます。 7段目からは長編みに切り替えます。 7段目から11段目までは8目ずつ増し目します。 12段目は12目増し目、13段目は増し目なし、14段目はさらに12目増し目と14段目までで72目作ります。 15段目から19段目までは、増し目なしの長編みで同じく72目編みましょう。 20段目からは細編みに戻します。 20段目から23段目まで増し目なしで72目の細編みを編み、フチに強度を付けて完成です。 大人用Sサイズの長編みどんぐり帽子の完成です! どんぐり帽子の簡単で可愛い編み方の種類・作り方中級編の2つ目は、パプコーン模様の入ったどんぐり型の赤ちゃん帽子です。 パプコーン編みは、糸を引き抜いて模様を作り可愛いポンポンに仕上げるタイプの模様編みです。 慣れるまでは難しいですが、コツをつかむと簡単に、そして均一な形の模様に仕上げることができます。 パプコーン飾りのどんぐり帽子|準備するもの• 5号かぎ針• 5号かぎ針に合うサイズの好みの毛糸 パプコーン飾りのどんぐり帽子|製作時間• 約3時間 パプコーン飾りのどんぐり帽子|編み方・作り方の手順• 輪の作り目10目の細編みで編み始めます。 2段目から4段目までは増し目なしで10目細編みを繰り返します。 5段目で5目増し目しますが、6段目から8段目までは引き続き増し目なしで、15目の細編みを繰り返します。 9段目からは長編みに切り替えます。 9段目で15目増し目、10段目でさらに15目増し目し、45目に増やします。 11段目増し目なし、12段目15目増し目、13段目増し目なし、14段目で10目増し目、15段目で増し目なし、16段目で10目増し目、17段目で増し目なしと増やします。 18段目と19段目では8目ずつ増やします。 長編みの最後の20段目は増し目なしで最終的に96目に仕上げます。 21段目は模様編みです。 編み図の位置に、パプコーン編みを編み入れます。 22段目から24段目の3段は、増減なしの長編みを編み入れます。 最後は縁編みで細編みを入れます。 増減なしで3段分細編みを編みます。 ベビー用の可愛いパプコーン模様どんぐり帽子の完成です!.

次の

かぎ針編み初心者さんはここから始めて!|編み物に必要な道具を揃える

かぎ針 帽子 編み 方 初心者

Contents• かぎ針編みの初心者 モチーフで簡単なものは? 基本的なかぎ針の編み方を覚えたら、さっそくかぎ針の作品を編んでみたいですよね。 いきなり大作を編むと疲れたり途中で挫折する危険性もありますので、まずは手のひらサイズのモチーフを編んでみるのがおすすめです。 モチーフはそのままでも楽しめますが、小物にカスタマイズしたりつなぎ合わせてソファーカバーなどの大作に変身させることもできます。 まずはモチーフを編んでかぎ針編みに慣れることが大切です。 初心者でもチャレンジしやすいモチーフをご紹介します。 長方形 一口に長方形といっても、円のように中心から外側に向かってぐるぐる編みにするものから、往復編みで底辺からてっぺんまで編んでいくものまで様々です。 また編み方もレース模様のようになるものやドット絵のように一面びっしりと編んでいく方法もあります。 編み方ではなく毛糸の色を変えることによってストライプ模様などを作ることもできます。 初心者には同じ編み方を繰り返すので良い練習になる上、同じサイズで編みつなぎ合わせてひざ掛けなどにすることもできます。 また毛糸の色を変える練習にもなるのでおすすめです。 円 円もぐるぐる編みや往復編みなどの方法があり、レース模様などを作ることもできます。 かぎ針編みにチャレンジするなら、次の5つの編み方をマスターしておくといいよ。 この5つだけで構成された編み図もあるから色々な作品が編めるようになるんだよ。 かぎ針編みの初心者におすすめの編み方をご紹介します。 鎖編み 鎖編みはこのあとに紹介する長編みや中長編みなどを編むときに立ちあがりの目をつくるために必要となる編み方です。 また鎖編みをマスターしておくと様々な使い道があります。 かぎ針編みを始めるのであれば、まずは鎖編みが編めるようになりましょう。 細編み 細編みは鎖編みの次に高さのある編み方です。 細編みが編めるようになると、編みぐるみを編むこともできます。 中長編み 中長編みは細編みと長編みの中間の高さの編み目を作る編み方です。 長編みと細編み、そして中長編みを組み合わせると高さを変えることができるので様々なモチーフを編むときに便利です。 長編み 長編みは中長編みよりも高さがあり、編みぐるみなどはもちろんバッグやセーターなどを編むときにも活躍する編み方です。 様々な編み図に登場する編み目なので、初心者はまずは長編みの編み方をマスターしておくといいでしょう。 長編みだけで編むマフラーについてはこちらを参考にして下さい。 参考URL: 長々編み 長々編みは長編みよりも高さがあり、ふんわりと柔らかな仕上がりになる編み方です。 マフラーやストールなど広い面積を埋めるときに重宝する編み方です。 初心者向けのかぎ針編みの小物について紹介するよ。 作るときの参考にしてね。 アクリルたわし アクリルたわしは洗剤を浸けなくても食器汚れを落とせるエコなたわしとして人気のある小物です。 立体的なものや果物の形をしたものなど、様々な種類があります。 一見すると複雑そうですが、実は長編みと鎖編みだけで作ることができるものも多いのです。 こちらも複雑そうに見えますが、長編みの三目玉編みを組み合わせて作られた物です。 同じ編み方でもサイズや毛糸の選び方を変えるとキーホルダーにもできます。 ポイントは全ての長編みの長さをそろえることですので、初心者の練習用にもぴったりです。 コースター 手持ちのコップの大きさに合わせて自分で調整しながら作れるコースターは編み図がなくても作れますので、初心者がチャレンジしやすい小物です。 円や長方形など、自分名好きな色の毛糸で自由な発想で編んでみて下さい。 ガーランド お部屋を明るい雰囲気にしてくれるガーランドは毛糸でも作れます。 自分で編んだモチーフを毛糸や麻糸に通して下げるだけで簡単に出来上がります。 「三角形にチャレンジしたい」という場合はこちらの動画を参考にして下さい。 参考URL: 座布団 座布団は見た目だけだと難易度が高そうですが、太い毛糸と専用のかぎ針を使えばコースターを作る要領で簡単に作れますので初心者向けです。 初心者はなかなか理想の力加減で編めないので、均一な編み目がポイントになるセーターやバッグなどは難しいです。 しかし座布団であればふんわりゆるゆるな編み目でも十分使用できますので失敗を恐れずにすみます。

次の