うられっかいのけしん データ。 【パズドラ】裏列界の化身の攻略や対策とおすすめパーティ

【パズドラ】裏列界の化身の攻略と対策まとめ|ゲームエイト

うられっかいのけしん データ

操作時間固定リーダーで挑むのがおすすめ 列界の化身では先制で操作時間を減少してくる敵が多く存在します。 そのためあらかじめ操作時間固定リーダーで挑むことで、操作時間延長スキルを用意せずにすみます。 固定ダメージ付きリーダーであれば追い打ちなどを気にする事無く対処できるのでおすすめです。 さらにいうのであれば 50万以上の固定ダメージリーダーであれば、アテンをワンパンできたり潜在たまドラを倒すことが出来るので選ぶ際に意識してみてください。 封印耐性は必ず100%にして挑む 1Fのウンディーネは先制で10ターンのスキル封印をしてきます。 あらゆる編成で言えますが、特に主流の変身リーダーなどで挑む際は、変身前から封印耐性が100%にしましょう。 吸収無効、ダメージ無効貫通の用意が必須 高難易度ダンジョンではもはや当たり前ですが、ダメージ吸収や属性吸収、ダメージ無効持ちの敵が多く出現します。 特にダメージ吸収無効、ダメージ無効貫通持ちのキャラの編成は必須です。 6Fで出現する覚醒フレイヤの先制で5ターン猛毒目覚めを食らうので、その時点でお邪魔、毒目覚めで上書きしてしまうのがおすすめです。 さらに次ターンには10ターン雲を生成してくるので、かなり厄介です。 覚醒無効枠に遅延耐性を出来るだけ振って、覚醒無効回復スキルを初手に打てるようにしておくのがおすすめです。 軽ターンの操作時間延長スキルが役立つ 道中では操作時間減少を使用する敵が頻繁に出現します。 上記の項目でおすすめした操作時間固定リーダーではない場合、2〜3ターンで操作時間を延長出来るスキル持ちのキャラを編成しておくのがおすすめです。 特に対策すべきモンスターの攻略ポイント アテン:高防御対策をして突破 アテンはHP10%根性を持ったキャラです。 HPが10%ラインに到達すると根性を発動します。 倒し方としては大まかに2種類あるので下記にまとめます。 ガードブレイクを駆使して突破 アテンは防御力が20億あるため火力で押し切るのは困難です。 そのためガードブレイク持ちのキャラを編成して5色同時攻撃をしましょう。 こちらの方法はリーダースキルを発動させるだけで良いので1番よりおすすめです。 不動明王:毒に注意して攻略 不動明王は盤面に毒があると約14万のダメージを与えてきます。 さらに先制で5ターン99%軽減をしてくるので耐久が強いられます。 そのため毒を対策して耐久しましょう。 ダメージ99%軽減の上からでも思い切り殴っていきましょう。 キラー持ちのキャラを用意したりと工夫をしておけば軽減発動中に倒すことも可能です。 キラーたまドラ:基本的にアテンと同じ対策 キラーたまドラは高防御でさらに99ターンダメージ99%軽減をしてます。 高火力で押し切ろうとしてもびくともしない硬さを持ちます。 そのため上記のアテンと同じようにガードブレイクor固定ダメージ持ちのキャラで対策しましょう。 キラーたまドラは通常攻撃で大ダメージを放ってくるため、耐久も困難です。 火力でゴリ押しではなく対策して突破しましょう。 石田三成:早期突破を心がける 石田三成は先制で3ターンリーダーチェンジをしてきます。 完全に運ゲーになりますが、石田三成は早期突破を目指しましょう。 耐久をしているとダメージ無効などの厄介なギミックを使用してくるからです。 織田信長:4ターンの間に倒す 織田信長は 4ターンの間に倒さないと負けます。 敵の行動は決まっていて4ターン後に超絶大ダメージが飛んでくるからです。 根性+ダメージ無効を併用してきて、さらに盤面ロックの行動をしてきます。 なにも対策なしに盤面で突破することはかなり運ゲーなので、固定ダメージ持ちリーダーで戦うなどの工夫をしたりロック効果を利用して盤面を整えましょう。 序盤は約4万の攻撃とドロップロック、盤面変換が主な行動になります。 19Fまで到達出来るパーティであれば耐久は苦では無いので手持ちのスキルターンなどを見ながら殴り合うのがおすすめです。 行動パターンが大きく変わるわけではありませんが、攻撃力が2倍になったりスキル遅延が飛んで来るからです。 引き続き耐久は可能ですが回復枯渇や軽減の貼り忘れに注意しましょう。 盤面を荒らされるだけでなく、回復が間に合わないような状況に陥るので、毒無効リーダーで挑むor目覚めを上書きして対策するようにしましょう。 毒耐性が100%であれば耐久しつつの攻略が可能なので、スキル溜めをしつつ吸収無効スキル、出来れば攻撃半減用にエンハンスを用意して一気に片を付けましょう。 これら2個のギミックを抱えて耐久するのは至難の技なので、必ず対策を施すようにしましょう。 前述の先制を対策していれば耐久が可能なので、エンハンススキルを溜めて一気に突破することをおすすめします。 追加攻撃を用意する必要がないので、攻略が楽になります。 ギミック対策も十分に対応出来るのが強みで、後半もエンハンスと火力でねじ伏せることが可能です。 各階層ごとの詳しい立ち回りは下の記事で解説しているので参考にして下さい。 心して挑みましょう。 期間限定で出現し、優秀なキャラなので必ず入手しましょう。 下記に行動パターンを掲載していますが、 スキルは使用不能で76盤面+落ちコンなしなので丁寧にパズルをして入手しましょう。 ここで整地をしておくと最後のコンボもある程度余裕を持ってパズル出来ます。 半分だけでも整地しておくのが圧倒的にパズルが楽になるので、パズルに自身が無い方は参考にしてください。 毎ターン落ち着いてパズルしましょう。 掲示板・スレッド• ランキング一覧• キャラの一覧• 属性別の一覧• スキル別の一覧• 進化・育成に関連する一覧• ダンジョンの一覧 最新ダンジョンの攻略一覧• ダンジョン一覧• お役立ち情報• 各種稼ぎ• その他• メニュー•

次の

【パズドラ】裏列界の化身の攻略とおすすめパーティ【裏闘技場4】

うられっかいのけしん データ

基本は通常の列界と大きく変わらない 列界の化身をベースにしているので当然ですが、出現モンスターはほとんど変わっていません。 全員が裏仕様なので一筋縄ではいきませんが、 用意しておきたいものは基本的に同じです。 ただしボスフロアが1階層追加されたり、ダメージ無効貫通が必要なフロアが増えたりと難易度は大きく上昇しています。 あらかじめ敵の行動を把握してから挑みましょう。 操作時間固定リーダーで挑むのがおすすめ 裏列界の化身では先制で操作時間を減少してくる敵が多く存在します。 そのためあらかじめ操作時間固定リーダーで挑むことで、操作時間延長スキルを用意せずにすみます。 アテンや潜在たまドラ対策も可能で、根性持ちの敵に対しても効果的です。 15ターンのスキル遅延、覚醒無効、雲、操作不可に加え、20ターンの超暗闇目覚めをしてきます。 回復エンハンススキルもあるといい 回復エンハンススキルもあるとかなり便利です。 先制で回復力を激減にしてきたりする敵が多く出現するので、対策しておくとかなり有利に立ち回れます。 特に後半で耐久したいなら持っておくと安心です。 言うまでもなく、根性対策は必ずしましょう。 ダメージ無効を貼ってくる敵が増加 裏列界の化身はダメージ無効持ちのキャラが増え、列界の化身に比べて対策がより困難になっています。 スキルで対策するなら軽めのやを編成するのがおすすめです。 覚醒で対応するならそれなりに変換スキルを積んでおきましょう。 覚醒無効回復スキルが重要 列界の化身でも必須でしたが、裏列界ではより覚醒無効回復スキルが重要になります。 エンハンススキルを2枚用意したい 裏列界では20Fにモンポ龍が追加され、19,20Fといずれも味方の攻撃力を半減、激減してきます。 エンハンススキルで上書きして突破が無難ですが、連続して攻撃力を減少させて来るのでエンハンススキルを2枚用意しておくのがおすすめです。 対策すべきモンスターの攻略ポイント アテン:高防御対策をして突破 アテンは新ギミックの10%根性を持ったキャラです。 HPが10%ラインに到達すると根性を発動してきます。 倒し方としては大まかに2種類あるので下記を参考にしてください。 そのため5属性且つガードブレイク持ちのキャラを編成して倒しましょう。 確実に倒すのであればこちらを選択するのがおすすめです。 不動明王:毒に注意して攻略 不動明王は盤面に毒があると約14万のダメージを与えてきます。 さらに先制で5ターン99%軽減をしてくるので耐久が強いられます。 そのため毒を対策して耐久しましょう。 99%軽減の上から突破も可能ですが、基本的に耐久は可能なので耐久後突破しましょう。 潜在たまドラ:基本的にアテンと同じ対策 潜在たまドラは高防御でさらに99ターン99%ダメージ軽減をしてます。 高火力で押し切ろうとしてもびくともしない硬さを持ちます。 そのため上記のアテンと同じようにガードブレイクor固定ダメージ持ちのキャラで対策しましょう。 潜在たまドラは通常攻撃で大ダメージを放ってくるため、耐久も困難です。 火力でゴリ押しではなく対策して突破しましょう。 序盤は約4万の攻撃とドロップロック、盤面変換が主な行動になります。 19Fまで到達出来るパーティであれば耐久は苦では無いので手持ちのスキルターンなどを見ながら殴り合うのがおすすめです。 行動パターンが大きく変わるわけではありませんが、攻撃力が2倍になったりスキル遅延が飛んで来るからです。 引き続き耐久は可能ですが回復枯渇や軽減の貼り忘れに注意しましょう。 盤面を荒らされるだけでなく、回復が間に合わないような状況に陥るので、毒無効リーダーで挑むor目覚めを上書きして対策するようにしましょう。 毒耐性が100%であれば耐久しつつの攻略が可能なので、スキル溜めをしつつ吸収無効スキル、出来れば攻撃半減用にエンハンスを用意して一気に片を付けましょう。 これら2個のギミックを抱えて耐久するのは至難の技なので、必ず対策を施すようにしましょう。 前述の先制を対策していれば耐久が可能なので、エンハンススキルを溜めて一気に突破することをおすすめします。 そのためワンパンをすることは出来ません。 1度50%まで削ってから倒す必要があります。 落ちコンなし+7コンボ以下吸収とやや厄介ですが、これさえクリアできれば特に怖くありません。 50%以下時の攻撃力2倍に注意しつつ突破しましょう。 なかなか難しいですが、できれば19、20Fと連続でスキルを打てるようにしましょう。 耐久してため直すことも可能ですが、生半可なパーティでは到底耐久は不可能です。 そのためワンパンをすることは出来ません。 1度50%まで削ってから倒す必要があります。 なかなか難しいですが、できれば19、20Fと連続でスキルを打てるようにしましょう。 耐久してため直すことも可能ですが、生半可なパーティでは到底耐久は不可能です。 先制で2色を吸収してくる上、その後の行動でも幾度となく2色を吸収してきます。 そのため属性吸収スキルを用意して打ってから突破を図りましょう。 なお、50%根性持ちのため出来れば、 2ターン以上継続の属性吸収スキルがおすすめです。 複雑な位置に生成してくるため、パズルに大きな支障をきたします。 ギミックに強く、特に詰まらずにサクサク攻略出来ます。 裏仕様になったキャラが出現するので難易度が上がっています。 新潜在たまドラが入手可能 裏列界の化身の実装とともに新たに5種類の潜在たまドラが追加されました。 現状これらの潜在を集めるには裏列界の攻略が必須になります。 潜在たまドラ 効果 6色(5色+回復)の同時攻撃で属性吸収を無効化して攻撃する 6色(5色+回復)の同時攻撃でダメージ無効を貫通して攻撃する 毒、猛毒ドロップが落ちやすくなる攻撃を無効化する お邪魔ドロップが落ちやすくなる攻撃を無効化する 自分自身へのリーダー交代攻撃を無効化する クリア報酬(ドロップ) カテゴリ ドロップするもの たまドラ.

次の

【パズドラ】裏列界の化身の攻略とおすすめパーティ【裏闘技場4】

うられっかいのけしん データ

操作時間固定リーダーで挑むのがおすすめ 列界の化身では先制で操作時間を減少してくる敵が多く存在します。 そのためあらかじめ操作時間固定リーダーで挑むことで、操作時間延長スキルを用意せずにすみます。 固定ダメージ付きリーダーであれば追い打ちなどを気にする事無く対処できるのでおすすめです。 さらにいうのであれば 50万以上の固定ダメージリーダーであれば、アテンをワンパンできたり潜在たまドラを倒すことが出来るので選ぶ際に意識してみてください。 封印耐性は必ず100%にして挑む 1Fのウンディーネは先制で10ターンのスキル封印をしてきます。 あらゆる編成で言えますが、特に主流の変身リーダーなどで挑む際は、変身前から封印耐性が100%にしましょう。 吸収無効、ダメージ無効貫通の用意が必須 高難易度ダンジョンではもはや当たり前ですが、ダメージ吸収や属性吸収、ダメージ無効持ちの敵が多く出現します。 特にダメージ吸収無効、ダメージ無効貫通持ちのキャラの編成は必須です。 6Fで出現する覚醒フレイヤの先制で5ターン猛毒目覚めを食らうので、その時点でお邪魔、毒目覚めで上書きしてしまうのがおすすめです。 さらに次ターンには10ターン雲を生成してくるので、かなり厄介です。 覚醒無効枠に遅延耐性を出来るだけ振って、覚醒無効回復スキルを初手に打てるようにしておくのがおすすめです。 軽ターンの操作時間延長スキルが役立つ 道中では操作時間減少を使用する敵が頻繁に出現します。 上記の項目でおすすめした操作時間固定リーダーではない場合、2〜3ターンで操作時間を延長出来るスキル持ちのキャラを編成しておくのがおすすめです。 特に対策すべきモンスターの攻略ポイント アテン:高防御対策をして突破 アテンはHP10%根性を持ったキャラです。 HPが10%ラインに到達すると根性を発動します。 倒し方としては大まかに2種類あるので下記にまとめます。 ガードブレイクを駆使して突破 アテンは防御力が20億あるため火力で押し切るのは困難です。 そのためガードブレイク持ちのキャラを編成して5色同時攻撃をしましょう。 こちらの方法はリーダースキルを発動させるだけで良いので1番よりおすすめです。 不動明王:毒に注意して攻略 不動明王は盤面に毒があると約14万のダメージを与えてきます。 さらに先制で5ターン99%軽減をしてくるので耐久が強いられます。 そのため毒を対策して耐久しましょう。 ダメージ99%軽減の上からでも思い切り殴っていきましょう。 キラー持ちのキャラを用意したりと工夫をしておけば軽減発動中に倒すことも可能です。 キラーたまドラ:基本的にアテンと同じ対策 キラーたまドラは高防御でさらに99ターンダメージ99%軽減をしてます。 高火力で押し切ろうとしてもびくともしない硬さを持ちます。 そのため上記のアテンと同じようにガードブレイクor固定ダメージ持ちのキャラで対策しましょう。 キラーたまドラは通常攻撃で大ダメージを放ってくるため、耐久も困難です。 火力でゴリ押しではなく対策して突破しましょう。 石田三成:早期突破を心がける 石田三成は先制で3ターンリーダーチェンジをしてきます。 完全に運ゲーになりますが、石田三成は早期突破を目指しましょう。 耐久をしているとダメージ無効などの厄介なギミックを使用してくるからです。 織田信長:4ターンの間に倒す 織田信長は 4ターンの間に倒さないと負けます。 敵の行動は決まっていて4ターン後に超絶大ダメージが飛んでくるからです。 根性+ダメージ無効を併用してきて、さらに盤面ロックの行動をしてきます。 なにも対策なしに盤面で突破することはかなり運ゲーなので、固定ダメージ持ちリーダーで戦うなどの工夫をしたりロック効果を利用して盤面を整えましょう。 序盤は約4万の攻撃とドロップロック、盤面変換が主な行動になります。 19Fまで到達出来るパーティであれば耐久は苦では無いので手持ちのスキルターンなどを見ながら殴り合うのがおすすめです。 行動パターンが大きく変わるわけではありませんが、攻撃力が2倍になったりスキル遅延が飛んで来るからです。 引き続き耐久は可能ですが回復枯渇や軽減の貼り忘れに注意しましょう。 盤面を荒らされるだけでなく、回復が間に合わないような状況に陥るので、毒無効リーダーで挑むor目覚めを上書きして対策するようにしましょう。 毒耐性が100%であれば耐久しつつの攻略が可能なので、スキル溜めをしつつ吸収無効スキル、出来れば攻撃半減用にエンハンスを用意して一気に片を付けましょう。 これら2個のギミックを抱えて耐久するのは至難の技なので、必ず対策を施すようにしましょう。 前述の先制を対策していれば耐久が可能なので、エンハンススキルを溜めて一気に突破することをおすすめします。 追加攻撃を用意する必要がないので、攻略が楽になります。 ギミック対策も十分に対応出来るのが強みで、後半もエンハンスと火力でねじ伏せることが可能です。 各階層ごとの詳しい立ち回りは下の記事で解説しているので参考にして下さい。 心して挑みましょう。 期間限定で出現し、優秀なキャラなので必ず入手しましょう。 下記に行動パターンを掲載していますが、 スキルは使用不能で76盤面+落ちコンなしなので丁寧にパズルをして入手しましょう。 ここで整地をしておくと最後のコンボもある程度余裕を持ってパズル出来ます。 半分だけでも整地しておくのが圧倒的にパズルが楽になるので、パズルに自身が無い方は参考にしてください。 毎ターン落ち着いてパズルしましょう。

次の