断片 類語。 「ヘラクレイトス」の思想とは?名言「万物は流転する」の意味も

クレノウ断片とは

断片 類語

彼はいつも 独断専行して、仕事を進めてしまう。 この場合はつまり、 「自分だけで勝手に仕事を進めてしまう」ということですね。 具体的に言うと、「上司に一切相談しない」 「周りの同僚などにも助けを求めない」 と言った様子です。 このように、 「 自分だけの考えに基づき、勝手に行動を進める様子」を 「独断専行」と言うわけです。 独断専行の語源 次に、この言葉の語源を確認していきましょう。 まず、「 独断」とは、「 一人で判断すること」 そして、 「 専行」とは「 勝手にふるまうこと」 「 ひたすら行うこと」などを意味します。 つまり、 「 一人で勝手に判断・行動する」ので、 「独断専行」と言うわけですね。 ポイントは、「 勝手に」という点です。 「独断専行」には「自分勝手さ」という その人のわがままさが含まれています。 したがって、この言葉は あまり良い意味では使いません。 多くの場合、 「自分勝手な人」「他人の意見を無視する人」 といったネガティブな意味で使います。 イメージ的には、「独裁者」の「 独」と同じ漢字 と考えると分かりやすいのではないでしょうか。 スポンサーリンク 独断専行の使い方 では、「独断専行」は、実際に どのような場面で使うのでしょうか? 以下に、よくある3つのケースを挙げてみました。 という意味になります。 入社して間もない新入社員などは、 分からないことが特に多いですよね。 そんな時に、 「独断専行」で仕事を進めてしまうと、 上司から反感を食らってしまいます。 なので、経験が浅い場合は まず周りの人に聞くのが得策と言えます。 例えば、 「 野球」であれば「送りバントなどの自己犠牲を拒否する」 「 サッカー」であれば「自分が得点することしか考えない」 といったことですね。 「スポーツ」というのは、 選手以外にも「監督」「コーチ」など 様々な人がいて成り立つものです。 したがって、 これらの人の考えを無視した行動は、 「独断専行」と呼べるわけです。 例えば、「首相」であれば、 「大臣や議員に相談せず、自分の考えのみで行動する」 といったことです。 政治に対して使うのは、 日本のような健全な国であれば、 比較的少ないかもしれません。 しかし、 世界的に見れば独裁国家などは多く存在しています。 海外で国のトップなどが暴走した場合は まさに使いやすい言葉と言えるでしょう。 「対義語」の場合は、「周りのことを考える」すなわち 「 全員の意見が一致する」といった意味合いになりますね。 独断専行の英語訳 続いて、英語訳です。 「独断専行」は「英語」だと次のように言います。 「 arbitrary decision and execution」 一つずつ説明すると、 「arbitrary」=「勝手な・独断的な」 「decision」=「決定」 「execution」=「実行」 となります。 これらを合わせると、 「 勝手に決定や実行を行うこと」となりますね。 例文だと、以下のような言い方です。 His action was arbitrary decision and execution. (彼の行動は独断専行であった。 ) 独断専行の例文 では最後に、「独断専行」の使い方を 例文で確認しておきましょう。 君はまだ経験が浅いんだから、 独断専行しない方がいい。 独断専行せずに、同僚や上司にアドバイスを求めなさい。 独断専行型な判断に、部下たちは怒りを覚えているようだ。 独断専行的な軍隊なので、常に現場はピリピリしている。 社長は部下の意見を無視して、 独断専行的な判断を下した。 あの政治家の判断は、 独断専行的と言われても仕方ない。 独断専行せずに、コーチの意見にも耳を傾けるべきだ。 文法的な補足を入れると、 「独断専行」は「名詞」「動詞」「形容詞」「副詞」 など様々な品詞として使うことができます。 言い換えれば、 「使い勝手がいい」ということですね。 その中でも、 「 独断専行的」「 独断専行型」などの形容詞 として使うことが多いと言えます。 できればこのことも頭に入れておくと 良いのではないでしょうか。 関連: まとめ 以上、内容を簡単にまとめると、 「 独断専行」= 自分だけの判断で、勝手に行動すること。 「 語源」= 一人で勝手に判断・行動するため。 「 類語」=「 我田引水・勝手放題・得手勝手・傍若無人」など。 「 英語」=「arbitrary decision and execution」 ということでした。 「独断専行」することは必ずしも悪いわけではありません。 場合によっては、 自分だけで判断する方が良い場合もあるでしょう。 しかし、自分の知らないことは 私たちが自覚している以上に多いものです。 そんな時は周りに相談しながら 物事を進めていくのが良いのではないでしょうか?.

次の

独断専行の意味とは?使い方や類語・対義語を解説

断片 類語

「全幅の信頼」の意味とは 「全幅の信頼」の 「全幅」とは、 「幅の全て」つまり 「幅いっぱい」という意味になります。 例えば目の前に白い布があるとイメージしたら、白い布を丸ごと、全部が 「全幅」となります。 余すことなく、全部という意味が 「全幅」にはあります。 また 「信頼」は 「頼りにできると信じる」という意味になります。 「頼りにする」 「信じられる」という、人間関係ではかなり難しい重要な要素を含んでいます。 「信頼できる」というだけでも、かなり気を許した相手だとうかがい知る事ができますが、 「全幅」が付くと、 「完全に信頼している」という意味になり、相手への強い好意や確実性を信じる気持ちを感じる事ができます。 「全幅の信頼」の使い方 「全幅の信頼」という言葉は、 「置く」や 「寄せる」という言葉をつないで使う事が多いです。 日常的には 「全幅の信頼」という言葉を使うシーンは少なく、どちらかといえばビジネスシーンで使う事が多い言葉だといえるでしょう。 例えば人事査定が行われる直前などに、人事権を持つ上司と会った時は、 「全幅の信頼」という言葉を使うチャンスです。 「部長に 「全幅の信頼」を置いています」などと、服従の意思を示すセリフとして 「全幅の信頼」を使うと、上司からの覚えが良くなるかもしれません。 純粋にお得意先への親愛の情を示す事もできますし、 「期待を裏切らないように」釘を刺すような使い方もできます。

次の

クレノウ断片とは

断片 類語

「全幅の信頼」の意味とは 「全幅の信頼」の 「全幅」とは、 「幅の全て」つまり 「幅いっぱい」という意味になります。 例えば目の前に白い布があるとイメージしたら、白い布を丸ごと、全部が 「全幅」となります。 余すことなく、全部という意味が 「全幅」にはあります。 また 「信頼」は 「頼りにできると信じる」という意味になります。 「頼りにする」 「信じられる」という、人間関係ではかなり難しい重要な要素を含んでいます。 「信頼できる」というだけでも、かなり気を許した相手だとうかがい知る事ができますが、 「全幅」が付くと、 「完全に信頼している」という意味になり、相手への強い好意や確実性を信じる気持ちを感じる事ができます。 「全幅の信頼」の使い方 「全幅の信頼」という言葉は、 「置く」や 「寄せる」という言葉をつないで使う事が多いです。 日常的には 「全幅の信頼」という言葉を使うシーンは少なく、どちらかといえばビジネスシーンで使う事が多い言葉だといえるでしょう。 例えば人事査定が行われる直前などに、人事権を持つ上司と会った時は、 「全幅の信頼」という言葉を使うチャンスです。 「部長に 「全幅の信頼」を置いています」などと、服従の意思を示すセリフとして 「全幅の信頼」を使うと、上司からの覚えが良くなるかもしれません。 純粋にお得意先への親愛の情を示す事もできますし、 「期待を裏切らないように」釘を刺すような使い方もできます。

次の