池袋 ランチ 食べログ。 レストラン バイエルン

オールデイダイニング クロスダイン

池袋 ランチ 食べログ

ランチタイムはその他にも、 爽やかなバジルソースが特徴の「ごろっとポテトのジェノベーゼ 1,100円」や あらびき肉がたっぷり入った「具だくさんボロネーゼセット1,080円」などパスタやラザニアなどのメニューも揃います。 全てスープとサラダが付いてこの値段なのでとてもお得です! また同店は、 お昼の宴会コースも超お得。 ランチタイム限定のコースは 全て3時間飲み放題付きで1,980円から揃います。 新潟で作られている十七麹味噌を使っているとのことで、コクがありほっとする味わいです。 新潟県佐渡ヶ島極上コシヒカリを使用した、ご飯との相性が際立つ一品です。 のどぐろは、身がふっくらとしていて、口の中で脂がジュワーっと溶け出します。 何もつけず、そのままご飯にのせて食べると、お米の甘みとのど黒の旨みが堪能できます。 料理は職人さんにより、調理されているので、どれも質が高いです。 メインだけでなく、番屋汁や佐渡コシヒカリ御飯も本当に美味しく、値段以上の満足感を得られますよ! …これは、ご飯をかきこむ手が止まりません! 少し甘めの割り下に和牛の旨味も溶け出し煮込まれているので、 野菜・豆腐・しらたきもおいしく食べることができますよ。 14:30 会席 L. 14:00 【ディナー】17:00~22:00 L. 21:00 会席 L. 実はこちら、2006年に公開されたユースケ・サンタマリア主演の 「UDON うどん 」のモデルとなった仲間の方達が立ち上げたお店ですよ。 メニューは、310円 税込 から20種類以上揃います。 写真はチーズがたっぷりのった チータマ530円 税抜。 麺は、香川から毎日届く生地を、お店で丁寧に製麺しています。 本場香川さながらの味です! そして、さらに特筆すべき点は天ぷら!安くて大きく、さらに東京では珍しい高野豆腐天、昆布の天ぷらなど種類も豊富です。 夜はBARとなる店内はカウンター5席、テーブル2席とこじんまりしたお店ですよ。 甘口に仕上がる海老ココナッツは人気のメニューです!ビンダルーはさっぱりとした酸味のあるお味になっています。 場所は代々木駅から徒歩2分、新宿駅から徒歩5分という好アクセス。 選べるカリー2種・ナン・小ライス・サラダのセットです。 今回カレーは 「バターチキン」と 「ボンベイ・ラムカリー」をチョイス!どちらもチキン・ラムがゴロッと入っていて食べ応え抜群。 ランチのみならず、ディナータイム利用もあります。 モチモチの太麺を使用したスパゲティーで人気のお店です。 こちらは ナポリタン650円 税込。 このルックスでまずいわけがありません!甘めなソースにもっちもちの太麺。 その理由は、 コチラ! ビフテキランチ600円 税込。 肉は150gのボリュームです。 スープとサラダ、さらにご飯はおかわり無料ですよ。 ミディアムレアの焼き加減がたまりません。 玉ねぎが入った、和風ステーキソースも、さっぱりしていい感じです。 ランチはこの1種類のみなので、回転が速く少しの行列ならすぐに入れます。 それがこちら 「東京ドミニカ」。 ランチメニューは、スープカレー単品とセットがあります。 スープはスタンダードな「黄」、豚骨スープをブレンドした濃厚な「黒」、トマト&ガーリックのさっぱりした「赤」、豆乳ベースでまろやかな「白」、懐かしのカレー風味の「濃黄」の5種類から選べますよ。 こちらは一番人気の「 チキンスープカリー(骨付き)1,200円」。 スープは赤です。 あっさりとしていながらもコクのあるスープ。 スパイスが利いたカレーが好きな方におススメです。 辛さも細かく選べるところもポイント!辛さ1だと辛いのが苦手な方でも大丈夫。 1956年創業とだけあって、昔ながらの定食を食べることができます。 定食は揚げ物や炒め物、魚からどんぶりまで一通りそろっていて、そのほとんどが1000円以下と高コスパなものばかりです。 こちらはつるかめ食堂オリジナルメニューの「 肉天定食 900円」。 肉天とはそのまま、肉のてんぷらのことです。 味噌汁に小鉢、漬物とご飯がセットになっています。 醤油だれがかかっていて肉天ととても合います。 山盛りの野菜と大根おろしがのっているので意外とさっぱりした味です。 そのまま肉天だけ食べてもよし、野菜と一緒に食べてもよしでいろいろな味を楽しめます。 こちらは「 日替わり定食 800円」。 この日は豚肉味噌焼きとハムエッグのセットでした。 通常の豚肉味噌焼き定食は850円なので、日替わりだとお得に食べることができます。 お店は新宿タカシマヤ13階にあります。 新宿タカシマヤは バスタ新宿からすぐなので、高速バス利用者のオススメランチスポットです。 メニューは、ロコモコやマグロステーキなどもありますが、やはり肉!写真は 「オーストラリア産ビーフ サーロインステーキコンボ 1650円 左 」と 「国産ローストビーフコンボ 1500円 右 」。 アメリカンというと大味なイメージですが、ソースは繊細。 昭和のデパート食堂といった雰囲気を、今も感じることが出来るお店です。 ランチメニューは20種類以上。 コロッケなどのフライ物からハンバーグ、焼き魚、お刺身など和洋どちらも揃ってます。 )がオススメ! サーモン、ハンバーグ、ポークソテー、エビフライ、さらにハヤシライスかカレーライスが一つになった盛り沢山セットです。 1989年から営業している老舗店舗です。 ランチタイムには行列がまったく途切れません! 昼夜問わず美味しいステーキがコスパよくいただけます。 一番安い定食で1000円からというステーキなのに驚愕のお値段です。 こちらは「 リブロースステーキ定食150g 1000円(税抜き)」!きれいな焦げ目がついていて食欲をそそりますね。 肉汁が滴るほどのジューシーさもたまりません!ソースは甘めで乗っているバターとの相性が抜群です。 焼き加減は特に指定されませんでしたがミディアムレアといったところでした。 ちょうどいい焼き加減でうまいっ! 定食にはステーキのほかにライスとサラダがセットでついてきます。 付け合わせにはいんげんのソテーとポテトフライ。 スパイシーな味わいと、肉々しいハンバーグが特徴で、テレビでもおなじみのお店です。 さらに「 全盛り(各100g)1,500円」という食いしん坊メニューも用意されています!! 人気の白レバーステーキは臭みもなく、口に入れるととっても柔らかくとろけていく食感。 こちらは築地の買参権をもつ卸売直営のお店なので、新鮮な魚がリーズナブルに味わえますよ。 写真は4号店です。 新宿の休日のランチタイムは、行列が出来るお店も多いですが、こちらは広くて新宿駅から少し歩くので今の所穴場です。 刺身やフライが味わえる 「日替わり定食 1,000円」、刺身盛りだくさんの 「タカマル定食 1,000円」、インスタ映え抜群のボリューム満点の 「東京天丼 1,580円」あたりが人気メニュー。 訪れた日の日替わり定食は、天然ぶりとネギトロ丼、イサキのフライ、貝の煮付け、あら汁のセット。 脂の乗った旬のブリはとても新鮮。 厚切りで出すところもタカマルの特徴ですよ。 昼から飲みたい人にもおススメのお店です。 小さなお店ですが、新鮮なネタが味わえる穴場のお店です! ランチはちらし寿司のみ。 並660円 税込 です。 ご覧ください、このキリッと立った切り口!新鮮な証拠です。 マグロ、ブリ、鯛、タコ、サーモン、海老とその日によってネタが違いますが、それもまた楽しみの一つです。 この内容で、味噌汁が付いてこのお値段は、かなりのコスパですよ! ランチは12:00~13:30頃 ネタが無くなり次第 までです。 ランチはそんな野菜をたっぷり補充できるビュッフェが楽しめます! — 2016 4月 24 10:39午後 PDT ランチビッフェは 1,000円 税込 の60分制です。 料理は30種以上!野菜以外に、 揚物、焼き物、肉料理、魚料理、デザートも揃います。 さらにドリンクも飲み放題ですよ。 ただ新宿の食べ放題では断トツのコスパゆえ、行列必至です。 冷前菜、サラダバー、チャーハン…と、とにかく種類が豊富!…どれを取るか迷っちゃいます。 マイスターが作るベーコンやソーセージ、そしてクラフトビールを求めて、昼夜問わず多くの方で賑わいます。 ランチメニューは4種類。 オススメは 「 エッセン・ベルク 842円 税込 」。 30品目の食材を使った栄養満点のメニューです。 30食限定のまさにスペシャルランチ! 写真中央にある ブイヨンをゼリーにしたポークアスピックが絶品! ランチメニュー以外にも、通常のメニューも注文できますよ。 写真はグルメマン一押しの 「マイスターハム&ケーゼサンド 518円 税込 」です。 創業は1972年の老舗カレー店です。 カレー店が多い新宿でもかなりの人気を誇ります。 いまではなかなか珍しい昔ながらの伝統的な欧風カレーを食べることができます。 その絶品カレーにファンが絶えません。 内装も欧風で雰囲気ばっちりです!まるでほんとにヨーロッパでカレーを食べている気分にさせてくれます。 人気メニューはオーソドックスな「 ビーフカレー 1120円(税込み)」や「 トマトとチーズカレー 1050円(税込み)」。 本格的な欧風カレーが1000円ちょっとで食べられます。 こちらはお店おすすめの「 ミックスカレー 1400円(税込み)」。 他のメニューにあるエビやビーフ、スペアリブを1つのカレーにミックスした豪華版のメニューです。 ルーがしっかり煮込まれているので、具が良く溶けていて濃厚なうまみを感じることができます。 辛みは食べ進めているときに軽く額に汗がにじむ程度なので、辛すぎず甘すぎないちょうどよさといった感じです。 新鮮野菜や栃木県産のブランド豚「桜山豚」を使った料理を堪能出来ます。 ランチは10種類以上のメニューが揃い、980円 税込 から味わえます。 看板メニューは「 名物 桜山豚のざる蒸しランチ 1,309円 税込 」。 上質な脂身と柔らかな食感が特徴の「桜山豚」のおいしさを是非味わってください。 ちなみにランチはコースも利用できます。 出典: ゴロゴロとしたサイコロステーキに付け合わせもしっかり!さらに目玉焼きまでのっています!サラダと小鉢が付いた 「サイコロステーキ定食」も 580円!お肉を1. 創業は1915年となんと100年の歴史がある老舗です。 「このお店、『孤独のグルメ』で見た事ある!!」と思った方多いのではないでしょうか? 実は、全く出ていないのですが、出ていてもなんら不思議ではない雰囲気です。 こちらのお店、定食は20種類以上、一品料理は40種類以上揃います。 写真は 煮魚定食820円 税別 と 酢だこ300円 税別。 煮魚は、日によって変わるようで、この日はカレイでした。 野菜たっぷりでオシャレなランチを楽しむことができます! 1階と2階の開放的な空間にテーブル席があり、白と木を貴重とした異国感溢れるオシャレな店内。 O15:00 ディナー: Daily18:00~22:00 L. 14:30 【ディナー】月~土 18:00~23:00 L. 22:00,ドリンクL. O22:30 【日】17:30~22:00 L. 21:00,ドリンクL. 1メニュー、 「十六穀米タコライス 1,100円」。 ディナー 17:00~23:00 22:00 L. [土日祝] ランチ 11:30~16:00 15:15 L. ディナー 16:00~23:00 22:00 L. 新宿は、話題のグルメも多いですが、昭和を感じられる昔懐かしのグルメも多数あります。 そこが魅力ですね!是非、気分やシーンに合わせて新宿ランチを楽しんでみてください! <関連記事> 新宿のコスパの良い居酒屋を紹介しています。 併せてどうぞ! 👉.

次の

池袋東口/東池袋のランチおすすめランキング トップ30

池袋 ランチ 食べログ

平日の空いた時間や学校やお仕事の帰りに池袋でランチやディナーデートをする方も多いのではないでしょうか。 今回はそんな池袋でのデートで絶対に外さない、美味しくておしゃれなお店を厳選してご紹介していきます。 平日のランチデートで気軽に入れるカジュアルなお店から特別な夜を演出してくれるお店まで、幅広く紹介していきますよ。 必ず事前にご確認ください。 また、ランキングは筆者の主観に基づくものです。 ) 当サイト内のおでかけ情報に関して 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。 おでかけの際には公式HPでご確認ください。 また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。 RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。 このまとめ記事の目次.

次の

おすすめ池袋ランチ68選!西口、東口、駅チカ、駅直結まで池袋ランチの人気店をエリア別に完全網羅!

池袋 ランチ 食べログ

戦後闇市からはじまり、雑多なイメージが強かった池袋も、今では女性人気も高く、住みたい街ランキング上位の人気タウン。 そんな池袋駅直結のグルメスポット「Esola池袋」から、オススメの7店舗を紹介しよう。 池袋の隠れ家で本格ヨーロッパ料理と自然派ワインを 「テット・ド・モアンヌをのせた米粉パスタ」1,620円(税込)。 パスタの中には紫カリフラワーが。 野菜、香草など食材をよく吟味するために、シェフみずから農家に出向き、収穫しているそう ヘルシー志向でグルテンフリーにこだわる人も多い昨今。 夜遅くにパスタなどの麺類を摂ることに抵抗のある女性も多いはず。 サーブ時には目の前で、テット・ド・モアンヌ専用の削り器を使って、花びらのように薄く綺麗にスライスしてくれるのも嬉しい。 パスタやソースによく絡み、香りが立ち、見ているだけで食欲がそそられる。 「本日の自然派ワイン」(赤・白・泡・ロゼ)グラス810円〜(税込)。 グラスワインは店長が日替わりで6種類を用意しているそう。 インスタグラムで本日のグラスワインを紹介している 「KANDO」では、ヨーロッパ産のビオワインをメインに扱い、2,000本のコレクションの中から季節に応じて選りすぐりの200本を用意。 ゲストの好みや料理に合わせて、一番ふさわしい銘柄をセレクトしてくれる。 「多くの方に美味しいビオワインを味わっていただきたい」という店長の思いから、グラス810円〜、ボトル3,780円〜(共に税込)と定価に近い、ビオワインとしては比較的リーズナブルな価格で提供している。 窓が広く取られた開放感のある店内。 おしゃれな雰囲気の中、落ち着いて贅沢な料理やお酒を気軽に楽しむことができる、まさに「大人が普段使いできる」レストランバー。 ただし、こんな素敵なお店を独り占めするのはもったいない! 女子会などの集まりや結婚式の二次会など、ロケーションや眺望のよさを生かして、様々なシーンに活用してはいかがだろうか。 スパイシーな山椒の風味にやみつき!本格香港ダイニング 担々麺と点心という人気の中華料理を中心に、限りなく本場の味わいに近づけつつ、オリジナルのメニューに仕上げ、本格派香港ダイニングとして人気の「香家」。 山椒や八角、唐辛子などの香辛料をふんだんに使い、独自に調合したスパイシーなメニューの数々は、やみつきになる人が続出。 リピーター客も多いのだとか。 16時以降の晩餐セットから「スマイルセット」1,500円(税込)。 「青鬼・担々麺」ハーフサイズと肉水餃子、豆苗いためという人気メニューに加え、選べるドリンク(写真は生ビール。 その他プーアールハイや中国茶など)もセットでお得! +370円で麺をレギュラーサイズにしてもOK 人気の「鬼・担々麺」は赤みの強い一般的な赤い花椒なのに対して、「青鬼・担々麺」は青花椒と呼ばれる緑色の花椒を使用している。 ピリピリとした痺れを楽しめる赤花椒に比べ、青花椒は鼻に抜ける爽やかな香りが特徴 担々麺は汁あり/汁なしのほか、使っている香辛料の違いによって、よりスパイシーな「鬼・青鬼」「麻辣」と、ややマイルドな「姫」「日式」の4種類の味わいに分かれている。 担々麺のベースは同じ。 辛さだけではなく、花椒などの香辛料によってそれぞれの風味の違いを表現している。 メニューに詳しく説明されているので、オーダー前にぜひ確認を。 オススメの「青鬼」は、日本ではまだ珍しい、爽やかで若い香りの青花椒を使用。 ライムのような青花椒の豊かな風味をまずは味わいたい。 ピリ辛の肉味噌とオリジナルの麺、さらに独特の胡麻風味が絶妙に絡み合う「日式」など、ほかの味もぜひ食べ比べてみてほしい。 香家オリジナルの「日式・汁なし担々麺」と、焼売・えび餃子・中国的カステラが入った「せいろ蒸し点心盛り合わせ」と選べるドリンクがセットになった「飲茶セット」1,600円(税込)。 麺や点心、飲み物はお好みでチョイス可能 「飲茶セット」も16時以降オーダーできる晩餐セットのひとつ。 4種の担々麺に、プリプリっとした食感と豊かな肉汁のえび餃子などの点心盛り合わせがセットになり、「担々麺も点心も食べたい!」という欲張りさんにも大満足のメニューだ。 お腹に余裕があれば、花椒の豊かな香りが食欲をそそる人気の麻婆豆腐もオススメ。 生ビールやハイボールを片手に、スパイシーな担々麺と、点心を食べれば、今日の仕事の疲れが吹き飛ぶこと請け合いだ。 秋田の稲庭うどんと山海の幸、美味なる銘酒にうっとり 秋田を代表する山海の幸をいただける「秋田 眞壁屋」。 旬の名品を使ったメニューが並ぶなかでも、この店に来たら稲庭うどんを中心におつまみと日本酒はハズせない。 コシがあり、ツルッとした食感の稲庭うどんは、温冷のどちらでも好きな方を選ぶことができる。 更に一番人気の「稲庭天ざるうどん」は、定番の香り高い出汁の醤油つゆと特製のごまつゆの二種類で味わえる。 揚げたてのサクッと香ばしい天ぷらとセットでお腹も大満足。 「稲庭二味天ざるうどん」1,480円(税込)。 喉越しもツルッとしてみずみずしい味わい また、「香りや味わいがきつくて日本酒は苦手」という女性にも日本酒を美味しく味わってもらえるよう、食中酒として最適な、サッパリとした風味の飲みやすい日本酒が充実。 秋田を代表する銘酒が常時45種類ほど揃っている。 ランチや小腹が空いたとき、しっかり夕食を食べたいとき、美味しい日本酒をおつまみとともにゆっくり味わいたいときなど、様々な利用が可能な秋田の郷土料理の名店である。 秋田のブランド豚「シルクポークのロースト」1,080円(税込)もこの店人気のメニュー 大きな窓の開放感のある店内。 夜は雰囲気が変わり、池袋の夜景を 見ながら食事を楽しめる 4. 「鶏と鴨のボロネーゼ」1,000円。 サラダはセットサービス(14時以降は+200円)。 生パスタと好相性の「樽生スパークリング」500円(全て税込) 生パスタの麺は、六厘舎など数多くの有名ラーメン店の麺を手がける浅草開化楼のカリスマ製麺師と言われる負死鳥カラス氏と、サローネグループのエグゼクティブシェフ・樋口敬洋氏がレシピを考案し、創業70年の老舗・菅野製麺所が製麺を手がける渾身の逸品。 もちもちと歯ごたえがある、その存在感は圧巻! 冷めても伸びることがなく、最後まで美味しく味わえる。 定期的に変わるパスタメニューは、スタッフが試行錯誤を重ね、パスタメニューを考案。 何度も通って、様々なパスタを味わいたくなる。 ソースはトマトベース・トマトクリーム・バジル・カレー・イカスミ・トリュフクリームの全6種からチョイスできる。 また、各+100円で大盛り・温泉卵などのトッピングもOK。 おひとり様ランチやディナーで利用してもよし、女子会やカジュアルパーティーなどに利用するのもよし、あらゆるシーンに活用したいトラットリアである。 男性の利用客も意外に多く、男女比はほぼ半々だそう。 客層は20〜40歳代が中心だ。 ランチ、ディナー共ににぎわいを見せている 5. 誰にも教えたくない……ワタシだけの隠れ家的ブック&カフェ カフェの入り口を通ると、落ち着いた雰囲気を醸すラウンジやアカデミックスペースがある 広い店内に足を踏み入れると、ひときわ趣のあるアカデミックな雰囲気が漂う「本と珈琲 梟書茶房」。 そのインテリアや雰囲気は、まるで西洋の伝統ある大学図書館のようでもあり、作家たちが語らうカフェかサロンのようでもある。 「パンケーキ プレーン」626円、「梟ブレンド」540円(全て税込)。 直径20cmほどのフライパンにのせられて供されるふわふわのパンケーキは、スイーツ好きをもうならせるほどの美味しさ。 パスタやオムライスなどのメニューも充実していて、ランチなど食事をするにも大満足。 書店エリアでは約2,000冊のシークレットブックを販売。 タイトルや書籍の装丁が隠されており、利用客は紹介文だけを見て、本を購入するユニークなコーナー 店内は時間をかけて隅々まで味わいたくなるほど魅力にあふれている。 書店エリアで出会った本を購入して、ラウンジで読んだり、大学図書館のようなアカデミックエリアで、じっくり本と向き合ったり……。 さらに窓際に面した図書エリアには、閲覧自由な書籍が約1,000冊もある。 また、シークレットブックとその本のテーマに合わせたコーヒーを販売する「本と珈琲のセット」1,620円(税込)も数量&季節限定で販売していて、袋綴じされたシークレットブックはプレゼントにも人気だとか。 日常の喧騒を離れて、優雅なひとり時間をこちらで過ごしてみてはいかがだろうか。 日替わりのお通しも人気だそう 本格江戸前握りや旬の海の幸を使った一品料理が充実している「海鮮処 寿し常」。 女性向けのイチオシメニューは、人気のネタ5貫と玉子を盛り合わせた「スペシャルA」。 口の中に頬張ると、ネタとシャリの一体感に思わず幸せの笑みがこぼれてしまう。 ほどよく脂が乗り、甘みと口どけが絶妙な中とろ、歯切れのいいまぐろ赤身、みずみずしく、軍艦からこぼれ落ちそうなうにといくら……どれからいただこうか、目移りしてしまう。 ほかにも、本格江戸前握りとお吸い物がセットになった「一人前にぎり」や、新鮮な食材を使った日替わりのお通し、山海の幸による一品料理や煮物・蒸し物・焼き物など、握り以外の、和食メニューも充実のラインナップ。 さらに大満足のボリュームの「特上ちらし」、「特選まぐろ丼」など丼メニューもそろっている。 眺望を楽しめるEsola池袋7階にある。 板前やスタッフの活気あふれる接客に思わず長居をする客も多いのだとか。 カウンター、テーブル席のほか個室もあり、宴会にもオススメ ランチに利用したり、仕事帰りに立ち寄ったり、会食で利用したりと思い思いのシチュエーションで活用できる「海鮮処 寿し常」。 寿司屋というとどうしてもハードルが高いイメージがあるが、そんな心配は無用。 イキのいい板前やスタッフの明るい声が出迎えてくれ、その自然なもてなしに、こちらの緊張もほぐれてしまう。 実際、男女を問わずひとり客の利用は、平日を中心にとても多いのだとか。 炭火牛たんの旨味を堪能できる仙台の名店 肉厚で歯切れのいい牛たんと麦とろの相性は抜群。 「たんとろ定食」1,782円(税込)。 牛たん焼き(2枚4切)、とろろ(卵なし)、ミニサラダ、麦飯、テールスープがセットで食べ応えも大満足 言わずと知れた仙台の名店「牛たん炭焼 利久」。 全国に数多くの店舗を展開しているが、ここ池袋店は都内でも本場、仙台の店舗に近いスタイルで牛たんやお酒を味わえる。 なんと言っても、オススメは牛たん。 厚みがありながら、やわらかくて歯切れもよく、旨味が凝縮されている。 牛たんに精通した料理人がサイズを見ながら最適な厚さにスライスし、塩を振り、熟成させるなど、人の手による丁寧な作業が、この美味しさを生み出している。 「牛たんが苦手」という人でも、シチューやカレーなどアレンジメニューもあるので、ぜひ、本場の牛たんの旨味を堪能してほしい。 昼は定食、夜は牛たんやお好みの品とお酒をいただく居酒屋風に……など状況やお好みに応じて様々に活用できる 女性ひとりでも気兼ねなく利用できる飲食店が増えたとはいえ、焼肉屋にひとりで入るのは難しいと思う人もいるはず。 そんなとき、Esola池袋にある「利久」ならカウンター席もあり入りやすいという点も魅力のひとつ。 さらに、定食メニューの品ぞろえが多く、セットや一品料理、ボリュームの大小などバリエーションも充実している。 「ランチでパワーチャージしたい」「仕事帰りにお酒+小腹を満たしたい」「ショッピングの後にプチゴージャスな食事がしたい」など、求める食事スタイルは人それぞれ。 あらゆるシーンで使い勝手のいい、懐の広さが魅力の「牛たん炭焼 利久」。 牛たんの旨味を噛み締めながら、身も心も満たされるに違いない。 ぜひ気軽に足を運んでみよう。 (2019年3月現在) 撮影:吉森慎之介 取材:天野成実(Roaster)文:小田立子.

次の