生姜 漢字 由来。 ひらがなの由来の漢字をきちんとまとめました。

ダリアの名前の漢字や英語表記、名前の由来について

生姜 漢字 由来

みょうがを漢字で書くと茗荷 どういう由来で? みょうがを漢字で書くと「茗荷」となります。 よく「名荷」と間違えられることがありますが、「茗」が正解です。 「茗」はお茶を意味する漢字です。 新芽を摘んだものを茶と言い、遅く摘んだものを「茗」と呼びます。 みょうがとお茶はあまり関係がないように思い、さらに「茗荷」の由来を調べてみると、みょうがの「香り」と関係していることがわかりました。 「茗荷」の由来は平安時代に遡ります。 みょうがは中国が原産地です。 日本に伝わったのは3世紀頃とされています。 平安中期には、中国名の漢字である「売我(めが)」「女我(めが)」が使われていました。 それが、日本独自の漢字として「芽香(めが)」となった説があります。 みょうがは非常に香りが印象的な野菜なので、「香」という漢字が使われたのですね。 香りがする芽を持つ野菜という意味ですね。 正倉院の古文書には、みょうがのことを「めが(芽香)、 女加 」と書かれていました。 茗荷の由来は生姜とも関係があった? また、みょうがは、香味野菜のショウガと一緒に日本に持ち込まれました。 その時、香りが強いショウガのことを「兄香(めが)」と呼んだのです。 そして、香りが弱いみょうがのことを「妹香(めが)」と呼んだという説もあります。 いずれにしても、みょうがは「めが」と呼ばれていたのです。 そして「めが」「めうが」「みゃうが」などと変化しながら「みょうが」になったと言われています。 そして「茗荷」という漢字が使われるようになったとされています。 これは当て字です。 現在は、茗荷の別名として「茗荷草(みょうがそう)」、「鈍根草(どんごそう)」もあります。 逸話が由来になっている? みょうがを食べると物忘れがひどくなると言われることがあります。 これは科学的根拠に基づくものではなく、昔の仏教の逸話が由来となっています。 自分の名前も忘れてしまうほど物忘れのひどい男の話です。 その男は、名前を忘れないように首から名札を下げていました。 そしてこの男が死んだ後、お墓の前に生えてきた草のことを、自分の「名を荷って」(名札をつけて)苦労してきた男にちなんで「茗荷」と名前をつけたという説もあります。 Sponsored Link 実は昔はみょうがは複数の漢字があったっていうのは本当? 現在は「茗荷」という漢字が使われているみょうがですが、昔は「蘘荷」という漢字も使われていました。 みょうがの漢字としてこの難しい漢字を書ける方は少ないでしょう。 また、昔は茗荷は「冥加(みょうが)」と音が同じことから、家紋や神社やお寺の紋として用いられてきました。 冥加とは知らないうちに神仏の加護が受けられることです。 戦国武将たちは、戦の中でも命が守られるように、しょうがの紋をつけて戦ったのです。 今でもしょうがの家紋が多いのはこのような理由からなのです。 まとめ 漢字を使う私たち日本人でも、わからない漢字は実にたくさんあります。 特に野菜の漢字は難しいものが多いですよね。 でも、一度由来や、意味を知るとしっかり頭に入ってくれますよね。 みょうがの漢字は「茗荷」です。 これは香りが高いみょうがの「芽香」がもとになっていました。 ぜひ頭の片隅に入れておいてくださいね。

次の

みょうがを漢字で書くと?実は複数あるって本当?

生姜 漢字 由来

スポンサーリンク はじかみ(薑) 料亭などで出てくるような焼き魚に添え られている淡い桃色の細長いショウガの ことです。 一般の家庭では、わざわざ焼き魚の器に はじかみを盛り付けて出すというような 趣のある食卓をみかけることはないかも しれません。 しかし、旅行などで旅館に泊まったり したときや、懐石料理を食べたりする 機会があれば目にすることもあると思い ます。 「はじかみ」という言葉の持つ意味と由来 箸休め、 口直しの意味もあります。 酢とショウガの色素が反応して、全体が 赤い色から桃色になることで、端のほう が赤く見えます。 これを 「はじ赤み」ということから、 「はじかみ」と呼ばれるようになったと いう由来があります。 山椒(さんしょう)や 生姜(しょうが) の古名(こめい)でもあります。 スポンサーリンク はじかみは食べる物なの? はじかみは、彩りの意味でも添えられて いますがもともと口直しの意味もあります。 ですので食べられます。 和食において、飾りで使われているものも なるべく食べられるようにと食用の素材を 使っていることが多く、基本的には出され たものはほとんど食べられるようです。 しかし最近では、プラスチック製の葉っぱ や刺身の盛り合わせなどに使われている バランなどもあるのですべてを食べられる ということでもなくなってきましたね。 料亭や旅館などで出されるようなはじかみ は食べられます。 赤く色づけされている部分と白い部分が あります。 白い部分は柔らかいので食べられますが 色づいている赤い部分は固くて食べられ ないこともあります。 固い部分だけ残してもらえばいいです。 正しい食べ方として はじかみ生姜の真ん中を箸でつかみ やわらかい白い部分だけ (はじかみの半分) をかじる というのが箸休めの意味での食べ方だ そうです。 (とは言っても、赤い部分は固くてもと もと食べられませんが) いつ食べるのがいいのでしょうか? 箸休めというからちょこちょこ食べる というのではなくメインである肉料理 や魚料理などを食べ終わってからいた だくのが普通です。 酢で味付けされたはじかみ生姜を口に することで、口の中がさっぱりとして 魚臭さが残ることもなく、次の料理に すすめるというわけです。 はじかみとして使われている生姜 葉がついている新生姜の新芽の部分を 整形して湯に通し、軽く塩を振ります。 それを冷ましたら甘酢につけます。 酢と生姜の色素が反応して全体が淡紅 色になります。 生姜には大きさから 「大生姜」「中生姜」「小生姜」 に分かれます。 その他にも部位ごとで呼び名に違いが あり、一般的にスーパーなどで見かけ る生姜は 「根生姜」です。 根が成長して葉が付いたまま収穫され たものは 「葉生姜」といいます。 暗闇で育てたのちに日光を当てて茎を 赤くしたものは 「矢生姜」と呼ばれ、 これが 「はじかみ」として知られています。 はじかみについてお話ししました。 格式ある食事の場や、日本料理の中で もし付け合わせに「はじかみ」が登場 したら、スマートにはじかみについて 会話に入れて見るとすてきですね。 また、ためらいなく箸休めとして口に できればその所作はあなたの評価を アップしてくれますね。 私も日本人に生まれ育ったからには 食の中で得た知識を活用できたら いいなと思っています。 最後までお読みいただきありがとう ございました。 気になったこと質問などありましたら 下のフォームからコメント頂ければ 嬉しいです。

次の

ショウガ

生姜 漢字 由来

ゴキブリの漢字 ゴキブリを漢字で書くと 実はゴキブリの漢字ってふたつあって• 御器振り と書きます。 漢字で正式(?)に書くと 蜚蠊になるみたいで、 「御器振り」は語源に近い表現になります、とりあえずゴキブリの漢字として覚えておくべきなのは 「蜚蠊」となります。 ゴキブリを表す漢字 その他ゴキブリを表す漢字としては• 御器囓り(ごきかぶり)• 御器被り(ごきかぶり)• 蜚(あぶらむし)• 油虫(あぶらむし)• 芥(あくた)• 芥虫(あくたむし)• 阿久多牟之(あくたむし)• 角虫(つのむし)• 都乃牟之(つのむし) もゴキブリを表す漢字になります。 大きく分けると、 「ゴキカブリ」「アブラムシ」「アクタ(ムシ)」「ツノムシ」の4通りですね。 ゴキブリの名前の由来 所説あるそうですが、御器(食器)を齧(かじ)るから「御器齧り(ゴキカブリ)」、御器を被るから「御器被り(ゴキカブリ)」という名前が江戸時代につきました。 その後明治に入って、日本初の生物図鑑でゴキカブリと書くべきところを、間違ってゴキブリと書いたことからゴキブリと呼ばれるようになったみたいですね。 ゴキブリの漢字の由来 蜚蠊の蜚は空を飛ぶ虫を表す漢字、蠊はなんとゴキブリを表す蜚蠊にしか使われない漢字らしい。 当て字でもなく、完全にゴキブリ用に作られた漢字まであるなんて、ゴキブリって結構な好待遇なんですね。 ちなみに蜚蠊は、ゴキブリ以外にひれんとも読めるそうです。 その他の類義語の由来 アブラムシの由来 そのまんま、 みためがテカテカしててあぶらっぽいことからアブラムシと呼ばれるようになったようです。 ちなみに正式なアブラムシって虫は他にいて、ゴキブリをアブラムシって言うのは俗称になりますので、ゴキブリをアブラムシと表現するさいはお気を付けて。 アクタムシの由来 アクタムシってのは、もともと平安時代に使われていたゴキブリの呼び名。 アクタはゴミの意味、ゴミの中から出てきたからアクタムシと呼ばれるようになったみたいです。 ツノムシの由来 昔の人は 触角(しょっかく)のことを角(つの)と言ったので、そこからゴキブリもツノムシと言われます。 ツノムシと言うとゴキブリ以外の虫のことをさすこともあるので、特別なこだわりがない場合はゴキブリの方がいいかもしれませんね。 まとめ いろいろ書きましたがゴキブリを漢字で書くと蜚蠊になります。 ゴミ虫と呼ばれたり、名前を間違えられてそれが正式名称になったりだの意外とかわいそうな扱いの虫だなーと思いつつも、でもやっぱり僕は好きになれそうにありません、笑 ちなみにゴキブリが部屋にでてお困りの方はこちらの記事もぜひ参考にして下さいね。

次の