デアゴスティーニ jal。 デアゴスティーニ「JAL旅客機コレクション」第1号を買ってみた

デアゴスティーニ隔週刊「JAL旅客機コレクション」のポイントを紹介!1/400統一スケールダイキャストモデルが隔週で!

デアゴスティーニ jal

リンク BOEING 747-100の特徴 JAL旅客機COLLECTION第2号のモデルは、BOEING 747-100です。 「ジャンボジェット」として有名な機種ですね。 1970年代にB747が登場するまでは、すべてナロウボディ機(機内の通路が一つしかない機体)でしたが、 B747は世界初のワイドボディ機で大量輸送を現実化しました。 それまでは一般庶民にとっては高嶺の花だった海外旅行なども大衆化することを可能にした、革新的な機体でした。 かつてJALは、世界有数のジャンボジェット機を保有する航空会社でした。 JALがジャンボジェットを発注した合計機数は113機と、世界最多となっています。 かつてのJALといえば「ジャンボジェット」というイメージでした。 BOEING 747の基本性能 全幅 59. 6m 全長 70. 7m 全高 19. そのため、ジェット旅客機として初めての2階建て客室をもつ機体となりました。 日本航空では、当初2階席がそのままファーストクラス向けのラウンジスペースとしていました。 また、メカニズム解説や開発ストーリーについて紹介されています。 B747SRは退役後にNASAに売却され、NASAのスペースシャトル輸送機として活躍しました。 もともとの所有者であるJALの整備技術・品質管理についてNASAが感謝状を贈ったエピソードなども載っていて、大変興味深いです。 特集2. 航空大百科 第2号では滑走路の秘密について特集しています。 滑走路の風向きの関係や、滑走路の驚くべき強度などについて解説してあります。

次の

新着情報一覧

デアゴスティーニ jal

週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第50号• 隔週刊 自衛隊DVDコレクション 第37号• 隔週刊 神社百景DVDコレクション 再刊行版 第38号• 隔週刊 キャシーといっしょにハワイアンキルト 第38号• 週刊 NISSAN GT-R NISMO 第92号• 隔週刊 かわいい刺しゅう 第47号• 週刊 マーベル・ファクト・ファイル 第103号• 週刊 栄光の日本海軍 パーフェクトファイル 第117号• 隔週刊 鉄道 ザ・ラストラン 第61号• 隔週刊 ニードルフェルトでねこあつめ 第62号• 隔週刊 日本の名峰 DVD付きマガジン 第80号• 隔週刊 F1マシンコレクション 第90号• 隔週刊 円谷プロ特撮ドラマDVDコレクション 第113号• 隔週刊 スタートレック・スターシップコレクション 第159号.

次の

[本/雑誌]/JAL旅客機コレクション全国版 2020年6月23日号/デアゴスティーニ・ジャパン(雑誌) :NEOBK

デアゴスティーニ jal

創刊号に登場するのは、JALでも2012年から導入され始めた次世代機の代表格「ボーイング 787」。 同機は現在、「787-8」と「787-9」の2つの型があるが、創刊号には787-8の胴体長を6mほど伸ばし、客席数・貨物搭載容量を拡大した787-9が付属する。 2号以降は「ボーイング 747-100」、「ボーイング 777-200」、「ボーイング 747-400」、「エアバス A300-600R」、「ボーイング 737-800」が付属。 そのほか「YS-11」や「DC-8」といった懐かしの名航空機や、JALグループ会社のJ-AIR(ジェイエア)、HAC(北海道エアシステム)、JTA(日本トランスオーシャン航空)、JAC(日本エアコミューター)、RAC 琉球エアーコミューター)などの人気機種も登場。 さらに、JAS(日本エアシステム:2004年まで)TDA(東亜国内航空:1988年まで)や、現在ではモデル機の入手が難しい特別塗装機などもラインアップされている。 また本誌では、4つの章でJALと航空機のすべてを紹介する。 「航空機大解剖」では、各号に付属するコレクションモデルを描き下ろしによる航空機の詳細なスケルトンイラストを使って解析。 また、航空機の各部位にフォーカスし、機体の概要から各部位の特徴を写真付きで紹介するほか、知られざる開発エピソードまで、多彩な切り口で解説していく。 「JALのすべて」では、JALで働く人たちの業務内容や、客室乗務員の制服、機内食の変遷、空港内で受けられる独自のサービス、歴代の広告など、JALに関するあらゆるテーマを掘り下げ、豊富な写真とともに紹介する。 「航空大百科」では、航空機のコックピットや、空港内の様々な設備の秘密など、航空にまつわる幅広いコンテンツをわかりやすく解説。 「世界のエアポート」では、JALが就航する日本を含めた世界中の空港の知られざる秘密や豆知識を紹介する。 価格は創刊号が990円(税込)、2号以降は2760円(税別)で、全80号を予定している。 《纐纈敏也@DAYS》.

次の