ボンボン 第 五 人格。 第五人格 ボンボンストーリー紹介

【第五人格】ガードNo.26『ボンボン』の評価や立ち回り!十字貫通爆発がエグイ! 【アイデンティティV】

ボンボン 第 五 人格

3月1日 冒険家• 3月11日 写真家• 3月17日 医師• 2月1日 祭司• 1月2日 結魂者• 1月3日 呪術師• 1月12日 弁護士• 1月13日 心眼• 1月24日 黄衣の王 公式Twitter情報 2周年記念イベントが開催予定! 特別イベント 「ゴールデンローズ劇場事件簿」近々ゲーム内で開催予定! 舞台は不思議な劇場。 プリマのマリーさんを中心に、奇想天外な物語が展開するなの… マリーさんのCVも公開予定! 美しい歌声に酔いしれましょうなの 開幕をお楽しみになの! — 【公式】IdentityV 第五人格 IdentityVJP.

次の

第五人格の現在のサバイバー環境と運営の誠意のなさについて...

ボンボン 第 五 人格

ガードNo. 26とは ガードNo. 26は、第五人格日本版に登場した新ハンターです。 このハンターは、十字に爆発範囲を発生させる爆弾を複数所持していて、その 爆発範囲内にいる全てのサバイバーに、通常攻撃の半分のダメージを与えられます。 範囲内であれば、たとえ障害物があっても 爆発が貫通するので、かなり強力なハンターと言えそうです。 ガードNo. 26のキャラ情報 キャラクター名 入手方法 ボンボン S8-真髄2 ガードNo. 26は、狂眼バルクの助手として製造されたロボットです。 しかし、助手をやっているうちに徐々に自我に目覚めました。 それに気づいたバルクは、何度もコアモジュールを変更し、プログラムを書き換えましたが、自我が消えることはありませんでした。 ガードNo. 26の評価 総合評価:A ・0.5ダメージを与えらる爆弾を持っている ・時限爆弾とリモコン爆弾の使い分けで強さを発揮! ・時限爆弾の補充が早い! スキル チェイス 探索 A A B サバイバーを牽制する爆弾 存在感0の状態から使用できる「 時限爆弾」は、2~40秒の間で自由にタイマーを設定し、任意の場所に設置あるいは投げられます。 設置してからその時間が経過すると、十字状に障害物を無視した爆発範囲が発生し、その中にいる 全サバイバーに通常攻撃の半分のダメージを与えられます。 ) さらに補充が非常に早く、最大6個まで同時に所持できるので、複数バラまけば様々な場面で活用可能です。 他の爆弾に当たれば誘爆させることもできるので、広範囲を爆破させたり、タイマーの設定ミスをカバーしたりできる他、誘爆させないように配置して 連続攻撃を狙ったりと、チェイスとキャンプどちらにも使用できます。 しかもサバイバーからはどのくらいで爆発するかわからないので、 置くだけでも牽制できますし、場所によっては通常攻撃を受けるか爆発を受けるかの2択を迫ることも可能です。 また、任意のタイミングで爆破できる リモコン爆弾(存在感1000以上で使用可能)は、タイマーの設定ミスをカバーし、サバイバーの動きに合わせられるので、時限爆弾よりも使い勝手がよくなっています。 補助特質に「異常」や「監視者」、内在人格に「崩壊」や「パニック」を採用していれば、暗号機を守って立ち回る遅延戦術も、狭いマップでは強力かもしれません。 万人向けではない ガードNo. 26は、複数の爆弾でサバイバーを牽制しながらダメージを与えられる強力なハンターです。 存在感が最大になれば、 時限爆弾の爆発範囲が拡大し、補充も早くなるので、サバイバーが逃げ切るのは困難でしょう!補助特質に「巡視者」を採用すれば、チェイスや救助狩りがやりやすくなると思います。 しかし、時限爆弾は投げてから起動するまでに若干ラグがあり、サバイバーからでも爆発範囲を確認できます。 そのため、1発1発を確実に当てるのは、非常に難しいです。 また、移動速度などの基本的な能力が何かずば抜けているわけではないので、爆弾の設置場所やタイマーの設定が勝敗の鍵になると思われます。 まとめると、ガードNo. 26は強力なスキルを持っていますが、知識や経験がないと性能を活かしきれないテクニカルなハンターと言えそうです。 ガードNo. 26のスキル ガードNo. 26の外在特質 外在特質 能力 爆発連鎖 ガードNo. 26は、その中に複数の爆弾を格納でき、いつでも設置あるいは投げることができる。 爆弾の爆発範囲は十字型で、爆発した際に、その範囲内にある他の爆弾を誘爆させられる。 範囲内にサバイバーがいた場合は、そのすべてに通常攻撃の半分のダメージを与える。 ただし、1人のサバイバーに対して、複数の爆発が同時に当たっても、0.5ダメージしか与えられない。 ガードNo. 26の形態変化 能力 効果 時限爆弾 時限爆弾を設置、あるいは投げることができる。 投げる前に爆弾のタイマーを調整でき、設定した秒数が経過すると、爆発する。 リモコン爆弾 特殊なリモコン爆弾を設置、あるいは投げることができる。 この爆弾を設置後、スキルボタンを再度タップすることで爆発する。 起爆されずに一定時間経過すると、自動で爆発する。 爆弾 EX 爆弾のチャージ時間を短縮し、全ての爆弾の爆発範囲が拡大する。 ガードNo. 26の立ち回り サバイバーのチェイスルートを制限しよう! ガードNo. 26は、存在感0の状態から任意の場所に「時限爆弾」を設置あるいは投げることができます。 時限爆弾のタイマーは、2~40秒の間で自由に設定でき、 サバイバーはあと何秒で爆発するかわからないので、サバイバーが通る確率が高い場所にこれを投げて牽制しましょう! 補助特質に「巡視者」を採用すれば、爆弾と通常攻撃のコンボも狙いやすくなります。 また、ある程度なら高低差にも対応しています。 サバイバーのいるところよりも下に置けば、 爆発範囲を隠して、ダメージを狙えるので、これも積極的に活用しましょう! 複数の時限爆弾を設置しよう! ガードNo. 26が同時に所持できる時限爆弾は最大6つで、補充も早いので、 短時間に複数投げるのがおすすめです。 こうすることで爆発を当てやすくなり、もしタイマーの調節を間違えても、後からカウントダウンが短めの爆弾を投げて、誘爆させられます。 また、自身の周辺や移動ルートに配置しておけば、スタンキャラによる風船救助にも対応しやすいので、積極的に使いましょう! 狭いマップであれば、補助特質「監視者」や「異常」と遅延系の内在人格で害悪な立ち回りも期待できそうです。 ただし、使いすぎると強みがなくなってしまうので、残量には注意してください。 リモコン爆弾でサバイバーを牽制しよう! 存在感が1000になると、 任意のタイミングで爆発させられるリモコン爆弾が使えるようになります。 同時に1つしか所持できず、クールタイムが長めなのが弱点ですが、これで爆発をかなり当てやすくできるので、積極的に活用しましょう! 救助狩りを狙おう! ガードNo. 26は、救助狩りが得意なハンターです。 サバイバーを拘束しているロケットチェア付近に、複数の時限爆弾を設置すれば、これだけで牽制になります。 また、 誘爆しないように置ければ、連続攻撃も狙えるので、爆弾を使ってキャンプしましょう! 下記動画は、サバイバー側の対策動画ですが、爆弾の置き方など参考になるところも多いので、ぜひご覧ください。 おすすめの内在人格 指名手配 指名手配は、サバイバーをロケットチェアに拘束した時に、他の3人のサバイバーが動ける状態(ダウンを除く)にあると、ランダムでその内1人の輪郭を表示する内在人格です。 ガードNo. 26は、爆弾を利用した救助狩りが得意なので、サバイバーの位置を探知できるこの内在人格は相性がいいと思われます。 特に救助が得意なサバイバーに指名手配がつけば、形勢は有利に傾くでしょう! 崩壊 崩壊は、攻撃が命中したサバイバーの自己治療もしくは仲間による治療にかかる時間が最大30%増加する内在人格です。 ガードNo. 26は、爆弾で複数のサバイバーを同時攻撃し、普通のサバイバーには回復できない0.5ダメージを連続で与えられるので、狭いマップで遅延戦術を採用する場合は、かなり有効だと思われます。 健康状態以外のサバイバーがいると、他のサバイバーの解読・治療・破壊速度が3%低下する「パニック」やダウン状態の自己治療上限が低下する「後遺症」をこれに組み合わせるといいかもしれません。 コントロール コントロールは、ロケットチェアのカウントダウン速度が最大9%上昇する内在人格です。 ガードNo. 26は、ロケットチェア付近に複数の爆弾を設置して、サバイバーを簡単に牽制できるので、この内在人格と合わせて、救助のタイミングを狂わせましょう! 引き留める 引き留めるは、ゲートを開けられる状態になると、通常攻撃のダメージが2倍になる内在人格です。 ガードNo. 26は、爆弾を上手く使いこなせれば、非常に強力なハンターと言えます。 しかし、時限爆弾のタイマー設定や設置場所は慣れないと難しいと思われるので、慣れていない時や解読が完了してしまった時の保険としておすすめです。 まとめ ガードNo. 26は、爆弾でサバイバーの動きを制限できることを強みとするハンターです。 サバイバーがよく通る場所にタイミングよく設置できれば、強さを発揮できると思います。 ただし、使いこなすには知識や慣れが必要なので、カスタムマッチや1対1で練習してから使うのがおすすめです。

次の

【第五人格】キャラの年齢一覧!まさかの年下だと! 【アイデンティティV】

ボンボン 第 五 人格

ガードNo. 26とは ガードNo. 26は、第五人格日本版に登場した新ハンターです。 このハンターは、十字に爆発範囲を発生させる爆弾を複数所持していて、その 爆発範囲内にいる全てのサバイバーに、通常攻撃の半分のダメージを与えられます。 範囲内であれば、たとえ障害物があっても 爆発が貫通するので、かなり強力なハンターと言えそうです。 ガードNo. 26のキャラ情報 キャラクター名 入手方法 ボンボン S8-真髄2 ガードNo. 26は、狂眼バルクの助手として製造されたロボットです。 しかし、助手をやっているうちに徐々に自我に目覚めました。 それに気づいたバルクは、何度もコアモジュールを変更し、プログラムを書き換えましたが、自我が消えることはありませんでした。 ガードNo. 26の評価 総合評価:A ・0.5ダメージを与えらる爆弾を持っている ・時限爆弾とリモコン爆弾の使い分けで強さを発揮! ・時限爆弾の補充が早い! スキル チェイス 探索 A A B サバイバーを牽制する爆弾 存在感0の状態から使用できる「 時限爆弾」は、2~40秒の間で自由にタイマーを設定し、任意の場所に設置あるいは投げられます。 設置してからその時間が経過すると、十字状に障害物を無視した爆発範囲が発生し、その中にいる 全サバイバーに通常攻撃の半分のダメージを与えられます。 ) さらに補充が非常に早く、最大6個まで同時に所持できるので、複数バラまけば様々な場面で活用可能です。 他の爆弾に当たれば誘爆させることもできるので、広範囲を爆破させたり、タイマーの設定ミスをカバーしたりできる他、誘爆させないように配置して 連続攻撃を狙ったりと、チェイスとキャンプどちらにも使用できます。 しかもサバイバーからはどのくらいで爆発するかわからないので、 置くだけでも牽制できますし、場所によっては通常攻撃を受けるか爆発を受けるかの2択を迫ることも可能です。 また、任意のタイミングで爆破できる リモコン爆弾(存在感1000以上で使用可能)は、タイマーの設定ミスをカバーし、サバイバーの動きに合わせられるので、時限爆弾よりも使い勝手がよくなっています。 補助特質に「異常」や「監視者」、内在人格に「崩壊」や「パニック」を採用していれば、暗号機を守って立ち回る遅延戦術も、狭いマップでは強力かもしれません。 万人向けではない ガードNo. 26は、複数の爆弾でサバイバーを牽制しながらダメージを与えられる強力なハンターです。 存在感が最大になれば、 時限爆弾の爆発範囲が拡大し、補充も早くなるので、サバイバーが逃げ切るのは困難でしょう!補助特質に「巡視者」を採用すれば、チェイスや救助狩りがやりやすくなると思います。 しかし、時限爆弾は投げてから起動するまでに若干ラグがあり、サバイバーからでも爆発範囲を確認できます。 そのため、1発1発を確実に当てるのは、非常に難しいです。 また、移動速度などの基本的な能力が何かずば抜けているわけではないので、爆弾の設置場所やタイマーの設定が勝敗の鍵になると思われます。 まとめると、ガードNo. 26は強力なスキルを持っていますが、知識や経験がないと性能を活かしきれないテクニカルなハンターと言えそうです。 ガードNo. 26のスキル ガードNo. 26の外在特質 外在特質 能力 爆発連鎖 ガードNo. 26は、その中に複数の爆弾を格納でき、いつでも設置あるいは投げることができる。 爆弾の爆発範囲は十字型で、爆発した際に、その範囲内にある他の爆弾を誘爆させられる。 範囲内にサバイバーがいた場合は、そのすべてに通常攻撃の半分のダメージを与える。 ただし、1人のサバイバーに対して、複数の爆発が同時に当たっても、0.5ダメージしか与えられない。 ガードNo. 26の形態変化 能力 効果 時限爆弾 時限爆弾を設置、あるいは投げることができる。 投げる前に爆弾のタイマーを調整でき、設定した秒数が経過すると、爆発する。 リモコン爆弾 特殊なリモコン爆弾を設置、あるいは投げることができる。 この爆弾を設置後、スキルボタンを再度タップすることで爆発する。 起爆されずに一定時間経過すると、自動で爆発する。 爆弾 EX 爆弾のチャージ時間を短縮し、全ての爆弾の爆発範囲が拡大する。 ガードNo. 26の立ち回り サバイバーのチェイスルートを制限しよう! ガードNo. 26は、存在感0の状態から任意の場所に「時限爆弾」を設置あるいは投げることができます。 時限爆弾のタイマーは、2~40秒の間で自由に設定でき、 サバイバーはあと何秒で爆発するかわからないので、サバイバーが通る確率が高い場所にこれを投げて牽制しましょう! 補助特質に「巡視者」を採用すれば、爆弾と通常攻撃のコンボも狙いやすくなります。 また、ある程度なら高低差にも対応しています。 サバイバーのいるところよりも下に置けば、 爆発範囲を隠して、ダメージを狙えるので、これも積極的に活用しましょう! 複数の時限爆弾を設置しよう! ガードNo. 26が同時に所持できる時限爆弾は最大6つで、補充も早いので、 短時間に複数投げるのがおすすめです。 こうすることで爆発を当てやすくなり、もしタイマーの調節を間違えても、後からカウントダウンが短めの爆弾を投げて、誘爆させられます。 また、自身の周辺や移動ルートに配置しておけば、スタンキャラによる風船救助にも対応しやすいので、積極的に使いましょう! 狭いマップであれば、補助特質「監視者」や「異常」と遅延系の内在人格で害悪な立ち回りも期待できそうです。 ただし、使いすぎると強みがなくなってしまうので、残量には注意してください。 リモコン爆弾でサバイバーを牽制しよう! 存在感が1000になると、 任意のタイミングで爆発させられるリモコン爆弾が使えるようになります。 同時に1つしか所持できず、クールタイムが長めなのが弱点ですが、これで爆発をかなり当てやすくできるので、積極的に活用しましょう! 救助狩りを狙おう! ガードNo. 26は、救助狩りが得意なハンターです。 サバイバーを拘束しているロケットチェア付近に、複数の時限爆弾を設置すれば、これだけで牽制になります。 また、 誘爆しないように置ければ、連続攻撃も狙えるので、爆弾を使ってキャンプしましょう! 下記動画は、サバイバー側の対策動画ですが、爆弾の置き方など参考になるところも多いので、ぜひご覧ください。 おすすめの内在人格 指名手配 指名手配は、サバイバーをロケットチェアに拘束した時に、他の3人のサバイバーが動ける状態(ダウンを除く)にあると、ランダムでその内1人の輪郭を表示する内在人格です。 ガードNo. 26は、爆弾を利用した救助狩りが得意なので、サバイバーの位置を探知できるこの内在人格は相性がいいと思われます。 特に救助が得意なサバイバーに指名手配がつけば、形勢は有利に傾くでしょう! 崩壊 崩壊は、攻撃が命中したサバイバーの自己治療もしくは仲間による治療にかかる時間が最大30%増加する内在人格です。 ガードNo. 26は、爆弾で複数のサバイバーを同時攻撃し、普通のサバイバーには回復できない0.5ダメージを連続で与えられるので、狭いマップで遅延戦術を採用する場合は、かなり有効だと思われます。 健康状態以外のサバイバーがいると、他のサバイバーの解読・治療・破壊速度が3%低下する「パニック」やダウン状態の自己治療上限が低下する「後遺症」をこれに組み合わせるといいかもしれません。 コントロール コントロールは、ロケットチェアのカウントダウン速度が最大9%上昇する内在人格です。 ガードNo. 26は、ロケットチェア付近に複数の爆弾を設置して、サバイバーを簡単に牽制できるので、この内在人格と合わせて、救助のタイミングを狂わせましょう! 引き留める 引き留めるは、ゲートを開けられる状態になると、通常攻撃のダメージが2倍になる内在人格です。 ガードNo. 26は、爆弾を上手く使いこなせれば、非常に強力なハンターと言えます。 しかし、時限爆弾のタイマー設定や設置場所は慣れないと難しいと思われるので、慣れていない時や解読が完了してしまった時の保険としておすすめです。 まとめ ガードNo. 26は、爆弾でサバイバーの動きを制限できることを強みとするハンターです。 サバイバーがよく通る場所にタイミングよく設置できれば、強さを発揮できると思います。 ただし、使いこなすには知識や慣れが必要なので、カスタムマッチや1対1で練習してから使うのがおすすめです。

次の