ジャニーズ ワンオク。 ワンオクtakaの生い立ちから学ぶ【環境なんて言い訳できねぇぜ論】

ワンオクTakaの英語が凄い!学歴とジャニーズ時代の画像

ジャニーズ ワンオク

日本のロックバンド ONE OK ROCKこと ワンオクのボーカリスト takaさんは、 今現在のロックバンド活動をする前は ジャニーズに所属していたことを知っていますか? さらに、今大人気のジャニーズのグループであるNEWSのメンバーだったのです。 あの雰囲気でジャニーズ!? とビックリする人が多いと思います。 ジャニーズ時代は、 森内貴寛という名前でジャニーズとして活動をしていました。 そこで、今回はワンオクtakaさんこと、森内貴寛さんのジャニーズ時代について そしてジャニーズで仲良しだった人、そして脱退してからは何らかの圧力があったのか? やめた理由やスキャンダルなどを紹介していきたいと思います。 ワンオクtakaはジャニーズだった 先ほどにも言いましたが、 ワンオクtakaさんは元 ジャニーズです。 私は昔から ジャニーズが好きだったので、現在 ワンオクで活躍している takaさんをジャニーズJr. の時から知っていました。 むしろ、脱退後のことを知らず、森進一さんの息子さんが確か ジャニーズにいたよなぁ…今何してるんだろう、という感覚でした。 そして、ふと思った時にネットで調べてみると、なんと ワンオクの takaさんがあの時の可愛らしかった森内貴寛さんだったんです。 ちなみに 画面右側がtakaさんで、左側は手越祐也さんです。 まさか、あのワンオクのtakaさんが、元ジャニーズの森内貴寛さんだったとは… 本当にビックリしました。 そんな、ワンオクのtakaさんがジャニーズに入った理由は、 幼いころ父である森進一さんと、少年隊の舞台を見に行き、素晴らしいダンスに感動したtakaさんは、 「僕もあんな風に踊りたい」 そう思ったことから、ジャニーズに入りたいと思うようになったのです。 そして、 その後2001年takaさんが 13歳の時に憧れの少年隊が所属するジャニーズに弟とともに入所することとなりました。 しかし、それには条件がありました。 その条件とは… 「学業に支障をきたすのであればすぐにやめさせる」 ということでした。 もともと、学業にはすごく力を入れて育てられてきたため、その学業をジャニーズに入ったことによって乱すことは、両親とってはあり得ないことだったのです。 そして、ジャニーズに入所してからは、まず誰しもが通る下積みである、 ジャニーズJr. を経験することとなります。 一般的なジャニーズJrというとメディアにはほとんど顔を出さず、ダンスのレッスンをします。 そして、自分の実力を上げていきます。 経験を積むことで、今度は先輩のバックダンサーやライブの前座などをこなしていきます。 そして、 その中でも一握りの人がデビューを掴みます。 ジャニーズ事務所に入ればすぐにアイドルになれると思いがちですが、そんなことはなく長い下積み経験を得てもデビューできないまま事務所を退所する人も多いです。 それがしかし! takaさんは、 両親が超大御所の森進一さん、森昌子さんだったことから、すぐにメディアは取り上げました。 あっという間にtakaさんの名前は知れわたり、ジャニーズJr. の中でも異例な出来事が起きました。 それは、入所間もないのにも関わらず、 ミュージックステーションで父親である森進一さんの「襟裳岬」を披露することとなったのです。 その動画を見つけたかったのですが、見つけることはできませんでした。 しかし、井上陽水さんの夏の終わりのハーモニーを歌っている動画を見つけたので、見てみてください。 歌のうまさにビックリしますよ! 歌唱力は、見ている人が、 「さすが森進一さんと森昌子さんの息子さんだ」 と思うくらいだったのです。 そんな高い歌唱力を持つtakaさんは、ジャニーズ入所後たった2年でデビューを果たしました。 1-1 NEWS時代 (一番左) ワンオクの takaさんこと、森内貴寛さんは ジャニーズに入所してわずか2年後に当時大人気の山下智久さんと錦戸亮さん率いるNEWSのデビューメンバーとして選ばれました。 このNEWSとしてのデビューは、 「親のコネ」という風に思われる方が多く、ジャニーズJr. の時と違いバッシングを受けてしまうことが多くなってしまったとか。 両親が大御所すぎるためにこんなことを言われてしまったのですね。 しかし、 takaさんのように入所からすぐにメディアに出て、バックダンサーとしての下積みの経験があまりなく、簡単にデビューが決まってしまうと、長い間下積みをしている ジャニーズのメンバーとしては面白くない話ですよね。 そんなことで、デビューは 「親の七光りコネデビュー」という風になってしまったのかもしれません。 ファンの中にはかなりひどい人で、 takaさんの出番になると舞台の反対をむき、見ないようにしたり、席を離れてしまうこともあったそうです。 憧れだったジャニーズに入り、とんとん拍子に決まったデビューは華々しいことばかりではなかったようですね…。 1-2 仲良しのジャニーズメンバーは? (一番左) 今現在 ワンオクのボーカルスト takaさんは元NEWSの初期メンバーでした。 元 ジャニーズに所属していたことから、 仲良しだったジャニーズメンバーはいたのか? というお話をしていきたいと思います。 ワンオクの takaさんが ジャニーズの所属していたころ、 仲良しだった ジャニーズのメンバーと言えば、今現在NEWSで活躍中の手越祐也さんと増田貴久さんが有名です。 これはなぜかというと、 NEWS時代歌唱力が売りのtakaさん、手越祐也さん、増田貴久さんの3人でKAT-TUNのライブ内で歌を披露したことがあったのです。 その場に居合わせた人は、すごくレアなものを見たことになりますね。 私も見たかったです…。 そんなことから、手越祐也さんと増田貴久さんとは仲が良かったと言われています。 3人とも歌唱力が高いですもんね! 仲が良いというのも納得です。 しかし、 現在ではジャニーズのメンバーとの交流は一切経っているという噂があります。 それはなぜかというと、やはり 自分がNEWSを抜けてしまったことへの罪悪感からだそうです。 自分なりに、ケジメというのをつけているのでしょうね。 しかし、2019年にジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さんが亡くなり、滝沢秀明さんが社長になったことから、滝沢秀明さんがワンオクtakaさんにある依頼をしました。 その依頼とは・・・ 「滝沢さんは自ら、TakaさんにSixTONESへの楽曲提供を依頼したそうです。 海外経験が豊富なTakaさんならば、グループの世界戦略に沿ったアイディアを持っているのではないかと考えたのでしょう。 yahoo. その時の言葉が… 「滝沢さんの気持ちはうれしいけれど、ジャニーズを退所した自分がかかわると迷惑をかけてしまうのではないかと遠慮したそうです。 yahoo. いつか現実のものになるといいですよね! ワンオクtakaのジャニーズを辞めた理由(NEWS脱退理由) ワンオクの takaさんは実はNEWS加入後なんと3か月で脱退し、 ジャニーズ事務所を 退所しています。 憧れだった ジャニーズに入り、念願のデビューをし、今からだというときに脱退をしたとなると何がったのか? とファンは気になるところです。 ワンオクtakaさんがわずか3ヵ月でNEWSを脱退した理由というのは、表向きでは 「学業に専念するため」となっていますが、 実はスキャンダルと言われています。 実は、ワンオクのtakaさんがジャニーズで活躍し始めてから、両親である森進一さんと森昌子さんにも仕事の話が増え、家を空けることが多くなっていました。 今まで学業などで厳しく育てられ、窮屈に思っていたtakaさんは両親がいない事への開放感と寂しさから、間違った道へと進み始めました。 その結果があるスキャンダルへと発展してしまったのです。 そのスキャンダルとは… 月刊誌ブブカで女性とベッドで添い寝をしている画像や友人同士食事の席で、未成年なのにも関わらず、タバコの吸い殻がうつっていたり、在学中の慶應義塾中学から高校に進級するときの受験でカンニングをしたなどと言われ、度重なる不祥事に森進一さんが激怒し辞めさせたという噂もあります。 引用 naver このスキャンダルでジャニーさんを怒らせてしまい辞めさせられたという噂もあります。 どの噂が真実なのかは明かされていませんが、スキャンダルが原因で辞めたことが有力な情報でしょうね。 ワンオクtakaに圧力はあった…? ワンオクの takaさんは、 ワンオクで絶大な人気を誇っていますが、 メディアにはあまり顔を出しません。 これは、 ジャニーズからの圧力だったのでしょうか? 実は ジャニーズを辞めた人間に関して、とても厳しいというのは有名な話。 最近で言うと、 元SMAPの香取慎吾さん、稲垣吾郎さん、草彅剛さんなんかがそうですよね。 2019年7月には 公正取引委員会が、元SMAP3人がメディアにあまり出られないように圧力をかけている疑惑があるとしてジャニーズ事務所を注意した、と 各局で報じられ話題になりました。 公正取引委員会が、元『SMAP』の稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人を民放のテレビ番組に出演させないよう圧力をかけた疑惑があり、将来的に独占禁止法に違反する恐れがあるとして、ジャニーズ事務所を注意した。 excite. 直接ジャニーズが圧力をかけるのではなく、マスコミ側の有力者がジャニーズを 「辞めた人間を扱うな」と発言していることから、周りはそのことに従うようになり、必然と表に出てこなくなってしまうのです。 さらに、テレビの関係者もどれだけ話題性がある人間であれ、テレビで扱うと 自分の身がどうなるかわからないので扱いたくない、という状況になっているようですね。 さらに有名な話があるので紹介します。 2015年パリの同時多発テロが起きたときのことです。 パリのバタクラン劇場で公演をおこなったことがあるアーティストがそれぞれに、追悼文を公表したのですが、 なぜかワンオクtakaさんの追悼文だけは公表できないとボツになってしまったのです。 あの有名なワンオクtakaさんの追悼文をボツにするなんてよっぽどのことがないとできないことです。 あのスキャンダルが原因としたとしても、2003年に起きた出来事なので、世間では忘れ去られた話のはずです。 それを2015年でも出してもらえないとなると、 圧力以外の何物でもありませんよね。 実は 田原俊彦さんが過去にジャニーズは退所した人間には厳しいということを伝えたことがありました。 その言葉がこちら! わざわざ去った人に協力する必要はない。 ジャニーズ帝国というのは、外に出て行く人間に対しては絶対的にNOなんですよ」 これらのことから、 ジャニーズ事務所は自ら手を下し、圧力をかけているのではなく、周りが勝手に扱わなくなることで、ジャニーズを退社した人がメディアで見られなくなってしまうのです。 まぁ、テレビや雑誌などメディア側の人間からしたら、縦の繋がりも横の繋がりもありますからね・・・自分の立場や今後のお仕事に影響をきたさない人たちにお仕事のオファーするのが普通ですよね。 触らぬ神に祟りなし、と言いますし。 ジャニーズ脱退~バンド結成までの遍歴 ワンオクtakaさんは、表向きは学業専念のためですが、裏では スキャンダルが 脱退の理由とされています。 2005年には、森進一、森昌子さんは離婚しどんどん takaさんにとって環境が悪くなり、夜遊びなどが激しくなっていきました。 そんな ワンオクの takaさん がジャニーズを脱退したあと、学校は芸能人が多く通っている堀越学園高校に編入しました。 しかし、そんな 堀越学園高校もわずか1年で退学してしまいました。 そして、takaさんは地道にバイトをしながら音楽学校に通い音楽活動を続けていました。 その時はまだワンオクではありません。 仲の良い友人と3人で続けていたバンドで、バンド名は 「Chivalry of Music」 といいました。 そのライブを共通の友人を通じて、見に行くことになった Toruさんがtakaさんの歌声を聞き衝撃を受けたのです。 まだtakaさんがワンオクに加入する前は、この衝撃を受けたToruさんがワンオクのギターとボーカルを担当していたのですが、高温が出ず悩んでいたところtakaさんの歌声を聞き、 「絶対この人をワンオクのボーカルに迎え入れたい」 そう思ったそうです。 そう思えば実行に移し始めるToruさんですが、 takaさんはなかなか首を縦に振ってくれませんでした。 その理由は、まだジャニーズに在籍していたころ、スキャンダル画像を記者に持ち込んだ友人がいたから。 そのせいで、 人を信じられなくなり深く心に傷を負っていたことから、すぐに人の言葉を信じなくなったそう。 そのうえ、自分には大切なバンド仲間がいる…そんなことから断り続けていました。 しかし、Toruさんはそんなことで諦めません。 毎日毎日、バイト先などにも行き、takaさんへの勧誘を続け、最終的には、 「来るまで帰れへん」 という始末…。 そんなことから、takaさんは1度だけという約束で、ワンオクの練習スタジオに顔を出しました。 そして、ワンオクの音を実際に聞くことになりました。 その時、 takaさんはワンオクの演奏に衝撃を受け、以前加入していたバンドを脱退し、 ワンオクに加入し世界を目指すことを決断することとなりました。 そして、今度こそ親のコネや親の七光りなんて言わさないために、親の力を借りず、音楽活動を熱心に頑張り、今のワンオクになったのです。 まとめ ワンオクの takaさんは、 ワンオクに加入する前までは、 ジャニーズに所属していました。 さらに、デビューまでしていたのです。 そのグループ名はあの有名な NEWS。 知らなかった人にとっては衝撃的だったと思います。 しかし、 わずか 3か月でNEWSを脱退し、すぐにジャニーズ事務所からも退所しています。 その理由は学業専念と言われていますが、実際は スキャンダルが原因と言われています。 ジャニーズを辞めてからのtakaさんは、バイトをしつつ音楽学校に通いバンドを組んでいましたが、ワンオクからの熱烈なスカウトを受け、ワンオクのボーカルとして加入しました。 そして今の世界的有名バンドワンオクのtakaとなったのです。 ジャニーズの圧力を受けていることから、メディアでは見る機会がないと言われていますが、これから先、ワンオクをテレビで見ることができるのか? ワンオクのこれからに期待したいですね!

次の

ワンオクtakaが英語が上手いわけとは?ジャニーズを不祥事で辞めた噂も気になる

ジャニーズ ワンオク

ONE OK ROCKのTakaも元ジャニーズ(公式サイトより) 幅広い世代に人気を集めているロックバンド「ONE OK ROCK(ワンオクロック)」。 Takaがバンド活動を始める以前は、ジャニーズグループ「NEWS」のメンバーだったことはよく知られている。 元ジャニーズではTakaの他にも、元「NEWS」メンバーの草野博紀(29)が「Porehead」のヴォーカル、また「KAT-TUN」のメンバーだった田中聖(31)は「INKT」のヴォーカルとして、それぞれバンド活動をしている。 ジャニーズの人気グループからバンドマンに転身した面々のなかでも、やはりTakaが圧倒的にバンドマンとして日の目を見ている状況だが、この明暗を分けたものは何だったのか。 過去には「NEWS」や「KAT-TUN」のコンサートにも足繁く通っていたというジャニーズファンの女性Aさん(28歳)は、こう語る。 「草野くんも聖くんもそれぞれバンドで頑張っている姿は、しっかりブログやツイッター、ライブなどに通って追っています。 2月には代官山のライブハウスで草野くんのバンド『Porehead』と聖くんの『INKT』が対バンして、ファンの間では話題になりました。 それぞれ元ジャニーズだけあってお客さんの煽り方がとても上手いし、盛り上げるのはすごく上手だな、と思いました。 ただ、バンド自体の完成度でいえば、もうワンオクはまったく別の次元にいる。 TakaはNEWSでデビューする以前のジュニア時代から、『歌がうますぎる』と有名でした。 昔からのファンからすれば、元々のスタート地点が違うんです。 聖くんはKAT-TUN時代はラップが専門だったので、歌で勝負していくのは大変ではないでしょうか。 草野くんは声が細くクリアですが、その方向性ではすでに圧倒的な歌唱力のTakaが、壁として立ちふさがっています。 似たようなジャンルのバンドなので、先陣のワンオクを越えるのはそう簡単ではないと思います」(Aさん)•

次の

ワンオクTAKAはジャニーズ(NEWS)を辞めたのに何故干されなか...

ジャニーズ ワンオク

パリの同時多発テロへの哀悼文 パリの同時多発テロを受けて、パリのバタクラン劇場で過去に公演を行ったことがある Perfume、 きゃりーぱみゅぱみゅ、 SCANDALなどがそれぞれツイッターなどに哀悼文を投稿しました。 パリのテロ悲惨だなぁ。。 バタクランって私もライブをしたことあるライブハウスだった。 そんな思い入れのある場所でたくさんの方が殺されたなんて信じられないし悲しすぎる。 亡くなられた方のご冥福とこれ以上犠牲者が増えないことを祈ります。 — きゃりーぱみゅぱみゅ pamyurin ワールドツアーをして世界中に大切な仲間が出来た。 朝からとんでもないニュースを聞いて心が痛い。 フランスの皆が心配だよ。 (以下引用) 過去に演奏したことのある場所で今回悲惨な事件がおきた。 とても悲しい。 一刻も早くこの世からこういった事件がなくなることを切に願うと共に今回この事件の被害にあった全ての人々に、心からのご冥福をお祈り申し上げます。 他局の知り合いに聞いても、同じことがあったようですね」 と某局ディレクター。 (以上引用 日刊サイゾー) つまり、現場は紹介しようとしたけれど上からダメが出た、ということ。 いったいどういうことなのでしょうか。 (以下引用) ワンオクがメジャーなメディアに扱われにくいことは、ファンの間でも知られている話だ。 Takaは、 森内貴寛の本名で NEWSに所属した元ジャニーズアイドルで、 森進一・森昌子夫妻(2005年に離婚)の長男であることから、早くから大きく取り扱われていたが、 03年のグループ加入直後に女性とのベッド写真や喫煙が報じられ、表向き「学業専念」という理由で脱退。 その後、独自に結成したのがワンオクだったが、 メディアに絶大な影響力を持つジャニーズに関しては、大手マスコミ間で「脱退した者は扱わない」というのが不文律となっている。 そのため、 バンドがいかに活躍しようとも、基本的にテレビ各局とスポーツ紙は取り扱わない姿勢を続けてきた。 ジャニーズ担当のスポーツ紙記者によると 「 ジャニーズから表立って圧力を受けたことはないんですけど、マスコミ側にいる業界の有力者が『扱うな』と代弁していて、ほとんどの媒体はそれに従うか、そうでなくても自主規制している」 という。 (以上引用 日刊サイゾー) ベッド写真、喫煙写真を掲載したのはBUBUKAでした。 その写真がこちら。 田原さんはこう話していました。 わざわざ去った人に協力する必要はない。 怖ろしい話です。 これまでも自主規制されていた ワンオクを主要メディアが扱わない、という部分、これまでにもいろいろあったそうです。 (以下引用) ワンオクは10月、イタリアで開催されるヨーロッパの音楽賞「 MTV EMA」の日本部門に、 BABYMETAL、 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、 SEKAI NO OWARIとともにノミネートされていたが、 ある深夜音楽番組ではワンオク以外のアーティスト名が読み上げられるということがあった。 また、あるテレビ関係者によると、担当番組で 母親・森昌子のインタビューを放送した際、子どもの育て方という話題でTakaの話が出たが、プロデューサーの指示により写真や映像は使われなかったという。 ジャニーズを止めたのは03年。 もう12年も前のことなのに、いまだにその呪縛にとらわれているというのはかなり気の毒です。 しかし、元SMAPの 森且行さんも許されるまでにはかなりの時間がかかりましたからね…。 96年にジャニーズを辞めてオートレーサーに転向し、その後ずっとタブー扱いされてきた森さんが、やっと許された?という報道が出たのはつい最近、11年のことです。 と考えると、ワンオクが許されるまでにもあと最低3年はかかる…のでしょうか。 ファンのためにも、早くタブーが解禁されるといいのですが…。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の