仕事占いタロット。 タロット占い・無料でわかる!仕事で上司があなたをどう評価しているか?

タロット占い・仕事は辞めるべきか?転職はすべきか?【完全無料診断】

仕事占いタロット

女性の7割が3年経つと転職したくなる?探し求める天職の実態。 新入社員として胸躍らせながら入社したものの、思っていた仕事と違う、仕事環境に不満が・・・人間関係が上手くいかない・・・。 そんな悩みが早くて数か月すると出てくる人も多いと思います。 昔は結婚して退職するまでの社会勉強と思っていた人も多いと思います。 ですが、今はキャリアアップして生涯を通して仕事を続けていく女性も多くいます。 そんな中で、なんと女性の7割以上が3年経つと転職を考えるそうです。 一体なぜそんな気持ちになってしまうのか? 自分の天職は一体何なのか? そんな気持ちを少しずつ解読していきたいと思います。 3年目はある意味節目 結婚でもなんでも、3年というのは節目であるという話を聞いたことがあると思います。 結婚の場合、相手の良さ悪さがわかってくるため、価値観のズレが生じてきたりある程度の「慣れ」のようなものが起こり、相手との距離感を掴めるor掴めずに溝がそこから生じてきて最悪離婚へのカウントダウンが始まるなどとも言われています。 仕事の場合も結婚と同じで、入って1年目は右も左もわからない、がむしゃらに頑張る!といった気持ちから、2年目に突入してだんだんと仕事の「コツ」を掴み、3年目で「本当にこの仕事が自分に合っているのだろうか?」と疑問を持ち始めるといえます。 友人の話では、1年目には1日かかってやっていた仕事が3年目には午前中で仕上げられるため、トイレでこっそり読書したりサボり癖が3年目にはついてきて転職を考え始めたそうです。 「やりがいを感じられない」、「本当にこの仕事を一生続けていけるだろうか?」そんな不安や不満を持ち始めるのが3年目といえます。 仕事は人間関係が最も大切 これも友人の話ですが、仕事の業務自体には何も不満はなかったそうです。 むしろちょっと面白さを発見したりして仕事の面ではとても充実していました。 ですが、その友人の隣の席の女性が原因となり転職を考え始めるようになりました。 なぜなら、その女性は口を開けば愚痴ばかりだったからだったそうです。 仕事の愚痴、プライベートの愚痴、仕事仲間の愚痴・・・。 友人は愚痴を基本的に言わないタイプで聞き役的ポジションなので、その女性にとっては最高の憂さ晴らしの存在だったのでしょう。 最初は聞き流していたものの、それが1年2年と続き一向に愚痴を言わなくなる気配がなく、ついに友人は体調を崩してしまいました。 幸い、友人を何かと気にかけてくれる優しい上司がいたため、その話をしたところ、転職ではなく部署移動を命じられ転職は免れました。 たとえ仕事が楽しくても、周りの人との波長が合わなかったり人間関係のトラブルが生じやすい場所では、心は意識はしていなくとも荒んでいってしまいます。 自分の天職とは何か 転職や今の仕事に不満を持ってどうにかしたいと考える時、誰もがふと「自分に本当に合っている仕事は何なのだろう」と考えると思います。 例えば絵を描くことが好きだから、「イラストレーターになりたい。 」 安易な考えかもしれませんが、そうやってイラストレーターや画家になった人も多くいるでしょう。 ですが、今の仕事やお金を捨ててまでなりたいのか?と聞かれたら返事に躊躇してしまう人も多いはず。 以前江原啓之さんの著書に、「天職に就くことが必ずしも幸せではない」と書かれていたことがありました。 どうゆうことなのか詳しく読み進めていくと、例えば自分の趣味を仕事にしたことで面白さを感じなくなってしまう人がいる。 と書かれていました。 趣味ややってみたいこと=天職ではない。 ということを自覚していないと、結局また転職を繰り返してしまうということでした。 昔好きだった洋服のデザイナーさんのコラムで、「僕は服を仕事にしたくない。 僕の理想や価値観をわかってくれる人だけに僕の服を着てほしいだけ。 デザイナーと自分を一度も思ったことはない。 僕は僕の好きなことをしているだけ。 できるだけ放っておいてほしい。 」と書かれていたことに衝撃を受けたことがあります。 ただ好きなことをしていただけなのに、それがメディアに紹介されどんどん自分の理想とかけ離れていってしまう結果になってしまう・・・。 好きだったものが嫌いになってしまう。 そんな悲しいことはありません。 天職に就く=幸せではないということを知った上で自分を見つめ直すことが必要といえます。 才能と仕事を分けて考えても良い これも江原さんの著書に書かれていたものですが、「例えば鉄道オタクだとしたら、デスクに鉄道模型を置いたり鉄道の写真があるだけで仕事が頑張れるはず」という一文がありました。 実際、知人の男性も某大手企業に勤めていますが、趣味は夜行列車に乗って色々な綺麗な景色の写真を撮ることです。 そうやって休みの日はリセットして仕事を頑張っているんですね。 もちろんプロではありませんが、アマチュアの写真コンテストで何度か入賞もしているそう。 でもその知人はカメラマンになりたいわけではないのです。 あくまで休みの日にのんびりカメラ片手にプチ旅行がしたいだけ。 それがその人の幸せなんですね。 もちろん好きな仕事にやりがいを感じ、そこに幸福感や充実感を感じられたら最高かもしれません。 ですが仕事=賃金をもらうためということを忘れてはいけません。 好きだから、やってみたいからというところから始まったとしても、仕事はお金がまわらなければ仕事とは言えないのです。 厳しいことを言いますが、それでもやりたいという覚悟があり、貧乏生活やどん底時代を味わっても叶えたいと思うのであれば、趣味ややりたいことを仕事として自分の天職にすることもいけないことではありません。 自分の本当の幸せを考える 今転職したいと思っていたり、仕事に不満を抱えている人は、何が原因なのかをはっきり突き止めることが大切です。 人間関係が上手くいかず心身共に崩してしまうような場所であれば、それは転職や休職しても問題はありません。 むしろ転職や少しお休みした方が良いでしょう。 ですが、今の状況だけを考えてバサッと今まで積み重ねた経験を切ってしまうのであれば問題です。 これまで積み重ねたキャリアをもっと活かせる場所へ。 例え辛いことがあっても新しい挑戦がしてみたい! そういったあなたを前向きに一歩踏み出させてくれる理由や信念があるのであれば、転職したり独立したとしても、必ずいつか幸せを掴みとることができるでしょう。 より本格的な占いをしたい方にオススメの記事.

次の

無料仕事占い

仕事占いタロット

・カラータロット占い……「塔」 ・ラッキーカラー……「レッド」 ・キーワード……「新しいサイクルの始まり」 「塔」のカードの大きなテーマは「気づき」です。 神様からの警告である稲妻の光があり、人々は党から地上へと落ちていきます。 バベルの塔がこのカードの原点でもあります。 古い塔が崩れて人々は、真実、自分たちがやるべきことに気づくのです。 これから自分たちがやるべきことを、1人ずつが考える月となるでしょう。 カードに描かれている22粒の光の雫は、新しいサイクルの始まりを意味しています。 そんな7月のラッキーカラーは「レッド」。 ラッキーアイテムを手に入れて、運気アップを狙いましょう。 恋愛運……レッドのサマーカーディガン 7月の恋愛運も低迷です。 すれ違いや誤解などが起こりそう。 相手のせいばかりにしないで、自分を見直して、仲直りをしてください。 恋愛運アップアイテムは、レッドのサマーカーディガンです。 せひ、コーディネートに取り入れて。 デートをするなら、ランドマークタワーやホテルなどの高層レストラン階がオススメ。 美しい街の景色を見ながら、いろいろと語り合いましょう。 出会いを求めている人は、7月は自分磨きの月です。 新しい趣味を探してみるのもいいでしょう。 仕事運……レッドのサンダル 7月は、新しいサイクルの始まり、働き方改革を推し進める月です。 古いしきたり、環境、人間関係など、一度壊してもいいでしょう。 今まで普通だと思っていたことを見直していくのです。 そこから新しい仕事のやり方や、やりがいが見つかるはず。 ラッキーアイテムはレッドのサンダル。 夏用に新調して、通勤に履いていきましょう。 リモート仕事の人は、赤いルームシューズでOK。 仕事に対する意欲が芽生えてきます。 あなたの意識を改革していきましょう。 金運……レッドのマグカップ 残念ながら7月の金運は低迷ですが、新しい収入源が見つかったり、お金がかからない楽しい趣味が見つかったり、新しい動きはありそうです。 目先のお金儲けよりも、長い目で見ての収入、やりがいを考えてみてください。 金運アップを狙って、自宅で使っているマグカップを赤いマグカップに新調し、オリジナルティーを作ってリラックスタイムに飲みましょう。 自宅での過ごし方に楽しみを見つけることも運気アップのカギ。 1人の夜を楽しみましょう。 7月は改革の月。 今までやりたくてもできなかったことを、思い切ってやるのが吉。 やりたいことがすぐに浮かばない人は、今何をするべきかをじっくり考える時間を持ちましょう。 (祈優).

次の

今日の仕事運

仕事占いタロット

会社への就職・転職をどうするか、経営者として独立起業するか、適職や天職としてどんな仕事を選ぶのかは、あなたの人生や将来に大きな影響を与えます。 また、職場での上司・同僚・後輩との関係も充実しているのか、悩んでいるのかで大きく幸福度が変わりますよね。 出世や給料で悩んでいる人もいるかもしれませんね。 タロット占いでは、様々なスプレッドがありますが、ここではワンオラクル(1枚引き・ワンカードスプレッド)で占います。 大アルカナ22枚の正位置・逆位置で占い結果が出ますので、仕事で悩んでいるときの参考にしてみてください。 無料タロットカード占いなので、気になるときに何度でも占うことができます。 ぜひ友達にもシェアして占ってみてください。 このタロット占いで分かること このタロット占いで分かることは、あなたの仕事運についてです。 あなたが今手がけている仕事・ビジネスがうまくいくのか?そして、就職や転職・独立を考えている場合についても、うまくいくのかどうかを教えてくれます。 仕事そのものもそうですが、仕事に関連する人間関係・職場環境、そしてお金なども無視できない問題です。 このままの調子で今の仕事を続けても問題ないと出ることもあれば、このままの状態が続くと行き詰る…といったことも教えてくれます。 悪い結果が出たとしても大丈夫。 あなたが引いたタロットカードが、問題解決のためのヒントも一緒に示してくれます。 逆にいい結果が出たとしても油断は禁物です。 今以上に良い仕事ができるよう、努力することが大切です。 ワンポイントアドバイス タロットカードに描かれている人物や物が、今のあなたの状況や仕事に関する問題解決のヒントとなっていることがあります。 正位置ではそのタロットカードが意味することをストレートに示しています。 逆位置の場合は、そのタロットカードが示すことの悪い部分が表れやすいと考えます。 今のあなたの仕事に対する姿勢・状況といったものをそれぞれのカードが示しています。 強みや持ち味を活かしてがんばる時なのか?それとも問題やミスが起こりやすく、守りに徹した方がいい状況なのかもわかります。 まずはタロットカードで今の自分の状況を改めて知ることが大事です。 いったい何が問題となっているのか?そしてそれを解決するためのヒントについてもタロットカードが示してくれています。 仕事で成功するために大切なこと5つ 仕事で成功するためにはどういった事に注意するといいのでしょうか?ここでは仕事で成功を収めるための大切な5つのポイントについてお伝えしましょう。 誰もが自分の仕事にやりがいを見出したいと思っています。 しかし、その会社にいる時間が長くなるにつれて「上司に評価されること」を意識するようになっていませんか。 当然のことですが、上司に評価されれば、今よりも上のポジションや仕事を任されるようになります。 出世も期待できるでしょう。 同僚から嫉妬されることもありますが…。 実際に上司は自分の思い通りに動いてくれる・働いてくれる人を評価しやすいという傾向があります。 それがいいとか悪いとかではなく、そういった傾向があるということを理解して動くことが出世につながると考えましょう。 実際に上司の思い通りに動く、つまり上司の出世につながる働き方をあなたがすれば、間違いなくあなたも上のポジションに引き上げられ、待遇も改善されるでしょう。 決して上司だけが得をするわけではありません。 そういった意味でもやはり「上司に評価されること」は大切なのです。 人脈の有無が成功と失敗を分けていると思われがちですが、本当のところは違うようです。 世の中のニーズに沿ったモノ・サービスを提供しているかが問題なのです。 たまたま思いついたアイディアで商品やサービスがヒットすることがあります。 でもそれは本当に「たまたま」であって、それ以外では振るわないケースも少なくありません。 本当にベストセラーとなる商品・サービスというのは、ユーザー目線に立った商品やサービスなのです。 自分がいいと思ったもの=世の中が求めているものではないことを意識する必要があります。 人は誰も自分が欲しくないものを買うようなことはしません。 そういったものを買わせる技術よりも、人々が何を探し求めているのかをしっかりリサーチすることが大切なのです。 それができる起業家が間違いなく成功します。 またみんなが欲している時に商品・サービスが提供できる「迅速さ」が大切です。 お腹がすいている人に食べ物を売れば買ってもらえる確率は高いですが、すでに満腹の人にセールスしても意味がないのと同じです。 リサーチと同じぐらい、機動力や実行力も大切な要素です。 会社に限らずフリーランスで仕事をしても必ず人が絡みます。 職場と人間関係は切っても切り離せない永遠のテーマです。 熱心に仕事をしている人もいれば、手を抜いて楽をしたいという人もいます。 お金を稼ぐために仕事している人もいれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎ・ヒマつぶしで仕事に来ている人もいます。 いろいろなタイプの人間がおり、仕事をする目的は人それぞれです。 しかし、あらゆるタイプの人とうまくコミュニケーションをとって仕事をしなくてはなりません。 一緒にいて仕事のモチベーションが上がる人ならいいのですが、逆に下がってしまう人もいます。 上司や一緒に働く人を選べない時もあります。 チームワークが必要なのに、非協力的な人がいて困ることもあるでしょう。 一緒に働く人間に我慢がならずに転職・独立をすることもあるでしょう。 病気になることだってあります。 基本的に「なぜ自分はこの仕事をするのか?」を自分にしっかり言い聞かせる必要があります。 人間関係に起因するトラブルは基本的にどの職場・状況でも起こり得ます。 その職場の人間関係に振り回されて、本来の目的を見失わないことが大切です。 しかし、あなたの退職理由はこの先、どこかに新しく就職したとしても同じような理由で退職することになると思っておいたほうがいいでしょう。 できれば寿退社は1回だけにしたいものですが…。 ただし、採用する側としては退職理由を「本人の乗り越えられなかった壁」と解釈することがあります。 職場の人間関係が苦痛で退職すれば、次の仕事でも同じように職場の人間関係で辞める確率が高いと判断するでしょう。 体調不良や身内の病気などもそうです。 以前いた職場よりも本人に問題があるとみなされることだってあります。 今の仕事に不満があり、転職を考えるなら自分の転職理由で相手がどう判断するか想像してみるといいでしょう。 面接で退職理由を聞かれたら「キャリアアップのため」「自分の目指す業界に近づくため」など、できるだけポジティブな理由を伝えるようにしましょう。 そのため不特定多数の人と接するサービス業の人は身なりをきちんとすることが大切です。 食品などを扱う職場では清潔感のある身だしなみが求められます。 ではそれ以外の業界・業種の人は気にしなくていいのか?というとそうではありません。 先ほども触れましたが、仕事をしている以上は誰かと必ず接点があります。 その時にあなたの身だしなみ・服装、そしてでデスク回りの状況などで「あなたの仕事ぶり」を判断されてしまうことだってあるのです。 巷では机が汚い人の方が仕事ができるなどと言われますが、第一印象で仕事をお願いするかしないかを判断する人もいることを考えれば、やはり服装・身だしなみ・デスクはきちんと整えておくべきでしょう。 オフィスカジュアルの職場であっても、仕事目的なのかそれとも別に何か目的があるのかは服装を見れば一目瞭然です。 逆に自分の内面が服装に現れやすいと考え、オフィスに相応しい服装を心がけましょう。

次の